2018年10月 6日 (土)

アナゴの巻きずし 練習4回目

181005_2
4回目となった巻きずしの練習ですが、今回はかんぴょうにもこだわって、しっかりと煮ました。
181008
塩でもみ洗いしたかんぴょうを柔らかくなるまで茹でて、シイタケと一緒に甘辛く煮ました。
181006
かんぴょうがふっくらとおいしくできてうれしいです。
しいたけは今回はあまり上等のシイタケではなかったのですが、次回は肉厚のシイタケを使ってみたいです。
かんぴょうは茹でるときに好みの柔らかさにしておかないと、味付けするときには柔らかくはならないので気をつけたいところです。
181005_3
あとは酢飯の量を少し多くして一応完成としたいです。
まだまだ上手ではないのですが、味は決まったので次なるステップに進みたいと思います。
三つ葉も工夫して巻き込みたいと思います。
ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

巻きずし3回目は江戸の味 あなご専門店の玉ゐのアナゴで食す

180975_2
巻きずしにアナゴを入れたいと思い、どこのアナゴにしようかな?と思っていたら、フェイスブックのお友達が玉ゐさんでランチをとっていらっしゃいました。確かテイクアウトができると思い早速週末に買いに行きました。
ランチ時、たくさんのお客様が並んでいましたよ。
180973
アナゴはこんな素敵な箱に入っています。
180972
素敵!(^^)!
180971
ふっくらとした柔らかいアナゴです。上等すぎて巻きずしが心配です。
180974
卵焼き、かんぴょう、しいたけ、カニカマ、玉ゐのアナゴ。
巻き方を失敗してしまいましたが、とてもおいしい巻きずしが出来上がりました。
次は具を厳選して、かんぴょうももう少ししっかりと煮あげたいです。酢飯も前回よりも多めに入れたのでなかなか難しいですが、次回はもう少し上手に仕上げたいです。
さて、復習をしなければ。
玉ゐはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

巻きずしの練習

180921_2
結婚したばかりのころにトンカツ巻という巻きずしを作って以来の挑戦をしています。
第一歩から勉強して料理してみようと思います。
写真は2度目の巻きずし。
180912
具の基本をかんぴょうに定めて、柔らかく戻して煮てみました。
180911
シイタケも戻して、一緒に煮る。
180918
卵焼き、シイタケ、かんぴょう、三つ葉を入れてうまく巻けるか挑戦しました。
かんぴょうの味が薄いので2回目はシイタケとかんぴょうを少し味を入れて
180919
卵焼き、かんぴょう、シイタケ、カニカマ、三つ葉です。かんぴょうはもう少し水分を飛ばしておくのがよさそうです。
全体の味はなかなかよかったです。かんぴょうをうまく煮ることが大切なんですね。
三つ葉の緑がうまくでていないのが次への挑戦です。
次回はアナゴも入れて豪華にしたいです。
海苔は現在の海苔でもよさそうなので、次回はもう少し上手になりたいと思います。
巻きずしの夕食。
180921_3
180920
ほうれん草のお浸しとボストン産の本マグロ。水ナスの漬物。
180923
巻きずし
180922
ギョーザ。
たくさん作ってあったギョーザを冷凍したもの。
焼き方はフッ素加工のフライパンにギョーザを並べ、水をギョーザの半分ぐらいまで注ぐ。
中火にして水がなくなるまで加熱する。
水が無くなったらサラダ油を入れて好みの焼き具合まで加熱する。
この日は日本酒をいただきました。
ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

久しぶりのカレー

180832_2
我が家のカレーは豚肉薄切りと玉ねぎだけで作ります。ターメリックライスとベーコンやレーズン、ゆで卵をトッピングしていただきます。
カレールーの中にはポトフを作ったスープを200mlぐらい入れてコクをだします。
タマネギは茶色になるまで炒めるのがポイントであとは市販のルーでとてもおいしくできます。
友人がインドに旅行した際のお土産のカレーパウダーはカレーに少し入れると劇的においしくなるそうよ。ということでスプーン1杯入れてみました。
色々なスパイスが交じり合った食欲がわく香りと風味。洗練されている。
早速いただきましたが、劇的かどうかはわかりませんが、写真のカレーを3皿食べてしまいましたcoldsweats02
次回は食べる直前にカレーパウダーを混ぜてみようと思います。
カレーだけではなく、チキンや魚につけて焼いてもおいしそうなので色々と試してみたいです。
恐るべし、インドのカレーパウダー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

六大学野球応援弁当


180607_3

六大学野球応援弁当は今回ものり弁。
6月とは思えないぐらいの暑さで、お弁当は炎天下に置いておくので少しでも熱を下げる工夫をして、持って行ってもらいました。小さいクーラーボックスに小さい保冷剤を入れてなんとか大丈夫のようでした。
おかずはソーセージ、すいかの漬物、わさび漬け、ゆで卵。
のり弁はこの組み合わせがベストだそうです。
お弁当を食べて、野球を応援して、最後は渋谷で打ち上げをして、ご機嫌で帰宅しました。
いつまでも元気で野球観戦ができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

オムライス ケチャップの上手な使い方

180401
ケチャップライスを作るときに、中途半端に加熱すると出来上がりが酸っぱくなります。
甘くやわらかな味わいにするにはポイントがあります。

  1. ご飯を温めてボールに入れ軽く塩・胡椒をしてオリーブオイルで混ぜ合わせます。この時、ご飯にまんべんなくオイルを素早く混ぜ合わせるのがポイントです。オリーブオイルはご飯お茶碗2杯分で大さじ1。
  2. フライパンにトマト(2人分で1/4個)ベーコンや玉ねぎ、マッシュルームなどお好みの具材を入れて炒め、1のご飯を入れて軽く混ぜボールに戻します。
  3. ここでケチャップとパルメザンチーズを入れてよく混ぜ合わせます。
  4. 卵を焼いてオムライスの出来上がりです。

180402
ご飯にはトマトを入れることも忘れずに。
少し多めに作って残りはドリアにどうぞ。

ポイント
温かいご飯にオリーブオイルで混ぜ合わせておく。
炒めた具材と一緒にフライパンで軽く炒める
ボールに戻してここでパルメザンチーズとケチャップで味付ける。(加熱しない)
これで柔らかい味わいのケチャップライスが出来上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

残りご飯をちらし寿司にして小さいお蕎麦もいっしょに、ランチタイム

170703
朝、ご飯を炊くと少しずつ残ります。そのご飯をちらし寿司にして、小さいお蕎麦も添えたランチをいただきました。
ちらし寿司の具は冷凍しておいたひじきの煮物を中心にして、少し野菜と味を足して作ります。
作り方はこちらを参考にしてください。

最近インスタなどを見ていると、料理の上から写真を撮るのが流行りのようです。私も真似してみました。
時々はこんな風に写真を撮るのも楽しいですね。

170702
写真の縦と横では雰囲気が違って面白いですね。
ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

ひな祭りの包丁を使わない簡単寿司

170233_3
明日はひな祭り、大人女子会で週末にパーティーを開く予定の皆さん、今回は簡単でも可愛く豪華なひな祭りのお寿司をご紹介します。
ご飯を炊いて、五目すしの素を混ぜて、錦糸卵も市販のものを用意して寿司の上にトッピングします。カップの中に盛れば皆さんと好きなようにトッピングができますね。

用意するのは海苔カッター、ピック、イクラや大葉など、でも包丁は使わなくて混ぜるだけなので簡単でしょnotes
すぐにできて、白ワインにもよく合います。
H110301

カルパッチョやゆで卵のミモザ風ゆで卵など大人女子会にもぴったりですね。
レシピに興味のあるかたはこちらをご覧ください。

楽しいひな祭りをお過ごしください。

公式サイトではひな祭り特集をしています。https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

ピラフを盛り付けたら最後にEXバージンオイルを

170122
ピラフは料理の付け合わせにも使えるのでたくさん作って、小分けして冷凍すると便利です。

<材料 お米2合分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • タマネギ・・・50g
  • ニンジン・・・50g
  • ベーコン・・・1枚
  • しし唐・・・3本
  • 米・・・2カップ
  • 無塩バター・・・15g
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • ターメリック・・・少々(スパイス)

<作り方>

  1. 米はさっと洗いザルにあげておく。
  2. ブラウンマッシュルームは食べやすい大きさに切り、ニンジンとタマネギは5mmくらいのさいの目切り(小さい立方形)にする。しし唐は縦半分に切って種を取り、小さくスライスする。ベーコンも5mmに切る。
  3. フライパンを中火で熱してバターを溶かし、バターが大きい泡から小さい泡になったところでベーコンを炒める。ブラウンマッシュルーム、タマネギ、ニンジン、しし唐を加えサッと炒める。米を加えて米が透き通るまで炒め、塩こしょう、ターメリックを入れて混ぜる。
  4. 3を炊飯器に入れて水2カップ(炊飯器についている計量カップ)加えて軽く混ぜて炊飯する。

170121
ハンバーグの付け合わせにしたピラフ。

次の日の朝食には電子レンジで温め、フッ素加工のフライパンでカレースパイスを加える。
味の変化が楽しめます。最後にEXバージンオイルをかけるとスパイスが和らぎます。

170122_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

六大学野球応援弁当に究極の【のり弁】

子供のころ、母は火鉢でよく海苔をあぶってのり弁を作ってくれました。なつかしい記憶です。昼間用事で出かけるときは、アイボーさんにお弁当を作っておきます。のり弁だと、よくおいしかった~また作ってねと言われます。
土曜日はアイボーさんは朝早くから目黒稲門会の皆様の席取りにでかけます。その席取りの皆様のためのお弁当作りを担当しています。
何度も試作をして、ご飯と海苔、鰹節としょうゆのバランスを確かめて、おかずとの相性も研究しながらできたお弁当です。

161079
アイボーさん曰く、のり弁にはわさび漬けがよく合う、ゆで卵も合う。ということでそのほかに、ソーセージとすいかのみそ漬けも入れました。
いろどりはよくないお弁当ですが、究極です(笑)

皆さん、のり弁久しぶりだ~と言って喜んでくださったそうです。
お仲間との母校の応援に、少しでも思い出としてお弁当が心に刻まれますようにと心を込めて作りました。
のり弁を作って私も幸せでした。皆さんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧