2020年7月 7日 (火)

卵一個で作るフワフワの卵焼き

200707
【卵一個で作る卵焼き】
卵焼き器の縦半分で作るのがポイント


<材料卵一個>
・卵・・・1個
・砂糖・・・小さじ2
・だし汁・・・小さじ2
・塩・・・少々
・片栗粉・・・小さじ1/2
・サラダ油・・・適宜

<作り方>
1.ボールにだし汁、砂糖、塩、片栗粉を入れてよく混ぜ合わせる。
2.1に卵を入れて箸で混ぜ合わせる。全体に混ざったら混ぜ棒で白身を良く切るように、白身が黄身と混ざり合うまで混ぜる。(箸で混ぜてもよい)
3.180℃に熱してサラダ油を卵焼き器にまんべんなく回し、余分な油を器に戻す。
4.卵焼き器を濡れ布巾で温度調節して、サラダ油をひき、縦右半分に卵液を1/3流し込み巻いていく。
5.4の卵を左に移し、卵液を流し込み巻いていく。全部で3回繰り返す。
6.卵焼きをクッキングペーパーで包んで余熱で火を通す。

200706
混ぜ棒

200708

甘くてきれいな卵焼きができました。
卵一つできれいにフワフワにできるわけがないと、最初からあきらめていたのでは前に進まないことがわかりました。
視点を変えて、頭を柔らかくして、何事にも挑戦することが大事。
コロナ禍で色々なことを学びました。
200717
オムレツもきれいな色に仕上がりました。
勉強してよかったわ。







| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

ブラウンマッシュルームとズワイガニの卵焼き

191047
ブラウンマッシュルームをバターで炒めて香り豊かな卵焼きです。
<材料2人分 フライパン直径20cm>
  • ブラウンマッシュルーム・・・4個
  • ズワイガニ・・・50g
  • 卵・・・3個
  • バター・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ズワイガニはクッキングペーパーで余分な水分を取る。
  2. フライパンを中火で熱してバター大さじ1を加えて大きい泡から小さい泡になったらスライスしたブラウンマッシュルームを炒める。
  3. 香りがでてきたらズワイガニをほぐして入れて、軽く塩こしょうをして皿に取って粗熱を取る。
  4. ボールに卵を割り入れて白身を切るように混ぜて軽く塩コショウをする。
  5. 4のボールに3を加えて、中火で熱したフライパンにバター大さじ1を加えて卵液を流し込む。
  6. 全体に卵液が固まってきたら弱火にしてふたをして、卵に熱を通して裏返す。卵が固まったら皿に盛り付けて、好みでケチャップでいただきます。ワインの一皿にする場合は塩味のほうがおいしくいただけます。

💠ワンポイントアドバイス💠
卵が固まってきて裏返すときに、フライパンと同じぐらいの大きさの皿に一旦裏返して卵をのせて、フライパンに戻すとうまくいきます。

 


テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。
興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

サラダと盛り合わせて、日本酒にもおいしい塩味のかに玉

190904
盛り付けが雑になってしまいましたが、かに玉です。
塩をきかせて日本酒と共にいただきました。野菜も一緒にどうぞ。
190905
器はジアンのケーキ皿と大皿を使いました。過去にも何回もレシピをアップしていますが、復習として。

<材料2人分>

  • ズワイガニの足・・・50g
  • 卵・・・3個
  • 白ネギ・・・1/4本
  • 日本酒・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ゴマ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. ズワイガニは身をほぐして酒をふる。白ネギは斜め切りにする。
  2. 卵を割りほぐし、塩こしょうを加える。(カニの塩分によって塩を加減する)
  3. フッ素加工のフライパンを中火で温め、分量外のごま油少量をひいて1のカニとネギを炒め軽く塩コショウをして皿に取って粗熱を取る。
  4. 粗熱の取れた3を卵液の中に入れて軽く混ぜ、フライパンにごま油をひいて卵液を加え円を描くようにして両面焼く。
  5. 好みの硬さになったら皿に盛り付ける。
190904
お酒の一品として塩味がとてもおいしく感じるかに玉です。
ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

塩味のかに玉

190618
白ワインにも日本酒にもおいしい塩味のかに玉

<材料2人分>

  • ズワイガニの足・・・50g
  • 卵・・・3個
  • 白ネギ・・・1/4本
  • 日本酒・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ゴマ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. ズワイガニは身をほぐして酒をふる。。白ネギは斜め切りにする。
  2. 卵を割りほぐし、塩こしょうを加える。(カニの塩分によって塩を加減する)
  3. フッ素加工のフライパンを中火で温め、分量外のごま油少量をひいて1のカニとネギを炒め軽く塩コショウをして皿に取って粗熱を取る。
  4. 粗熱の取れた3を卵液の中に入れて軽く混ぜ、フライパンにごま油をひいて卵液を加え円を描くようにして両面焼く。
  5. 好みの硬さになったら皿に盛り付ける。お好みでごま油をサッとかけていただきます。

 

190619
底が16cmの8角形の西島隆さんの織部
パスタにも野菜炒めなどにも重宝する器です
洋食器と違い微妙な曲線でバランスをとる美しい作品です。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

ホタルイカとゆで卵のサラダ

190407
今日は簡単で(いつものことですが)ワインにおいしいおつまみのご紹介です。
<材料2人分>
  • ホタルイカ・・・10杯(烏賊は1杯2杯と数えるので)10個です
  • ゆで卵・・・1個
  • ベビーリーフ・・・適宜
  • EXバージンオイル・・・適宜
  • 塩・・・適宜

<作り方>

  1. ホタルイカは目と口、背骨を取ってサッと洗ってくキングペーパーで水分を取る。
  2. ゆで卵はフォークでつぶしておく。ベビーリーフは軽く洗う。
  3. 皿にベビーリーフ、ホタルイカ、ゆで卵を盛り付けてEXバージンオイルをかける。お好みで塩を少量ふる。

簡単すぎますね(笑)

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

アマタケのサラダチキンで卵豆腐の酢の物

190319
冷たい料理もおいしくなる季節に簡単にできる一品です。
<材料2人分>
  • サラダチキン・・・薄切り4枚
  • 市販の卵豆腐・・・2cm角6個
  • カニカマ・・・1本
  • キュウリ・・・1/4本
  • 蟹酢・・・大さじ1

<作り方>

  1. キュウリはスライサーで切り塩もみして水洗いする。
  2. サラダチキンとカニカマは手で割いておく。
  3. 1と2をボールに入れて蟹酢をかけて5分ぐらい置く。
  4. 器に卵豆腐を盛り、更に3を盛ってできあがり。
190319
涼し気な器と卵豆腐の黄色、キュウリの緑、カニカマの赤が美しく、サラダチキンがおいしい一品です。

| | コメント (0)

2018年4月 3日 (火)

厚切りハムとゆで卵のサラダ

180403
ハムステーキ用に売られているハムを今日は豪華なサラダ仕立てにしてみました。
色がきれいで白ワインがおいしく飲めます。

<材料2人分>

  • 厚切りハム・・・1枚
  • ゆで卵・・・1個
  • マヨネーズ・・・適宜
  • レタス・・・2枚
  • パセリ・・・少々

<作り方>

  1. レタスはクッキングペーパーで水分を取り皿に盛り付ける。
  2. ゆで卵は冷ましてからハムと同じぐらいの大きさに切って白身とハムをマヨネーズで和える。
  3. 皿に2を盛り、黄身を荒くほぐしてハムの上にふんわりと盛り付けます。パセリをふってできあがり。

春らしい色あいのサラダになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

市販の卵豆腐のあんかけ

180326
スーパーでよくみかける卵豆腐を、吸い物ぐらいの味付けにして、あんをかけて温かくしていただきます。
エノキダケとほうれん草の軸の部分を入れて彩りよく仕上げました。

180325
漆のトレーに漆のレンゲ、器は2枚重ねにして洋風に。白ワインと共にいただきました。
下のお皿はソーサー風にレンゲを置いたりすることもできて便利です。

3月も中旬に差し掛かり、いよいよ桜の開花が待ち遠しくなりました。
今日は桜の枝ぶりを見ながらお散歩をしようかなと思います。今年は花粉症が少し厳しくて外に出るのも勇気がいります。
今日も楽しくて良い一日になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

Weekend Dish 簡単!白ワインがおいしい塩味のかに玉

170524
久しぶりのWeekend Dishのお時間がやってきました。団塊のお父さんでも簡単にできておいしい料理の紹介です。さっぱりとした味わいの塩かに玉、かにの味が際立つおいしさです。
さあ!ご一緒に作って夜のワインのお供にしましょう。

<材料2人分>

  • ズワイガニ・・・30g(くずしたもの)
  • 卵・・・2個
  • 白ネギ・・・1/4本
  • しし唐・・・2本
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・大さじ2

<作り方>

  1. 卵を割りほぐしズワイガニを入れて軽く混ぜ、軽く塩こしょうをする。
  2. ネギは輪切りにする。しし唐は種を取ってネギと同じ大きさに切る。
  3. フライパンを中火で熱して分量外のサラダ油少量で2のネギとしし唐を炒め、冷ます。
  4. 1の卵に3を加えて卵の味を確認する。塩味が足りなければ少量足す。
  5. フライパンを中火で熱してサラダ油を加え、4の卵液を入れて箸で混ぜて卵が固まったら皿に盛る。取り分けていただきます。

ネギとしし唐を刻むだけで簡単にできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

カレーピラフにEXバージンオイルのスクランブルエッグを添える(少し上級者向け)

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)
盛り付けやスタイリングについてはレシピの後に書いてあります。ご参考まで。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170304

<材料 お米2合分>

  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ2
  • タマネギ・・・50g
  • ニンジン・・・50g
  • ベーコン・・・1枚
  • しし唐・・・3本
  • 米・・・2カップ
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • レーズン・・・少々
  • ターメリック・・・少々(スパイス)
  • カレーパウダー・・・大さじ1

<作り方>

  1. 米はさっと洗いザルにあげておく。
  2. ニンジンとタマネギは5mmくらいのさいの目切り(小さい立方形)にする。しし唐は縦半分に切って種を取り、小さくスライスする。ベーコンも5mmに切る。
  3. フライパンを中火で熱してピクアルを加えベーコンを炒め香りが出てきたらタマネギ、ニンジン、しし唐を加える。さらに米を加えて米が透き通るまで炒め、塩こしょう、ターメリックを入れて混ぜる。
  4. 3を炊飯器に入れて水2カップ(炊飯器についている計量カップ)加えて軽く混ぜて炊飯する。
  5. 炊きあがったご飯にカレーパウダーとレーズンを加え混ぜる。

ピラフは冷めたら一回分ずつ保存容器に入れて冷凍保存する。

<スクランブルエッグ>

 ピクアルを混ぜたスクランブルエッグはやさしい甘みを感じます。カレーピラフともぴったりの相性です。

<材料>

  • 卵・・・一個
  • 塩・・・少々
  • 牛乳・・・小さじ1
  • ピクアル・・・小さじ2

<作り方>

  1. 小さいフライパンに小さじ1のピクアルをひいて、弱火にかける。
  2. 卵に塩、牛乳、ピクアル小さじ1を入れて混ぜ合わせる。
  3. 1のフライパンに卵液を入れて小さい泡だて器で好みの硬さにする。Ex170306
  4. 皿にピラフを盛り、スクランブルエッグを添えて、ほうれん草のソテーとお好みでソーセージをトッピングする。卵とピラフを混ぜ合わせて召し上がれ。

Ex170305_2

 今日のコーディネートのポイント 
漆のトレーにディプティックのフレグランスキャンドルについていた説明書きがおしゃれだったので合わせてみました。お皿の絵柄ともうまくマッチしていて、一クラス上のコーディネートです。素敵な包装紙や紙のショッピングバッグなどもテーブルで利用できます。
器の中は黄色の分量が多いので、ほうれん草でグリーンのバランスを保ちます。ソーセージがインパクトありますね。ピラフとスクランブルエッグを混ぜ合わせるとカレーの辛味が和らぎます。ピラフは冷凍できるのでたくさん作って活用してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧