2021年4月 6日 (火)

揚げナス(レシピあり)を前菜にした日本酒に合う献立

210402
ナスに片栗粉をつけて170℃の油で揚げて塩コショウでいただきます。

<材料2人分>
・ナス・・・1個
・塩コショウ・・・適宜
・片栗粉
・揚げ油

<作り方>
1.ナスは縦8等分にしてクッキングペーパーで水分を取り、軽く塩を振る。
2.片栗粉を全面につけて170℃の油でこんがりと揚げる。
3.油を良く切って皿に盛り塩こしょうをかけていただきます。

210402

塩分と胡椒が冷たい日本酒とよく合います。
210403

サラダのドレッシングはマヨネーズ2,すし酢1,サラダ油1の割合で混ぜています(写真なし)
すし酢を入れるとあっさりとして日本酒にも合います。

210401

メインディッシュはポテトコロッケ
塩をきかせたコロッケなのでソースなどつけずにそのままいただきます。サクッとしていてこちらも日本酒にあいます。
いくらでも食べられる不思議なコロッケ、アイボーさんと争奪戦(笑)
今回も楽しくおいしく夕食をいただきました。健康であることに感謝いたします。

| | | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

ダイコンと鶏団子の煮物

210230

<材料:2人分 鶏ダンゴ>
A鶏ひき肉・・・100g
A 柚子味噌・・・小さじ1/2(市販のもの)
A 酒・・・大さじ1/2
A しょうゆ・・・大さじ1/2
A片栗粉・・・小さじ1/2

<材料:2人分 煮物用>

・だし汁・・・300ml
・ダイコン・・・150g
・茹でたほうれん草・・・少々
・しょうゆ・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2

<作り方>
1.あらかじめ鍋に水を入れて沸騰させ、ボールに鶏ひき肉と材料のAを入れて混ぜてお団子にして、お湯の中でサッと湯通ししておく。
2.鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、いちょう切りにした大根を加え、しょうゆとみりん、塩を入れて大根が透き通るまで煮る。
3.1のお団子を入れあくがでたらとる。
4.器に盛り、茹でたほうれん草を加える。

ダイコンがおいしい季節ですね。鶏団子ととても相性がよいので、寒い季節にどうぞ。
ほうれん草の代わりにインゲンや三つ葉などもおいしいです。

| | | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

白ワインに合うシンプルポテトコロッケ

210235

<材料コロッケ8個分>
・じゃがいも・・・400g
・たまねぎ・・・1/4個
・合いびき肉・・・100g
・塩こしょう・・・少々
・牛乳・・・大さじ2
・無塩バター・・・・10g
・ローズマリー・・・2枝
・揚げ油

<作り方>
1.じゃがいもの皮をたわしで洗い鍋に入れ中火で水から茹でる。ローズマリーも加える。

150135_20210219090801
2.1のジャガイモが柔らかくなったらザルにあげて少し冷まし、皮をむく。マッシャーでマッシュして、バターと牛乳、塩こしょうを入れて混ぜ合わせる。
3.フライパンを中火で熱してサラダ油(分量外)を入れて、ひき肉とみじん切りのたまねぎを炒め塩こしょうをする。クッキングペーパーを敷いた皿に取り、余分な油を取る。
4.2のジャガイモの中に3を加えて混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩を加える。
150136_202102190909015.8等分して形を作りフライの要領で小麦粉、卵、パン粉をつけて170℃の揚げ油でカラッと揚げる。
210235

塩を上手に効かせてソースをつけずにそのまま頂きます。冷たい白ワインや冷酒によく合います。





皆様からのご質問を承っております。

収納やテーブルコーディネートのことなどお気軽にご質問ください。
公式サイトからご質問、又はコメント欄からどうぞ。非公開希望の方はその旨お書き添えくださいませ。


 

 

| | | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

暑い日の簡単おつまみ【アスパラベーコン目玉焼き】

200904
アスパラとベーコンは相性がいいですね。

<材料2人分>

  • グリーンアスパラ・・・3本
  • ベーコン・・・2枚
  • 塩コショウ・・・少々
  • 卵・・・1個
  • ピザ用チーズ・・・大さじ2
  • 無塩バター・・・5g

<作り方>

  1. グリーンアスパラは固い部分を取り、額をピーラーで取り除いて斜め切りにする。
  2. ベーコンは食べやすい大きさに切る。
  3. フライパンを中火で熱して、バターを溶かしベーコンを炒める。グリーンアスパラを加えて炒め塩コショウを軽くふる。
  4. 弱火にしてフライパンの中央をあけて、卵を落とし、チーズを加えて蓋をする。
  5. 好みの目玉焼きの硬さになったら皿に盛る。

 

| | | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

塩味の白ワインによく合うコロッケ

 

200834

ポテトコロッケ

<材料4人分>

  • じゃがいも・・・大2個(400g)
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 合いびき肉・・・100g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 無塩バター・・・・10g
  • 揚げ油

 

<作り方>

  1. じゃがいもは皮をむき半分に割って水にさらし、じゃがいもが柔らかくなるまで茹でる。
  2. お湯を捨てて、中火で水分がなくなるまで加熱をして火を止める。マッシャーでマッシュして、バターと牛乳、塩こしょうを入れて、弱火にして混ぜ合わせる。
  3. 鍋を中火で熱してサラダ油(分量外)を入れて、ひき肉とみじん切りのたまねぎを炒める。余分な脂がでてきたらクッキングペーパーで取りながら炒め、塩こしょうをする。
  4. 3をクッキングペーパーを敷いた皿に取り、余分な油を取る。
  5. 2のじゃがいもの中に4を加えて混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩を加える。

    120801

  6. 5を8等分して形を作りフライの要領で小麦粉はしっかりつけて、よく溶いた卵をつけ、パン粉をつけて形を整えて、170℃の揚げ油でカラッと揚げる。

    120803

    薄力粉のつけ方や卵の溶き方でカリッとサクッとした違いのある揚げ物ができあがりました。ご馳走さまです

200835
ソースをつけずにいただきます。

 

| | | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

Weekend Dish ベビーホタテとアスパラのバター炒め

200609
今日は久しぶりのWeekend Dishのお時間です
包丁はアスパラを切るだけの簡単料理
ベビーホタテとバターはとても相性がよく
旬のアスパラと一緒に白ワインでどうぞ。

<材料2人分>
・ベビーホタテ・・・10個
・グリーンアスパラ・・・4本(細目)
・無塩バター・・・10g
・塩こしょう・・・少々

<作り方>
1.グリーンアスパラは根元の硬い部分を切って、まな板にのせて根元5cm位をピーラーで皮をむきます。
2.お湯に分量外の塩少々を加えて1のアスパラをサッと茹でます。食べやすい大きさに切ってはかまが気になれば指で取り除く。
3.フライパンを中火で熱して、バターを加え、水洗いして水分を取ったベビーホタテを炒めます。
4.3が良い香りがでてきたらグリーンアスパラを加えサッと炒めて塩コショウで味付けをして皿に盛ります。

バターの香りが好きなので、10gと少し多めですが白ワインにとてもよく合います。
ベビーホタテは炒めると香ばしくこちらもワインに合います。日曜日、家族で何作ろうかな~とお考えのあなたにぴったりの一品です。
楽しい夕食タイムをお過ごしくださいね。

200610

エコバランス シャルドネ (チリ)

◆ECOCERT(フランス国際有機栽培認証機関) 認定ブドウ使用
◆The Vegan Society(ヴィーガン協会)イギリス国際ヴィーガン認証機関認定ワイン
詳しくはこちらから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

🎀

東京での小さいアパートメントの暮らし方
Tokyo Small Apartment Life
一人暮らし・二人暮らしのご提案をいたしております。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


 

| | | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

春キャベツと豚肉の炒め物

200409
春キャベツの柔らかい食感とニンニクがきいた豚肉でご飯が進みます。

<材料2人分>

  • 豚切り落とし・・・100g
  • キャベツ・・・3枚
  • 塩こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • ニンニク・・・ひとかけ
  • 鷹の爪・・・1本
  • 片栗粉・・・適宜
  • ゴマ油・・・適宜

<作り方>

  1. 豚肉は食べやすい大きさ(4等分ぐらい)に切り塩こしょうをふって薄く片栗粉をつける
  2. キャベツは食べやすい大きさに切る。
  3. フライパンを中火で熱して、ゴマ油を加えニンニクと1の豚肉を炒める。
  4. 2のキャベツと鷹の爪を手で小さく割いてを加え、手早くしょうゆとみりんを加え混ぜ合わせ皿に盛る。

🎀

東京での小さいアパートメントの暮らし方
Tokyo Small Apartment Life
一人暮らし・二人暮らしのご提案をいたしております。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


 

 

| | | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

新じゃがとソーセージのバター炒め

200407
買い物もまとめ買いをして
でも段々食材が少なくなって献立を考えるのも大変な毎日ですが
そんな時にお役立ちの一品です。
ビールによく合います。
<材料2人分>
  • 小さい新じゃが・・・5個
  • ソーセージ・・・3本
  • 無塩バター・・・5g
  • タイム・・・少々(スパイス)
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. ジャガイモは皮つきのまま良く洗い、蒸し器で蒸す。
  2. 粗熱がとれたら皮をむいておく。
  3. フライパンを中火で熱してサラダ油とバターを加え、半分に切った2のジャガイモを焼く。
  4. ジャガイモに焦げ目がついたら塩こしょうして、半分に切ったソーセージを加える。
  5. 最後にタイムを入れて香りをつける。
  6. 皿に盛り付けお好みでパルミジャーノチーズをかけていただきます。

ジャガイモは皮をむいて電子レンジでもOKですが、野菜を蒸すとふっくらとうま味が増します。

| | | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

市販のワンタンであったかねぎ生姜スープ

200302
野菜室に残っている野菜で体の温まるスープのご紹介です
<材料2人分>
  • 市販のワンタン・・・6個
  • 白ネギ・・・1/2本
  • ニンジン・・・20g
  • ほうれん草・・・1束
  • 豆腐・・・50g
  • 鶏ひき肉・・・大さじ1
  • ショウガ・・・少々
  • 水・・・300ml
  • 塩こしょう・・・少々
  • 顆粒コンソメの素・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ1

<作り方>

  1. 鍋を中火で温めごま油をひき、鶏ひき肉を炒める。みじん切りにしたショウガを加え、白ネギ、ニンジンを炒めて水を加える。
  2. 野菜が柔らかくなったら豆腐を加えてコンソメの素、塩コショウをして豆腐とほうれん草を入れる。
  3. 市販のワンタンを入れて5分弱火で加熱して火を止める。材料には入っていませんが写真はアサツキをトッピングしています。

🎀

東京での小さいアパートメントの暮らし方
Tokyo Small Apartment Life
一人暮らし・二人暮らしのご提案をいたしております。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


| | | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

スパイスがきいたジャガイモのオーブン焼き

200125
タイム、ローズマリー、オレガノを少し混ぜてオーブンで焼きます
ほのかなスパイスのかおりがワインに合います。
<材料2人分>
  • ジャガイモ・・・小さいサイズ4個
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩・胡椒・・・少々
  • スパイス・・・タイム、ローズマリー、オレガノ少々
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1

<作り方>

  1. ジャガイモはタワシできれいに洗い、無水調理用の鍋で100mlの水を入れて蒸す。途中水が無くなれば足してください。
  2. ザルにあげて粗熱をとり皮をむく。新鮮なジャガイモは皮付きのままでよい。
  3. 耐熱容器に半分に切ったジャガイモをのせてスパイスとパルミジャーノチーズ、塩こしょう、オリーブオイルをかけて200℃のオーブンで10分加熱する。

 

200123
茹でたジャガイモにスパイスやオリーブオイルをかけたところ
200124
焼きあがったところ
200125
ステーキの付け合わせとしていただきました。
スパイスは一種類でも大丈夫なので
スパイス初心者の方はどれか一種類でお試しください。
また無水鍋をお持ちでない方は、ジャガイモを茹でて作ってください。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


 

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧