2017年5月12日 (金)

新じゃが素揚げとオーブン焼き 一人暮らしでもバリエーションを付ける方法

丸くてかわいいサイズの新じゃが出回っていますね。たくさん食べたいのですが、1人暮らしや2人暮らしだと量はあまりいただけませんね。そこで5~6個皮から茹でておいて皮をむき、素揚げにしたりオーブン焼きにしたりと、使い方が色々とできます。

170505
写真はハムステーキ。ちらりとジャガイモが映っていますが、茹でて皮をむいたジャガイモを耐熱容器に入れてバターを落とし、塩を振って200℃のオーブンで焼いたものです。

ローズマリーで香りをつけて。

170507

ポイントは5個ぐらいを皮から茹でておくことです。皮をむいて冷蔵庫保存すれば数日は日持ちします。
ポテト1個を小さい容器に入れてオーブン焼きにしたり、つぶしてベーコンと炒めたり、使い方色々と楽しめます。





















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

豚バラと新じゃがの塩炒め

170503
ジャガイモを茹でている間に、豚バラに塩をふって置いておく。あとは焼くだけの簡単調理。
ビールにも白ワインにも日本酒にも合います。

<材料2人分>

  • 薄切り豚バラ・・・50g
  • 新ジャガ・・・大1個
  • 塩・・・小さじ1/4
  • こしょう・・・少々
  • パセリ・・・少々

<作り方>

  1. 豚バラは食べやすい大きさに切って塩とこしょうをふっておく。
  2. ジャガイモは茹でておく。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、1の豚バラを焼く。油がでてきて両面キツネ色になったら皿にとる。
  4. 3のフライパンに2のジャガイモを入れて炒める。豚バラからでた油が足りなければ、サラダ油を足す。ジャガイモがきれいなキツネ色になったら3の豚バラを加え、味をみて塩が足りなければ少量加えてます。皿に盛ってパセリのみじん切りをかける。

豚バラから出る油で十分にジャガイモがおいしくいただけます。パセリはスパイスを使っても大丈夫です。家になければ買わなくてもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

豚バラとごぼうの炒め物

170328
シャキシャキのごぼうがお好きならごぼうを茹でずに、私は柔らかくしてから炒めます。

<材料2人分>

  • ごぼう・・・1本
  • 豚バラの薄切り・・・100g
  • しょうゆ・・・大さじ1.5
  • みりん・・・大さじ1.5
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ごぼうは斜め薄切りにして柔らかくなるまで茹でる(シャキシャキがお好きなら茹でずに水でさらしておく)
  2. 豚バラは食べやすい大きさに切り、少量の塩とこしょうをふる。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、2の豚バラを炒める。油が出てきたら1のごぼうを入れて炒め、しょうゆとみりんで味付けする。

豚バラのうま味とごぼうがうまくマッチしておいしい組み合わせですね。ごはんによく合います。
湯豆腐や冷ややっこなどの組み合わせはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ヘルシー料理で毎日健康 オリーブオイルレシピ ホタルイカとアーモンドのサラダ

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでもおしゃれなおうちで暮らしたいという女性のために、カスティージョ・デ・タベルナスのある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

週末の晴れた夕方、おうちをきれいに掃除をして磨きこんだ我が家。自分のために花を買い、キャンドルに火を灯し、ゆっくりとヘルシーライフを楽しむ。そんなコンセプトです。

Ex170301_3
リラックスできる空間に花を生ける。その隣にはお気に入りのキャンドルに火を灯す。もうそれだけで心が癒されてきます。

Ex170302
週末の一人を楽しむ空間で用意した料理はヘルシーなホタルイカとスライスアーモンドのサラダです。包丁を使わない簡単料理ですが、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスをホタルイカにマリネするだけで、とてもおいしく変身します。ではレシピをどうぞ。

Ex170303_3
ホタルイカとアーモンドスライスのオリーブオイルサラダ

<材料1人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • ベビーリーフ・・・片手1杯分
  • アーモンドスライス・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • カスティージョ・デ・タベルナス(ピクアル)・・・大さじ1
  • レモンしぼり汁・・・小さじ2

<作り方>

  1. ホタルイカは目などを取り除き、サッと洗い水分を取ってからピクアルをかけておく。(10分ぐらい)
  2. スライスアーモンドはフッ素加工のフライパンで香ばしくなるまで中火で加熱する。
  3. ボールに洗ったベビーリーフを入れて1のホタルイカを混ぜ、塩こしょう、レモンのしぼり汁を加えてサッと混ぜる。
  4. 器に盛り付け、アーモンドスライスを上に掛けて出来上がり。お好みでピクアルをかける。

アーモンドとピクアルは相性が抜群でした。白ワインともおいしい組み合わせですね。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を知りたい方はこちらから。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

残ったしゃぶしゃぶ用のロース豚肉とキャベツ炒め EXバージンオイルをかけてね

170215
豚しゃぶ肉を少し多めに買ってしゃぶしゃぶの次の日は炒め物などいかがでしょうか?
豚しゃぶ肉に塩こしょうをして1時間おいておくとしっかりと肉に塩が回っておいしくなります。
炒めて皿に盛ってEXオリーブオイルをかけると塩のうま味が引き立ちます。

<材料2人分>

  • 豚ロースしゃぶしゃぶ用・・・50g
  • 千切りキャベツ・・・適宜
  • 玉ねぎスライス・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニクスライス・・・3枚

<作り方>

  1. 豚しゃぶ肉はバットに並べ軽く塩こしょうを両面ふって冷蔵庫で1時間置いておく。
  2. 余分な水分をクッキングペーパーで取り、中火に熱したフッ素加工のフライパンでニンニクと一緒に焼く。
  3. キャベツの千切りと玉ねぎを皿に盛り2の豚肉も盛る。上からEXバージンオイルをかけていただきます。

新しく公式サイトを作りました 
https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

冬にオススメ!くるくる巻くだけのマッシュルーム入りロール白菜

170141
冬の白菜は柔らかくて本当においしいね。ひき肉を白菜で巻くだけの簡単料理。

<材料ロール白菜6個分>

  • 白菜・・・6枚
  • 鶏ひき肉・・・50g
  • 豚ひき肉・・・250g
  • 卵・・・1個
  • タマネギ・・・50g
  • ベーコン・・・3枚
  • ブラウンマッシュルーム・・・8個
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 水・・・400ml
  • ローリエ・・・1枚
  • 顆粒コンソメの素・・・小さじ1/2

<作り方>

  1. 白菜は芯の部分が柔らかくなるまで茹でて、ザルにあげ冷ます。
  2. ボールに常温にした鶏と豚ひき肉を入れて手で混ぜる。塩こしょうを入れて混ぜる。
  3. タマネギのみじん切りとブラウンマッシュルーム2個の粗みじん切りも加えて軽く混ぜる。最後にとき卵を入れてよく混ぜ合わせ、6等分にする。
  4. 1の白菜に2を置いてクルクルと包む。ベーコンを巻いておく。
  5. 鍋に水を入れて沸かし、顆粒コンソメの素を加え、3のロール白菜を入れる。できるだけ鍋にピッチリと入れると煮崩れない。
  6. ローリエと残りのブラウンマッシュルームを半分に切って入れる。
  7. 中火で10分煮て味を見て足りなければ塩こしょうを足す。

一皿目はジャガイモとベーコン&マッシュルームのバター炒め。

170141

ロール白菜は2ついただきましたが、もうこれでおなかがいっぱいになりました。

★ 今回のポイント ★

ひき肉を鶏と豚肉を混ぜて風味よく仕上げたことと、ブラウンマッシュルームを入れることで味が引き締まりました。

新しく公式サイトを作りました 
https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

キュウリとトマト、チキンのサラダ アルベッキーナオリーブオイルと共に

170116

最近はドレッシングを作らずに、オリーブオイルをかけるだけの簡単サラダが基本です。オイルをかけるだけなので簡単でしかもおいしい。

<材料2人分>

  • トマト・・・1個
  • キュウリ・・・1/2本
  • 鶏むね肉・・・50g
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • レモン・・・1/8個

<作り方>

  1. トマトときゅうりは食べやすい大きさに切り皿に盛る。
  2. 鶏肉はフォークで刺して塩とこしょうをふる。耐熱容器に鶏肉を入れて白ワインをかけて電子レンジで加熱して冷ましておく。
  3. 冷めた鶏肉をほぐして1の皿に盛る。
  4. オリーブオイルとレモンを絞っていただきます。

今日使ったオリーブオイルはアルベッキーナ、スペイン産のオイルです。食卓で醤油を使うように、テーブルでオイルをかけていただきましょう。癖のないおいしいオリーブオイルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

ブラウンマッシュルームとほうれん草、ベーコンのガーリック炒め

161201_2
いつも冷蔵庫にある食材でワインや日本酒のつまみはいかがでしょうか?
マッシュルームも薄切りにして冷凍保存しておくと便利です。凍ったまま使えます。

<材料2人分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • ほうれん草・・・4束
  • ベーコン・・・1枚
  • ニンニク・・・2スライス
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. フッ素加工のフライパンを中火で温め、みじん切りにしたニンニクとベーコンを炒める。
  2. ベーコンに香りが出てきたら薄くスライスしたブラウンマッシュルームを加える。
  3. 無塩バターを2に入れて炒め、最後にゆでたほうれん草を加えて塩こしょうをする。

161201_2

伊万里鍋島焼 畑萬陶苑さんの器。竹の模様がデザインされていて、とても美しい器です。
竹の凛としたたたずまいに器の淵は柔らかい曲線。完成された器には、どんな料理も美しく盛り付けられます。
私が一点だけ気を付けていることは、竹の模様をきれいに生かす盛り付けです。冷蔵庫にあるいつもの食材で作るいつもの料理がぐ~~んとおいしそうにみえるから不思議です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

白ワインに合うシンプルを極めるコロッケ

161146
塩味を生かしたポテトコロッケは、ソースをつけずにそのままでいただきます。
今回の付け合わせはニンジンの甘煮です。レーズンの甘さもほのかにワインにぴったりの料理です。

以前作ったときの写真ですがご参考に。

150139

<材料4人分>

  • じゃがいも・・・400g
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 合いびき肉・・・100g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 無塩バター・・・・10g
  • ローズマリー・・・2枝
  • 揚げ油

<作り方>

  1. 鍋に水を入れて中火で沸かし少量の塩を入れる。じゃがいもの皮をたわしで洗い、鍋に入れる。ローズマリーも加える。150135
  2. 1のジャガイモが柔らかくなったらザルにあげて少し冷まし、皮をむく。マッシャーでマッシュして、バターと牛乳、塩こしょうを入れて混ぜ合わせる。
  3. 鉄のフライパンを中火で熱してサラダ油(分量外)を入れて、ひき肉とみじん切りのたまねぎを炒める。(鍋やフッ素加工のフライパンを使って余分な脂がでてきたらクッキングペーパーで取りながら炒める)塩こしょうをする。
  4. 3をクッキングペーパーを敷いた皿に取り、余分な油を取る。
  5. 2のじゃがいもの中に4を加えて混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩を加える。

    150136

  6. 5を8等分して形を作りフライの要領で小麦粉、卵、パン粉をつけて170℃の揚げ油でカラッと揚げる。150138
  7. ソースをつけずにそのままでいただきます。

150139

pencil ワンポイントアドバイス pencil

ポテトを茹でるときは皮付きのまま中火でゆっくりと茹でます。茹でる時に塩とハーブを一緒に加えるとジャガイモの風味が増します。

ニンジンの甘煮レシピ

T120402

白ワインに合うようにレーズンも入れて楽しみました。

<材料2人分>

  • ニンジン・・・120g
  • 水・・・100ml
  • はちみつ・・・20ml
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩・・・少々
  • レーズン・・・15g
  • 国産レモンしぼり汁・・・小さじ1

<作り方>

  1. ニンジンは5mmの輪切りにする。
  2. 鍋に水を入れニンジンを加えて、中火で沸かす。
  3. はちみつ、無塩バター、塩を加えて中火から弱火にして水分がなくなるまで煮る。
  4. ぬるま湯で戻したレーズンを3に加えて、混ぜ合わせ火を止める。味が含んだら皿に盛り付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

ブラウンマッシュルームとベーコン、ジャガイモのグラタン

温かい料理がおいしい季節になりました。グラタンは体が温まってこの季節は好きな料理です。

161129

<材料2人分>

  • ジャガイモ・・・1個半
  • ベーコン・・・1枚
  • ブラウンマッシュルーム・・・4個
  • 無塩バター・・・5g
  • サラダ油・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・適宜

<ホワイトソース>

  • 無塩バター・・・25g
  • 薄力粉・・・大さじ5
  • 牛乳・・・600ml
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ジャガイモはゆでて、軽くマッシュする。
  2. フライパンを中火で熱して薄くサラダ油を塗り、食べやすい大きさに切ったベーコンを炒める。油がでてきたら、スライスしたマッシュルームを加え、香りがでてきたら軽く塩こしょうをふる。161124
  3. 1のジャガイモに2を入れてバター5gを加え軽く混ぜる。味を見て塩を加える。161125
  4. グラタン皿にサラダ油を塗って3を入れる。161126
  5. ホワイトソースを作る。鍋にバターを弱火で溶かし、薄力粉を加える。焦がさないようによく混ぜて冷たい牛乳を一気に入れる。好みの濃度までホイッパーで混ぜて塩とこしょうをする。
  6. 4のグラタン皿の上にかけてピザ用チーズとバター少量(分量外)、パルメザンチーズをふって250℃のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。161127

    余ったホワイトソースは冷凍もできます。
    161128

焼き上がりにパプリカをふっています。

pencil 今日のポイント pencil

マッシュルームとベーコンを炒めてマッシュしたジャガイモと合わせるときに、味をよくジャガイモになじませることです。ジャガイモは軽るくマッシュしたほうがおいしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧