2018年5月17日 (木)

白ワインに向く野菜のかき揚げの試作

180556
豆皿を作っているガラス作家の米澤雅子さんが作りだす可愛い器に惹かれて、豆皿を買いました。
ジャコ山椒で白ワインを軽く飲んで
180558
うりの漬物と厚揚げの甘辛煮でビール(夫だけビール)
180559
今回は試作の野菜のかき揚げを作りました。ソルティワヒネのハワイアン アラエラシーソルトと合わせてみたり、ハーブソルトと合わせてみて、白ワインがおいしく飲めるか実験をしました。
かき揚げはナスともう一種類を合わせてサックサクに仕上げました。ハーブソルトと、とてもよく合い、白ワインもおいしく飲めます。
試作の段階なのでレシピはまだ起こせませんが、また後日レシピをアップしますね。
勿論、食卓塩で山椒塩を作ってかけてもおいしいです。
かけるときは上から山椒塩またはハーブソルトを軽くパラリとかけるのがポイントです。少しの塩でも十分においしくいただけます。
180560
豚バラの塩焼き。
180561
豚バラにハーブソルトをふって、冷蔵庫で1時間寝かせ、フッ素加工のフライパンで焼くだけです。ハーブソルトが無ければ、塩コショウお好みのハーブ(タイムなど)でできます。
たっぷりのキャベツの上に焼いた肉を盛り付けて、レモンで頂きます。
案外さっぱりといただけますよ。
180557
カップがカラーのキャンドルは数種類カラーがあります。その日のテーブルに合わせてカップの色を変える楽しみもありますね。
今日一日、楽しい食卓でした。ご馳走様です。
カメヤマ カラーカップキャンドルはこちらから。
米澤雅子さんのインスタグラム yoneyone1976

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

ナスの詰め物オーブン焼き

180451
ナスの皮をカップにしてそこにナスとミートソースを入れてチーズで焼きました。パーティー料理にいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • 市販のトマトソース・・・1瓶(市販のミートソースでも可)
  • 合挽・・・100g
  • 玉ネギ・・・1/8個
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • EXバージンオイル
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ナスはガクを外し、ラップに軽く包み600Wのオーブンで2分電子レンジにかける。
  2. ラップを外し粗熱をとってからナスを半分に切り、中身をはずす。皮は皿として利用します。
  3. 鍋を中火で熱して大さじ1のEXバージンオイルを加え、合挽と玉ねぎ、薄切りにしたブラウンマッシュルーム炒め、軽く塩こしょうをしてトマトソースを加えて加熱する。ひき肉に火が通ったら火を消す。
  4. フライパンを中火で熱してEXバージンオイル大さじ1を加え、2のナスを小さく切って炒め軽く塩こしょうをする。3のミートソース大さじ5杯を加えて混ぜ火を止める。
  5. 耐熱容器にナスの皮を置き、ピザ用チーズを敷いて4のソースを盛り付ける。上からパルミジャーノチーズを削ってかけて、EXバージンオイルをふりかけ、200℃のオーブンでこんがりとするまで焼く。
  6. 皿に盛り、上からパセリをかける。お好みでパルミジャーノチーズとオリーブオイルをかける。

180455
電子レンジで加熱して身と皮に分ける。

180454
皮は形を整えて耐熱容器に入れる。

180453
とろけるチーズをのせる。ミートソースと皮がはがれにくくするためです。

180452
ナスのミートソースを皮の上にトッピングしてパルミジャーノチーズをかけ、オリーブオイルをかけて200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

180451

前菜としても、野菜を盛り付けてメインとしてもおいしくいただけます。

残ったミートソースはパスタなどのソースや冷凍もできますので、余っても利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

あさりと野菜のスープ炒め

180118
冷蔵庫に残っている野菜で作る炒め物。あればプチトマトやニンジンなども入れてくださいね。

<材料2人分>

  • あさり・・・中ぐらいの大きさ10粒
  • キャベツ・・・60g
  • ジャガイモ・・・小1個
  • タマネギ・・・1/4個
  • グリーンアスパラ・・・2本
  • ニンニク・・・一片
  • 白ワイン・・・大さじ2
  • 水・・・200ml
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. 鍋にオリーブオイルとスライスとしたニンニクを入れて中火にしてニンニクの香りを出す。
  2. あさりを加えて白ワインを入れあさりの口が開いたら火を止め、あさりをボールにとってラップをかけておく。
  3. 小さく切った野菜を2の鍋に入れ、水とローズマリーを加えて野菜に火を通す。塩コショウで味付けをしてアサリを戻し火を止めてふたをする。
  4. 5分ぐらいそのままにして、冷めていたら温めて皿に盛る。

白ワインにおいしい料理です。スープはバゲットなどにつけてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

暑い日のさっぱり料理 蒸し鶏とナスの冷やし鉢

170619

<鶏肉の酒蒸>

  • 鶏のモモまたは胸肉・・・100g
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ2

<作り方>

  1. 鶏肉を600Wの電子レンジで2分~3分加熱する。中までしっかりと火を通す。(このときお好みで長ネギやしょうがを加えると風味が増します)

<冷やし鉢 材料2人分>

  • だし汁・・・300ml
  • ナス・・・2本
  • オクラ・・・2本
  • 薄口しょうゆ・・・40ml

<作り方>

1.ナスはピーラ―で皮をむき縦半分に更に半分に切り、塩水にさらして水洗いする。オクラは茹でて種を取る。

2.だし汁にナスを加えて中火で火を通し、薄口しょうゆ、みりん、塩で味付けして荒熱がとれたら冷蔵庫で冷たく冷やしておく。

3.器に2のナスを盛りつけ、更に冷ました鶏の酒蒸しを添え、ナスの煮汁を少量張ってオクラをトッピングする。

170606
旬のトウモロコシもどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

ナスと豚しゃぶのサラダ

170530
豚肉でボリュームアップのナスのサラダです。ミョウガとポン酢でさっぱりと。

<材料2人分>

  • しゃぶしゃぶ用豚肉・・・60g
  • ナス・・・2本
  • ミョウガ・・・1本
  • ニンニク・・・1片
  • ポン酢・・・大さじ3
  • ごま・・・少々
  • ラー油・・・少々
  • EXバージンオイル・・・少々
  • 塩・・・少々

<作り方>

  1. 鍋にお湯を沸かし、オリーブオイルと塩少々を入れる。しゃぶしゃぶ用の肉を入れて火を通す。
  2. 肉を皿に取ってラップをかけておく。
  3. ナスはガクを取り、ラップをして電子レンジ600Wで2分加熱をして冷ましておく。
  4. 皿に2の豚肉と縦に切ったナスを盛る。ミョウガをトッピングしてローストしたニンニクとごまをかける。
  5. ポン酢にラー油を混ぜて4の上からかけていただきます。

ニンニクはフッ素加工のフライパンで弱火で焦がさないようにローストします。
しゃぶしゃぶを作るとき鍋ににオリーブオイルを入れるのは、肉の乾燥を防ぐためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

新じゃが素揚げとオーブン焼き 一人暮らしでもバリエーションを付ける方法

丸くてかわいいサイズの新じゃが出回っていますね。たくさん食べたいのですが、1人暮らしや2人暮らしだと量はあまりいただけませんね。そこで5~6個皮から茹でておいて皮をむき、素揚げにしたりオーブン焼きにしたりと、使い方が色々とできます。

170505
写真はハムステーキ。ちらりとジャガイモが映っていますが、茹でて皮をむいたジャガイモを耐熱容器に入れてバターを落とし、塩を振って200℃のオーブンで焼いたものです。

ローズマリーで香りをつけて。

170507

ポイントは5個ぐらいを皮から茹でておくことです。皮をむいて冷蔵庫保存すれば数日は日持ちします。
ポテト1個を小さい容器に入れてオーブン焼きにしたり、つぶしてベーコンと炒めたり、使い方色々と楽しめます。





















 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

豚バラと新じゃがの塩炒め

170503
ジャガイモを茹でている間に、豚バラに塩をふって置いておく。あとは焼くだけの簡単調理。
ビールにも白ワインにも日本酒にも合います。

<材料2人分>

  • 薄切り豚バラ・・・50g
  • 新ジャガ・・・大1個
  • 塩・・・小さじ1/4
  • こしょう・・・少々
  • パセリ・・・少々

<作り方>

  1. 豚バラは食べやすい大きさに切って塩とこしょうをふっておく。
  2. ジャガイモは茹でておく。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、1の豚バラを焼く。油がでてきて両面キツネ色になったら皿にとる。
  4. 3のフライパンに2のジャガイモを入れて炒める。豚バラからでた油が足りなければ、サラダ油を足す。ジャガイモがきれいなキツネ色になったら3の豚バラを加え、味をみて塩が足りなければ少量加えてます。皿に盛ってパセリのみじん切りをかける。

豚バラから出る油で十分にジャガイモがおいしくいただけます。パセリはスパイスを使っても大丈夫です。家になければ買わなくてもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

豚バラとごぼうの炒め物

170328
シャキシャキのごぼうがお好きならごぼうを茹でずに、私は柔らかくしてから炒めます。

<材料2人分>

  • ごぼう・・・1本
  • 豚バラの薄切り・・・100g
  • しょうゆ・・・大さじ1.5
  • みりん・・・大さじ1.5
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ごぼうは斜め薄切りにして柔らかくなるまで茹でる(シャキシャキがお好きなら茹でずに水でさらしておく)
  2. 豚バラは食べやすい大きさに切り、少量の塩とこしょうをふる。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、2の豚バラを炒める。油が出てきたら1のごぼうを入れて炒め、しょうゆとみりんで味付けする。

豚バラのうま味とごぼうがうまくマッチしておいしい組み合わせですね。ごはんによく合います。
湯豆腐や冷ややっこなどの組み合わせはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ヘルシー料理で毎日健康 オリーブオイルレシピ ホタルイカとアーモンドのサラダ

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでもおしゃれなおうちで暮らしたいという女性のために、カスティージョ・デ・タベルナスのある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

週末の晴れた夕方、おうちをきれいに掃除をして磨きこんだ我が家。自分のために花を買い、キャンドルに火を灯し、ゆっくりとヘルシーライフを楽しむ。そんなコンセプトです。

Ex170301_3
リラックスできる空間に花を生ける。その隣にはお気に入りのキャンドルに火を灯す。もうそれだけで心が癒されてきます。

Ex170302
週末の一人を楽しむ空間で用意した料理はヘルシーなホタルイカとスライスアーモンドのサラダです。包丁を使わない簡単料理ですが、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスをホタルイカにマリネするだけで、とてもおいしく変身します。ではレシピをどうぞ。

Ex170303_3
ホタルイカとアーモンドスライスのオリーブオイルサラダ

<材料1人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • ベビーリーフ・・・片手1杯分
  • アーモンドスライス・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • カスティージョ・デ・タベルナス(ピクアル)・・・大さじ1
  • レモンしぼり汁・・・小さじ2

<作り方>

  1. ホタルイカは目などを取り除き、サッと洗い水分を取ってからピクアルをかけておく。(10分ぐらい)
  2. スライスアーモンドはフッ素加工のフライパンで香ばしくなるまで中火で加熱する。
  3. ボールに洗ったベビーリーフを入れて1のホタルイカを混ぜ、塩こしょう、レモンのしぼり汁を加えてサッと混ぜる。
  4. 器に盛り付け、アーモンドスライスを上に掛けて出来上がり。お好みでピクアルをかける。

アーモンドとピクアルは相性が抜群でした。白ワインともおいしい組み合わせですね。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を知りたい方はこちらから。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

残ったしゃぶしゃぶ用のロース豚肉とキャベツ炒め EXバージンオイルをかけてね

170215
豚しゃぶ肉を少し多めに買ってしゃぶしゃぶの次の日は炒め物などいかがでしょうか?
豚しゃぶ肉に塩こしょうをして1時間おいておくとしっかりと肉に塩が回っておいしくなります。
炒めて皿に盛ってEXオリーブオイルをかけると塩のうま味が引き立ちます。

<材料2人分>

  • 豚ロースしゃぶしゃぶ用・・・50g
  • 千切りキャベツ・・・適宜
  • 玉ねぎスライス・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニクスライス・・・3枚

<作り方>

  1. 豚しゃぶ肉はバットに並べ軽く塩こしょうを両面ふって冷蔵庫で1時間置いておく。
  2. 余分な水分をクッキングペーパーで取り、中火に熱したフッ素加工のフライパンでニンニクと一緒に焼く。
  3. キャベツの千切りと玉ねぎを皿に盛り2の豚肉も盛る。上からEXバージンオイルをかけていただきます。

新しく公式サイトを作りました 
https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧