2020年8月17日 (月)

加熱5分 卵一個で作るなめらかプリン

200824

カップ2個分のプリンができます。ふたりのおやつにどうぞ。



<材料カップ2個分>

  • 卵・・・1個
  • 牛乳・・・130ml
  • グラニュー糖・・・25g
  • バニラエッセンス・・・少々

<カラメルソース>

  • 砂糖・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ1
  • 加熱後の水・・・小さじ2

<作り方>

  1. 鍋に牛乳とグラニュー糖を入れ、よく混ぜながら弱火で沸かし火を止める。
  2. ボウルに卵を割り入れて、粗熱を取った1を少しづつ加えて混ぜる。混ざったらバニラエッセンスを少量加えて、目の細かいザルで漉す。
  3. 鍋に2cmぐらい水を入れて、ふたをして沸かす。
  4. 耐熱容器に2の卵液を入れて、3の鍋に並べ蓋をして、再度沸騰させて、弱火で5分、火を止めて15分蒸らす。

200826

<カラメルソースの作り方>

  1. 耐熱容器(ココット型など)に砂糖大さじ2杯と、水大さじ1杯を入れて混ぜ、電子レンジ600Wで1分加熱する。
  2. 中の様子をみて茶色く色がつくまで加熱をする。タオルなどで耐熱容器を電子レンジから出し(高温のため、火傷に注意)素早く小さじ2の水を加えて混ぜる。(はねやすいので火傷に注意)

粗熱を取ったプリンに、同じく粗熱を取ったカラメルソースをかけて、冷蔵庫で冷たく冷やす。

200825

カラメルソースは電子レンジで簡単にできますが、はねやすいのでお子様には注意が必要です。
大人も最後に水を入れるところで火傷に注意してください。

200824
冷たく冷やしてホイップクリームがあれば飾る。

200827
暑くて生クリームをホイップするのが嫌だったのでこんなものを買いました。
近いうちにバナナパフェでも作ろうっと。

 


| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

さっぱりレモンゼリー

200752
レモンが少し残っていたのでゼリーにしてみました
この季節にさっぱりとおいしい。

<材料カップ2個分>

  • 国産レモン・・・50ml
  • グラニュー糖・・・40g
  • 水・・・250ml
  • ゼラチン・・・5g
  • 飾りのレモン・・・4枚

<作り方>

  1. 鍋に水を入れて60℃ぐらいまで温めてグラニュー糖を溶かす。
  2. 1にゼラチンを加えて混ぜ合わせる(水でゼラチンをふやかすと表示のあるものは表示通りに)
  3. 絞ったレモンを加えて粗熱を取る。
  4. 飾りのレモンに砂糖をスプーン一杯分をかけて冷蔵庫で漬ける(レモンを一緒に食べる場合は皮は取り除くとよい)
  5. カップに3を入れて冷蔵庫で冷やし固め、半月に切った4のレモンを飾る。
200753
清涼感を添えるために、ミントをトッピングしても良いかと思います。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

簡単 コーヒーゼリー

200602
コーヒーメーカーでコーヒーを作って、ゼラチンで固める簡単でおいしいゼリーです。
<材料 グラス3個分>
  • 濃い目のコーヒー・・・300ml
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 生クリーム・・・100ml(脂肪分45%)
  • ゼラチン・・・5g

<作り方>

  1. コーヒーは80℃に温めて砂糖を加え混ぜる。
  2. ゼラチンを1に入れて混ぜる。
  3. 粗熱が取れたらグラスに注ぎ冷蔵庫で冷やす。
  4. 少量の砂糖(分量外)を加えた生クリームをホイップしてゼリーに飾る。
 ゼラチンは80℃ぐらいが溶けやすい温度です。
200603
午後のひと時
楽しいおしゃべりで過ごしましょう。

🎀

東京での小さいアパートメントの暮らし方
Tokyo Small Apartment Life
一人暮らし・二人暮らしのご提案をいたしております。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

洋ナシのバターケーキ

191211
洋ナシをシロップで煮てケーキを作ります
スライスアーモンドが香ばしいしっとりとしたケーキです。





<材料22cmタルト型>

  • 無塩バター・・・130g
  • 卵・・・3個
  • 砂糖・・・80g
  • 薄力粉・・・130g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1
  • アンズジャム・・・適宜
  • アーモンドスライス・・・70g

A 洋ナシ・・・1個
A レモン汁・・・大さじ1
A 水・・・30ml
A 砂糖・・・30g
A ラム酒・・・大さじ1

<作り方>

  1. 洋ナシは皮をむいて芯を外し、イチョウ切りにして耐熱容器に入れる。Aの材料を入れて600wの電子レンジで1分加熱して混ぜ合わせる。
  2. フードプロセッサー(FP)に薄力粉を入れてスイッチを入れ2~3回混ぜて皿に取る。(ふるった状態と同じになります)
  3. 室温に戻したバターと砂糖をFPに入れてクリーム状になったら、室温に戻してほぐした卵を小口投入口から少しずつ入れて混ぜ合わせる。
  4. 2のふるった薄力粉を数回に分けて入れてさっくりと混ざったら、カッターを外し、1の冷めた洋ナシをスープごと入れて混ぜ合わせる。
  5. 分量外のバターを塗ったタルト型に分量外の薄力粉をはたき、4を均一に流し込んで、アーモンドスライスを敷きつめる。
  6. 170℃のオーブンで30分~40分焼いて、竹串をさして生地がついてこなければ出来上がり。
  7. 型からはずして冷まし、大さじ3杯ぐらいのアンズジャムに同量の水を加えて火にかけ混ぜたものを刷毛で6に塗る。
191212
ミルクティーといっしょに召し上がれ

191213
型にスプレーオイルをかけてみたら
なんときれいに型が抜けました
今までの努力はなんだったのでしょうか?

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

驚きのおいしさ インターコンチネンタル 東京ベイのフルーツゼリー

190821
夏にいただいたフルーツのゼリーがとてもおいしかったのでご紹介しますね
インターコンチネンタル東京ベイのゼリー
エグゼクティブ パティシェの徳永さんのサイン入りです。
ゼリーは洋ナシ リンゴ 巨峰 ゆず マンゴー 白桃
フルーツの新鮮なおいしさをギュッと閉じ込めたフレッシュさが魅力です。
190822
おしゃれなパッケージはさすがに素敵です
ワクワクしますね。
190820
デミタスカップにゼリーを盛り付けていただきました
手前はアウガルテン マリアテレージア
奥はミントン バッキンガム
デミタスカップはあまり食卓に登場する機会がないので
プリンやアイスクリームなどの器に使うのも素敵ですね。

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

ミルクティーでお茶時間

T190906
小さい焼き菓子を作って午後のティータイムを楽しむ
毎日ではなくても少しの時間を作って
ひとりを楽しんだり
家族と楽しんだり
大切なひと時を過ごしたいものです。
T190907
ドイツのビレロイ&ボッホのグレイビーボート&ディッシュにはレースを使って
少し華やかにしてみました。
ミルクティーには少しグラニュー糖を入れて甘めにするのが好みです。
T190908
食べきれないマドレーヌは保存バッグに入れて冷凍保存します
解凍してほんの少しオーブンで温めればおいしくいただけます。
T190909

シェル型にはスプレークッキングオイルを使うと
マドレーヌがきれいに外れます。
おいしく楽しいお茶時間をあなたも過ごしてくださいね。

 

~作り方をどうぞ~

<材料 小さいマドレーヌ型15個分>

  • 卵・・・1個
  • グラニュー糖・・・50g
  • はちみつ・・・10g
  • 薄力粉 ・・・60g
  • 無塩バター・・・60g
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
  • バニラエッセンス・・・5滴

<作り方>

  1. 卵とバターは室温で戻しておく。
  2. ボールに薄力粉、ベーキングパウダーをふるう。
  3. バターは湯煎にかけて溶かし温かく保つ。
  4. ボールに全卵を入れて泡立て器で黄身と白身を合わせるように混ぜる。
  5. グラニュー糖を一度に入れて混ぜはちみつを加えて混ぜる。
  6. ふるった粉類を一度に入れて泡立て器でまぜ、溶かしバターとバニラエッセンスを加えて全体にツヤができれば完成です。
  7. ラップをして冷蔵庫で1時間休ませる。
  8. マドレーヌの型に軟らかくしたバター(分量外)を指で塗り冷蔵庫で固める。薄力粉(分量外)を少々ふって余分な粉を取る。
  9. 7の生地をスプーンで取り、型に生地を八分目まで入れて180℃のオーブンで15分焼く。(小さい型は10分)

 

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

姪っ子と楽しいランチタイム

T190501
昨日は我が家で姪っ子と二人でランチを楽しみました。ワインだってちょっと飲みましたよ。
女の子が家にいるって華やかな気分になれるんですね。
ピンク色でかわいらしくテーブルを作ってみました。母の日なのでお花屋さんはカーネーションが多かったですね。
ピンクのカーネーションとブルーの小花であしらったテーブルフラワーです。
T190503
小さいキャンドルも添えて可愛らしくしてみました。
T190504
今年初のゆでたてトウモロコシで。ロイヤルクラウンダービーのデミタスカップとケーキ皿の組み合わせです。
T190505
ミートボールのトマトソースグラタン。
ミートボールはパルメザンチーズやローズマリー、その他ハーブやEXバージンオイルを混ぜ合わせています。つなぎは一切使わずにお肉とハーブ&チーズ&EXバージンオイルでお団子にしてフッ素加工のフライパンで焼いてトマトソースに入れます。
ミートボールを焼いたときにでたスープもトマトソースに入れます。これはワインにとてもよく合っておいしい一品です。
T190506
メインはチキンのオーブン焼き。今回は鶏肉に少しこだわって焼いたのですが、おいしい鶏肉でした。
T190502
食後はマドレーヌとミルクティーでおしゃべりたくさん(笑)
マドレーヌはスプレークッキングオイルを使いましたのでさらに簡単にマドレーヌができました。
T190507
お土産にいただいた甘くないサブレ。
トマトや胡麻などが入っているワインに合うお菓子です。
<反省点>
集中して料理の写真を撮らないときれいに撮れないな~と実感します。
お客様のときはそちらに集中するので、写真がきれいに撮れないのが悩みです。
クッキーの写真と全然違うのがわかりますね(笑)
<完全プライベートレッスンに思うこと>
皆様が知りたいことを集中してレッスンをします。予習には一か月の歳月をかけて自分で実践をして、生徒さんにポイントなどを交えながら料理を作ったり、収納をしたりしています。
教室経営としての観点からみれば、この方法は褒められるものではないと思いますが
ただ一つのことを集中して学んで発表をすることは、私の人生で大きな宝で財産となります。なぜそう思ったのかと言いますと
昨日のランチも思いを込めて予習しながら作ることができたからです。心に残るランチタイムだったらうれしいなと思います。
今月は特別な一日が15日にあります。今はこの日に向けて全力で駆け抜けたいと思います。
では今週も楽しく過ごしましょう。
プライベートレッスンに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

5月のお茶の時間

190502
爽やかな風が南より吹いてきました。
その風を感じながらテーブルにクロスを敷いてお茶の用意。
小さいキャンドルと中央にはお花。
ティーカップとケーキ皿はナルミ製。昭和55年の結婚のときに揃えたティーカップ&ケーキ皿です。
ケーキ皿がとてもかわいらしくて、ティーカップもお花が開いたような雰囲気が素敵だったので求めました。
あれから39年の月日が流れ、穏やかに優しい気持ちでお茶の時間を迎えられます。
190504_2
小さい焼き菓子があればそれでもう十分にお茶の時間が楽しめます。
190503
ティーポットに茶葉を入れて、ティーストレナーでカップに紅茶を注ぎます。
和光のお気に入りのシルバーと、水を入れたピッチャーとグラスも用意して音楽を聴きながら
のんびりとしたひと時を過ごします。パートナーと、または一人で。
お茶の時間があなたを作りだしてくれます。
190501_3
ブルーやイエローの花で5月の風を感じながら
優しい心を取り戻すあなたならではのひと時を楽しみましょう。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

ピオーネのコンポート

181011_2
ブドウのシーズンになると必ず作るコンポートです。

<材料>

  • ピオーネ・・・30粒(種なし)
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・20g

<作り方>

  1. ピオーネは房を外し、きれいに洗って鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火で茹でる。
  2. 沸騰してきたら火を止めて冷ます。
  3. 皮を取ってぶどうは保存容器に入れる。皮はぎゅっと絞りシロップの中に入れて漉してからぶどうと一緒にして冷蔵庫で冷やす。
181013
181012
巨峰を使うとブドウの色がもっと鮮やかできれいに出来上がります。
161006
ほら、こんなに鮮やかでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

秋のフルーツ巨峰でコンポート

161007
秋はフルーツがとてもおいしい季節です。毎年決まって作るのがぶどうのコンポートです。
水と砂糖でできるので手軽でしかもおいしいです。
今回はデミタスカップに入れておしゃれに、どうぞ召し上がれ。

161006
可愛い花に囲まれて朝食のあとにいただきました。ご馳走様でした。

161002
夜はカクテルにして一人を楽しむのも秋らしくてよし!!

ではレシピをどうぞ。

<材料>

  • 巨峰・・・30粒(種なし)
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・20g

<作り方>

  1. 巨峰は房を外し、きれいに洗って鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火で茹でる。
  2. 沸騰してきたら火を止めて冷ます。
  3. 皮を取ってぶどうは保存容器に入れる。皮はぎゅっと絞りシロップの中に入れて漉してからぶどうと一緒にして冷蔵庫で冷やす。

    120920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧