2019年5月13日 (月)

姪っ子と楽しいランチタイム

T190501
昨日は我が家で姪っ子と二人でランチを楽しみました。ワインだってちょっと飲みましたよ。
女の子が家にいるって華やかな気分になれるんですね。
ピンク色でかわいらしくテーブルを作ってみました。母の日なのでお花屋さんはカーネーションが多かったですね。
ピンクのカーネーションとブルーの小花であしらったテーブルフラワーです。
T190503
小さいキャンドルも添えて可愛らしくしてみました。
T190504
今年初のゆでたてトウモロコシで。ロイヤルクラウンダービーのデミタスカップとケーキ皿の組み合わせです。
T190505
ミートボールのトマトソースグラタン。
ミートボールはパルメザンチーズやローズマリー、その他ハーブやEXバージンオイルを混ぜ合わせています。つなぎは一切使わずにお肉とハーブ&チーズ&EXバージンオイルでお団子にしてフッ素加工のフライパンで焼いてトマトソースに入れます。
ミートボールを焼いたときにでたスープもトマトソースに入れます。これはワインにとてもよく合っておいしい一品です。
T190506
メインはチキンのオーブン焼き。今回は鶏肉に少しこだわって焼いたのですが、おいしい鶏肉でした。
T190502
食後はマドレーヌとミルクティーでおしゃべりたくさん(笑)
マドレーヌはスプレークッキングオイルを使いましたのでさらに簡単にマドレーヌができました。
T190507
お土産にいただいた甘くないサブレ。
トマトや胡麻などが入っているワインに合うお菓子です。
<反省点>
集中して料理の写真を撮らないときれいに撮れないな~と実感します。
お客様のときはそちらに集中するので、写真がきれいに撮れないのが悩みです。
クッキーの写真と全然違うのがわかりますね(笑)
<完全プライベートレッスンに思うこと>
皆様が知りたいことを集中してレッスンをします。予習には一か月の歳月をかけて自分で実践をして、生徒さんにポイントなどを交えながら料理を作ったり、収納をしたりしています。
教室経営としての観点からみれば、この方法は褒められるものではないと思いますが
ただ一つのことを集中して学んで発表をすることは、私の人生で大きな宝で財産となります。なぜそう思ったのかと言いますと
昨日のランチも思いを込めて予習しながら作ることができたからです。心に残るランチタイムだったらうれしいなと思います。
今月は特別な一日が15日にあります。今はこの日に向けて全力で駆け抜けたいと思います。
では今週も楽しく過ごしましょう。
プライベートレッスンに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

5月のお茶の時間

190502
爽やかな風が南より吹いてきました。
その風を感じながらテーブルにクロスを敷いてお茶の用意。
小さいキャンドルと中央にはお花。
ティーカップとケーキ皿はナルミ製。昭和55年の結婚のときに揃えたティーカップ&ケーキ皿です。
ケーキ皿がとてもかわいらしくて、ティーカップもお花が開いたような雰囲気が素敵だったので求めました。
あれから39年の月日が流れ、穏やかに優しい気持ちでお茶の時間を迎えられます。
190504_2
小さい焼き菓子があればそれでもう十分にお茶の時間が楽しめます。
190503
ティーポットに茶葉を入れて、ティーストレナーでカップに紅茶を注ぎます。
和光のお気に入りのシルバーと、水を入れたピッチャーとグラスも用意して音楽を聴きながら
のんびりとしたひと時を過ごします。パートナーと、または一人で。
お茶の時間があなたを作りだしてくれます。
190501_3
ブルーやイエローの花で5月の風を感じながら
優しい心を取り戻すあなたならではのひと時を楽しみましょう。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

ピオーネのコンポート

181011_2
ブドウのシーズンになると必ず作るコンポートです。

<材料>

  • ピオーネ・・・30粒(種なし)
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・20g

<作り方>

  1. ピオーネは房を外し、きれいに洗って鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火で茹でる。
  2. 沸騰してきたら火を止めて冷ます。
  3. 皮を取ってぶどうは保存容器に入れる。皮はぎゅっと絞りシロップの中に入れて漉してからぶどうと一緒にして冷蔵庫で冷やす。
181013
181012
巨峰を使うとブドウの色がもっと鮮やかできれいに出来上がります。
161006
ほら、こんなに鮮やかでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

秋のフルーツ巨峰でコンポート

161007
秋はフルーツがとてもおいしい季節です。毎年決まって作るのがぶどうのコンポートです。
水と砂糖でできるので手軽でしかもおいしいです。
今回はデミタスカップに入れておしゃれに、どうぞ召し上がれ。

161006
可愛い花に囲まれて朝食のあとにいただきました。ご馳走様でした。

161002
夜はカクテルにして一人を楽しむのも秋らしくてよし!!

ではレシピをどうぞ。

<材料>

  • 巨峰・・・30粒(種なし)
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・20g

<作り方>

  1. 巨峰は房を外し、きれいに洗って鍋に入れ、水と砂糖を加えて中火で茹でる。
  2. 沸騰してきたら火を止めて冷ます。
  3. 皮を取ってぶどうは保存容器に入れる。皮はぎゅっと絞りシロップの中に入れて漉してからぶどうと一緒にして冷蔵庫で冷やす。

    120920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

母の日に簡単にできる 薫り高いマンゴープリン

今日は母の日。東京はお天気にも恵まれて、お出かけするご家族も多いでしょう。
カーネーションといっしょに手作りのお菓子はいかがでしょうか?お母さんが喜びますよ。
マンゴープリンの作り方をどうぞ。

 その他の簡単にできるコーディネート&料理とお菓子 

母の日のテーブルコーディネートはこちら。

母の日の簡単ゴージャスレシピ 鯛のソテー 木の芽風味 こちら。

母の日の料理とお菓子 こちら。

Ibe140905

<材料:市販のプリンカップ5個分>

  • マンゴー・・・1個(正味170gぐらい)
  • 砂糖・・・20g
  • 牛乳・・・150ml
  •  レモン汁・・・大1
  • ゼラチン・・・5g
  • 生クリーム・・・50ml (乳脂肪35%

<作り方>

  1.    フードプロセッサーやミキサーに皮をむいて種を取ったマンゴーとレモン汁、牛乳、砂糖を入れてジュース状にする。
  2.  1を鍋に入れて加熱して、水でふやかしたゼラチンを加えて溶かし、火からおろして冷ます。冷めたら生クリームを加えて混ぜカップに5等分して冷蔵庫で冷やし固め、お好みでホイップクリームを飾る。

160506

カーネーションを渡す母が亡くなりとても寂しいです。きっとお母さんを早くに亡くしたお子様は今日はどんなに辛い日になるのでしょうか。両親を亡くして初めてわかる親を亡くした子供の辛さ。
お母さんを亡くした方、別れて会えない方。今日一日がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

バナナパフェの作り方

160503_2 バナナパフェの作り方 

最近、おうちパフェがお気に入りです。生クリームを買うとパフェにしたくなります。イチゴもおいしいのですが、バナナもとてもおいしくてお気に入りです。

少し前に流行したバナナダイエットでもわかるように1本100キロカロリーで食物繊維も豊富です。
生クリームやアイスクリームと一緒ではダイエットにはなりませんが。

レシピを作るようなお菓子でもないのですが材料など書いておきます。

<材料2人分>

  • バナナ・・・1本
  • ホイップクリーム・・・大さじ3 乳脂肪45%使用
  • 砂糖・・・少々
  • アイスクリーム・・・120ml
  • チョコレートシロップ・・・適宜

<作り方>

  1. アイスクリームは冷凍庫から出しておく。グラスは冷凍庫で冷やす。
  2. 生クリームは100mlをボールに入れて砂糖少々を加えてホイップする。
  3. バナナは半分を小さく切り、半分は8等分する。
  4. グラスにアイスクリームを入れて、小さく切ったバナナを加える。
  5. チョコレートシロップをかけてホイップクリームを加える。
  6. バナナを飾りチョコレートシロップをかける。
     

160418

生クリームは100mlを砂糖を入れて泡だて器でホイップします。ホイッパーは写真のようなサイズが使いやすいです。このサイズはホワイトソースの時にも使えるので買っておくと便利だと思います。生クリームは脂肪分が45%ぐらいあるとホイップしやすくあっという間にホイップクリームができあがります。なのでホイップし過ぎないようにすることがポイントです。ホイップクリームが余ればラップに包んで冷凍庫保存ができます。

160505

このサイズのホイッパーはとても使いやすいのでお勧めです。

160504
アイスクリームやプリンアラモード、パンケーキなどに活躍するチョコレートシロップも、キッチンにストックしておくとお子様とクッキングするときに楽しめる食品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

春のパフェ イチゴのデザート

160417
イチゴが小さかったのでパフェにしてみました。千疋屋の季節のパフェが大好きなのですが、ちょっとね。お値段がね。。。。
と言うことでおうちパフェしました。
イチゴを入れて、アイスクリームを入れて、イチゴジャムを入れて、ホイップクリームを入れて、またイチゴをヽ(´▽`)/
出来上がり。本当においしい。

使った生クリームは久しぶりに中沢のクリーム。

160418
どうしてこの頃使わなかったのだろうと後悔しましたよ。多分、乳脂肪35%を使っていたからでしょう。しかも100mlサイズなので料理の時は使いやすいので。
また作ろうっと^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

昔ながらのプリン レシピ掲載

7月の教室で作りましたプリンですが、レシピを掲載してほしいとご要望がありましたので、掲載いたします。

140625


<材料 パウンド型>

キャラメルソース

  • 砂糖・・・80
  • 水・・・30ml

プリン

  • 牛乳・・・380ml
  • 卵・・・3個
  • 卵黄・・・2
  • 砂糖・・・95
  • 生クリーム・・・100ml(脂肪分47.0%) 

<作り方>

 

(1) キャラメルを作る

 

鍋に砂糖と水を入れて火(中火)にかける。

 

(2) キャラメル状になったら、なべ底を水につけて少し落ち着かせパウンド型に流し込む。

 

(3) 牛乳を鍋に入れて火にかけ沸かし、バニラエッセンスを加えて冷ましておく。

 

(4) ボールに卵と卵黄を入れて混ぜ、砂糖を加えてあわ立て器ですり混ぜる。

 

(5) 3の牛乳を4のボールに少しずつ加えて混ぜシノワで漉す。

 

(6) ボールの底を氷水にあて、ゆっくりと混ぜ冷ます。

 

(7) 62のパウンド型に流し込み湯を張った天板に置き160℃のオーブンで40分蒸し煮する。粗熱がとれたら冷蔵庫で半日ぐらい冷やす。

 

(8) パウンド型に沿ってナイフを入れ、皿をかぶせる。逆さにしてプリンを盛る。好みで砂糖少々入れたホイップクリームを添える。

 

 

パウンド型で作るので長方形の器があればベストですが、お持ちでない場合の盛り付けは、型から外して3等分に切り、円形のお皿に盛りつけても素敵です。
お好きなフルーツを飾り付けて、ホイップクリームも添えれば豪華なデザートができますね。

ホイップクリームはティーカップ&ソーサーに盛り、スプーンを添えればお好きなだけクリームを取り分けられます。

キャラメルソースは煙が出てくるまで加熱して、なべ底を冷やせば出来上がります。
オーブンを使うので簡単にプリンが出来上がります。

残った白身はごま油などで焼いて、しょうゆをつけてご飯のおかずとして私はいただきます。なかなかおいしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

昔ながらのプリン たっぷり召し上がれ

卵がたっぷりと入った蒸し焼きプリン

140621


冷ましてから冷蔵庫に冷やして

140625

たっぷりといただきました

140624

ちょっとお皿が大きかったですね。ホイップクリームを添えて
どうぞ召し上がれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

プリンが焼きあがりました

140621

昔ながらのプリン、焼き上がりました。
明日試食します。
卵の味が濃厚、ホイップクリームといっしょに♪

140622


140623


キャラメルもやけどしそうでした。

7月の教室のデザートになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧