2018年3月 4日 (日)

和洋折衷の献立で夕食

和洋取り入れた献立で夕食を楽しみます。
家庭でいただく料理は和食・洋食にこだわらず組み合わせていくと、レパートリーも増えて楽しくおいしいディナーとなります。

180307
グラスは白ワイン&ウオーターグラス&赤ワイングラスにナイフ&フォークにお箸のセットです。

180308
軽めにワカメとキュウリ、カニカマの酢味噌和え。
洋風にセッティングして皿を重ねてみました。箸で頂きます。これはもちろん白ワインで。

180309
メインはビーフカツレツ。ニンジンのグラッセ&レーズンとポテト。
ここからは赤ワインで。バゲットを添えてパンはお好きなだけどうぞ。

180310
ビーフカツレツの作り方

<材料2人分>

  • 牛もも肉・・・200g(ひとり100gステーキ用)
  • 塩こしょう・・・少々
  • 薄力粉・・・適宜
  • 卵・・・1/2個
  • パン粉・・・適宜
  • 無塩バター・・・10g
  • レモン・・・薄切りにして2枚
  • サラダ油

<作り方>

  1. 牛もも肉は冷蔵庫から30分前に出して室温に戻しておく。肉たたきで叩いて薄くする。
  2. 塩こしょうをして薄力粉、とき卵、パン粉をつける。
  3. フライパンにカツが半分ぐらいつかるようにサラダ油を入れて、中火で熱する。パン粉を入れてすぐに浮き上がってきたら適温です。

    120702_2

  4. 牛肉を入れて両面良く焼く。焼きあがったら皿に盛り、バターとレモンをギュと絞っていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

810円のブーケとアリウム2本で食卓のアレンジメント

180226_2
ブーケとアリウム2本を買ってテーブルのアレンジメントを作りました。

180227_2
楕円のフラワーベースににぎやかに花を活けてみました。ただし花を詰めてアレンジすると花が開花しない場合があります。このフラワーベースで楽しんだ後は、また違うフラワーベースでゆったりと活け替えるのも良いかもしれません。オレンジ色のキャンドルとバイラッセンのスタンドに白いキャンドルの組み合わせ。

180228
上から見るとまた違う景色が楽しめます。

180230
つぼみの形も生かしてかわいらしく。

180229_2
昨日友人とランチを楽しみました。その時にいただいた本です。写真をみて、刺激をうけて早速自分なりのお花を活けてみました。お花をアレンジするのはとても楽しくて好きです。
もっとお勉強しなくちゃ。
最近、日本の生け花にも興味を持つようになりました。もちろん生け花や茶花は一応習い事はしたのですが、不思議に長続きしませんでした。なぜかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

野の花のように テーブルに花を生ける

180209
豪華なブーケも素敵だけれど、花屋さんで可憐な花を選んで自分で組み合わせてアレンジしました。
葉の美しいものも合わせて、冬の寒い季節も少し和みます。

180210
夜はキャンドルの明かりを灯して更に暖かさを演出するのも素敵ですね。
今年はお花をたくさん買おう。
花のある暮らしは心癒されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

寒い季節のテーブルの花

180126

お花屋さんに行ったらフリージアやスイトピーがいっぱいディスプレイしてあって、心がウキウキしてきました。
その中で花の淵がピンク色のきれいなラナンキュラスをみつけて、さっそく食卓に飾りました。
つぼみの花は可憐でかわいく、子供のころ大好きだった絵本のお姫様のようです。
ゆっくりと開花してね。

180129

翌日のランチテーブル。ラナンキュラスもかわいらしく開いてきてうれしい。
恵比寿ガーデンシネマのカフェのロブションのホットドッグとカップケーキをテイクアウトしていただきました。
こんな日も好きだな~

180130
今日もありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

ホットサンドで朝食を 和洋のテーブルウエアで楽しく

170625
ちょっと訳のわからない写真になってしまいました。ごめんなさい。7月でブログ開設10周年を迎え、写真の撮り方も少し工夫をしようと思っています。インスタなどでは上から撮るのが最近の主流になっていますが、もう少し勉強しなければ。気長に撮ってみます。

和のトレーにロイヤルクラウンダービーの器とティーカップ。フルーツの盛り合わせも輪島キリモトさんの器を使っています。
今日はカトラリーも和光のシルバーで、少し豪華なセッティングの朝食をいただきました。

170624
食後は音楽を聴いてミルクティーを楽しみました。月曜の朝はのんびりと過ごす。いえ、毎日のんびりと過ごしております。

ホットサンドのレシピは中身がよくわかる写真を撮ってからブログに掲載しますね。上から写す写真は慣れていないので、今後を期待して(笑)待っていてくださいね。ではまたpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

キッチンにもお花を。小鉢を上手に使ってテーブルもコーディネート

170614
青山フラワーマーケットで買った小さなブーケを、キッチンに飾りました。小さいブーケを更に小さく切って小さい器に活けます。
器は7cm×7cm 高さが6cmの小鉢です。花を買ってどんな器に活けるかを考えるときは幸せのひと時になります。
キッチンには小さい花が似合う。

170617
こちらはキャンドルフォルダーにしてキャンドルを楽しみました。キャンドルを器の中心に置いて、ウォータービーズや小石を入れてキャンドルを固定します。水を張って器の上に小花を散らしています。

170618
器とは料理を盛り付けた時に、料理をおいしそうにみせてくれる大切な役目がありますが、そのほかの使い方もまた楽しいものです。
テーブルを美しくコーディネートしてくれて、インパクトを与え、食事をする仲間と楽しさを共有できる役割もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

久しぶりの義弟家族との楽しいディナー

昨日は楽しくディープな夜でした。秘密会議あり、昨年5月のハワイのYouTubeを見たり、盛り上がりましたよ。

T170504
あっさりとこんな感じでテーブルを整え

T170509

お花は黄色のブーケを買って

T170508
はっきりとしたナプキンを合わせました。

T170505
季節の食材でいつもの家庭料理のおもてなし。

T170506
乾杯のスパークリングワインでソラマメや若竹煮をいただき

T170507
お得意の茶碗蒸し、年中作っているので失敗はなし(笑)

T170503
またまた、我が家の定番のカミカツ。薄いとんかつに香味野菜をトッピングして辛子醬油でいただきます。これがワインによく合います。

T170502_2
たけのこご飯と若竹汁

T170501
デザートはパパイヤコーヒーゼリーです。どれもいつも作っている料理。楽しくおいしい時間でした。
また遊んでね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

これなら初心者さんにもできる!サラダみたいなフラワーアレンジメント

170311
スプレーバラを一本とグリーンを一本でこんなかわいいフラワーアレンジメントが出来上がります。
まるでサラダボールのようでしょ^^
用意するのは

  1. なべ物の時に使うポン酢などを入れるぐらいの器
  2. アクアジェリーボール

器の中にアクアジェリーボールを入れて水を張って1時間ぐらい置くと水を含んで大きく膨らんできます。アクアジェリーボールはこちらから。小さく切ったバラをお好きなように器に入れてグリーンを飾れば出来上がりです。小さい器だったら一輪でもかわいいですよ。
ボールが小さくなってきたらお水を足せばよいので、忙しい方にぴったりです。仕事が終わって暗い部屋に帰ってきたときに明るい色の花があると癒されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ヘルシー料理で毎日健康 オリーブオイルレシピ ホタルイカとアーモンドのサラダ

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでもおしゃれなおうちで暮らしたいという女性のために、カスティージョ・デ・タベルナスのある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

週末の晴れた夕方、おうちをきれいに掃除をして磨きこんだ我が家。自分のために花を買い、キャンドルに火を灯し、ゆっくりとヘルシーライフを楽しむ。そんなコンセプトです。

Ex170301_3
リラックスできる空間に花を生ける。その隣にはお気に入りのキャンドルに火を灯す。もうそれだけで心が癒されてきます。

Ex170302
週末の一人を楽しむ空間で用意した料理はヘルシーなホタルイカとスライスアーモンドのサラダです。包丁を使わない簡単料理ですが、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスをホタルイカにマリネするだけで、とてもおいしく変身します。ではレシピをどうぞ。

Ex170303_3
ホタルイカとアーモンドスライスのオリーブオイルサラダ

<材料1人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • ベビーリーフ・・・片手1杯分
  • アーモンドスライス・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • カスティージョ・デ・タベルナス(ピクアル)・・・大さじ1
  • レモンしぼり汁・・・小さじ2

<作り方>

  1. ホタルイカは目などを取り除き、サッと洗い水分を取ってからピクアルをかけておく。(10分ぐらい)
  2. スライスアーモンドはフッ素加工のフライパンで香ばしくなるまで中火で加熱する。
  3. ボールに洗ったベビーリーフを入れて1のホタルイカを混ぜ、塩こしょう、レモンのしぼり汁を加えてサッと混ぜる。
  4. 器に盛り付け、アーモンドスライスを上に掛けて出来上がり。お好みでピクアルをかける。

アーモンドとピクアルは相性が抜群でした。白ワインともおいしい組み合わせですね。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を知りたい方はこちらから。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

和洋折衷のテーブルセッティング カレーを個性的なテーブルで

170309_2

我が家のカレーは豚肉の薄切りと玉ねぎだけのシンプルなカレーです。合わせるのはターメリックライスにレーズンやアーモンドスライス、ベーコンにゆで卵をトッピングしていただきます。

ターメリックライスの黄色を生かしてカトラリーも黄色を用意しました。カラフルなカトラリーをお持ちでない方は、ペーパーナプキンを黄色にしてインパクトを持たせると、テーブルが華やかになります。
輪島キリモトさんの智頭杉(ちずすぎ)ランチョンマットにもぴったりと美しくマッチしています。
トッピング用の卵などを入れた器は西島隆さんの笹の形をした織部です。
軽くて重ねられて笹の形がチャーミングです。どんな料理も美しく品よく盛り付けられるので、料理屋さんからも引き合いが多いそうです。

これからの漆器や器は軽いがポイントになります。軽くて収納に便利。和洋折衷にしたときにもうまくマッチできるテーブルウエアがヒットします。

合わせたお酒はスパークリングの日本酒です。カレーにさわやかなスパークリングのお酒がよく合いました。
日本の美しいテーブルウエアや日本酒がさらに発展していきますように願いを込めて。

170310
友人からいただいたお酒でおいしかったので、復興の意味を込めて3.11に記事を書きました。

奥の松酒造 http://okunomatsu.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧