2017年3月13日 (月)

これなら初心者さんにもできる!サラダみたいなフラワーアレンジメント

170311
スプレーバラを一本とグリーンを一本でこんなかわいいフラワーアレンジメントが出来上がります。
まるでサラダボールのようでしょ^^
用意するのは

  1. なべ物の時に使うポン酢などを入れるぐらいの器
  2. アクアジェリーボール

器の中にアクアジェリーボールを入れて水を張って1時間ぐらい置くと水を含んで大きく膨らんできます。アクアジェリーボールはこちらから。小さく切ったバラをお好きなように器に入れてグリーンを飾れば出来上がりです。小さい器だったら一輪でもかわいいですよ。
ボールが小さくなってきたらお水を足せばよいので、忙しい方にぴったりです。仕事が終わって暗い部屋に帰ってきたときに明るい色の花があると癒されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ヘルシー料理で毎日健康 オリーブオイルレシピ ホタルイカとアーモンドのサラダ

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでもおしゃれなおうちで暮らしたいという女性のために、カスティージョ・デ・タベルナスのある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

週末の晴れた夕方、おうちをきれいに掃除をして磨きこんだ我が家。自分のために花を買い、キャンドルに火を灯し、ゆっくりとヘルシーライフを楽しむ。そんなコンセプトです。

Ex170301_3
リラックスできる空間に花を生ける。その隣にはお気に入りのキャンドルに火を灯す。もうそれだけで心が癒されてきます。

Ex170302
週末の一人を楽しむ空間で用意した料理はヘルシーなホタルイカとスライスアーモンドのサラダです。包丁を使わない簡単料理ですが、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスをホタルイカにマリネするだけで、とてもおいしく変身します。ではレシピをどうぞ。

Ex170303_3
ホタルイカとアーモンドスライスのオリーブオイルサラダ

<材料1人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • ベビーリーフ・・・片手1杯分
  • アーモンドスライス・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • カスティージョ・デ・タベルナス(ピクアル)・・・大さじ1
  • レモンしぼり汁・・・小さじ2

<作り方>

  1. ホタルイカは目などを取り除き、サッと洗い水分を取ってからピクアルをかけておく。(10分ぐらい)
  2. スライスアーモンドはフッ素加工のフライパンで香ばしくなるまで中火で加熱する。
  3. ボールに洗ったベビーリーフを入れて1のホタルイカを混ぜ、塩こしょう、レモンのしぼり汁を加えてサッと混ぜる。
  4. 器に盛り付け、アーモンドスライスを上に掛けて出来上がり。お好みでピクアルをかける。

アーモンドとピクアルは相性が抜群でした。白ワインともおいしい組み合わせですね。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を知りたい方はこちらから。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

和洋折衷のテーブルセッティング カレーを個性的なテーブルで

170309_2

我が家のカレーは豚肉の薄切りと玉ねぎだけのシンプルなカレーです。合わせるのはターメリックライスにレーズンやアーモンドスライス、ベーコンにゆで卵をトッピングしていただきます。

ターメリックライスの黄色を生かしてカトラリーも黄色を用意しました。カラフルなカトラリーをお持ちでない方は、ペーパーナプキンを黄色にしてインパクトを持たせると、テーブルが華やかになります。
輪島キリモトさんの智頭杉(ちずすぎ)ランチョンマットにもぴったりと美しくマッチしています。
トッピング用の卵などを入れた器は西島隆さんの笹の形をした織部です。
軽くて重ねられて笹の形がチャーミングです。どんな料理も美しく品よく盛り付けられるので、料理屋さんからも引き合いが多いそうです。

これからの漆器や器は軽いがポイントになります。軽くて収納に便利。和洋折衷にしたときにもうまくマッチできるテーブルウエアがヒットします。

合わせたお酒はスパークリングの日本酒です。カレーにさわやかなスパークリングのお酒がよく合いました。
日本の美しいテーブルウエアや日本酒がさらに発展していきますように願いを込めて。

170310
友人からいただいたお酒でおいしかったので、復興の意味を込めて3.11に記事を書きました。

奥の松酒造 http://okunomatsu.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

2016年二人のためのクリスマスイブの食卓

皆様クリスマスを楽しんでいますか?我が家はおいしいお酒を飲むのが目的のような気がしますがwine皆様はいかがでしょうか?
我が家は昨日のイブは少しハレの日のテーブルを作りました。シルバーのカトラリーを用意して、ワインクーラーも用意して。

それから楽しみにしていたお誕生日にいただいたスパークリングワインを開けて、メインは牡蠣フライです。
品数は少ないですが、丁寧に作った料理です。

161267
素敵なボディーとパッケージもいいですね。フランチャコルタは私も是非飲んでみたいスパークリングワインでした。この美しさにうっとりします。

161258
テーブルにワインクーラーを用意して、氷水と一緒に静かにスタンバイします。小さいリース風のキャンドルに明かりを灯して

161257
ナイフ&フォークはWAKOの銀器とロイヤルクラウンダービーのお皿。前菜はハムの盛り合わせですが写真は撮っていません。メインは牡蠣フライとキスのフライです。

161260
ほうれん草のバター炒めとニンジンのグラッセ、ポテト。

161259
輪島キリモトさんのトレーに直接フライを盛り付けます。ペーパーも敷いておくと油を吸収してくれます。もちろんそのまま盛り付けても大丈夫です。

161261

盛り付けた料理をテーブルにコーディネートするとテーブルの雰囲気はこんな感じになります。

161262
ティーカップにタルタルソースを盛り付けてスプーンも添えます。ティーカップもお茶だけではなく、こんな使い方も私は好きです。

161263
フランチャコルタで乾杯、泡がとても魅力的で、牡蠣フライともよく合いました。多分料理を選ばないスパークリングワインだと思います。

161264

そして、お皿に料理を盛り付けて楽しいディナータイムを楽しみました。

カトラリーやお皿やグラスをこんな感じに整えたときは、テーブルマットは使わないほうがエレガントです。
ハレの日のテーブルは料理やテーブルコディネートを頑張るだけではありません。上品で優雅な空間を作り、日々の生活とは離れてそのひと時を楽しむことも大切だと思います。

161265
食事が終われば銀器を磨いてまたハレの日の出番を待ちます。今日は使っていないカトラリーを磨きます。

今日はいつも通りの食事に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

ランチで使った竹のトレー

ランチタイムは大体麺類をいただきます。ベンガラの竹のトレーはスッキリとしてランチタイムの麺類を引き立ててくれるので、毎回重宝しています。

161101
とろろ蕎麦、今度は青のりも入れて、蕎麦チョコの中を美しく表現したい。

161145
なめこと鶉の卵を入れて、ほうれん草でいろどりを入れます。

161141
五目散らし寿司が冷凍庫に余っていたので、もみ海苔も混ぜておにぎりに。小さいおうどんも添えました。

161151

なめこときつねと鶉の卵、冷たい汁掛けそば。

161152
食後はコーヒーをいただきました。漆と金箔のトレーにミルク&シュガーを乗せて。

161226
花巻湯葉そば 勝手に命名しました。

Pa25019420161025
トレーは食事の時だけではなく、テーブルの中央に飾ればこんな風に素敵になります。
テーブルコーディネートをするのは本当に楽しく、心が豊かになりますね。

トレーはMa By So Shi Teさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

スタバのショッピングバッグでクリスマステーブルコーディネート

T161201
コーヒー豆を買ったときにもらったショッピングバッグが、クリスマス仕様で素敵だったので、キリモトさんのトレーと合わせて、クリスマスのコーディネートをしてみました。これならだれでも簡単にクリスマス気分になれます。

T161203
まず、ショッピングバッグのハンドルを切り落とし、マチの部分を切ってランチョンマットに仕上げます。(仕上げるというほどではありませんが)

T161202
ひとつ器を用意して中央にキャンドルを飾り、まつぼっくりや赤い実を飾ればクリスマスキャンドルの出来上がり。

でもトレーを持っていない(´・ω・`)どうするの?いなくみさん。
ご心配なく

T161207
色画用紙を使えばほら、好きな色と組み合わせて、できあがり~

T161204_2
手持ちの器を合わせればもうクリスマス気分!!ところで何を食べるの?

T161205
じゃ~~~~ん!!レトルトカレー(笑)

T161206
二人のためのクリスマスディナーに変身です。ハムやサラダの前菜をつければ立派な食卓になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

今年の我が家のクリスマス

161147
家の壁紙を変えたら少し遊び心がでて、赤いキャンドルを飾りました。

161148
リース風にして赤い実や松ぼっくりなどを飾ると一気にクリスマスの雰囲気になります。
青山にあるパリのディプティックのキャンドルも買いました。クリスマス用に自分へのご褒美かしら?

161149_2

エキゾチックな香りがとても魅力的でしかも部屋にすごくマッチしています。

161150
バイラッセンのキャンドルスタンドには小さいリースを飾り、窓辺に置きました。
好きなものに囲まれて幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

色を足していく普段着のテーブルコーディネートで日本酒を楽しむ

T160411

クロスの上にカラフルなトップクロスをかけ、プロバンスプリントのマットを合わせました。
ナイフ&フォークが似合いそうなテーブルですが、日本酒を合わせます。

T160403
食前酒に南部美人の糖類無添加のゆずレモン酒をフルートグラスで。どうしてフルートグラスなの?と聞かれると思ったので、炭酸も用意していました。さらに軽く食前酒を飲みたい方のために炭酸を用意しました。

T160404
一皿目は春キャベツとハムのスティック春巻き。チーズを入れて巻いているのでペーパーナプキンで端を巻いています。フィンガーフードにゆずレモン酒。ゆずの香りとレモンの風味でチーズもさっぱりといただけます。
皿にはかわいいペーパーナプキンを合わせて華やかに。

T160401
二皿目は冷たく冷やした茹で鶏とナスの冷やし鉢。

T160406

舟遊びをしたときに飲んだ真澄。純米吟醸うすにごりをいただきました。グラスはもちろん木本硝子さんのesグラスで。柔らかい香りが食事をふんわりと包み込みます。

T160402
メイン料理は145℃で揚げるサクサクのメンチカツ。うすにごりにもぴったりです。

T160409
デザートはイチゴのパフェ。

さて、テーブルコーディネートに戻って

T160405
テーブルをコーディネートする場合、中心のセンターピースが重要です。今回はフラワーアレンジメントですが、ここに視線を集めることで、たくさんの色や柄を取り入れたコーディネートも引き締まってみえます。

T160412
フラワーベースは白磁のカップと織部の器を合わせてレースを敷きました。個性的な組み合わせがテーブル全体を引き締めてくれます。

T160408
色々な柄や色をうまく調和させるのは中央の花がポイントです!!そしてトップクロスの色を中心として、マットを選び、ペーパーナプキンも選びます。

T160404
遊び心満載のテーブルに

T160406
きりりと大人が楽しむグラスと日本酒で、日本酒の持つイメージを少し変えていきたいと思います。

今回のサロンはメンチカツは145℃の低温で揚げるとサクサクジューシーであるということと、日本酒はメンチカツにもぴったりおいしく、カラフルなテーブルコーディネートにもマッチすることを学習していただきました。
南部美人のゆずレモン酒は食前酒においしく、スティック春巻きにも合いました。純米吟醸 うすにごりはメンチカツをよりおいしく感じることができました。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

2人のクリスマス テーブルコーディネート

T151206
我が家は一足早く、クリスマスディナーを楽しみました。キリモトさんの漆のランチョンマットが赤いクリスマス用の小さいクロスに映えます。

T151204
もちろん器にも、カトラリーにもぴったりです。

T151203
お花はラナンキュラスの赤をポイントにりんごも添えました。

T151205
いただいたメレンゲもおいしかった。(今回はプライベートの食事のため、料理写真は一枚のみです)

T151201
家族や恋人と、楽しく夢のあるクリスマスをお過ごしください。一人クリスマスもOKです!
一人で自分のために料理を作って、自分へのご褒美プレゼントもお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

日本橋髙島屋での講演会

T151107
11月22日、日本橋髙島屋 暮しの工芸にて、天明達夫・大野和之展 うつわコーディネーション 講習会をいたしました。

T151110
T151111
日本酒を囲むような大人の晩秋のパーティーと、家族でワイワイと和やかなクリスマスパーティーシーンのテーブルです。

T151113  T151114_2

時間をかけて、作家さんと相談をしてオリジナルな作品を作っていただき、夏から準備してきました。講習会用の資料も時間をかけて作りました。

T151109
お二人の作品はとても評判が良く、ナイフ&フォークレストやキャンドルスタンドなどは、ちょっと今までにないタイプですねと、たくさんのお客様に買っていただきました。そして、今までの作風にない新たに挑戦された、かわいらしい雰囲気のゴブレットやお皿もとても評判が良かったです。

T151108
たくさんのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。

T151112
講習会のあとは作家さんと和やかに歓談しながら、作品をお買い求めいただきました。
由緒ある日本橋髙島屋、暮しの工芸にて無事講演できましたことを幸せに思います。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧