2019年5月24日 (金)

ベランダで日本酒と夜景を楽しむ

190526
新緑の美しい季節がやってきました。
ベランダで夕涼みをしながら、暮れゆく街を眺めてお酒を飲むのも好きな時間です。
このあたりはとても緑が多いので、朝散歩をすると鳥の鳴き声がきかれます。
190528
バカラのお気に入りのグラスと小さいキャンドルでひとりのんびりとSAKEタイム。
敷地内の庭の緑を眺めたり、暮れてゆく都会のイルミネーションを楽しめるベランダは私のお気に入りです。
190527
美しいグラスとキャンドルと都会の風景で楽しいひと時が過ごせます。
190529
キャンドルフォルダーは風が吹いても影響がでないタイプがいいですね。ガラスの模様が浮き出てとても素敵です。
190526
もう少し暗くなると、羽田から発着する飛行機のライトも美しく光ります。
湾岸の景色も素敵ですが、ここから眺める景色も大好きです。
写真は撮っていませんが、この後はお部屋でキャンドルを灯して一人で楽しくモーツアルトを聞きながら食事を楽しみました。
良き一日でした。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

新企画のイメージ作りにでかけた【ワイングラスで日本酒アワード」

190522
先週はワイングラスでおいしくいただく日本酒アワードに友人と参加いたしました。
190521
リーデル社の大吟醸をおいしくいただくグラスで蔵元さんのお酒を試飲いたしました。グラスはお持ち帰りです。
お弁当形式のつまみとして、サンドイッチやチーズなどいただきながら試飲していくのですが、ちょっと食べにくい環境でしたね。
今回はスパークリング酒の試飲もできるので、企画の参考にと思いまして参加いたしました。
企画のスタイルはイメージとして出来上がっているのですが、プレゼン資料作りは難しいな~
セレブが主役の物語なので、セレブの日常がまったくわからないところが悩むところ(笑)
190523
企画とは少し離れますが気になったお酒です。素敵なSAKE STYLE ですね。すごく惹かれました。
190524
WAKAZE さんのジャスミン茶やハイビスカスの入ったオリエンタルなお酒です。こういうお酒は大好き。
ワインでも日本酒でもビールでも料理をおいしくいただくためのアルコールだと思っています。
大好きな人と語らいながら過ごすための飲み物。それがお酒です。WAKAZEさんのお酒が世界に広がっていくことを夢見て。
190525
名刺を交換させていただいたら社長のお名前が稲川さんでした。親近感が沸きますね!(^^)!
三軒茶屋には醸造所もあるそうなので、今度是非伺ってみたいと思います。
WAKAZEに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

スズランの花と山菜のしどけ

190515
今年も友人からスズランの花をいただきました。
毎年ご実家のお庭から送っていただきますが今年のスズランの花は見事です。
小さい花がひとつひとつ可憐でよい香りを放ち、幸せが我が家を包んでくれるよい香りにうっとりします。
190514
小さい竹かごにも活けて大好きな場所に
190516
魔法の箱の中には、うっとりするぐらい可憐で素敵な色のお花が入っていました。かわいくてじ~~~っと見つめていると微笑んでいるように見えます。ピンクの濃い色の花は雪の結晶のように清楚なのですよ。
190519
雪の結晶みたい
190517
シャクナゲも立派です。いつも花瓶に入れるのですが、今回は大きい器に入れて玄関に飾りました。
お水をいっぱい入れてあげたほうが喜ぶかしら?と思ったのですが正解でした。どんどんお花が咲いてシャクナゲも喜んでいます。


【庭に咲く花には物語がある】
雨の日も風の日も、寒い雪の日も寒さに耐え、満開の季節を一気に駆け抜ける
このドラマを庭を手入れするマダムは毎日毎日共有する
花が咲き蝶が舞いその一瞬を共有する
庭って素敵だな
190518
そして同じ箱に入っていたのが山菜のしどけだそうです。ツヤツヤした柔らかな葉が印象的です。
茹でて胡麻和えにしました。フレッシュで苦みのある味わいは胡麻とよく合いました。天ぷらにしてもおいしそうです。
幸せなひと時をありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

友人のお誕生日お祝いと女子会ランチ 東急沿線の変わりゆく景色に驚愕

190512
お誕生日会は二子玉川のカジュアルレストランでお祝いとランチを楽しみました。
スパークリングワインもたっぷりとあって、窓側のお席でのんびりとランチを楽しむことができました。
若い方々の多いお店でした。
二子玉川は30代のころ、玉川高島屋に10時に行ってお稽古事を午前中に習い、午後はランチをはさんでお友達と将来についておしゃべりした場所です。帰りは明治屋に寄ってお買い物というパターンでした。
私は将来テーブルコーディネーターになるのだと強い意志でお稽古事に励んでいました(笑)
あのころのタマタカは活気に満ちていて、お稽古事のレベルも高く人気の講師でいっぱいでした。講座の申し込み日初日には、行列ですぐに締め切りになってしまいました。
テーブルマナーや料理、お花など色々と学び、素敵でお上品な方々と知り合うことができて結婚後のよいスタートがきれた思い出の場所でした。
そのニコタマ(二子玉川のこと)がカジュアルに変身していてびっくりしました。
高層マンションができ、駅前は再開発地域によくあるお店が並んでいます。玉川高島屋もそのあおりを受けているような気がします。ブランド店もひっそりでした。

190513
上の写真は横浜パークホテルのシリウスのビュッフェに参りました。
70階からの眺めはとても素晴らしくきれいで、夜景は素敵でしょうねと思いました。
土曜日のランチでお客様でにぎわっていて料理をとるのも一苦労です。
私は前菜を盛り合わせてあとはローストビーフをいただきました。
レディは一回にお皿からあふれるように料理を取ってはいけませんよ。この後はカレーとデザートを少量いただきました。
素敵なお仲間のお話で盛り上がり、次回の女子会のプランまでたてました。皆様ありがとうございました。
さて、みなとみらい駅は初めておりました。新しいまちはどこも皆同じようなスタイルで雑貨屋さんやカフェやレストランなどで構成されていました。
みなとみらい駅の途中駅、武蔵小杉の駅を久しぶりに電車から眺め、ここも変わったという印象です。
正教授でいらっしゃいました茶道の恩師が武蔵小杉にお住まいでしたので、月3回は武蔵小杉駅を利用していました。
今は高層マンションでいっぱいです。分譲価格も高騰しているようで庶民には高嶺の花というところでしょうか?

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

令和元年の私への贈り物

190510
先日、銀座のサロンに行ってヘアカラーをしていただいたのですが、少し時間があったので、ミキモトでパールのブローチを令和元年の記念に求めようと思いました。
パールのアクセサリーはすべて本店のミキモトで買います。
なぜ本店なの?と言いますとこれぞ東京の接客という感じで、東京弁が美しいスタッフの方々がいらっしゃいます。
特にベテランの男性スタッフはドアをあけた瞬間からアイコンタクトをとり、美しい東京弁で話しかけてくださいます。
自分が東京っ子であることと、美しい日本語を話さなくてはいけないと再確認します。
190511_1
買い求めたブローチはミキモト定番の「幸福の木」というブローチです。小さいブローチですがプラチナと大小12粒のパールが美しい品です。
ブローチは現代にはクラシカルなものかもしれませんが、パールのネックレスと合わせると、とても上品に素敵にその日のファッションに彩を与えてくれます。
年をたくさん重ねても、エレガントで上品で、清潔感あふれる女性でありたいですね。
銀座本店のミキモトにはエレガントとは何かを教えてくれるエッセンスが散りばめられているような気がします。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

姪っ子と楽しいランチタイム

T190501
昨日は我が家で姪っ子と二人でランチを楽しみました。ワインだってちょっと飲みましたよ。
女の子が家にいるって華やかな気分になれるんですね。
ピンク色でかわいらしくテーブルを作ってみました。母の日なのでお花屋さんはカーネーションが多かったですね。
ピンクのカーネーションとブルーの小花であしらったテーブルフラワーです。
T190503
小さいキャンドルも添えて可愛らしくしてみました。
T190504
今年初のゆでたてトウモロコシで。ロイヤルクラウンダービーのデミタスカップとケーキ皿の組み合わせです。
T190505
ミートボールのトマトソースグラタン。
ミートボールはパルメザンチーズやローズマリー、その他ハーブやEXバージンオイルを混ぜ合わせています。つなぎは一切使わずにお肉とハーブ&チーズ&EXバージンオイルでお団子にしてフッ素加工のフライパンで焼いてトマトソースに入れます。
ミートボールを焼いたときにでたスープもトマトソースに入れます。これはワインにとてもよく合っておいしい一品です。
T190506
メインはチキンのオーブン焼き。今回は鶏肉に少しこだわって焼いたのですが、おいしい鶏肉でした。
T190502
食後はマドレーヌとミルクティーでおしゃべりたくさん(笑)
マドレーヌはスプレークッキングオイルを使いましたのでさらに簡単にマドレーヌができました。
T190507
お土産にいただいた甘くないサブレ。
トマトや胡麻などが入っているワインに合うお菓子です。
<反省点>
集中して料理の写真を撮らないときれいに撮れないな~と実感します。
お客様のときはそちらに集中するので、写真がきれいに撮れないのが悩みです。
クッキーの写真と全然違うのがわかりますね(笑)
<完全プライベートレッスンに思うこと>
皆様が知りたいことを集中してレッスンをします。予習には一か月の歳月をかけて自分で実践をして、生徒さんにポイントなどを交えながら料理を作ったり、収納をしたりしています。
教室経営としての観点からみれば、この方法は褒められるものではないと思いますが
ただ一つのことを集中して学んで発表をすることは、私の人生で大きな宝で財産となります。なぜそう思ったのかと言いますと
昨日のランチも思いを込めて予習しながら作ることができたからです。心に残るランチタイムだったらうれしいなと思います。
今月は特別な一日が15日にあります。今はこの日に向けて全力で駆け抜けたいと思います。
では今週も楽しく過ごしましょう。
プライベートレッスンに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

幸せを運んでくれる鈴蘭 そのスズランの日に御即位された天皇陛下

Photo
5月1日はスズランの日、その日に御即位され私たち国民に幸せを運んでくれました。
180514
鈴蘭の花を贈られた人は幸せになると言われています。
偶然ではありますが、なんとなく幸せな気分になります。
真っ白な清純な小さい花は良い香りを放ち5月の花嫁のブーケにも使われます。
Photo_3
令和という響きも爽やかなそして威厳のある両陛下です。
190501_2
豪華なティアラと大粒のダイヤのネックレスをして雅子皇后は光り輝いています。
190501_1
ローブデコルテからローブモンタントのドレスで皇族方のお祝いの言葉を受けられました。
190504_1
令和元年 5月4日は一般参賀
ツイッターでは今までにないほどの参列者だとツィートしていました。
ローブモンタントのドレスは鮮やかなイエローで、素晴らしい真珠のネックレスに合わせたお首回りのビーズと刺繍が際立っていて風格のあるドレスですね。お袖にもビーズと刺繍があしらわれています。
1
令和になってからとても和やかな皇族方のお姿を拝見してうれしくなります。動画では信子さまと皇后陛下がとても楽しそうにおはなしをしているのが印象的でした。
3
鈴蘭の日に御即位をした陛下に常陸宮妃華子さまも可憐な鈴蘭の花を帽子にお付けになり、御即位をお祝いしています。
Photo_2
美しくゴージャスな承子さまも帽子に鈴蘭のお花が飾られています。
宮家の方々が天皇皇后両陛下をお支えしてくださるのがよくわかる写真ですね。
2
高円宮妃久子さまも素晴らしいご衣裳です。ブローチも素敵ですね。
令和の時代はゴージャスでこれぞ皇族というお写真をたくさん拝見したいと思います。
御即位おめでとうございます。
写真はスズラン以外はNHKのニュースなどからいただきました。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

令和に乾杯

190412
明日から始まる令和
新時代が幕あけしますね。
心をこめて、南部美人のあわさけでお祝いをしたいと思います。
190413
バカラのシャンパングラスから美しく立ち上る泡
この泡が途切れることなく
長く長く日本をそして世界を平和にしてくれますように。
れいわ
美しい響きと共に
残りの人生を味わい尽くしたい
令和に乾杯

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

上白糖の保存の仕方

190408
今まで1㎏が主流だった砂糖が最近400gでマチ入りの小さいサイズが出回ってきました。うれしい限りなのですが、マチが入っているということは立てて保存しておくのでしょうか?
ジッパーもついているので使いやすいのですが、保存するときの注意点を書いてみます。
開封した砂糖はできるだけ空気を入れないようにして、ジップロックで保存するのが一番です。砂糖は乾燥に弱いので、冬は湿度の高いところで保存したいのですが、マンションのキッチンでは難しいですね。
190409
ジッパーのついている袋で保存する場合は空気を抜いて横にして砂糖を均一にする。更に空気を抜いて横にしてしまいます。

190411
砂糖は引き出しの一番上に保存すればあまり固まらなくてすみます。
190410
砂糖はガラスの容器の1/3程度入れて使います。お菓子を作る以外は砂糖はあまり使わないので、容器の砂糖を使い切ったらきれいに洗いまた1/3量入れて使います。
最近は白いものは体に悪いと言われ、白砂糖、白米を嫌う傾向にありますが、私は大好きです。
ドレッシングには白砂糖を少量入れますし、コーヒーや紅茶にはグラニュー糖、すき焼きや煮物には白砂糖で作ります。
おいしいと思って食べるのが一番体に良いのではないでしょうか?
私はそう思います。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

ホタルイカとゆで卵のサラダ

190407
今日は簡単で(いつものことですが)ワインにおいしいおつまみのご紹介です。
<材料2人分>
  • ホタルイカ・・・10杯(烏賊は1杯2杯と数えるので)10個です
  • ゆで卵・・・1個
  • ベビーリーフ・・・適宜
  • EXバージンオイル・・・適宜
  • 塩・・・適宜

<作り方>

  1. ホタルイカは目と口、背骨を取ってサッと洗ってくキングペーパーで水分を取る。
  2. ゆで卵はフォークでつぶしておく。ベビーリーフは軽く洗う。
  3. 皿にベビーリーフ、ホタルイカ、ゆで卵を盛り付けてEXバージンオイルをかける。お好みで塩を少量ふる。

簡単すぎますね(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧