2017年3月25日 (土)

EXバージンオイルで根深汁

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170312_2

根深とは白ネギのこと、根深汁は白ネギだけの味噌汁を指します。
寒くなると甘みが増しておいしくなるネギをオリーブオイルで焼いて味噌汁に入れていただきます。ではレシピを

<材料2人分>

  • 白ネギ・・・1本
  • だし汁・・・300ml
  • みそ・・・大さじ1
  • 一味・・・少々
  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ1

<作り方>

  1. フライパンを中火で熱してCDT0.1ピクアルを加え白ネギを1cmのぶつ切りにして両面こんがりと焼く。Ex170310
  2. 出汁を入れた鍋に1のネギを入れて温め、みそを加えて火を止める。   Ex170311
  3. 器に盛り、一味を振っていただきます。

Ex170313
CDT0.1でネギを焼くと甘みが増してとてもおいしい味噌汁になります。
お味噌は発酵食品です、味噌汁は身体を温めるだけでなく腸内環境を改善する働きもあります。味噌とオリーブオイルは、意外にも相性が良いものです。是非お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ローズマリー風味の笹かまオリーブオイル焼き

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)
スタイリングについてはレシピの後に書いてあります。ご参考まで。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170307
簡単で美味しい週末の日本酒やワインのつまみです。

グリルを使って、チーズに焦げ目がつくまで焼きます。ローズマリーのかおりとチーズ、おいしい組み合わせです。

<材料 笹かま1枚>

  • 笹かま・・・1枚
  • ローズマリー・・・1枝
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1/2~1(笹かまの大きさによります)
  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ1

<作り方>

  1. パルミジャーノチーズを削って笹かまの上に盛り、ピクアルをかけてローズマリーの枝を乗せる。                                                        Ex170309
  2. 温めたオーブンやグリルでチーズが溶けるまで焼く。
  3. 皿に盛り、お好みでピクアルをかけていただきます。

Ex170308
週末をんびりと過ごしたいときに、お気に入りのテーブルマットやカトラリーでテーブルをコーディネートして、簡単にサラダや笹かまぼこのオリーブオイル焼きなどをつまみに、ワインを飲みながらリラックスするのはいかがでしょうか?
笹かまぼこは魚のすり身が凝縮しているので、ボリューム感があります。

150203

使った笹かまぼこは高政さんの石持です。プリプリ食感がたまらなくおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

カレーピラフにEXバージンオイルのスクランブルエッグを添える(少し上級者向け)

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでいてもおしゃれな暮らしがしたい、という女性のために、カスティージョ・デ・タベルナス0.1のある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)
盛り付けやスタイリングについてはレシピの後に書いてあります。ご参考まで。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1に興味のある方はこちらから。

Ex170304

<材料 お米2合分>

  • CDT0.1ピクアル・・・大さじ2
  • タマネギ・・・50g
  • ニンジン・・・50g
  • ベーコン・・・1枚
  • しし唐・・・3本
  • 米・・・2カップ
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • レーズン・・・少々
  • ターメリック・・・少々(スパイス)
  • カレーパウダー・・・大さじ1

<作り方>

  1. 米はさっと洗いザルにあげておく。
  2. ニンジンとタマネギは5mmくらいのさいの目切り(小さい立方形)にする。しし唐は縦半分に切って種を取り、小さくスライスする。ベーコンも5mmに切る。
  3. フライパンを中火で熱してピクアルを加えベーコンを炒め香りが出てきたらタマネギ、ニンジン、しし唐を加える。さらに米を加えて米が透き通るまで炒め、塩こしょう、ターメリックを入れて混ぜる。
  4. 3を炊飯器に入れて水2カップ(炊飯器についている計量カップ)加えて軽く混ぜて炊飯する。
  5. 炊きあがったご飯にカレーパウダーとレーズンを加え混ぜる。

ピラフは冷めたら一回分ずつ保存容器に入れて冷凍保存する。

<スクランブルエッグ>

 ピクアルを混ぜたスクランブルエッグはやさしい甘みを感じます。カレーピラフともぴったりの相性です。

<材料>

  • 卵・・・一個
  • 塩・・・少々
  • 牛乳・・・小さじ1
  • ピクアル・・・小さじ2

<作り方>

  1. 小さいフライパンに小さじ1のピクアルをひいて、弱火にかける。
  2. 卵に塩、牛乳、ピクアル小さじ1を入れて混ぜ合わせる。
  3. 1のフライパンに卵液を入れて小さい泡だて器で好みの硬さにする。Ex170306
  4. 皿にピラフを盛り、スクランブルエッグを添えて、ほうれん草のソテーとお好みでソーセージをトッピングする。卵とピラフを混ぜ合わせて召し上がれ。

Ex170305_2

pencil 今日のコーディネートのポイント pencil
漆のトレーにディプティックのフレグランスキャンドルについていた説明書きがおしゃれだったので合わせてみました。お皿の絵柄ともうまくマッチしていて、一クラス上のコーディネートです。素敵な包装紙や紙のショッピングバッグなどもテーブルで利用できます。
器の中は黄色の分量が多いので、ほうれん草でグリーンのバランスを保ちます。ソーセージがインパクトありますね。ピラフとスクランブルエッグを混ぜ合わせるとカレーの辛味が和らぎます。ピラフは冷凍できるのでたくさん作って活用してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

ヘルシー料理で毎日健康 オリーブオイルレシピ ホタルイカとアーモンドのサラダ

ヘルシーな料理で健康的な毎日を過ごしたい!ひとりでもおしゃれなおうちで暮らしたいという女性のために、カスティージョ・デ・タベルナスのある暮らしをご紹介します。(スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです)

週末の晴れた夕方、おうちをきれいに掃除をして磨きこんだ我が家。自分のために花を買い、キャンドルに火を灯し、ゆっくりとヘルシーライフを楽しむ。そんなコンセプトです。

Ex170301_3
リラックスできる空間に花を生ける。その隣にはお気に入りのキャンドルに火を灯す。もうそれだけで心が癒されてきます。

Ex170302
週末の一人を楽しむ空間で用意した料理はヘルシーなホタルイカとスライスアーモンドのサラダです。包丁を使わない簡単料理ですが、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスをホタルイカにマリネするだけで、とてもおいしく変身します。ではレシピをどうぞ。

Ex170303_3
ホタルイカとアーモンドスライスのオリーブオイルサラダ

<材料1人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • ベビーリーフ・・・片手1杯分
  • アーモンドスライス・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • カスティージョ・デ・タベルナス(ピクアル)・・・大さじ1
  • レモンしぼり汁・・・小さじ2

<作り方>

  1. ホタルイカは目などを取り除き、サッと洗い水分を取ってからピクアルをかけておく。(10分ぐらい)
  2. スライスアーモンドはフッ素加工のフライパンで香ばしくなるまで中火で加熱する。
  3. ボールに洗ったベビーリーフを入れて1のホタルイカを混ぜ、塩こしょう、レモンのしぼり汁を加えてサッと混ぜる。
  4. 器に盛り付け、アーモンドスライスを上に掛けて出来上がり。お好みでピクアルをかける。

アーモンドとピクアルは相性が抜群でした。白ワインともおいしい組み合わせですね。

カスティージョ・デ・タベルナス0.1を知りたい方はこちらから。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

カスティージョ・デ・タベルナス 酸度0.1 【奇跡のオリーブオイル】プレスリリース

先週、酸度0.1奇跡のオリーブオイルと呼ばれているカスティージョ・デ・タベルナスの発売記念メディアランチョンに参加しました。
スペインはアンダルシア州のタベルナ砂漠にあるオリーブ農園で栽培されています。酸度0.1、完全無農薬、無着色、無添加のエクストラバージンオイルです。

170226
販売される商品は3種類。左からピクアル ピクアル品種100%なめらかなのど越しが特徴。
真ん中はグリーンオリーブ オリジナルブレンドの特徴あるオイルです。右はベンジャミン 生後6か月~5歳を対象とした小さなお子様にも使える商品。ペットのフードにも適しているそうです。(株式会社 清州 オリーブオイルビジネス部門 Sherryより抜粋)

会場は青山の&e'cle'(アンドエクレ)シェフはフランス・トゥールーズ生まれのオリヴィエロドリゲス氏。ライスやチーズ、野菜など体に優しいメニューにこだわっています。
ではお料理をどうぞ。

170220
珍しいスモークティーを食事と一緒に

170228
3種類のオイルの違いを確かめる。

170222_2
まずは最初の写真、真ん中のグリーンオリーブを使った一皿。リコッタの塩分、アスパラガスクーリとオイルのハーモニーが絶妙でした。クーリはパンにもちょっとつけていただきました。

170223
2皿目はピクアルを使ったローズマリー風味の赤米に、ごぼうのクーリ。全体的にふんわりと柔らかなオイルのかおり。赤米とクーリを混ぜながらいただきました。

170224
3皿目もピクアル、サメガレイの上にサフランクルートをのせてカリッと焼いたもの。フェンネルクーリ。2皿目のピクアルとはガラッと変わってどこにピクアルを使っているの?というあまりオイルを感じないあっさりとしてサフランのかおりがおいしい料理でした。

170221
株式会社清州 Sherry の清本逸子さんと企画をされた泉美咲月さん。スライドや資料を使ってカスティージョ・デ・タベルナス0.1の素晴らしさを説明していただきながらのお食事です。

170225
最後はデザート。このオイルは果物やデザートにもおいしいと言われているそうです。
「クレメダンジュ&フルーツトマトwithグリーントマトクーリ」
ここには小さなお子様にも提供できるという、ベンジャミンをふんだんに盛り込んでありました。デザートにも合いますね。
最後にアンケートを書いたのですが、一番人気はデザートだったそうです。うなずけます。

170229
手作り感満載のプレスリリースでしたが、清本さん自らの手書きのカードをいただきました。

2017年3月2日(水曜日)からオンラインショップがオープンするそうです。公式サイトはこちらから。

企画を担当された泉美咲月さんの公式サイトはこちらから。

おいしい料理を提供してくれた&e'cle'はこちらから。

テーブルコーディネーター 猪名川久美子

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

器の使い方でわからない、器を買ったけれど何を盛り付ければよいのかわからないなどのお悩みのある方は、メールで写真を送っていただければ、ご質問にお答えいたします。
もちろん無料ですのでお気軽にどうぞ。料理の問い合わせなどもドシドシどうぞ。

ご質問は花がたみまで。

企業様へ
多くの実績があります。今までの活躍はこちらまで。
ホテル・レストラン・百貨店でのテーブルコーディネートセミナーやマンションのモデルルームやモデルハウスでの間取りにあわせた、美・収納講座も承ります。
お気軽にお問合せください。お問い合わせはこちらから。

crown 新しく公式サイトを作りました crown
https://www.inagawa-kumiko.com/

インスタグラム https://www.instagram.com/inagawa_kumiko/

Lineブログ http://lineblog.me/hanagatami_style/

Facebookページ https://www.facebook.com/hanagatami/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

残ったしゃぶしゃぶ用のロース豚肉とキャベツ炒め EXバージンオイルをかけてね

170215
豚しゃぶ肉を少し多めに買ってしゃぶしゃぶの次の日は炒め物などいかがでしょうか?
豚しゃぶ肉に塩こしょうをして1時間おいておくとしっかりと肉に塩が回っておいしくなります。
炒めて皿に盛ってEXオリーブオイルをかけると塩のうま味が引き立ちます。

<材料2人分>

  • 豚ロースしゃぶしゃぶ用・・・50g
  • 千切りキャベツ・・・適宜
  • 玉ねぎスライス・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニクスライス・・・3枚

<作り方>

  1. 豚しゃぶ肉はバットに並べ軽く塩こしょうを両面ふって冷蔵庫で1時間置いておく。
  2. 余分な水分をクッキングペーパーで取り、中火に熱したフッ素加工のフライパンでニンニクと一緒に焼く。
  3. キャベツの千切りと玉ねぎを皿に盛り2の豚肉も盛る。上からEXバージンオイルをかけていただきます。

新しく公式サイトを作りました 
https://www.inagawa-kumiko.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

ピラフを盛り付けたら最後にEXバージンオイルを

170122
ピラフは料理の付け合わせにも使えるのでたくさん作って、小分けして冷凍すると便利です。

<材料 お米2合分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • タマネギ・・・50g
  • ニンジン・・・50g
  • ベーコン・・・1枚
  • しし唐・・・3本
  • 米・・・2カップ
  • 無塩バター・・・15g
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • ターメリック・・・少々(スパイス)

<作り方>

  1. 米はさっと洗いザルにあげておく。
  2. ブラウンマッシュルームは食べやすい大きさに切り、ニンジンとタマネギは5mmくらいのさいの目切り(小さい立方形)にする。しし唐は縦半分に切って種を取り、小さくスライスする。ベーコンも5mmに切る。
  3. フライパンを中火で熱してバターを溶かし、バターが大きい泡から小さい泡になったところでベーコンを炒める。ブラウンマッシュルーム、タマネギ、ニンジン、しし唐を加えサッと炒める。米を加えて米が透き通るまで炒め、塩こしょう、ターメリックを入れて混ぜる。
  4. 3を炊飯器に入れて水2カップ(炊飯器についている計量カップ)加えて軽く混ぜて炊飯する。

170121
ハンバーグの付け合わせにしたピラフ。

次の日の朝食には電子レンジで温め、フッ素加工のフライパンでカレースパイスを加える。
味の変化が楽しめます。最後にEXバージンオイルをかけるとスパイスが和らぎます。

170122_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

お正月に作った牛肉のたたきの残りときゅうりのオリーブオイル掛け

お正月に作った牛肉のたたきはポン酢やニンニクと共においしくいただきました。その端の部分をキュウリといっしょにEXバージンオイルをかけると、また違うおいしさがあります。
では、牛肉のたたきからレシピをどうぞ。

170110

<材料>

  • 牛肉もも・・・塊で300g
  • 塩こしょう・・・少々
  • アサツキ・・・3本
  • ニンニク・・・1片
  • ポン酢・・・適宜

<作り方>

  1. 牛肉は軽く塩こしょうをして30分ほど室温に戻す。
  2. クッキングペーパーで1の肉の水分を取り、中火に温めたフッ素加工のフライパンで焦げ目をつける。6分間(肉の大きさによって変わります)全面に焦げ目がつくまで焼く。(空気に触れている部分は全部焼く)
  3. 氷水を入れたボールに2の肉を入れてクッキングペーパーで水分を取り、新しいクッキングペーパーで包んでおく。
  4. 冷めたら30分ぐらい冷蔵庫に入れて、切り分ける。
  5. アサツキは小口切りに、ニンニクは薄くスライスしてフライパンでローストする。焦げるようならサラダ油を少々ひく。
  6. 皿に盛り付けアサツキとニンニクのローストをトッピングして、ポン酢でいただきます。

<牛肉のたたきとキュウリのオリーブオイルがけ>

170119
<材料>

  • 余っている牛肉のたたき
  • キュウリ・・・1/2本
  • EXバージンオイル・・・適量

<作り方>

  1. キュウリは斜め切りにして更に薄く切る。牛肉のたたきもスライスして皿に盛る。
  2. EXバージンオリーブオイルをかけていただきます。塩がもう少し欲しい方は少しかけてください。

単純な味付けですがお酒にとてもよく合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

蒸しナスとタラのハーブ焼 スダチのオリーブオイルがけ

151005
冷凍庫に残っていた小さい切り身の鱈をソテーしました。皿に盛り付けてから、スダチをしぼり、EXバージンオイルをかけます。スダチ+EXバージンオイルは相性が抜群rock

151004
<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • 生シイタケ・・・2枚
  • 生鱈の切り身・・・1切れ
  • ローズマリー・・・1枝
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • 薄力粉・・・少々
  • 白ワイン・・・少々
  • スダチ・・・1/2個
  • EXバージンオイル・・・少々

<作り方>

  1. ナスはガクを取り、ラップに包み600Wの電子レンジで3分加熱する。そのままラップにくるんでおく。
  2. 生シイタケは軸を落とし、縦に5mmに切ってフッ素加工のフライパンに並べ中火で香りが出るまで焼き、皿に盛り付ける。
  3. 鱈は軽く塩こしょうをして薄力粉をつけ、ローズマリーといっしょに、サラダ油をひいたフライパンで中火で皮目から焼き、裏返してサッと火を通して、弱火にして白ワイン少々を入れて蓋をして蒸し焼きにする。
  4. ナスはラップを取り、縦横に切って切り口にサッと塩こしょうをかけ皿に盛る。
  5. 3の鱈を皿に盛り、EXバージンオイルをかけ、スダチをギュッと絞っていただきます。

シイタケは鱈の上にトッピングすればよかった。

今週は忙しかった~
新しいカメラも買ってしまい、まだうまく使えません(泣)
商談会や企画の資料を作ったり、今日はキリモトさんの漆と水野幸一さんの磁器のコラボを見学します。水野さんの器は恵比寿三越15周年企画の時に料理を盛り付けたので、お会いするのが楽しみです。
では良い週末をお過ごしくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

野菜室に残っているオクラで。ネバネバたたきオクラとトマトのサラダ

151003
野菜室にごろ~んと2個ぐらいオクラが残っていませんか?トマトを小さく切って、たたいたオクラと混ぜてオリーブオイルで和えるだけ。さっぱりとした味わいです。

<材料2人分>

  • トマト・・・1個
  • オクラ・・・2本
  • EXバージンオイル・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. トマトは湯むきして皮をむく。種を取って小さく切る。
  2. まな板にオクラをのせて、塩少量で(分量外)手のひらでクルクルと産毛を取り、水にさらしてガクを取り茹でる。種を取ってたたいて粘りをだす。
  3. ボールに1と2を入れ、塩こしょうをしてEXバージンオイルを入れて混ぜる。冷蔵庫で冷やし器に盛る。

家庭料理は冷蔵庫に残っている食材を上手に使って、一品にしていきます。肉と野菜の炒め物などメイン料理を決めて、あとは小さいおかずを何品かつくるときに役立つ料理です。料理とは言えない単純な一品ですが、外食では食べられない料理が家庭料理かもしれません。
外食と決定的に異なるのは、家族の健康への祈りと、少ない予算で材料を使い切る知恵でしょうか?【そして一日3食食べても飽きのこないシンプルな料理】これが外食との違いかもしれません。

そして、たくさんオクラがあるときはピューレにして冷凍しておきます。イザというときに便利で役立ちます。

100869

レシピはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)