2016年12月15日 (木)

美しい日本の漆トレーで朝食を

161231
朝食に輪島キリモトさんのトレーに直接サンドイッチを盛り付けて、ワンプレート風にしてみました。
ちょっと新鮮な感じでアイボーさんもきれいだね~と言っておりました。
木製品というものは生きていて、乾燥するとちょっとプレートが反ってしまったりします。そこがまた使っていて楽しいところでもあります。

鳥取県の智頭杉(ちずすぎ)の木目をいかしたトレーは軽くて、一生使える優れものです。
油ものを盛りつけても、中性洗剤でさっと洗えばお手入れも簡単です。

161230
サンドイッチとトマトときゅうりのサラダ、パイナップルをトレーにバランスよく盛り付けて、コーヒーカップも一緒にトレーに置けば絵になる朝食スタイルになります。
420mm×300mmという使いやすいサイズも魅力的ですね。
1枚が12,960円ですが、定番のトレーなので一枚づつ買い足していくこともできるので、お小遣いを貯めて一枚づつ買っていく楽しみもあります。

丁寧な暮らし方をモットーに、これからも暮らしの提案をしていきたいと思います。

輪島キリモトさんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

ランチで使った竹のトレー

ランチタイムは大体麺類をいただきます。ベンガラの竹のトレーはスッキリとしてランチタイムの麺類を引き立ててくれるので、毎回重宝しています。

161101
とろろ蕎麦、今度は青のりも入れて、蕎麦チョコの中を美しく表現したい。

161145
なめこと鶉の卵を入れて、ほうれん草でいろどりを入れます。

161141
五目散らし寿司が冷凍庫に余っていたので、もみ海苔も混ぜておにぎりに。小さいおうどんも添えました。

161151

なめこときつねと鶉の卵、冷たい汁掛けそば。

161152
食後はコーヒーをいただきました。漆と金箔のトレーにミルク&シュガーを乗せて。

161226
花巻湯葉そば 勝手に命名しました。

Pa25019420161025
トレーは食事の時だけではなく、テーブルの中央に飾ればこんな風に素敵になります。
テーブルコーディネートをするのは本当に楽しく、心が豊かになりますね。

トレーはMa By So Shi Teさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

2人のためのタケノコ使い切り料理

東京は桜も終わり、いよいよ食欲の春突入です。アイボーさんが大好きなタケノコを色々な料理に使って堪能しました。旬の食材を使い切る、余すところなく。来年もおいしいタケノコに巡り合えますようにと願いをこめて。

160422
ランチに若竹うどん。ほかにも卵焼きや椎茸が入っていますが。。。。

160423
夕食の一品に小柱とタケノコのかき揚げ。山椒塩で

160421
次の日の夕食はタケノコの茶わん蒸し。鶏肉と椎茸、三つ葉の組み合わせ。優しい味わいでおいしいですよ。茶わん蒸しも今年はたくさん作ったので、上手にできるようになりました。タイマーを付けなくても感覚で作れるようになったの^^

160424
若竹煮はどうしても食べたいと言うので。本当はタケノコご飯が食べたかったのですが。

こんな風に小さいタケノコも上手に使えば4品も作れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)