2016年10月 2日 (日)

食器棚選びは難しい

160926
先日、食器棚を実際に見にいってきました。使い勝手が良いのかな?どうなのでしょう。なるほど、これは素晴らしいという食器棚には巡り合いませんでした。銀座でしたので、ギャラリー収納にも寄りました。
こちらは希望に合わせて組み合わせができるシステム収納です。例えば箸置きを一つずつ区切りをつけて収納したいとか、デスクを付けてほしいなど、希望をかなえてくれます。
引き出しのサイズも何種類かあるので、こんな家具が理想です。
我が家はまだまだ、検討が必要です。もう少し時間がかかりそうです。

160924

案の定プチ迷子になり、疲れて我が家に帰ってきたら、金木犀の良い香りがしてきました。
今年はたくさんの花を咲かせています。秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

窓辺のインテリア

S160906
我が家は壁が少ないので、窓辺にも収納家具を作ってスタンドを置いています。壁紙の張り替えに伴い、今ある家具をきれいにしています。ハンドルの部分は特に念入りに。
スタンドは香蘭社の花瓶を使っています。珍しいことに別々の機会に2ついただきました。20年ぐらい前になりますが、原宿のオリエンタルバザーという外国人向けのお土産屋さんでスタンドにつくりかえてもらいました。お気に入りなんですよ。

S160907

中央のフラワーベースは今まではプリザーブドフラワーを入れていました。

S160904
36年前の新婚旅行で買った中国の玉。大事に使っているのでインテリアにまだ使えます。今までプリザーブドフラワーを入れていたフラワーベースに入れてみました。フラワーベースの形もきれいで引き立ちますね。

S160905
上から見たところです。フルーツがかわいらしくて大好き。
今からリフォームが待ち遠しいです。その前に予習をしっかりとしておかなければ。
今週はカップボードをショールームで見学してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

リフォームに向けて部屋を模様替えしようとしたら

昨日はノリノリでリフォームに向けて家具の移動をしようと思って、ワインを片手に音楽を聞きながらスタンドを移動してみました。

S160902
写真の奥にあるコーナーテーブルをベッドサイドに移してみました。

S160901
なかなか良い感じではありませんか。東山魁夷の絵と木製のフレームがベッドサイドとぴったり合って素敵~と思っていたら、もとに戻してくださいとアイボーさんに言われました( ノД`)シクシク…

S160903
これはこれで私も好きなんですけれど。このスタンドは大倉陶苑の花瓶です。それをスタンドにしました。余談です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

夏のお出かけスタイルと竹のバッグの手入れと収納

S160701
先日銀座のサロンに出かけた時のワンピースとバッグ。
洗濯機で洗えるワンピースでスーツケースにクルクルと小さく巻いて入れられるので、とても便利なワンピースです。そこに柳の小さいバッグを合わせました。
このバッグは結婚前に買ったので40年近くたっているかもしれません。大事に使っています。靴はお直ししながらやはり30年は履いているのかも。。。
今のファッションからすればクラッシックなのかもしれませんが、お気に入りです。

S160702
紺&白の組み合わせが大好きなので、基本色は紺です。

S160703

結婚をしてすぐにプレゼントしてもらったバッグはショルダーの部分も長くてやはり夏の定番です。

S160704

紺のバッグもこちらのバッグもショルダーをバッグに入れてしまえば、パーティーのときにも使えるサイズです。

S160705

お手入れはバッグを傷つけないようにブラシでサッとほこりを取ってリードペーパーでからぶきします。バッグの中もきれいにして、布や箱に入れてしまいます。

S160706

こんな感じにしまって

S160707

クローゼットの上段に収納。

たぶん、おばあちゃんになるまで使います(笑)どうしてこんなに長持ちするのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

3畳のウォークインクローゼットに布団もしまう、洋服もバッグもしまう

都内の狭いマンションに住むのは、利点もあれば欠点もあります。狭いので洋服も布団もバッグやアクセサリーも最小限のものしか置けません。一番困ったのは布団の収納でしょうか。

160706

夏掛け用の薄い布団にカバーをかけて、テーブルランナーだった布を襟元につけています。ジャストサイズで生地もしっかりしていて我ながら良いアイディアだと思っています。暑くなってきたのでカバーを洗ってクローゼットにしまいます。冬でもこの布団とモーフで過ごします。クローゼットが小さいので布団もたくさん用意できません。
寒かったら暖房で調節をします。

小さく布団を畳んで布にくるんでクローゼットに

160707

こんな感じでしまいます。

160709
洋服の上の棚には引き出しを置いてシーズンオフの衣類をしまいます。メモを付けておくと探す時に便利です。
その上のカゴはバッグが入っています。
布団も洋服もコンパクトにまとめないと整理しきれないのが悩みですが、慣れれば上手にまとめられます。

160710

アイロンかけをしてカバーをかけて、クローゼットにしまって、午前中があっという間に過ぎました。
160708

お昼ご飯は少し残ったご飯で、いつも冷凍して置いてあるお稲荷さん用に煮ておいた油揚げを解凍して、お稲荷さんと卵とじの稲庭うどんです。
朝飲んだ煎茶を冷やして一緒にいただきました。アイロンかけと出汁を取るのと、お昼ご飯の準備で汗だく。でも体を動かすことは好きかもしれません。よく働きました。

収納でお悩みの方はお気軽にご相談ください。お宅にお邪魔して収納の解決方法を探ります。女性の方限定です。メールアドレス k-tamakazura@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

クローゼットにはフックを取つけて活用しましょう

クローゼットの整理整頓をする時期はズバリ6月から9月ごろが適していると思います。暖かい時期のお天気のよい日に行います。扇風機をかけるのも良い方法ですね。皆さんが少しでも快適に整理整頓ができるように一緒に収納について考えていきたいと思います。ご質問などどうぞお気軽に^^

pencil ウォークインクローゼットにフックを取りつけて、効果的に役立てる方法 pencil

S160607
フックは衣類をかけられる丈夫なものを取り付けます。写真のコートをかけているフックは外出先から帰って来たときにコートをハンガーにかけておきます。横にはブラシもフックに掛けておきます。直ぐに手入れができるようにしておくと流れ作業のようにできて便利です。以前、ブラシは引き出しにしまっておいたのですが、ついうっかりとブラシをかけ忘れるということが度々ありました。

S160608
フックは使わないときは、左右に倒せばでっぱりもなくコンパクトに美しくクローゼットに収まります。ちょっとしたアイディアですが、クローゼットを美しく、そして使いやすくしていけば日々の収納も楽しくなるはずです。

それでは梅雨のうっとおしい季節ですが、楽しく収納に取り組み、夜はおいしいお酒をいただきましょう^^

収納についての困りごと、実際にあなたのお家に伺ってご一緒にクローゼットの整理を承ります。(女性のかたのみ)
お気軽にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

冬物の整理は終わりましたか? クローゼットの有効活用

忙しいとついクローゼットの整理が後回しになってしまいますね。冬物のコートも出しっぱなしで、Tシャツやセーターが所せましとクローゼットの中に入っていて、かき分け、かき分け洋服を探すといったことになっていませんか?
東京は梅雨の晴れ間。思い切って整理してみましょう。

S160601
pencil 洋服をクリーニングに出す前の注意点 pencil

ほつれなどを確認しておきましょう。上の写真のベージュのスカートは20年ははいていたと思います。かなりくたびれてきた様子です。来年は自宅用にして、お出かけ用のスカートを一枚買い足したいと思います。今回はクリーニングには出さずにブラッシングしてシーズンオフ用の場所にしまいます。
コートもセーターもチェックして処分するもの、クリーニングに出すものを分けてしまえるものはしまいます。

pencil 同じ色の洋服を何枚も買ってしまうという残念な結果を防ぐために  pencil

クロゼットの整理整頓をするときに、今持っている洋服の色の確認をしておくことも重要なポイントです。どんな色の洋服があるのか、整理するときに確認しておきます。そして来シーズン必要なアイテムを手帳に記入しておきます。

S160604
9月の予定のところに、秋冬物で欲しい洋服を書き込んでおきます。私は紺やグレーやベージュ系のスカートばかりなので、今年はワインレッド系のスカートを探してみます。
こんな風に予定を立てておくと、数だけ豊富だけれど、いつも同じ色の服がいっぱいという残念な結果を防ぐことができます。

あまりきっちりと予定を立てておくのもつまらないのですが、衝動買いした洋服もきちんとクローゼットの中のローテーションとして活躍していますか?一度も袖を通したことがないということは避けたいですね。

S160603
春先に着たジャケットもブラシをかけてしまいます。フレアのノースリーブワンピースと合わせるので、夏も着ます。レースのショールやカーディガンもこれからの季節には大切なアイテムとなりますね。すぐに着られる場所に移しておきましょう。

S160602
取り付けられる場所にフックを付けておくと便利です。とりあえずワンピースをかけておく場所だったり

S160605
サシェをかけて嫌な臭いを取って引き出しにしまいます。フックはとても便利です。狭いクローゼットを有効に活用できます。

収納についての困りごと、実際にあなたのお家に伺ってご一緒にクローゼットの整理を承ります。(女性のかたのみ)
お気軽にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

キッチンシンク下、観音扉の収納

キッチンのシンク下の鍋を収納するフリーラックが壊れてしまい、Amazonで新しいラックを買いました。
思えば30年は使ったフリーラックなので、壊れるのも無理はないかな^^プラスティックだったので壊れたと思い、今回はスチール製です。これであと30年以上は壊れないと思う。

S150401
この観音開きの扉を開けると

S150402
こんな感じです。お値段高めだったので、しっかりとした作りです。美しく収納できます。

S150403
ここに収納する鍋4つ、蒸し器と天ぷら鍋、フッ素加工のフライパン2つと鉄のフライパン。
ザルとボールが我が家の即戦力グッズです。

S150405


S150406
S150407
キッチンの収納で頭を悩ますのは大小様々な鍋や片手鍋など、同じ大きさでない様々な鍋をどのように効率よく収納するかではないでしょうか。
今はシンク下は引き出し式が主流だと思いますが、私はこちらのほうが使い勝手がよく好きです。
フリーラックも様々なサイズがあるので、ご自宅のお鍋の大きさに合わせて買い求めましょう。

S150408_2

S150409
卵焼き器や小さいフライパンもフックで吊り下げれば、コンパクトに収納できます。

S150410
デッドスペースの脇を利用して洗剤をストックしておきます。

S150411
扉の内側もフックをつけて、シノワなど吊り下げて有効利用するとすっきりとシンク下が収納できます。

S150401_2
扉を閉めてこのとおり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

キッチンきれいで料理の腕も上がる?

料理は楽しく作るのだけれど、楽しむためにはできるだけ合理的にキッチンを使いたい。料理の基本は、まずは整理整頓&美収納にあります。花がたみの教室でデモンストレーションをするときも、合理的に美しくデモンストレーションができれば、見て下さる皆さんも手順が解りやすく印象に残ると思います。

今日はトーストしたハムサンドイッチを作る工程を写真でご覧ください。きれいで清潔を心掛ければ、誰にでも簡単に整理整頓&美収納が手に入りますよ。

141035
きれいなまな板にトーストしたパンを置く。パンを切る包丁、バターナイフ。一番奥にはハム、マヨネーズ、スプーンを入れたマスタード、キッチンポットを置きます。手前にはバター、卵焼きを置きます。パンをトーストしているときに、使いやすいポジションを考えてセッティングしておきます。焼いたパンはすぐに作業をしないと湿気がこもります。バターを塗って、少量のマヨネーズとマスタードを塗り、ハムと焼き卵をサンドします。

141036
マヨネーズはキッチンペーパーで口の部分をきれいにしてからキャップをしめます。

141037
サンドイッチが出来上がった時には、ハムやマヨネーズ、マスタード、バターは冷蔵庫にしまいます。

141038
マットをセットして写真を撮って

141039

汚れ物はシンクに、洗う時は市販の洗剤を一滴ボールにたらして洗います。

141040
まな板や使ったキッチン道具は水切りカゴに入れて、手早く作ったサンドイッチをテーブルでいただきます。

141041
台布巾は2枚用意しておきます。一枚は水回りをきれいにするフキン。一枚は鍋やフライパンをふくフキンです。鍋がピカピカになる素材を選んで買います。

141043
食器を洗ったボールも水分をとり乾かしてピカピカにしておきます。

141042
鍋などをふくフキンとグラスをふくフキン。わかりやすいですね。

141044
コーヒーメイカーもにおいが付きやすいのでよく乾かします。

141045
最後はシンクもきれいにして、心をこめてキッチンよ、お疲れ様です。築20年のキッチン、これぞアンチエイジングでしょうか。お肌と同じ、基本をきちんと守っていればどちらも長持ちしますね。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

食の安全を守る夏の冷蔵庫の整理術

マイベストプロ東京でテーブルコーディネーターのプロとして、コラムを書いています。
家を楽しく住まうをコンセプトに、料理レシピや、整理整頓、テーブルコーディネートなど、生活を心豊かにしていくためのちょっとしたポイントを、皆さんにわかりやすく、丁寧にを心掛けながら書いています。

ありがたいことに、私のコラムを編集していただくことになり、今度で4回目になりました。

140839


書いてはプリントアウトして、さらに見直して、何度もつくりかえて、それを編集していただきます。
まだまだ、ボリュームとして少ないのですが、これからさらに頑張ろうと思います。
興味のある方はコラムを見てくださいね。

食の安全を守る夏の冷蔵庫の整理術 
http://mbp-tokyo.com/hanagatami/column/39755/

| | コメント (0) | トラックバック (0)