2017年6月18日 (日)

キッチンにもお花を。小鉢を上手に使ってテーブルもコーディネート

170614
青山フラワーマーケットで買った小さなブーケを、キッチンに飾りました。小さいブーケを更に小さく切って小さい器に活けます。
器は7cm×7cm 高さが6cmの小鉢です。花を買ってどんな器に活けるかを考えるときは幸せのひと時になります。
キッチンには小さい花が似合う。

170617
こちらはキャンドルフォルダーにしてキャンドルを楽しみました。キャンドルを器の中心に置いて、ウォータービーズや小石を入れてキャンドルを固定します。水を張って器の上に小花を散らしています。

170618
器とは料理を盛り付けた時に、料理をおいしそうにみせてくれる大切な役目がありますが、そのほかの使い方もまた楽しいものです。
テーブルを美しくコーディネートしてくれて、インパクトを与え、食事をする仲間と楽しさを共有できる役割もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

カニグラタンでワンプレートディナー

170405_3
カニグラタンを作ったらちょっと多かったので、小さいココットにも作っておきました。さて、前菜にしようかどうしようかと思ったのですが、ワンプレート盛りにしてみました。
盛った料理は
サラダ菜ときゅうり、トマトと新玉ねぎのサラダ
プレーンオムレツ
ボイルソーセージ
カニグラタンはホワイトソースを作り、カニと玉ねぎをバターで炒め、茹でた表面に筋の入った小さいリガーテと一緒にホワイトソースに混ぜてチーズをかけて焼きます。小さいココットで作るのもおいしいですが、やはりワンプレートは我が家のスタイルとしては向かないな~と思いました。
ワインをおいしく飲む!が主役ですと一品づつサービスするほうがよりおいしくお酒が飲めるということに気が付きました。
ワンプレートは洗い物が少なくて済むのが利点ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

ハマグリと湯葉の和風スープ

161229
寒くなりましたね。あったかいスープであったまろう。
ハマグリの良いお出汁と湯葉がとてもおいしい。

<材料2人分>

  • ハマグリ・・・中サイズ6個
  • 生湯葉・・・30g
  • 昆布だし・・・300ml
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ1/2

<出汁の作り方>

利尻昆布10cm×10cm
500ml
1.
昆布の汚れを布巾でさっと拭き鍋に昆布と水を加え水温が60℃になるまで加熱する。
 60℃を保ったまま1時間煮出し昆布を取り出す。

<作り方>

  1. 昆布だしを鍋に入れて中火で沸かし、塩と酒を入れる。
  2. 食べやすい大きさに切った湯葉を加える。
  3. 汚れを取ったハマグリを入れて貝の口が開いたら、開いたほうの貝の殻をとって器に盛り付ける。

pencil 器の使い方ワンポイントレッスン pencil

スープカップにスプーンがついていない場合は、両方のハンドルを持ってスープをいただきます。
スープカップにスプーンがついていればスプーンでスープをいただきます。
スープカップにはソーサーをつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

ブラウンマッシュルームとほうれん草、ベーコンのガーリック炒め

161201_2
いつも冷蔵庫にある食材でワインや日本酒のつまみはいかがでしょうか?
マッシュルームも薄切りにして冷凍保存しておくと便利です。凍ったまま使えます。

<材料2人分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • ほうれん草・・・4束
  • ベーコン・・・1枚
  • ニンニク・・・2スライス
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. フッ素加工のフライパンを中火で温め、みじん切りにしたニンニクとベーコンを炒める。
  2. ベーコンに香りが出てきたら薄くスライスしたブラウンマッシュルームを加える。
  3. 無塩バターを2に入れて炒め、最後にゆでたほうれん草を加えて塩こしょうをする。

161201_2

伊万里鍋島焼 畑萬陶苑さんの器。竹の模様がデザインされていて、とても美しい器です。
竹の凛としたたたずまいに器の淵は柔らかい曲線。完成された器には、どんな料理も美しく盛り付けられます。
私が一点だけ気を付けていることは、竹の模様をきれいに生かす盛り付けです。冷蔵庫にあるいつもの食材で作るいつもの料理がぐ~~んとおいしそうにみえるから不思議です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

牡蠣と白菜のスープ

161136
昨日は寒かったですね。夕食は温かい料理が食べたくて、旬の牡蠣をスープ仕立てにしました。
アイボーさんが喜ぶ^^
ピンクの丸いのなに? 白玉を食紅を使ってピンクにしたの。かわいいでしょnote

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・4個
  • 白菜・・・60g
  • 生シイタケ・・・1個
  • 昆布とカツオ出汁・・・300ml
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • スダチ・・・4切れ
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 白玉・・・4個

<作り方>

  1. だし汁を鍋に入れて中火で沸かす。刻んだ白菜と縦に切った生シイタケを入れて柔らかくなるまで煮る。(途中弱火にする)
  2. 1に塩と酒を入れて味をみて、しょうゆを少量風味漬けに入れる。
  3. 牡蠣は振り洗いをして汚れを取り、クッキングペーパーで水分を取る。
  4. 3の牡蠣に少量の片栗粉をつける。フッ素加工のフライパンを中火で温め、サラダ油をひき焼く。161138
  5. 途中弱火にしてふたをして、焦げ目がつくまで完全に火を通し、クッキングペーパーを敷いた皿に移し余分な油をとる。              161139
  6. 白玉を作って水にさらしておく。161137
  7. 2の鍋を温めて、器に盛り付けた牡蠣の上に注ぐ。更に白玉とスダチを盛り付けて出来上がり。
    161136

白玉が入るとボリュームもアップされておいしいのですが、面倒な方は入れなくても十分においしくいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

フォーマルに映える器をカジュアル使いに

160807
お造りなどを盛るのにとても映える器ですが、家庭の普段使いでは何を盛りつけたらいいの?
何を盛りつけたら良いのかわからないときは、とりあえず料理を盛ってテーブルに並べてみます。しっくりとマッチしていれば成功だと思います。
フォーマルな料理構成に合う器を、カジュアルでポップなマットと合わせて、いつもの食卓を楽しんでください。
料理は白滝と牛肉の甘辛煮です。

器は伊万里鍋島畑萬陶苑ホームページはこちら から。

pencil 器の使い方がわからない お悩みのある方は器の写真を添付してください。盛り付けなどアドバイスいたします。
メールはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

伊万里鍋島焼のかけわけの器でパスタを食す

160806

「かけわけ」とは釉薬のかけ方の技法のことで、青磁・白磁と色の違う釉薬を分けて掛け、デザイン性を表した昔から伝わる伝統技法です。
従来の「かけわけ」は器の外側(縁)と内側で釉薬を掛け分けするのが主流でしたが、青山窯では何度も試作を重ね「釉薬で文様を表現する」
新しいタイプの「かけわけ」を創造することに成功、瞬く間に青山窯ベストセラー商品となりました。 文様は伝統柄である「唐草文」を配していますが「掛け分け」したことで文様に凹凸が生まれ、斬新かつモダンなデザインとなりました。

「伊万里鍋島 川副青山さんのホームページより」 器は川副青山さんです。

スクエア型の美しい器に盛りつけたのは、たらこともみ海苔のバター風味のパスタです。夏には大葉も入れてさっぱりといただきます。
大葉の保存はクッキングペーパーを濡らして包んで保存袋に入れて、野菜室で保存します。
殺菌作用もあるので、生魚をいただくときは一緒にとることをお勧めします。
また、焼きのりはミネラルが豊富なので、夏には是非たくさんいただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

青白磁に家庭料理を盛りつける

160342
先日買った伊万里鍋島焼 虎仙(こせん)さんの器に料理を盛り付けました。いつもの家庭料理ですが、新しい器に盛り付ける時はワクワクします。

160348

写真が少し白くなりましたが、ほうれん草のお浸しです。我が家はポン酢をかけていただきます。

160349
お浸しとあさりの佃煮、豆腐の揚げだし風(器は瀬兵窯)で白ワインです。冷蔵庫にいつもある食材でつくる夕食。

160350
ある日の夕食。
きゅうりとトマト、レーズンとナッツのサラダ。オリーブオイルと塩&こしょうをかけていただきます。いつものサラダが、野菜の切り方や器で一味違った一品になります。

160351
旬の筍を若竹煮で。

160352
器全体を写すとこんな感じになります。春から夏にかけては、爽やかな器の印象が食卓全体を涼しそうに演出してくれますね。そんな素敵な器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

使われて初めて生きる器たち 伊万里鍋島 虎仙窯(こせん)

【どうしても伝えたいこと】
数日前、恵比寿三越クロスイーギャラリーを通ったら、こせんさんの器が催事で展示してありました。
恵比寿三越のクロスイーは、暮らしの中で常に交差し、共鳴し合う「ヒト」と「モノ」を交差(クロス)した関係。そして会話がが始まって「イイ」ひと時が生まれる。(恵比寿三越より)
そして名付けられたのが「クロスイー」という空間。この空間での提案はSimple Lifeそのものです。シンプルに暮らしてより豊かに住まうための提案場所です。
その一角に催事スペースがあります。

160342
虎仙さんの美しい器に出会って、我が家にやってきました。

160344

春の空を連想するような青白磁は、どんな料理を盛り付けてもきっと映えると思います。川副さんに伺ったら、サラダでもヨーグルトでもとお話をされました。若い方にも気軽に使えて、朝からハッピーになれそうな器です。この器は1枚1600円(税別)ですよ。すぐに買いました(笑)

そして、なにが伝えたいのかといいますと、量産しない手作りの器をもっと生活の中に取り入れようということです。しかも手ごろな価格です。日本のもの作りは素晴らしく素敵な「もの」がたくさんあります。作り手と生活者がお互いに幸せになれるように橋渡しをするのが私の仕事です。
シンプルで使い勝手がよい器、興味のある方は是非恵比寿三越クロスイーにいらしてください。

160343

豆皿も素敵。さて、なにを盛り付けようかな^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

出汁が決めて、鶏団子の雑煮風

151219
鶏のお団子大好き!(^^)!お鍋でも雑煮でも煮物でも、すごく役に立って優れものです。今日はお正月のお雑煮の予習です。

<鶏団子 2人分>
  • 鶏ひき肉・・・80g
  • 市販の柚子味噌・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・少々
  • 酒・・・小さじ1
  • 水・・・小さじ1

<作り方>

  1. ボールにひき肉を入れて柚子味噌(市販)としょうゆ、酒、水を入れて混ぜる。
  2. 鍋に水を入れて中火で沸騰したら、1のひき肉をお団子にして茹でる。

<お雑煮 材料2人分>

  • だし汁・・・500ml
  • 鶏団子
  • ゆで卵・・・1個
  • ほうれん草・・・一株
  • 塩・・・少々
  • 薄口しょうゆ・・・小さじ1/2
  • 酒・・・少々
  • 餅・・・2個

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、塩、薄口しょうゆ、酒を入れる。茹でた鶏団子を加える。
  2. 器に焼いた餅を入れて汁をはり、ゆで卵と茹でたほうれん草をトッピングする。お好みで七味をかけます。

151219

ちょっとメタボなお稲荷さんは気にしないでください。お雑煮を入れた器はこせんカフェさんのカフェオレボールです。どんな料理にも映える器ですね。卵の黄身とお団子とほうれん草が美しくみえます。
こせんカフェさんはこちらから。

<出汁の作り方>

利尻昆布10cm×10cm
鰹節(血合いなし)15g
500ml


1.昆布の汚れを布巾でさっと拭き鍋に昆布と水を加え水温が60℃になるまで加熱する。60℃を保ったまま1時間煮出す。

2.昆布を取り出し火力をあげて鰹節を加えて火を止め出汁を漉す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧