« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月31日 (金)

今年もありがとうございます

211223

2021.12.31 大晦日
今年は2月に、毎日買い物を楽しみにしていた恵比寿三越の閉店から始まり、悲しいことも楽しいこともたくさんありました。
家で過ごすことは多くなっていましたが、友人との交友もいつもの年よりも贈り物をしたり、隙間の時間でちょっと立ち話をしたりと濃厚な時間を過ごしたように思います。
時間は過ごし方によって有意義に使うことができるものだと感じました。
来年はお休みしていた花がたみマガジンも少し書いてみたいと思っています。
写真は大晦日のランチの年越しそばです。
どうぞ良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

テーブルコーディネーター 猪名川久美子

| | | コメント (0)

2021年12月25日 (土)

Merry Christmas

211219

クリスマスのおいしいお菓子をいただいたので、テーブルに飾りながらお茶の時間を楽しみました。
ドイツ発祥の「シュトレン」は、ドライフルーツを混ぜ込んだお菓子、薄く切って白ワインと共にいただくのも好きです。
ワインボトルに入っているのはお水です。YATSUDOKI  恵比寿にあるお菓子や樽出し生ワインを扱っている八ヶ岳のYATSUDOKIのワインボトルです。

211218
コンポートにお菓子やクリスマス飾りを盛り付けて、キャンドルを灯してクリスマス気分を味わいました。

211220

コンポートスタンドはお花を活けても、フルーツを盛りつけても、お菓子を盛ってもすべて素敵でお気に入りです。
リーズナブルなものから色々ありますのでコンポートスタンドを欲しい方は検索してみてはいかがでしょうか?

東京は雨もあがり良いお天気になってきました。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

| | | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

デザートグラスにも便利なワイングラスのご紹介 ウエッジウッドのグラス

211205-2
デイリーに使うワイングラスを自分のご褒美に買いました。毎日使うグラス、すぐ壊してしまうのが悩みなのです。
リーデルのようなステムが長くてリムがチューリップ型のグラスは、家庭用では食べ物のにおいがこもってちょっと使いにくいです。
料理に合わせてグラスを変えるなら良いと思いますが、我が家のように最初から最後まで一つのグラスを使うときはリムが開いているほうが私は好きです。
そしてデザートを盛り付けるのも使い勝手が良いと思います。
写真のグラスはウエッジウッドのフェスティビティクリスタルワイングラスです。

211214
リム 9cm 高さ 14cm 容量 200ml
ワインだけではなくウォーターグラスやジュースを入れるのも良いと思います。
パフェにも丁度良くて季節のマロンパフェやバナナパフェも作りました。

211213
コーヒーゼリーもいい感じですね。コーヒーゼリー&バナナ&ホイップクリームはおいしい。
コーヒーゼリーの作り方も簡単に書いておきます。
コーヒーゼリーの作り方
<材料 グラス3個分>
  • 濃い目のコーヒー・・・300ml
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 生クリーム・・・100ml(脂肪分45%)
  • ゼラチン・・・5g
  • バナナ・・・1本

<作り方>

1.コーヒーは80℃に温めて砂糖を加え混ぜる。
2.ゼラチンを1に入れて混ぜる。
3.粗熱が取れたらグラスに注ぎ冷蔵庫で冷やす。
4.少量の砂糖(分量外)を加えた生クリームをホイップしてバナナとゼリーに飾る。
 ゼラチンは80℃ぐらいが溶けやすい温度です。

いよいよクリスマスも近くなりあわただしい毎日ですが、余裕をもって楽しく過ごしてくださいね。



皆様からのご質問を承っております。

収納やテーブルコーディネートのことなどお気軽にご質問ください。
公式サイトからご質問、又はコメント欄からどうぞ。非公開希望の方はその旨お書き添えくださいませ。

 



| | | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

peckのパスタやオリーブオイルの詰め合わせ

211211
peck(ペック)のおいしい詰め合わせをいただいたので、さっそくランチにパスタをいただきました。
トマトソースも入っていたので、ひき肉を加えてソースに混ぜて、少しコクのあるソースにしてみました。
詰め合わせに入っていたのはスパゲッティです。

211212

普段はスパゲッティーニ(太さ1.6mm)を買っています。軽いソースやたらこのソースなどを作るときに便利な太さです。
詰め合わせはスパゲティ(太さ1.9mm)だったのでもう少しボリュームのあるソースが合うかな?と思いましてトマトソースにひき肉を加えました。

211210

ニンニクの香りをオリーブオイルにつけて、トマトを炒めて上にトッピング、チーズを削って上にかけて出来上がり。
ソースもモチモチのスパゲティによく合ってとてもおいしいです。パセリがなかったのがちょっと残念な写真ですが、おいしくいただきました。
ご馳走様です。
私の誕生日に合わせて、この詰め合わせを贈ってくれたのは兄夫婦です。ありがとう🎂💕



皆様からのご質問を承っております。

収納やテーブルコーディネートのことなどお気軽にご質問ください。
公式サイトからご質問、又はコメント欄からどうぞ。非公開希望の方はその旨お書き添えくださいませ。

 





| | | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

豚バラと白菜の甜麺醤ピリ辛炒め

211209
白菜、寒い季節はお鍋ものに欠かせない食材ですね。余った白菜で炒め物にいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • 豚バラ・・・120g
  • ハクサイ・・・4枚
  • 甜面醤・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 酒・・・小さじ2
  • 鷹の爪・・・1本
  • 片栗粉・・・適宜
  • サラダ油・・・大さじ1
  • ごま油・・・適宜

<作り方>

1.豚バラは食べやすい大きさ(4等分ぐらい)に切り塩こしょうをふって冷蔵庫で15分休ませる。
2.ハクサイは食べやすい大きさに切る。
3.器に甜面醤、しょうゆ、酒を入れて混ぜ合わせておく。
4.フッ素加工のフライパンを中火で熱して、サラダ油を加え、片栗粉をつけた1の豚バラを両面焼き色をつけて焼く。
5.2のハクサイも加え、鷹の爪を手で小さく割いて豚バラとハクサイを炒め、3を加えて材料が絡み合ったらごま油を回して香りをつけて火を止め皿に盛る。

ご飯にもビールにもおいしい一品です。




皆様からのご質問を承っております。

収納やテーブルコーディネートのことなどお気軽にご質問ください。
公式サイトからご質問、又はコメント欄からどうぞ。非公開希望の方はその旨お書き添えくださいませ。

 

| | | コメント (0)

2021年12月10日 (金)

お誕生日の花束

211203

12月5日、68回目の誕生日を迎えました。
若いときはこんな年齢に自分がなるなんて、とても想像ができなかったのですが案外楽しいです。
しかも病気がないことがなによりうれしい。
そして今のひそかな楽しみは70歳でお菓子に囲まれて、優雅にティーカップを持った写真を撮ることなのです。
それまでの2年間は姿勢を正し、自分のための料理を作り、家を美しく整え、豊かに楽しく生活をして迎えたいです。
その時まで皆さんもお楽しみに。

さて、お誕生日に美しい花束をプレゼントしていただきました。
211204
大きな花束ごと飾ろうかな?と思ったのですが、小さくして色々な場所に飾り、うっとりと楽しむのも悪くないじゃない?と二つの考えが行ったり来たり。
何時間も花束を見ながら考えたのですが、思い切って小さくして飾りました。


211206
テーブルとスタンドの中央にはクリーム系とピンク系のお花を活けて

211207
キッチンにはスプレーバラを可愛らしく飾り

211208

玄関にはピンク系でまとめて豪華に飾りました。
家中が花の良い香りに包まれて本当に幸せなひと時です。
今、ガーデンプレイスにはお買い物をする場所がなくなり、一番困っているのがお花屋さんです。
いつでも好きな時にお花を選んで部屋に飾る、その楽しみはかけがえのない日常だったのです。
お花のある暮らし、とても豊かに過ごすことができました。お友達に感謝です。

| | | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

牡蠣とほうれん草のバター醤油炒め

211202
白ワインにおいしいおつまみです

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・6個
  • ほうれん草・・・4株
  • 無塩バター・・・10g
  • 白ワイン・・・大さじ2
  • 薄力粉・・・適宜
  • 塩コショウ・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
  • レモン・・・2切れ

<作り方>

1.牡蠣は塩水でふり洗いをして、サッと水洗いし、汚れを取りキッチンペーパーで水分を取っておく。ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切っておく。
2.1の牡蠣に薄力粉をつけて余分な粉を取り、フライパンを中火で温めて、無塩バターで両面こんがりと焼いて弱火にして、白ワインを加えふたをして完全に火を通す。
3.ほうれん草も加えて炒め、塩こしょうとしょうゆをサッとかけてレモンを絞っていただきます。

お鍋をしてちょっと残った牡蠣があるときに役立つ一品です。



皆様からのご質問を承っております。

収納やテーブルコーディネートのことなどお気軽にご質問ください。
公式サイトからご質問、又はコメント欄からどうぞ。非公開希望の方はその旨お書き添えくださいませ。




| | | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »