« 2020年10月 | トップページ

2020年11月24日 (火)

ポストカードで絵を飾ろう その時フレームってどんな役割をするの?


S191202_20201124102701
日本の文化の一つ 障子の持つ柔らかな雰囲気にぴったりのポストカードを飾りたい

S201103
東山魁夷氏の年暮る
障子と一体化するために木目のフレームを選びました。
深々(しんしん)と雪が降り続ける冬の京都
障子と共に絵があると柔らかい部屋の演出ができます。

S201101
障子の反対側の壁はアクセントウォールにして個性的な壁紙と時計
そこに合せたのが東山魁夷氏の夏に入る
フレームはシルバー

R161103
若竹の生命力を感じる清涼感のある一枚
壁紙が浮足立たないようにマッチした絵とフレームです

S201102
白い壁紙と無機質なブラインド
そこに合わせたのが東山魁夷のドイツオーストリアで旅した時の
スケッチ絵 湖岸
一見すると地味な雰囲気で冷たい感じに見えますが下の写真をご覧ください。
主張したい部屋作り
それは目立たせるものと控えるもの
その強弱で快適な部屋の空間を作りだす
これが目的です。
R200701
こんな感じで絵を構成しています。

S201104
東山魁夷氏の青響(リトグラフ)
深い静けさの中にひとすじの滝
静かだけれどもエネルギーがみなぎっている
暗い色の壁紙と静けさとエネルギーの対比

手軽なポストカードでも主張できる絵とフレームのちょっと良い関係
まとめ

言葉にするとちょっとオーバーな気もしますが
部屋にポストカードを飾るときはフレームや壁紙にも配慮して
部屋全体を主張あるお城に仕上げようではありませんか
最近コロナの影響で
我が家を見直したり、リフォームしたり
料理に目覚めたりしている方を多くみかけます。
我が家は
ジャパニーズモダンの部屋をイメージして
手を加えながらお金をあまりかけずに
理想の部屋作りをしています
部屋をきれいにしたいなと思いながら
行動に出られない方は
どうぞご相談ください。
まずは公式サイト コンタクト からどうぞ。

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

今夜はハンバーグステーキ

201117
ひき肉を混ぜ合わせるときにオリーブオイルを入れて焼いてみました。
<材料2人分>
・牛ひき肉・・・200g
・豚ひき肉・・・50g
・玉ねぎみじん切り・・・大さじ1
・EXバージンオイル・・・大さじ1
・パルミジャーノチーズ・・・大さじ1
・塩こしょう・・・少々
・溶き卵・・・1/2個
・ナツメグ・・・少々
・市販のデミグラスソース

<作り方>
1.ボールに材料を入れてよく混ぜ合わせる。
2.2等分して俵型にして真ん中をくぼませる。
3.冷たいフライパンに2の種をのせて、中火で焼き目が付くまで焼き、裏返して焼く。
4.耐熱容器に入れた3を250℃に温めたオーブンに入れて10分焼き、中まで火が通っていればできあがり。
5.4の耐熱皿に残っている肉汁を鍋に入れて、市販のデミグラスソースを温めてハンバーグにかける。
~ポイント~
冷たいフライパンに成形したハンバーグを入れて中火にして焼き色をつける。
外側はカリッと香ばしく中はジューシーに仕上がります。
201118
付け合わせはジャガイモとほうれん草のバター炒め、トマトです。
久しぶりに赤ワインをおいしくいただきました。

| | コメント (0)

2020年11月15日 (日)

ダイコンと豚バラの煮物

201116

<材料2人分>

  • ダイコン・・・1cmぐらいの輪切りで6個
  • 豚バラの薄切り・・・60g
  • だし汁・・・400ml
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小1
  • 塩・・・少々
  • 柚子・・・少々

19

<作り方>

1.皮をむいて輪切りにしたダイコンを半分に切り、鍋に入れだし汁を入れて中火で煮る。
2.5分ぐらい煮たら調味料を加えダイコンに味を含ませる。
3.2に豚肉を食べやすい大きさに切って入れて火を通す。
4.器に盛り付け柚子をトッピングする。

<出汁の作り方>
利尻昆布10cm×10cm
鰹節(血合いなし)15g
500ml
1.
昆布の汚れを布巾でさっと拭き鍋に昆布と水を加え水温が60℃になるまで加熱する。60℃を保ったまま1時間煮出す。
2.
昆布を取り出し火力をあげて鰹節を加えて火を止め出汁を漉す。

この出汁のとり方はちょっと手間がかかりますが、うまみ成分がよくでて、塩や醤油があまり必要でなくなります。

公式サイトでは

201051_20201115142601


テーブルコーディネートや料理レシピ、東京での暮らし方などを綴っています
分かりやすく整理してサイトを作りましたので、興味のある方は是非ご覧ください。こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

あわ麩の柚子みそ掛け

201111
柚子が手ごろな価格で出回り始めました
柚子みそを作ってあわ麩にかけると
とてもおいしいお酒の一品になります。
 柚子味噌の作り方 

<材料>

  • 西京みそ・・・100g(白みそ)
  • 柚子・・・1/4個
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • だし汁・・・大さじ1(かつお節とだし昆布)水でも可

<作り方>

1.柚子は表面の皮を薄くむいてみじん切りにする。果汁は絞っておく。
2.鍋に味噌と砂糖を入れて、弱火で混ぜ合わせる。酒とだし汁(水でも)を加えて木べらでよく混ぜる。火を止めて柚子の皮と果汁を混ぜ合わせて冷ます。
3.冷めたら良く洗った保存容器に入れる。2週間ぐらい持ちます。
4.お使いのお味噌によって砂糖や出汁の量を加減してください。西京みそは甘いのが特徴です。

201112
<あわ麩の柚子みそ掛け>
  • あわ麩・・・8枚(1cm)
  • ごま油・・・大さじ1
  • 柚子みそ・・・適宜

<作り方>

1.フライパンを中火で熱してごま油を加えあわ麩を両面焼く。
2.皿に盛り付け柚子みそをかけていただきます。

201111
美しいロイヤルクラウンダービーのケーキ皿にデミタスカップの組み合わせ
あわ麩が一気に華やかになります
デミタスカップのソーサーを取り皿にして
201113
柚子みそをかけていただきます
おいしくて幸せなひと時でした。ごちそうさまです。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

料理には音楽や花がおいしさをプラスしてくれます

201101
最近お気に入りのCDは育脳クラシック
Disc-1
右脳を活性化させ集中力を高めるクラシック
ヴィヴァルディ 四季春
モーツァルト アイネクライネ
シューベルト ますなど14曲
Disc-2
豊かな感性と優しい心を育てるクラシック
モーツァルト ピアノ協奏曲
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ
ショパン 夜想曲など14曲


201105
0歳からの育脳クラシック
確かに私には少し遅い気がしますが
脳がリラックスします
自然に体が軽くなって、料理がとても楽しく作ることができるので
最近はこのCDばかり聞きながらキッチンライフを楽しんでいます。

201102
キッチンには花を飾ったり
フルーツを盛り合わせて飾ったり
美しい空間を作りだして料理作りを盛り上げます。

201107
料理ができたらテーブルで楽しい食卓を囲みましょう。
201108
今日はどんなお話で盛り上がるのだろうか?

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

本日130万アクセスを達成いたしました

201050
早朝に130万アクセスをいただきました
PCからご覧になれます
右サイドバーの下あたりにアクセスバーを設置してあります。

2007年7月15日にブログを開設してから
冷蔵庫の中にある手軽な食材を使って
簡単でおいしい料理レシピと
生活に役立つ情報を提供してまいりました。
数えていないのですが料理のレシピはかなりの量になっていると思います
カテゴリー別に公式サイトにまとめてレシピを紹介していますので
興味のある方はご覧くださいね。

201051
画像をクリックしていただくと
ブログにアクセスできます。
こちらからどうぞ
本日節目の時にブログを見直して、今後更に皆様に役立つ情報を提供したいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
ブログを開設してから13年という歳月は色々なことがありました
一番大きな出来事は両親の介護
どんなことにも負けずに講演や自宅教室、ブログの更新と
本当によく頑張ったと今回だけは自分を褒めたいです。
これからも皆様のご質問や知りたいことを察知して
200万アクセスにむけて続けていきますね。
考えてみますと大きな病気もなかった
夫婦揃って元気なんだと改めて健康に感謝いたします。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ