« 朝ごはんは真っ白いご飯と味噌汁が定番 | トップページ | 薄切り豚肉でみそ漬け »

2020年1月22日 (水)

カニとほうれん草のコキール ホワイトソースの作り方の写真付きです

200131
カリッと焼いたトーストにのせていただくと、とてもおいしいグラタンです。
<材料横9.5cm×高さ4.5cmのココット4個分>
  • ズワイガニのボイル・・・50g
  • ほうれん草・・・2束
  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • バター・・・5g
  • 白ワイン・・・小さじ2
  • パルメザンチーズ・・・適宜

<ホワイトソース>

  • 無塩バター・・・25g
  • 薄力粉・・・大さじ5
  • 牛乳・・・600ml
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ズワイガニは軽く水をかけてクッキングペーパーで水分をとり白ワインかけておく。
  2. 鍋にバターを加え中火で溶かす。溶けたら弱火にして薄力粉を焦がさないようによく炒める。牛乳を100ml入れて泡だて器でゆっくりと混ぜ合わせ粘りがでてきたら、100mlを入れて繰り返し、600mlの牛乳を全部入れたら、時々混ぜ合わせて好みの濃度にして塩こしょうをふる。
  3. フライパンにバター5gを溶かし薄切りにしたブラウンマッシュルームとほうれん草を炒めて軽く塩こしょうをして1に混ぜる。
  4. 1のズワイガニを3に加えて混ぜ合わせ、味をみてたりなければ塩を加える。
  5. 器に盛り付け少量のバターをのせておく。バターが溶けたらパルメザンチーズをかけて250℃のオーブンでこんがりと焼く。
200128
牛乳を100ml入れながら丁寧に加熱する。

200129
炒めたほうれん草とマッシュルームを入れて、カニも加える

200130
バターを入れて溶けた状態
バターで膜を作っておくとよいので次の日にいただくときは
この状態で冷蔵保存します
マカロニなど入れて保存すると
パスタに水分が取られホワイトソースが硬くなります。

200132
チーズをのせてオーブンで焼いて
トーストの上にのせていただきます
白ワインととても相性がよいです。

テーブルコーディネーターをしています、自宅でプライベートレッスンをしています。
料理や収納・テーブルコーディネートでお困りのことがあればお気軽にメッセージをお願いいたします。

興味のある方は公式サイトをご覧ください。→https://www.inagawa-kumiko.com/


 

|

« 朝ごはんは真っ白いご飯と味噌汁が定番 | トップページ | 薄切り豚肉でみそ漬け »

魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝ごはんは真っ白いご飯と味噌汁が定番 | トップページ | 薄切り豚肉でみそ漬け »