« 豚肉とナスのピリ辛炒め | トップページ |  アロマキャンドルを使い終わって »

2019年9月16日 (月)

ナスと生湯葉の餡かけ

1909080
煮物がおいしい季節になりましたね。
崩れるくらいに柔らかく煮たナスと生湯葉を贅沢に使いあんかけにしました。トロッとして疲れた胃にもやさしい一品です。
器は伊万里鍋島焼 虎仙窯さんのカフェ用の器です。朱塗りのレンゲがきかせ色ですね。
湯葉を使うときには出汁に塩、みりん少々と醤油もほんの少々入れます。塩のほうが湯葉には合って日本酒もおいしく飲めます。
湯葉も贅沢品なので一回に使う分をラップにして冷凍保存しています。
190907
ビールにはトウモロコシとワカメとキュウリ、カニカマの酢味噌和えです。
どうしてトウモロコシは削いで一粒一粒にしないの?と思われるかもしれませんが、今回は2品同時にいただくので箸でいただけるように、スプーンは付けずにシンプルにいたしました。
1909080
こちらの料理にはレンゲをつけて。
あとは豚肉とグリーンアスパラの炒め物を作りました。写真は撮っていなくてごめんなさい。

前日に作ったナスと豚肉のピリ辛炒め、その時に余ったナスで今回は湯葉との煮物にしました。
長く保存できる野菜は続けて料理する必要はないのですが、ナスを煮物にするときは、できるだけ新鮮なうちに料理をします。
冷蔵庫に入れてある食料品はできるだけ新鮮なうちに使い切りたいですね。
同じ茄子の料理でもガラリと雰囲気が違うので目も楽しませてくれますね。
こんなところが料理の楽しさではないでしょうか?
ナス料理の比較写真は下をご覧ください。

190906_20190916102501
茄子と豚肉のピリ辛炒め
1909080
茄子と生湯葉のあんかけ

| |

« 豚肉とナスのピリ辛炒め | トップページ |  アロマキャンドルを使い終わって »

その他料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豚肉とナスのピリ辛炒め | トップページ |  アロマキャンドルを使い終わって »