« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

サラダチキンを始めて作ったアマタケさん、サラダチキンで鶏そば

190219
2001年に誕生したアマタケのサラダチキン、今やスーパーで大人気商品です。
190222
ご紹介するのは南部どりの胸肉を使った低カロリー高たんぱく質のサラダチキンです。
プレーンは料理に幅広く使えてとても便利です。
今日のランチに鶏そばに使いました。
<材料1人分>
  • サラダチキンプレーン・・・1/3
  • 塩ラーメン・・・1つ
  • ほうれん草・・・2束
<作り方>
  1. サラダチキンはほぐしておく。
  2. ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切る。
  3. お湯でラーメンを茹でる。
  4. お湯を沸かしてお丼にスープを入れてお湯を注ぐ。
  5. 茹でたラーメンを4に入れて1のチキンとほうれん草をトッピングする。
190223
手で割いておく。
190221
使ったラーメンは川喜の塩ラーメンです。
190219_2
熱々をどうぞ。
アマタケのサラダチキンはオンラインショップで購入できます。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

両親を支えてくれた家政婦さんたちと上野でデート

偶然にも父と同じ誕生日の家政婦さんに、毎年お誕生日メッセージをしています。
一年に一回は会おうねと約束して、今年も上野で焼肉ランチをしました。

190215
ランチメニューは和牛カルビ&牛ロース 3種ナムル、キムチ、韓国冷奴、サラダ、ライス、スープで990円(税抜き)
190216
のんびりと焼きながらおしゃべりに花が咲きました。
両親が亡くなったあと、和室に二人が使っていた生活用品や食器、テレビなど置いて
欲しい人は持ち帰りができるようにしました。
人気の物は抽選で。お鍋や母が来ていたセーター、父のカシミヤのセーター、食器棚、テーブル、色々な生活用品が家政婦さんのおうちに引き取られました。ティッシュやトイレットペーパーまでも(笑)
家政婦さんたちはそれぞれ苦労も多く、生きる知恵に富んでいます。
安くておいしいお店もよっく知っています。
次回は5月ごろ、両国を案内してくれるそうです。
190214
どうして食べ終わった後に写真を撮るの?と言われた写真(確かに)
楽しかったね。また会いましょう。
お店は上野 絵のある街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

春の花

190211
花屋さんに珍しく黄色の花束がありました。
冬から春に以降するときにピンク色の花束が多い中で、黄色の花束は珍しいかもしれません。
我が家に帰ってキッチンに飾りました。
190212
暗いキッチンが一気に華やいで美しい空間になりました。
お花ってみているだけで、心が優しくなりますね。
190213
チャコールグレーのバックによく映えています。
今日も元気で一日を過ごしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

ランチは無洗米でカレーピラフ

190209
間違って無洗米を買ってしまったのでピラフを作りました。
洗わなくてよいのでちょうど良いですね。
190207
タマネギ、鶏肉、ハム、ニンジン、シイタケを炒め、お米を入れてバターでお米をコーティングするように炒めます。
190208
カレーパウダーやターメリックを入れて炒め、塩コショウで味付けして炊飯器で炊きます。
炊きあがったら、ほうれん草をバターで炒め炊飯器の中に入れて混ぜ合わせます。
最後にお気に入りのカレーパウダーを入れて香りづけをして皿に盛ります。
炊きあがったあとで香りをつけるのがポイントです。
190210
友人からいただいたインドのカレーパウダーを一振りして香りをつけました。
とてもおいしいカレーパウダーです。
190209_2
どうぞ召し上がれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

小さなお重の中の幸せ

190201
時々、小さなお重を使ってランチやお酒のつまみなどをこの箱に埋めて楽しみます。
アナゴのお寿司、サトイモの煮物、高野豆腐、卵焼き
友人や家族といっしょに食事をするときは、ささやかな料理ばかりですが、楽しい思い出につながります。
家にある食材で簡単に作って、おいしさを共有することは幸せな思い出です。
190202
ほうれん草と鶏の丸、市販の卵豆腐でお吸い物。
お吸い物で日本酒を飲むのが好きです(笑)
パソコンの調子が悪く、修理してもらいました。
データもそのまま残っていたので、朝からサクサクといつもの日常が帰ってきました。
幸せな一日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »