« スズランの日 | トップページ | 髙清水と日本酒グラスでかんぱ~い »

2018年5月 3日 (木)

ミートソースのコンキリエ

180501

ナスの詰め物オーブン焼きで作ったミートソ-スの残りで今度はコンキリエと合わせました。
ゆで上げたコンキリエをソースに加えてパルミジャーノチーズをたっぷりとかけて混ぜ合わせていきます。
これもワインにおいしい一品です。ショートパスタを上手に使えるようになるとワインがとびきりおいしく感じるようになるから不思議です。
シューとパスタが色々と手に入りそうなので、トマトソースやクリームソースと合わせた料理をこれからご紹介していきたいと思います。

ナスの詰め物オーブン焼きのレシピもこちらで再度載せますね。

180451

ナスの皮をカップにしてそこにナスとミートソースを入れてチーズで焼きました。パーティー料理にいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • 市販のトマトソース・・・1瓶(市販のミートソースでも可)
  • 合挽・・・100g
  • 玉ネギ・・・1/8個
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • EXバージンオイル
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ナスはガクを外し、ラップに軽く包み600Wのオーブンで2分電子レンジにかける。
  2. ラップを外し粗熱をとってからナスを半分に切り、中身をはずす。皮は皿として利用します。
  3. 鍋を中火で熱して大さじ1のEXバージンオイルを加え、合挽と玉ねぎ、薄切りにしたブラウンマッシュルーム炒め、軽く塩こしょうをしてトマトソースを加えて加熱する。ひき肉に火が通ったら火を消す。
  4. フライパンを中火で熱してEXバージンオイル大さじ1を加え、2のナスを小さく切って炒め軽く塩こしょうをする。3のミートソース大さじ5杯を加えて混ぜ火を止める。
  5. 耐熱容器にナスの皮を置き、ピザ用チーズを敷いて4のソースを盛り付ける。上からパルミジャーノチーズを削ってかけて、EXバージンオイルをふりかけ、200℃のオーブンでこんがりとするまで焼く。
  6. 皿に盛り、上からパセリをかける。お好みでパルミジャーノチーズとオリーブオイルをかける。

180455
電子レンジで加熱して身と皮に分ける。

180454
皮は形を整えて耐熱容器に入れる。

180453
とろけるチーズをのせる。ミートソースと皮がはがれにくくするためです。

180452
ナスのミートソースを皮の上にトッピングしてパルミジャーノチーズをかけ、オリーブオイルをかけて200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

180451

前菜としても、野菜を盛り付けてメインとしてもおいしくいただけます。

残ったミートソースはパスタなどのソースや冷凍もできますので、余っても利用できます。

|

« スズランの日 | トップページ | 髙清水と日本酒グラスでかんぱ~い »

麺類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/66678764

この記事へのトラックバック一覧です: ミートソースのコンキリエ:

« スズランの日 | トップページ | 髙清水と日本酒グラスでかんぱ~い »