« 2018年4月 | トップページ

2018年5月19日 (土)

スーパーの総菜も賢く取り入れ白ワインに合う献立

180565_2
ロブションに立ち寄ったらシューケットがあったので食事前に白ワインと共にいただきました。
今日の献立は冷たい料理と温かい料理、スーパーの総菜を合わせたちょっと手抜きの夕食です。
180567
先ずは冷たい料理。冷やしナスと鶏の酒蒸しを合わせました。ナスは午前中に作って冷蔵庫に冷やし、鶏の酒蒸しも室温で冷ましておき、食べるときに盛り合わせます。
180566
薬味は大葉とミョウガ、おろし生姜です。
180568
厚揚げの甘辛煮
180569
メインはスーパーで買ったハムカツです。160℃に温めたオーブンで全体を温めてから皿に盛りました。厚いハムですね。おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

白ワインに向く野菜のかき揚げの試作

180556
豆皿を作っているガラス作家の米澤雅子さんが作りだす可愛い器に惹かれて、豆皿を買いました。
ジャコ山椒で白ワインを軽く飲んで
180558
うりの漬物と厚揚げの甘辛煮でビール(夫だけビール)
180559
今回は試作の野菜のかき揚げを作りました。ソルティワヒネのハワイアン アラエラシーソルトと合わせてみたり、ハーブソルトと合わせてみて、白ワインがおいしく飲めるか実験をしました。
かき揚げはナスともう一種類を合わせてサックサクに仕上げました。ハーブソルトと、とてもよく合い、白ワインもおいしく飲めます。
試作の段階なのでレシピはまだ起こせませんが、また後日レシピをアップしますね。
勿論、食卓塩で山椒塩を作ってかけてもおいしいです。
かけるときは上から山椒塩またはハーブソルトを軽くパラリとかけるのがポイントです。少しの塩でも十分においしくいただけます。
180560
豚バラの塩焼き。
180561
豚バラにハーブソルトをふって、冷蔵庫で1時間寝かせ、フッ素加工のフライパンで焼くだけです。ハーブソルトが無ければ、塩コショウお好みのハーブ(タイムなど)でできます。
たっぷりのキャベツの上に焼いた肉を盛り付けて、レモンで頂きます。
案外さっぱりといただけますよ。
180557
カップがカラーのキャンドルは数種類カラーがあります。その日のテーブルに合わせてカップの色を変える楽しみもありますね。
今日一日、楽しい食卓でした。ご馳走様です。
カメヤマ カラーカップキャンドルはこちらから。
米澤雅子さんのインスタグラム yoneyone1976

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

料理の組み合わせ方 夕食編

180540
先日作ったチキンのオーブン焼き。冷蔵庫にポテトと一緒に残りがスタンバイしていました。
そこで和食と組み合わせて白ワインで乾杯しました。
180551
私は残った赤ワインにレモンを入れ、氷と一緒に食前酒風に。
180549
アイボーさんはまずはビール派なので瓜の浅漬けで。
185052
キュウリと新ワカメの酢味噌和え。
180553
チキンのオーブン焼きを細く切ってジャガイモとフライパンで焼いたもの。
180550
最後は焼きそば。
180554
焼きそばに使ったウスターソースです。お気に入り。
180540_2
チキンのオーブン焼きはこちらからご覧ください。
我が家はお酒を飲む夕食の時は一皿づつ食卓に並びます。
冷たい料理から温かい料理の組み合わせ、残り物を上手にリメイクして一皿にしていく。
冷蔵庫に何があるか把握して小さい一品を作る。
そんな繰り返しが献立の組み合わせになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

山形のお酒十水でかんぱ~い

180541

暑くなってくると冷たい料理や飲み物がおいしくなりますね。
そこで昨日は初夏のテーブルを意識しながら旬のソラマメと冷ややっこで前菜風に。
冷ややっこの薬味はミョウガとしょうがです。
180542
ほうれん草の胡麻和えでちょっと箸休めして、鶏ひき肉に大葉を混ぜて大葉でくるみ、フライパンで焼きました。
冷たい料理と温かい料理を組み合わせて献立を作ります。
写真は撮っていないのですが柳がれいも焼きました。
合わせたお酒は十水。食事をおいしくしてくれるお酒です。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

ハワイアン アラエラシーソルトを使ってチキンのオーブン焼き

180540
チキンの存在が薄いですが(笑)
今日は前回ご紹介いたしましたソルティーワヒネのアラエラシーソルトをご紹介します。
火山土壌(アラエア)を含む海塩です。栄養素豊富なアラエアには鉄分、マグネシウム、カルシウム等のミネラル分を多く含む味わい深い塩です。

180535
色が濃いほうがうま味が増していると言われていて、ハワイのお土産に好評だそうです。
複雑なうま味は肉や魚料理に、サラダに色々と用途が広いです。
今回は鶏肉にかけて1時間寝かせオーブンで焼く簡単でおいしい料理をご紹介します。

180536_2
200gのもも肉にアラエラシーソルトを大さじ1杯をすりこみコショウと大さじ1杯のEXバージンオイルをかけてローズマリーをのせて冷蔵庫で1時間寝かせます。
ジャガイモは皮のまま茹でて皮をむき適当な大きさに切って肉と一緒に焼きます。

180537
180℃のオーブンで20分間焼きます。

180538
少し冷ましてから切り分け、皿に盛り付けます。今回は厚切りベーコンとソーセージの盛り合わせにいたしました。

180540_2
チキンはレモンを絞っていただきます。塩のうま味が溶け込んでジューシーな味わいがおいしいです。

180539
ワインクーラーも新たに登場。
ソルティーワヒネに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

冷やし中華始めました

180532

季節は移り冷たい食べ物がおいしい季節になりました。今年初めての冷やし中華ですが、丁寧に作ろうと思うとちょっと手間がかかりますね。
180528
錦糸卵、裏返そうと思ったら失敗して切れてしまいました( ;∀;)
180529
冷ましてから一枚一枚くるくると巻いて切っていきます。
180530
クッキングペーパーを敷いて余分な油を取ります。
180531
鶏肉は酒蒸しにしてこれも冷ましておきます。
トッピングの材料はきゅうり、ワカメ、カニカマ、ハム、錦糸卵、鶏の酒蒸し、溶きがらし、青のり、ゴマです。
180532_2
いただきま~~す。食べるのは早いね。
180533
残った錦糸卵はラップに包んで冷凍保存します。
180534
面倒でもメモ書きしておくと便利です。冷凍保存して明太子だったかたらこだったか??ということが無くて済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

Salty Wahine(ソルティーワヒネ)のハワイアンシーソルトは万能だ

180509

ハワイアンシーソルトはハワイ近海でとれた海塩です。そこにハワイのハーブやスパイスそしてフルーツを合わせた調味料です。
ソルティーワヒネ社はカウアイ島にある調味料専門の会社です。
日本ではまだ知られていない珍しい調味料なので、料理好きの友人にもプレゼントしました。使ってよかったのでブログでご紹介しようと思いました。シーソルトや調味料も追加で注文してみましたので後日ご紹介します。
今日はパッションフルーツとチリペッパーの組み合わせのソルトのご紹介ですが、こんな組み合わせができるの?と思うほど香りも良いです。ミル付きなのでその場でガリガリと引きます。
ではこの調味料を使って料理をご紹介します。
180513
チキンのシーソルト焼き フライパンで油をひかずに焼き上げます。簡単でおいしい。
<材料2人分>
  • 鶏もも肉・・・1枚
  • シーソルト
<作り方>
  1. 鶏肉はフォークで刺して肉のチヂミを防止する。
  2. シーソルトを両面ふって1時間冷蔵庫で置く。
  3. 冷蔵庫から出した鶏肉の余分な水分をクッキングペーパーで取り、フッ素加工のフライパンで皮目から中火で焼く。
  4. 焼き色がついたら裏返し、焼き色が付いたらふたをして弱火で完全に火を通す。
  5. 焼きあがったらバットに移し15分ぐらい置いておく。
  6. スライスして皿に盛りお好きな野菜を盛り合わせる。
180511
こんな感じでふります。ほかにどんなもので代用できるの?と思われた方は使ったことはないのですが、クレイジーソルトなどで試してください。
180512
皮目はこんな感じで焼き、裏返して焼き目をつけてからふたをして弱火で完全に火を通します。
180513_2
冷ましてから切ります。熱々が食べたいと思ってあっついところを切ると皮がはがれるので、15分ぐらいベンチタイムをとって切ります。味も落ち着きます。
180509_2
召し上がるときに少しかけていただくのも風味が増しておいしいです。
鶏肉ととても相性がよくふりかけて焼くだけ、オイルも使わない、塩とパッションフルーツとチリペッパーの風味とうま味がマッチして驚きのおいしさです。
ミルは外せるので詰め替え用を補充することもできて便利です。ネットで気軽に買えるので興味のある方はサイトをご覧ください。
ソルティーワヒネはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

髙清水と日本酒グラスでかんぱ~い

180506_2
優しい味わいの生酛作り髙清水は家庭料理と良くマッチしておいしい。
日本酒を楽しむために作られた木本硝子の日本酒グラスとジャコ山椒で先ずは乾杯。
180503
この日の献立はジャコ山椒、茶碗蒸し、シイタケ肉詰めなど。
180504
上の写真のように下ごしらえをしておいて、テーブルをセッティングしながら茶碗蒸しを作っておく。
180505
下味をつけておいた鶏肉を入れた卵液をお湯を張った鍋に入れて中火で蒸します。卵液が固まり始めたらカニカマ、しいたけ、ほうれん草を入れて弱火で加熱して火を消して蒸らす。
180507
茶碗蒸しと日本酒の組み合わせはおいしいですね。
180508
今回は鶏のつくねにごま油を入れたので風味がよかったです。溶きがらしと共にしょうゆでいただきます。
和食は器との取り合わせも盛り付けるときの楽しみです。おいしいお酒と料理で最高の食卓でした。ご馳走様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ミートソースのコンキリエ

180501

ナスの詰め物オーブン焼きで作ったミートソ-スの残りで今度はコンキリエと合わせました。
ゆで上げたコンキリエをソースに加えてパルミジャーノチーズをたっぷりとかけて混ぜ合わせていきます。
これもワインにおいしい一品です。ショートパスタを上手に使えるようになるとワインがとびきりおいしく感じるようになるから不思議です。
シューとパスタが色々と手に入りそうなので、トマトソースやクリームソースと合わせた料理をこれからご紹介していきたいと思います。

ナスの詰め物オーブン焼きのレシピもこちらで再度載せますね。

180451

ナスの皮をカップにしてそこにナスとミートソースを入れてチーズで焼きました。パーティー料理にいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • 市販のトマトソース・・・1瓶(市販のミートソースでも可)
  • 合挽・・・100g
  • 玉ネギ・・・1/8個
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • EXバージンオイル
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ナスはガクを外し、ラップに軽く包み600Wのオーブンで2分電子レンジにかける。
  2. ラップを外し粗熱をとってからナスを半分に切り、中身をはずす。皮は皿として利用します。
  3. 鍋を中火で熱して大さじ1のEXバージンオイルを加え、合挽と玉ねぎ、薄切りにしたブラウンマッシュルーム炒め、軽く塩こしょうをしてトマトソースを加えて加熱する。ひき肉に火が通ったら火を消す。
  4. フライパンを中火で熱してEXバージンオイル大さじ1を加え、2のナスを小さく切って炒め軽く塩こしょうをする。3のミートソース大さじ5杯を加えて混ぜ火を止める。
  5. 耐熱容器にナスの皮を置き、ピザ用チーズを敷いて4のソースを盛り付ける。上からパルミジャーノチーズを削ってかけて、EXバージンオイルをふりかけ、200℃のオーブンでこんがりとするまで焼く。
  6. 皿に盛り、上からパセリをかける。お好みでパルミジャーノチーズとオリーブオイルをかける。

180455
電子レンジで加熱して身と皮に分ける。

180454
皮は形を整えて耐熱容器に入れる。

180453
とろけるチーズをのせる。ミートソースと皮がはがれにくくするためです。

180452
ナスのミートソースを皮の上にトッピングしてパルミジャーノチーズをかけ、オリーブオイルをかけて200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

180451

前菜としても、野菜を盛り付けてメインとしてもおいしくいただけます。

残ったミートソースはパスタなどのソースや冷凍もできますので、余っても利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

スズランの日

180456_2

5月1日 今日はスズランの日
スズランを贈られた人は幸せになる。
ブログを見ていただいているすべての皆様に
愛を込めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ