« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

簡単でおいしい こどもの日などにも喜ばれる中華点心 もち米団子

141022

写真は以前に作った時のものです。昨日はごま油を入れたので覚書として。
もち米に食紅で色づければお祝いの料理にもなります。ひき肉のあんがふっくらと柔らかく、ご年配の方にも好評です。

<材料 20個分>

  • もち米・・・1カップ
  • 豚ひき肉・・・200g
  • 干しシイタケ・・・1枚
  • ネギ・・・1/4本
  • ショウガ・・・少々
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • ごま油・・・小さじ2
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ2.5
  • 食紅・・・少々

<作り方>

  1. もち米は洗って2等分して、一つは食紅を入れた水につけ、一つは水につけて、3時間つけてからザルにあげて水けを切り、サラサラの状態にする。 141019_2
                      
  2. シイタケとネギ、ショウガはみじん切りにする。
  3. ひき肉に塩、こしょう、酒、しょうゆと2を合わせ、粘りが出るまで混ぜ、水を加えて更にまぜる。
  4. 片栗粉を加えてよく混ぜて最後にごま油を加えて混ぜる。手に少量のサラダ油を塗って一口大のお団子にする。
  5. 紅白それぞれのもち米にころがして、全体にもち米をつける。おにぎりを作る要領でギュッともち米をつける。
  6. サラダ油を少量塗った皿に並べ、蒸気の立った蒸し器に入れて、強火で2分、少し火を弱めて18分蒸す。141017

辛子醤油を添えて、小さいお重に入れました。

141023
ハイどうぞ^^

141022

パーティーなどでは大皿盛りにすると映えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

ナスの詰め物オーブン焼き

180451
ナスの皮をカップにしてそこにナスとミートソースを入れてチーズで焼きました。パーティー料理にいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • 市販のトマトソース・・・1瓶(市販のミートソースでも可)
  • 合挽・・・100g
  • 玉ネギ・・・1/8個
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • EXバージンオイル
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ナスはガクを外し、ラップに軽く包み600Wのオーブンで2分電子レンジにかける。
  2. ラップを外し粗熱をとってからナスを半分に切り、中身をはずす。皮は皿として利用します。
  3. 鍋を中火で熱して大さじ1のEXバージンオイルを加え、合挽と玉ねぎ、薄切りにしたブラウンマッシュルーム炒め、軽く塩こしょうをしてトマトソースを加えて加熱する。ひき肉に火が通ったら火を消す。
  4. フライパンを中火で熱してEXバージンオイル大さじ1を加え、2のナスを小さく切って炒め軽く塩こしょうをする。3のミートソース大さじ5杯を加えて混ぜ火を止める。
  5. 耐熱容器にナスの皮を置き、ピザ用チーズを敷いて4のソースを盛り付ける。上からパルミジャーノチーズを削ってかけて、EXバージンオイルをふりかけ、200℃のオーブンでこんがりとするまで焼く。
  6. 皿に盛り、上からパセリをかける。お好みでパルミジャーノチーズとオリーブオイルをかける。

180455
電子レンジで加熱して身と皮に分ける。

180454
皮は形を整えて耐熱容器に入れる。

180453
とろけるチーズをのせる。ミートソースと皮がはがれにくくするためです。

180452
ナスのミートソースを皮の上にトッピングしてパルミジャーノチーズをかけ、オリーブオイルをかけて200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

180451

前菜としても、野菜を盛り付けてメインとしてもおいしくいただけます。

残ったミートソースはパスタなどのソースや冷凍もできますので、余っても利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

駒澤文さんのポストカード

180445
神楽坂にある私のお気に入りのホテル
アグネスホテル&アパートメンツ東京さんは3月に駒澤文(こまざわあや)さんの絵画をティーラウンジに展示されていました。
ティーラウンジで提供しているアフタヌーンティのケーキスタンドが描かれているのです。
落ち着いた雰囲気のラウンジはまるで我が家のリビングという感じにくつろげる場所です。
ラウンジの写真を撮りたかったのですが、満席でゆったりとお茶やお菓子を楽しんでいるお客様でいっぱいでしたので写真はありません。

絵がとても素敵だったので駒澤文さんに会いたくて、最終日に再度伺いました。

180446
おいしそう、この絵がキッチンにあったら、いつでもアグネスさんのお菓子を夢見ていられるという食いしん坊万歳状態になり、駒澤さんに会いに行きました。
駒澤さんは楚々とした雰囲気の素敵な女性で、すぐに意気投合(私だけかも)し、少しの時間でしたがお話をしました。今回は絵の販売はされていないということでしたのでポストカードを求めました。

180448
アグネスさんに行ったら外せないのがル・コワンヴェールのお菓子。紅茶によく合うお菓子です。ちょっと横道にそれましたが(笑)
お菓子とお茶を楽しみながら

180449

ポストカードは額に入れてキッチンに飾ろうと思いました。こんな感じがいいかな~
額はシルバーがいいかしら?と一人楽しい時間を過ごしました。
どうして同じカードを入れるの?と思われるかもしれませんが、秘密です(笑)

180450
作っていただき出来上がりました(^^♪ 素敵。さっそくキッチンに飾ろう。

180447
キッチンがやわらかい春の日差しのようにやさしくなりました。駒澤さん、アグネスさんありがとうございます。

駒澤文さんのサイトはこちらから。

アグネスホテル&アパートメンツ東京さんのサイトはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

ミートボールのクリームコンキリエ

180443

ミートボールがクリームソースになじんで白ワインにぴったりの一品です。

<材料 ミートボール2人分>

  • 合挽肉・・・100g
  • パルミジャーノチーズ・・・すりおろし大さじ1
  • オリーブオイル・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • タイム・・・少々(スパイス)
  • パセリ・・・少々(スパイス)
  • ナツメグ・・・少々(スパイス)
  • 薄力粉・・・少々

<作り方>

  1. ボールにひき肉とすりおろしチーズ、塩こしょうでよく混ぜ合わせる。
  2. オリーブオイルとスパイスを入れて更に粘りが出るまで混ぜる。
  3. 2のひき肉を2cmに丸め、薄力粉をつけて分量外のオリーブオイル(大さじ1)を熱した鍋に中火で焦げ目がつくまで焼く。
  4. ミートボールは皿に取る。フライパンに残っている油は捨てない。

ミートボールのクリームコンキリエの作り方

<材料2人分>

  • ミートボール
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • コンキリエ・・・70g
  • マリボーチーズ・・・20g(ピザ用チーズでも)
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 薄力粉・・・大さじ2
  • 牛乳・・・300ml
  • 生クリーム・・・100ml(乳脂肪30%)
  • 塩こしょう・・・少々
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜

<作り方>

  1. ミートボールを作った時の油にオリーブオイルを加え弱火にして薄力粉を炒め、牛乳を加えとろみが出るまで中火で加熱する。
  2. 生クリームを加えて軽く塩こしょうをする。 
  3. ミートボールを加え、弱火にしてマリボーチーズを小さく切って加える。茹でたコンキリエを加えチーズが溶けたら薄く切ったブラウンマッシュルームを入れて火が通ったら皿に盛り、パルミジャーノチーズをすりおろしていただきます。

ミートボールが自分好みに作れるようになると、料理のレパートリーが増えます。
白ワインのお好きな方は是非試していただきたい料理です。
程よいボリューム感が白ワインの酸味とマッチしておいしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

ホタテ貝の香草チーズパン粉焼き

180442
今回はエビフライと共に白ワインを楽しみました。この組み合わせは白ワインにとても合います。パン粉焼きは簡単で包丁も使わないシンプル料理です。

<材料2人分>

  • ホタテ貝・・・4個
  • パン粉・・・大さじ2
  • EXバージンオイル・・・大さじ1.5
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1
  • ローズマリー、タイム、パセリ・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • レモン・・・一切れ

<作り方>

  1. ホタテ貝はサッと洗いクッキングペーパーで水分を取ってから塩こしょうを軽くふる。
  2. ボールにパン粉、EXバージンオイル、パルミジャーノのおろしたもの、ローズマリー、タイム、パセリを入れてよく混ぜる。
  3. 1のホタテを耐熱容器に並べ2を上に乗せ軽くEXバージンオイル(分量外)をかける。
  4. 200℃のオーブンで5~6分パン粉に焦げ目がつくまで焼く。
  5. 皿に盛り付けレモンを絞っていただきます。

180439
使ったパン粉はフロインドリーブ。きめの細かいパン粉です。フライパンでビーフカツレツを作るときやパン粉焼きなどに香りがよくてお勧めです。
手に入らないときは、硬くなったパンをフードプロセッサーで細かくして、ザルで漉すときめの細かいパン粉ができます。

180440
しっとりとした香草チーズパン粉が出来上がります。

180441
少し付けすぎてしまいましたがこんな感じでオリーブオイルをかけて焼きます。

180442

ワインと共に召し上がれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

食卓の風景 朝食

180434
最近とても気になることは、SNSの爆発的な人気で、料理やお弁当をSNSに投稿する方が増えていると思いますが、カラフルなお弁当や食卓に並ぶ色とりどりの料理、それはSNSの世界のことです。
昔ながらの家庭料理はそれほど色とりどりではなかったはずです。お弁当をもっとカラフルに可愛くと気を使う必要は特にないと思います。
子供のころ、先生の質問に答えられなくて凹んでいてのランチタイム。お母さんが作ってくれたお弁当のふたを開けたら卵焼きやコンビーフにのり弁。お友達と楽しく話しながらお弁当を食べれば、午後からの授業も乗り切れた。お弁当はそんなものではないかな?
美しい料理やお弁当をSNSで参考にするのは良いことですが、家族が喜ぶ料理にまずは徹していきたいと私は思います。

写真は我が家の朝食。昨夜の鶏団子の鍋で余ったお団子を焼いたもの、油揚げの焼き物、焼きのり、ジャコ山椒、わさびふりかけ、ウリの浅漬け、ふと油揚げの味噌汁とごはん。
地味だけれどおいしくいただきました。ご飯は炊きたての白米、これが我が家の朝食です。

両親は毎朝炊き立ての白ご飯を食べていました。仏壇に炊き立てのご飯をお供えして、お線香を立てて、お念仏を唱えてから朝ごはんでした。
そんなことが思い出されるこの頃の朝食時間。
好みのものを中心にバランスよく、あ~おいしかった(^^)/と思える食卓を心がけたい。
炊き立て白ご飯を食べると一日中幸せな気分でいられるのheart04noteルンルン

180433
食後のフルーツと煎茶。
今日もおいしくいただきました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

鶏照り焼きの木の芽風味

180427
鶏照り焼きはそれぞれのご家庭の味があると思いますが、私のメモとしてレシピを書いておきます。

<材料鶏モモ肉1枚>

  • 鶏モモ肉・・・1枚(皮つき)
  • しょうゆ・・・25ml
  • みりん・・・25ml
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 木の芽・・・適宜

<作り方>

  1. 鶏肉をフォークの先で刺してチヂミ防止をする。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱して1の鶏肉を皮目から焼く。
  3. 両面キツネ色になったらふたをして鶏肉に火を通す。
  4. 焼きあがったらしょうゆとみりん砂糖を加えて、鶏肉にタレをスプーンでかけながらタレを煮詰める。
  5. 皿に鶏肉をとり、タレも一緒に鶏肉にかけて15分ほど冷ます。
  6. 鶏肉を食べやすい大きさに切り、叩いた木の芽を盛る。

180424
両面をよく焼きます。

180425

調味料を加えて照りをだします。

180426
皿にとり、鶏肉を落ち着かせる。

180427_2

皿に盛り、木の芽を振りかけて、いただいます。日本酒がおいしいの(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

春の恋はザストリングス表参道から始まる

180367
表参道交差点からすぐのベストポジションにあるザストリングス表参道で友人のバースデーランチを楽しみました。

180391
なんと!!【表参道駅B5出口 地下通路より直結】不慣れな人でも迷子にならない(笑)

180381
お食事出来る場所は2つあります。1階のカフェ&ダイニングゼルコヴァと2階のバー&グリルダンボです。
1階はテラス席のある表参道のケヤキ並木を上手に取り入れた作りです。その先が豪華なインテリアに囲まれたゼルコヴァがあります。
お茶を楽しむのも良し、カップルでディナーを楽しむのもロマンティックな場所です。大人気のゼルコヴァ。

180388

女性に喜ばれること間違いなしですrock←力コブ
実際に、わ~素敵lovelyと言ってお店の中に入ってお茶タイムをされている方も多いです。

180392_2
2階にありますバー&グリルダンボ こちらも素敵。今回はこちらでランチをいただきました。(写真はお店のサイトからお借りしました)

180380
食後にお酒をいただいたり、くつろぎのスペースも十分にあり、アペリティフなどにもよさそうです。シェリー酒飲みたいな~

180366
恵子さんのお誕生日のお祝いです。おめでとうbirthday
お店からこんな立派なお祝いのケーキ盛り合わせがサプライズ。

ランチバイキングを皆様もご一緒に楽しみましょう。

180375

サラダや前菜の数が多いの。ドレッシングやソースの種類も多くて舞い上がる⤴⤴

180377
180371
スパークリングワインで乾杯をして、スープや前菜、サラダをいただきました。
スープも種類があり私はパンプキンスープをいただきました。おいしい(^^)/

180369
フランもキッシュもサラダもよいお味でした。

180393
焼き立てのステーキも運ばれてきます。

180370
取り分けていただきます。

180372
グラタンや温かい料理もたくさんあります。カレーもありましたよ。次回に!

180368
窓のそとの景色はセリーヌだ~
これから新緑の季節を迎えこの席は特等席ですね。クリスマスイルミネーションの時は素晴らしい眺めのようです。

180390
ザストリングス表参道の総料理長、荒木清成シェフがお店の名前をご説明してくださいました。
DUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)は、ニューヨーク・ブルックリン、マンハッタン橋とブルックリン橋に挟まれた歴史のある市街地だそうです。
シェフからはゆっくりと食事をいてくださいね、と言われ
次はデザートへ。

180378


180379
3月はいちごのデザートでグラスに入ったお菓子なども豊富でした。好きなだけいただけます。

180373
おいしい(^^)/

180374
サプライズプレート。恵子さんお誕生日おめでとう。ごゆっくりどうぞだったのが

180382
ささ、館内をご案内しますよと荒木シェフが(笑)
いなくみさん~早くと。
館内のいたるところに写真がたくさん飾ったあります。ここからは5つのバンケットルームをご案内していただきました。
オーナーさんの並々ならぬ思い入れのある会場は、少しずつ雰囲気が違います。
ゆったりとしたスペースなのでウエルカムドリンクをいただくスペースやゲストのお着換えの部屋なども充実しています。100名~300名ぐらいまで対応できるスペースです(立食を含む)
チャペルは2つあります。

180389

180385
180384
さて、今回ご案内をしていただいて気が付いたことは、バンケットルームも大変に素晴らしい空間だったと思いました。
ブライダルのみならず、パーティースペースとして皆様のハートをがっちりとつかむこと間違いないと思います。
そしてパーティーでは料理やデザートも大きなウエイトが占められますね。

【3人の巨匠による世界の料理】 公式サイトでご覧になれます。
サイトはhttp://www.strings-hotel.jp/omotesando/wedding/concept/starchefs.html
名誉総料理長 岸 義明氏 Yoshiaki Kishi
総料理長 荒木 清成氏 Kiyonari Araki
シェフパティシエ 徳永 純司氏 Junji Tokunaga

徳永シェフは今年のヴァレンタインデーのチョコレートをいただきました。忘れられないおいしさでしたよ。興味のある方はこちらをご覧ください。

皆様楽しめましたか?では最後にカフェダイニングゼルコヴァでお茶をいただきましょう♡

180394

ザストリングス表参道に興味を持った方、是非行ってみたい方はご連絡くださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

ナスとマッシュルーム、ミートボールのグラタン

180420
ボリュームのあるグラタン、トマトもナスも入っているのであとはサラダで十分です。

<材料 ミートボール2人分>

  • 合挽肉・・・100g
  • パルミジャーノチーズ・・・すりおろし大さじ1
  • オリーブオイル・・・小さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • タイム・・・少々(スパイス)
  • パセリ・・・少々(スパイス)
  • ナツメグ・・・少々(スパイス)
  • 薄力粉・・・少々

<グラタン材料>

  • ナス・・・1個
  • ブラウンマッシュルーム・・・5個
  • EXバージンオイル・・・大さじ1
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • ショートパスタ・・・適宜
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ボールにひき肉とすりおろしチーズ、塩こしょうでよく混ぜ合わせる。
  2. オリーブオイルとスパイスを入れて更に粘りが出るまで混ぜる。
  3. 2のひき肉を2cmに丸め、薄力粉をつけて分量外のオリーブオイル(大さじ1)を熱したフライパンで中火で焦げ目がつくまで焼きトマトソースに加える。
  4. フライパンに小さく切ったブラウンマッシュルームとナスを加えて炒め、油が足りなければオリーブオイルを足す。塩コショウをしてトマトソースに加える。
  5. ミートボールもトマトソースに加え、茹でたショートパスタを合わせて耐熱容器に入れ、EXバージンオイルを少量かける。
  6. パルミジャーノチーズをその上からすりおろして200℃のオーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼く。

180410

180411
薄力粉をサッとかけてから

180412
オリーブオイルをひいてフライパンで焼きます。

180413
マッシュルームとナスは一緒に炒めて大丈夫です。

180415
オイルが足りなければ足してください。

180416
ミートボールとナス、マッシュルームが入ったところ。

180422
パスタはゆで上げて、トマトソースに入れる。

180417
耐熱容器に入れて

180419
オーブンで焼きます。いってらっしゃ~~~い。

180423
最後にパルミジャーノチーズをかけて

180421
取り分けながらいただきます。
ワインがおいしく飲めるの。間違いなし!!
トマトソースは缶詰1缶で作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

白ワインに向く、ローズマリー風味のブラウンマッシュルームオリーブオイル蒸し

180407
オリーブオイルで炒めて、ふたをしてしばらく置いておくだけで、ブラウンマッシュルームが味を含んでおいしくなります。

<材料2人分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・6個
  • ベーコン・・・1/2枚
  • 塩こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝
  • ニンニク・・・3スライス
  • EXバージンオイル・・・大さじ2

<作り方>

  1. ブラウンマッシュルームは汚れを取り4等分する。ベーコンは小さく切る。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱し、EXバージンオイル(大さじ1)とニンニクとローズマリーを入れて、香りを出す。
  3. マッシュルームを加えて炒め、ベーコンも加えて火を通す。途中残りの大さじ1のEXバージンオイルを加えて塩こしょうをして火を止める。
  4. ふたをして10分蒸らす。

180409
ブラウンマッシュルームは縦横に4等分にする。

180408
ニンニクは香りがでたら外します。(好きな方はそのままでもよい)
炒めた後、火を消して、ふたをしてしばらく置いておくと、ベーコンのうま味とニンニクとローズマリーの香りがブラウンマッシュルームにしみ込んんでおいしくなります。
マッシュルームは是非ブラウンマッシュルームをお使いください。

180407_2
白ワインにぴったりの前菜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

市販のトマトソースで作るナスとソーセージのトマトスパゲッティ

180404
ナスもソーセージもベーコンも同じ大きさに切るのがポイントで簡単料理です。

<材料2人分>

  • ナス・・・1個
  • ソーセージ1本
  • ベーコン・・・1枚
  • ニンニク・・・一片
  • トマトソース・・・200ml
  • スパゲッティ・・・160g
  • 塩こしょう・・・少々
  • パルメザンチーズ・・・適宜
  • ローズマリー・・・1枝
  • オリーブオイル・・・大さじ2

<作り方>

  1. 沸騰した湯に塩(分量外)を入れスパゲッティーを入れて、ローズマリーも湯の中に加えて茹でる。基本の時間より1分早めにゆで上げザルにあげる。
  2. 茹でている間にソースを作る。鍋を中火で温め、ニンニクとオリーブオイルを入れて、香りが出たらベーコンとソーセージを加えて炒める。
  3. 小さく切ったナスも加え、塩こしょうしてトマトソースを入れる。弱火にして混ぜ合わせる。
  4. ゆで上げたスパゲティを入れてソースとからめて器に盛る。パルメザンチーズとローズマリーの枝を飾る。

180405
ニンニクとナス

180406
パスタを沸騰した湯の中に入れて、湯となじんだらローズマリーを加える。湯にローズマリーの香りが移ったらローズマリーを湯から引き上げる。

180404_2
ソースとスパゲティーを鍋のなかでよくからませて器に盛ります。
いただきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

厚切りハムとゆで卵のサラダ

180403
ハムステーキ用に売られているハムを今日は豪華なサラダ仕立てにしてみました。
色がきれいで白ワインがおいしく飲めます。

<材料2人分>

  • 厚切りハム・・・1枚
  • ゆで卵・・・1個
  • マヨネーズ・・・適宜
  • レタス・・・2枚
  • パセリ・・・少々

<作り方>

  1. レタスはクッキングペーパーで水分を取り皿に盛り付ける。
  2. ゆで卵は冷ましてからハムと同じぐらいの大きさに切って白身とハムをマヨネーズで和える。
  3. 皿に2を盛り、黄身を荒くほぐしてハムの上にふんわりと盛り付けます。パセリをふってできあがり。

春らしい色あいのサラダになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

オムライス ケチャップの上手な使い方

180401
ケチャップライスを作るときに、中途半端に加熱すると出来上がりが酸っぱくなります。
甘くやわらかな味わいにするにはポイントがあります。

  1. ご飯を温めてボールに入れ軽く塩・胡椒をしてオリーブオイルで混ぜ合わせます。この時、ご飯にまんべんなくオイルを素早く混ぜ合わせるのがポイントです。オリーブオイルはご飯お茶碗2杯分で大さじ1。
  2. フライパンにトマト(2人分で1/4個)ベーコンや玉ねぎ、マッシュルームなどお好みの具材を入れて炒め、1のご飯を入れて軽く混ぜボールに戻します。
  3. ここでケチャップとパルメザンチーズを入れてよく混ぜ合わせます。
  4. 卵を焼いてオムライスの出来上がりです。

180402
ご飯にはトマトを入れることも忘れずに。
少し多めに作って残りはドリアにどうぞ。

ポイント
温かいご飯にオリーブオイルで混ぜ合わせておく。
炒めた具材と一緒にフライパンで軽く炒める
ボールに戻してここでパルメザンチーズとケチャップで味付ける。(加熱しない)
これで柔らかい味わいのケチャップライスが出来上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »