« 2017年7月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月30日 (火)

たまには洋食スタイルの朝食

180136_2
朝食はいつも白ご飯と味噌汁が定番ですが、たまにはこんな朝食もあります。
ハムサンドとポテトフライ。食後のフルーツは朝取りイチゴ、甘くておいしい。
今まで飲めなかったコーヒーも、この頃は少し飲めるようになりました。でも本当は紅茶のほうが好きです。

180137_2
食事が終わってボーっとしているのが好きです。新聞を読んだり、音楽を聴いたりと朝ののんびりとしたひと時がいいですよね。最近は何事ものんびりとをモットーにしています。
そして
だれかキッチンをきれいにしてくれる人がいたらもっと素敵ですが、それは叶いません。
朝は冷蔵庫を磨いたり、食器をきれいにしたり、床掃除をしたりとキッチンまわりの掃除も欠かせないひと時です。
お花の水を替えたりして、そのうちに頭が回転して一日が始まります。
私にとって朝は大事。食事の空間は一日のスタートにとって大事なひと時となります。
皆さんもできるだけ朝時間を大切に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

阿蘇のお酒 霊山でディナー

180131
阿蘇のお酒を注文してみました。すっきりとして和食によく合うお酒です。
昨日は一品目からずっとれいざんで料理を楽しみました。飽きの来ない飲みやすいお酒です。
山村酒造のれいざんは地元で愛されているお酒だそうです。県外にはあまり出回らないお酒のようです。

合わせた料理

180132
あぶったうるめと厚揚げと大根の煮物

180133
かにとわかめの酢味噌和え

180134
かに玉 白ネギとかにをオリーブオイルでサッと炒め卵に混ぜました。塩味のかに玉です。

180135
テーブルのラナンキュラスもきれいに開花してきました。
楽しいディナータイムでした。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

寒い季節のテーブルの花

180126

お花屋さんに行ったらフリージアやスイトピーがいっぱいディスプレイしてあって、心がウキウキしてきました。
その中で花の淵がピンク色のきれいなラナンキュラスをみつけて、さっそく食卓に飾りました。
つぼみの花は可憐でかわいく、子供のころ大好きだった絵本のお姫様のようです。
ゆっくりと開花してね。

180129

翌日のランチテーブル。ラナンキュラスもかわいらしく開いてきてうれしい。
恵比寿ガーデンシネマのカフェのロブションのホットドッグとカップケーキをテイクアウトしていただきました。
こんな日も好きだな~

180130
今日もありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

91歳の男性をも唸らせるインターコンチネンタル東京ベイジリオン、阿部料理長

D6fa72_b89d4f0814b64db39aa81eba1620
先週はインターコンチネンタル東京ベイ ジリオンにて阿部洋平料理長のおまかせ料理を楽しみました。まずは皆様とスパークリングワインで乾杯を。

M180101

M180103_2
スパークリングワインをいただきながらオマール海老と鰆の前菜をいただきました。

M180104
次はスープ。
根セロリのスープ、パルミジャーノのチーズのコクと根セロリの甘み、マッシュルームも良いアクセントになります。フレッシュなオレンジをすりおろして風味をも楽しむ、そんな趣向の味わい深いスープをいただきました。このスープとパンで白ワインがたくさん飲めそうな雰囲気です。
オレンジの香りが部屋にも立ち込めて幸せな一瞬です。

M180111
料理長自らサービスしていただくのはなんとも贅沢な瞬間です。スープがおいしいですねとたくさんのお声をいただきました。

M180102
ローズマリー風味とトマトを練りこんだホッカッチャはそのままいただいても、オリーブオイルをつけてもおいしいです。
ワインがどんどん進みます。

M180105
自家製タリアッテレ、ごぼうと鶏の白ワインソース。モチモチした食感とごぼうの香りと食感、鶏の風味がおいしい一皿です。

M180107
マッシュルームのうま味を凝縮させたリゾット。マスカルポーネとポルチーニ茸の風味、そしてエスプレッソの香りで贅沢なリゾット、歓声があがりました。おいしい~
色々な組み合わせが新鮮で、うま味や食材をたくさん足していっているのに最後は味が引き締まり、そのハーモニーの余韻が素晴らしく感じます。

M180106
料理の説明にも熱が入り、ドンドン阿部シェフワールドに引き込まれます。

M180108
牛ほほ肉の煮込み、ハンガリー風にパプリカパウダーや野菜を赤ワインで煮込んだ料理。ポレンタと共にいただきました。
ポレンタは北イタリアの寒冷な地域でよく食されていたようです。トウモロコシを砕いて粉にして、お湯で練りこむ食べ物。お肉とよく合いました。やっぱり赤ワインが合いますね。

M180110

91歳でいらっしゃるTさんはどれもおいしいとおっしゃってすべて完食されました。

M180109
デザートはココアプリンとアマレッティのジェラード。
どの料理も完璧なお味。最後のデザートもココアプリンのしっかりとした味わいと、アマレッティのやさしい味わいが対照的で素晴らしかった。最後は紅茶で締めくくりました。
阿部シェフ、今回もおいしい料理と料理への情熱を思う存分に堪能できました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

ビルトインオーブンレンジ

180122
我が家のオーブンレンジはビルトイン型です。すっきりとキッチンに収納?できて好きなのですが、価格が高いのが難点です。
量販店でオーブンレンジを見ると、リーズナブルな価格のものがたくさんあってしかも高機能、やはり悩みますね。価格は高くともすっきりを希望なので悩んだ末、ビルトインにしました。
20年使っていたので、電子レンジがもうそろそろ買い替えかなという状態でした。

180120
前のオーブンレンジは100vでしたが今回は200vなので、使えなくなった(壊れた)食器洗い機から電源を取ってセッティングしてもらいました。
食器洗い機は20年なので部品もなく、この大きさのモデルは作っていないので使えません。
ちょっと大仕事でしたが無事に終わりました。

180122

しかし、20年の歳月は大きいですね。レンジ機能もオーブン機能も充実しています。
びっくりしました。
レンジは回らないし、オーブンの予熱も早い、焼きむらもあまりなく快適です。そこでスポンジケーキを焼いてみることにしました。

180123
庫内も広々で良い感じ。卵一個で作るショートケーキ。スポンジがきれいに焼き上げりました。

180121
おいしくできあがりました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

澁谷瑠璃 個展 【こんな愛でよければ】

Image1
油絵アーティストの澁谷瑠璃(しぶやるり)さんをご紹介いたします。
2010年早稲田大学第二文学部卒業 同年より川口起美雄氏に師事
古典絵画技法を学ぶ(ご本人のプロフィールより)

180119
翼の取れた天使と妖精、完全ではないものに惹かれますね。
例えば、抹茶茶碗だったり器だったり。家のインテリアもシンメトリーにインテリアを飾るのではなく、微妙なアンジュレーションを好みます。
私はこのポストカードの右足がツボですね。
瑞々しい感性と溢れる絵の中の女性への愛。ダイレクトにその絵を私は見たい。
【こんな愛でよければ】と澁谷瑠璃さんは言っております。どんな個展なのかワクワクします。

澁谷瑠璃 個展
2.17㈯~24㈯ 11:00~19:00 18㈰11:00~18:00 24㈯ 11:00~17:00
銀座 青木画廊 中央区銀座3-5-16 島田ビル3階
03-3535-6858
青木画廊はこちらから。

澁谷瑠璃さんのサイトはこちらから。

花がたみは今年からこの方は素敵、応援したいと思う方をご紹介してまいります。
時にはコラボしたり、作品の紹介だったりします。テーブルコーディネートとは少し離れた作品もどんどんご紹介いたしますのでお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

リビングのダストボックス

S180104_2
20年以上使ったリビングのダストボックスが古くなったので、思い切って変えてみました。
スタンドの色と合わせてブルー系統に。

S180103
ヤマト工芸の天然木で作られたカラフルな作りが素敵です。上部カバーを取り外してビニール袋をセットすれば、袋が目立たずすっきりとお部屋にマッチします。
かなりインパクトがありますが、不思議に部屋にマッチしてインテリアっておもしろいな~と思います。
ひとつひとつ小物や家具を選んで、部屋全体を構成していく、楽しい作業です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日常の何気ない一コマを切り取って、ブログでつなげていく。料理だったり、インテリアだったり、毎日毎日同じことの繰り返しだけれど、その繰り返しを丁寧に過ごせば、必ず明日が来る。
苦しいことも悲しいことも、うれしいことも日常の一コマ。それを延々とつなげるブログを作っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

あさりと野菜のスープ炒め

180118
冷蔵庫に残っている野菜で作る炒め物。あればプチトマトやニンジンなども入れてくださいね。

<材料2人分>

  • あさり・・・中ぐらいの大きさ10粒
  • キャベツ・・・60g
  • ジャガイモ・・・小1個
  • タマネギ・・・1/4個
  • グリーンアスパラ・・・2本
  • ニンニク・・・一片
  • 白ワイン・・・大さじ2
  • 水・・・200ml
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. 鍋にオリーブオイルとスライスとしたニンニクを入れて中火にしてニンニクの香りを出す。
  2. あさりを加えて白ワインを入れあさりの口が開いたら火を止め、あさりをボールにとってラップをかけておく。
  3. 小さく切った野菜を2の鍋に入れ、水とローズマリーを加えて野菜に火を通す。塩コショウで味付けをしてアサリを戻し火を止めてふたをする。
  4. 5分ぐらいそのままにして、冷めていたら温めて皿に盛る。

白ワインにおいしい料理です。スープはバゲットなどにつけてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

寒い日には豚バラとごぼうのみそ鍋

180117
肉の脂肪を嫌う方もいらっしゃると思いますが、冬には体が温まる料理です。

<材料2人分>

  • 豚バラ・・・100g
  • ごぼう・・・1/2本
  • こんにゃく・・・1/2枚
  • 豆腐・・・1/2丁
  • ネギやエノキなどお入れください
  • 味噌・・・大さじ3
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
  • だし汁・・・400ml

<作り方>

  1. 豚バラは5cmに切る。ごぼうは汚れをとって薄く斜め切りにして水でさらし、サッと電子レンジにかけておく。こんにゃくは茹でて薄くスライスする。
  2. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、ごぼうとこんにゃくを入れる。ごぼうが軟らかくなったら調味料を入れて、豚バラや豆腐ねぎなどを入れて粉山椒を入れていただきます。

味が濃くなったら出汁を加えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

Black&White.Interior

S180102
北向きの暗い部屋を、思いっきり暗くするインテリアを作っています。黒と白をうまく組み合わせてインテリアをコーディネートします。
暗い部屋には照明がポイントです。今回は大倉陶苑の花生けをスタンドにして東山魁夷の絵とマッチングさせました。

S180101
壁紙が浮き上がってとてもきれいで絵の印影も素敵です。
あ~毎日オタクでいたい(笑)と思うほど好きな空間です。この白いボックスの中は本が入っています。
入りきれない本はトランクルームに入れてあります。狭い部屋に住むメリットは本当に必要最小限の物しか置かない生活を得られることです。

S170807
リビングには障子を入れてJapanese.modernのお部屋に。障子を開けると素敵な夜景が広がります。

170974
私の好きな部屋の居場所、あなたはいくつありますか?家を大切に作り上げて丁寧な暮らしを作り上げましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

ハンバーグステーキを作ろうっと♪

180112

昨日の夕食はハンバーグステーキにしました。

180107
お肉を選ぶのも一苦労、油の入り具合も気になるところ。スーパーの肉売り場をウロウロして、やっと決定。油の部分を少し落として、ミンチにして種を作りました。

180109_3
キッチンには音楽を(笑) 冷蔵庫でハンバーグの種を休ませている間に音楽を聴きながらじゃこの佃煮と付け合わせのポテトを茹でておきます。

180111

180108
じゃこの形がそろっていて、とてもおいしいちりめんじゃこです。

180110
じゃこは湯通ししてしょうゆとみりんで味付けして、粉山椒とすりごまを加えて出来上がり。
ご飯にもよく合います。

180106
スポーツクラブから帰ってくるアイボーさんを待ちながら、じゃことワインをいただきます。
バイラッセンのキャンドル&フォルダーとバラの花を組み合わせたセンターピース。

180105
きんぴらごぼうなどいただいて、メインのハンバーグステーキと赤ワインをいただいきました。ご馳走さまです。ベリンジャー カリフォルニア メルローと合わせて。
合うかどうかは全くわかりません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

レンチン鶏酒蒸しで簡単 鶏とキュウリのサラダ

180104

酒蒸しした鶏肉とキュウリを和えるだけの簡単サラダ。ワンタンの皮をフライパンであぶってパリパリの食感もお楽しみに。

<材料2人分>

  • 鶏のモモ肉・・・1/4枚
  • キュウリ・・・1本
  • ワンタンの皮・・・2枚
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. 皮付き鶏肉はフォークで刺して(縮まないように)塩コショウをふって15分置く。
  2. 耐熱容器に鶏肉を入れ白ワインを加えてラップをする。電子レンジ600Wで1分30秒加熱して火を通し冷ます。(肉の大きさによって加熱時間が変わりますので目安としてください)
  3. ボールにスライスしたキュウリと割いた鶏酒蒸しを加えて混ぜる。
  4. フッ素加工のフライパンに短冊切りにしたワンタンの皮をキツネ色になるまで焼いて冷まし、3にトッピングする。

180104_2

鶏の塩味でおいしくいただけますが、キュウリと混ぜた時に味を見て足りなければ塩を加えてください。
ワインにも日本酒にもおいしいおつまみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

年越しそばは蛤そば

昨年の年越しそばは小ぶりの蛤を入れて蛤そばを作りました。新年のおつまみなどちょこちょこいただきながら、いつも通りの大晦日を迎えました。
静かな年末でした。

180101

ちょっと暗くなってしまいましたが小ぶりですが蛤から良い出汁がでておいしいお蕎麦でした。

180102

こんな感じでちょこちょことおつまみを食べながら

180103
こんなお酒を飲んで年越しをしました。

今年もよろしくお願いいたします。

tulip Wixで作っています公式サイトですが、スマホからはとても重く、レシピを見ていただくのも時間がかかり、悩んだのですがまたこちらでお世話になろうと思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんtulip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2018年2月 »