« ビルトインオーブンレンジ | トップページ | 寒い季節のテーブルの花 »

2018年1月23日 (火)

91歳の男性をも唸らせるインターコンチネンタル東京ベイジリオン、阿部料理長

D6fa72_b89d4f0814b64db39aa81eba1620
先週はインターコンチネンタル東京ベイ ジリオンにて阿部洋平料理長のおまかせ料理を楽しみました。まずは皆様とスパークリングワインで乾杯を。

M180101

M180103_2
スパークリングワインをいただきながらオマール海老と鰆の前菜をいただきました。

M180104
次はスープ。
根セロリのスープ、パルミジャーノのチーズのコクと根セロリの甘み、マッシュルームも良いアクセントになります。フレッシュなオレンジをすりおろして風味をも楽しむ、そんな趣向の味わい深いスープをいただきました。このスープとパンで白ワインがたくさん飲めそうな雰囲気です。
オレンジの香りが部屋にも立ち込めて幸せな一瞬です。

M180111
料理長自らサービスしていただくのはなんとも贅沢な瞬間です。スープがおいしいですねとたくさんのお声をいただきました。

M180102
ローズマリー風味とトマトを練りこんだホッカッチャはそのままいただいても、オリーブオイルをつけてもおいしいです。
ワインがどんどん進みます。

M180105
自家製タリアッテレ、ごぼうと鶏の白ワインソース。モチモチした食感とごぼうの香りと食感、鶏の風味がおいしい一皿です。

M180107
マッシュルームのうま味を凝縮させたリゾット。マスカルポーネとポルチーニ茸の風味、そしてエスプレッソの香りで贅沢なリゾット、歓声があがりました。おいしい~
色々な組み合わせが新鮮で、うま味や食材をたくさん足していっているのに最後は味が引き締まり、そのハーモニーの余韻が素晴らしく感じます。

M180106
料理の説明にも熱が入り、ドンドン阿部シェフワールドに引き込まれます。

M180108
牛ほほ肉の煮込み、ハンガリー風にパプリカパウダーや野菜を赤ワインで煮込んだ料理。ポレンタと共にいただきました。
ポレンタは北イタリアの寒冷な地域でよく食されていたようです。トウモロコシを砕いて粉にして、お湯で練りこむ食べ物。お肉とよく合いました。やっぱり赤ワインが合いますね。

M180110

91歳でいらっしゃるTさんはどれもおいしいとおっしゃってすべて完食されました。

M180109
デザートはココアプリンとアマレッティのジェラード。
どの料理も完璧なお味。最後のデザートもココアプリンのしっかりとした味わいと、アマレッティのやさしい味わいが対照的で素晴らしかった。最後は紅茶で締めくくりました。
阿部シェフ、今回もおいしい料理と料理への情熱を思う存分に堪能できました。
ありがとうございました。

|

« ビルトインオーブンレンジ | トップページ | 寒い季節のテーブルの花 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/66309951

この記事へのトラックバック一覧です: 91歳の男性をも唸らせるインターコンチネンタル東京ベイジリオン、阿部料理長:

« ビルトインオーブンレンジ | トップページ | 寒い季節のテーブルの花 »