« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

年末の楽しい掃除タイム

磨き!が大好きなので、ドアノブなど最近は丁寧に磨いています。
年末は楽しく掃除をして、お正月風にお部屋をアレンジしました。

161276
まずは窓ガラスをきれいに磨きます。今日は寒い、タワーマンションは風が舞うので掃除が大変です。でもきれいになってうれしいです。

161281
玄関ドアから絵、床も丁寧に掃除をして

161277
キャンドルフォルダーをきれいにして水引をつけて変身。

161278_2
水引は祝儀、不祝儀の際に用いられますが、最近はこんなかわいいテーブルの飾りもあります。本来はグラスマーカーとして売られています。

161279

可愛いお皿にキャンドルを入れて、こちらも水引の箸置きを添えました。

161148
クリスマスの時はこのような感じです。お金をかけなくても部屋をきれいにすることは可能です。

161280
松ぼっくりや赤い実、水引などは保存さへ丁寧に扱えば、毎年そのシーズンを楽しく過ごすアイテムとして使うことができます。

掃除は日々できる範囲で磨いておくと、年末に大掃除をしなくても部屋をきれいに保つことができます。

良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

香味野菜をたっぷりのせた紙カツは辛子醬油で

161270
久しぶりに紙カツを作りました。たっぷりと香味野菜をのせて辛子醬油でいただきます。
ご飯のおかずというよりは、白ワインやビール、日本酒によく合います。レシピは何度もご紹介をしていますがご参考までに。

<材料2人分>

  • 薄切り豚肉・・・100g
  • キュウリ・・・1/2本
  • 大葉・・・2枚
  • ミョウガ・・・1本
  • 白ネギ・・・1/2本
  • 塩こしょう・・・少々
  • 溶き辛子・・・適宜
  • サラダ油・・・800g

<作り方>

  1. 豚肉は軽く塩こしょうをして、薄力粉、卵、パン粉をつけて800gのサラダ油を170℃に熱してカラッと揚げる。
  2. キュウリ、大葉、ミョウガ、白ネギは千切りにする。
  3. 食べやすい大きさに切ったカツを皿に盛り、千切りにした野菜をトッピングして辛子醤油でいただきます。

161271_2
今回はトマトと溶き辛子を一緒に盛り付けてみました。

161269
前菜は小鯛の笹漬け

161272
小さいサラダも作りましたが写真はありません。お皿から取り分けていただきます。
香味野菜と薄切りのカツがとてもおいしく、辛子醬油とも相性がとても良いです。
おいしくいただきました、ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

2016年二人のためのクリスマスイブの食卓

皆様クリスマスを楽しんでいますか?我が家はおいしいお酒を飲むのが目的のような気がしますがwine皆様はいかがでしょうか?
我が家は昨日のイブは少しハレの日のテーブルを作りました。シルバーのカトラリーを用意して、ワインクーラーも用意して。

それから楽しみにしていたお誕生日にいただいたスパークリングワインを開けて、メインは牡蠣フライです。
品数は少ないですが、丁寧に作った料理です。

161267
素敵なボディーとパッケージもいいですね。フランチャコルタは私も是非飲んでみたいスパークリングワインでした。この美しさにうっとりします。

161258
テーブルにワインクーラーを用意して、氷水と一緒に静かにスタンバイします。小さいリース風のキャンドルに明かりを灯して

161257
ナイフ&フォークはWAKOの銀器とロイヤルクラウンダービーのお皿。前菜はハムの盛り合わせですが写真は撮っていません。メインは牡蠣フライとキスのフライです。

161260
ほうれん草のバター炒めとニンジンのグラッセ、ポテト。

161259
輪島キリモトさんのトレーに直接フライを盛り付けます。ペーパーも敷いておくと油を吸収してくれます。もちろんそのまま盛り付けても大丈夫です。

161261

盛り付けた料理をテーブルにコーディネートするとテーブルの雰囲気はこんな感じになります。

161262
ティーカップにタルタルソースを盛り付けてスプーンも添えます。ティーカップもお茶だけではなく、こんな使い方も私は好きです。

161263
フランチャコルタで乾杯、泡がとても魅力的で、牡蠣フライともよく合いました。多分料理を選ばないスパークリングワインだと思います。

161264

そして、お皿に料理を盛り付けて楽しいディナータイムを楽しみました。

カトラリーやお皿やグラスをこんな感じに整えたときは、テーブルマットは使わないほうがエレガントです。
ハレの日のテーブルは料理やテーブルコディネートを頑張るだけではありません。上品で優雅な空間を作り、日々の生活とは離れてそのひと時を楽しむことも大切だと思います。

161265
食事が終われば銀器を磨いてまたハレの日の出番を待ちます。今日は使っていないカトラリーを磨きます。

今日はいつも通りの食事に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

炊き込みご飯のおにぎりが簡単にできるワザ

残った炊き込みご飯をおにぎりにして、うまく作れないことありませんか?
私は材料を小さく切って炊き込み、その際少量のもち米を入れます。モチモチしておいしいのと、おにぎりも簡単にできます。隠れ技ですよ。

161242
炊き立ての炊き込みご飯で朝食を。

161247
残ったご飯はおにぎりにします。もち米を入れると、具がよくまとまります。

161249
残った炊き込みご飯は少し硬くなるので、もち米を入れるのはお勧めです。おにぎりもおいしいですよ。
簡単にサッと朝食をとりたいときに、こんな感じでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

女子に大人気のナッツのハチミツ漬けを朝食に

161243

友人からいただいたナッツのハチミツ漬け、いつも健康によい今話題の食品を送っていただきます。
若い女性の間でブームとは聞いていましたが、これとチーズがあればワインがおいしく飲めそうです。
ワインのことしか頭にないように思われているかもしれませんね。

それでさっそく朝食にいただきました。

161244
トーストしたパンに軽くバターをぬってナッツを添えていただきます。バターとハチミツとナッツがおいしい組み合わせです。薄切りトーストでもおなかがいっぱいになります。
あとはかぼちゃのポタージュとフルーツでね。

161245
朝にふさわしいテーブルセッティングをしました。
かぼちゃの色をきれいに際立たせるグリーンのマットと、ソーサーの上にもグリーンのペーパーナプキンを敷きます。
パンのお皿の絵柄もグリーンと黄色を合わせて、ペーパーナプキンはピンクに。

我が家とは思えないおしゃれな朝食になりました。洋風の食事もなかなかいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

輪島キリモトさんのトレーや器を使うと幸せだな~

ゆっくりのんびりと食事をとることを心がけている毎日ですが、写真もちょっと撮っています。
今回は、輪島キリモトさんのトレーや器を使って、優雅な食事タイムの提案をしたいと思います。

161232_2

前日のハマグリと鶏団子なべのスープにご飯を入れて朝食の雑炊。海苔をハートにプッチンしたのですが、アイボーさんは気づかず(。>0<。)

161233
写真に撮っても分けわからないですね。トレーがスッキリとしてきれい。

161235

パンケーキとフルーツを盛り付けたのも漆の器。手にしっとり馴染み、料理が映えます。

161234

パンケーキがちっちゃい^^

161238
鍋島焼の美しい器にもいい感じに映えます。ベーコンと卵焼きサンド。サラダには温泉卵を半分トッピング。

161240
お~~いお茶の時間もこのトレーでね。

161239
空也の新店舗が渋谷の東横のれん街にもお店を出していました。餡やどら焼きなど売っています。普通のお味です。ロイヤルクラウンダービーのソーサーにお菓子を盛り、煎茶といっしょにいただきました。

色々な使い方ができて、洋風にも和風にもぴったりとマッチして素敵だと思います。

興味のある方は
輪島キリモトさんのオンラインショップはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

美しい日本の漆トレーで朝食を

161231
朝食に輪島キリモトさんのトレーに直接サンドイッチを盛り付けて、ワンプレート風にしてみました。
ちょっと新鮮な感じでアイボーさんもきれいだね~と言っておりました。
木製品というものは生きていて、乾燥するとちょっとプレートが反ってしまったりします。そこがまた使っていて楽しいところでもあります。

鳥取県の智頭杉(ちずすぎ)の木目をいかしたトレーは軽くて、一生使える優れものです。
油ものを盛りつけても、中性洗剤でさっと洗えばお手入れも簡単です。

161230
サンドイッチとトマトときゅうりのサラダ、パイナップルをトレーにバランスよく盛り付けて、コーヒーカップも一緒にトレーに置けば絵になる朝食スタイルになります。
420mm×300mmという使いやすいサイズも魅力的ですね。
1枚が12,960円ですが、定番のトレーなので一枚づつ買い足していくこともできるので、お小遣いを貯めて一枚づつ買っていく楽しみもあります。

丁寧な暮らし方をモットーに、これからも暮らしの提案をしていきたいと思います。

輪島キリモトさんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

ランチで使った竹のトレー

ランチタイムは大体麺類をいただきます。ベンガラの竹のトレーはスッキリとしてランチタイムの麺類を引き立ててくれるので、毎回重宝しています。

161101
とろろ蕎麦、今度は青のりも入れて、蕎麦チョコの中を美しく表現したい。

161145
なめこと鶉の卵を入れて、ほうれん草でいろどりを入れます。

161141
五目散らし寿司が冷凍庫に余っていたので、もみ海苔も混ぜておにぎりに。小さいおうどんも添えました。

161151

なめこときつねと鶉の卵、冷たい汁掛けそば。

161152
食後はコーヒーをいただきました。漆と金箔のトレーにミルク&シュガーを乗せて。

161226
花巻湯葉そば 勝手に命名しました。

Pa25019420161025
トレーは食事の時だけではなく、テーブルの中央に飾ればこんな風に素敵になります。
テーブルコーディネートをするのは本当に楽しく、心が豊かになりますね。

トレーはMa By So Shi Teさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

ハマグリと湯葉の和風スープ

161229
寒くなりましたね。あったかいスープであったまろう。
ハマグリの良いお出汁と湯葉がとてもおいしい。

<材料2人分>

  • ハマグリ・・・中サイズ6個
  • 生湯葉・・・30g
  • 昆布だし・・・300ml
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ1/2

<出汁の作り方>

利尻昆布10cm×10cm
500ml
1.
昆布の汚れを布巾でさっと拭き鍋に昆布と水を加え水温が60℃になるまで加熱する。
 60℃を保ったまま1時間煮出し昆布を取り出す。

<作り方>

  1. 昆布だしを鍋に入れて中火で沸かし、塩と酒を入れる。
  2. 食べやすい大きさに切った湯葉を加える。
  3. 汚れを取ったハマグリを入れて貝の口が開いたら、開いたほうの貝の殻をとって器に盛り付ける。

pencil 器の使い方ワンポイントレッスン pencil

スープカップにスプーンがついていない場合は、両方のハンドルを持ってスープをいただきます。
スープカップにスプーンがついていればスプーンでスープをいただきます。
スープカップにはソーサーをつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

スタバのショッピングバッグでクリスマステーブルコーディネート

T161201
コーヒー豆を買ったときにもらったショッピングバッグが、クリスマス仕様で素敵だったので、キリモトさんのトレーと合わせて、クリスマスのコーディネートをしてみました。これならだれでも簡単にクリスマス気分になれます。

T161203
まず、ショッピングバッグのハンドルを切り落とし、マチの部分を切ってランチョンマットに仕上げます。(仕上げるというほどではありませんが)

T161202
ひとつ器を用意して中央にキャンドルを飾り、まつぼっくりや赤い実を飾ればクリスマスキャンドルの出来上がり。

でもトレーを持っていない(´・ω・`)どうするの?いなくみさん。
ご心配なく

T161207
色画用紙を使えばほら、好きな色と組み合わせて、できあがり~

T161204_2
手持ちの器を合わせればもうクリスマス気分!!ところで何を食べるの?

T161205
じゃ~~~~ん!!レトルトカレー(笑)

T161206
二人のためのクリスマスディナーに変身です。ハムやサラダの前菜をつければ立派な食卓になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

恵比寿QEDクラブのランチからガーデンプレイスのイルミネーション

恵比寿は人を引き付ける憧れの町へと進化しています。
もと会員制のQEDクラブでランチをしました。元ハンガリー大使公邸という広大な敷地に立ち、春は桜が美しく舞い、夏はホタルの幻想的なひかりが満ち、クリスマスのイルミネーションを冬は楽しめます。お茶室や和食棟は懐石料理を楽しめます。

今回はフランス料理をいただきました。

161206
とても美しいウエルカムディッシュ。ピュイフォルカというフランスのお皿だそうです。銀器が有名だそうです。

161208
ワインは少しづつ色々なワインを楽しみました。

161209
アミューズの聖護院蕪のムースもワインにぴったりでした。

161211
オリーブオイルの中央はバルサミコ酢を煮詰めたものが入っています。パンにつけてとてもおいしいです。

161210
前菜はかぼちゃのスープ、ムール貝も良いお味です。

161212
スープ・ド・ポアソン 有機米のエスプーマ添え

161213
チーズは別料金ですがいただけます。でもおなかがいっぱいで残念ですがパスしました。

161214

お友達がお誕生日をお祝いしてくださいました。イチゴのデザート。

161224
お写真も撮っていただきました。楽しい思い出です。

この後はお茶とお茶菓子がでます。

161215
たくさんのお茶菓子にテンションが上がります。宝石箱のような箱が見えますが

161216
こんな感じなんです!!お好きなだけどうぞって言われてもおなかがいっぱいで。。
161217_2
お皿もかわいい。お茶もおいしくてお茶菓子とお茶だけでも楽しそうです。
これで4700円は安いな~と感じました。
優雅な時間が過ごせるQEDクラブは一軒家レストランとしてとても素敵なところでした。

次はイザ!!ガーデンプレイスのクリスマスへ。

161218
ウエスティンホテルのツリーは豪華です。ホテルの隅々までクリスマス一色なのがうれしいです。

161219_2
大好きなメインバー

161220
華やかなコーナーがとても素敵でした。

161221
外にでればライトアップが一段と華やかになります。朝のロブションの風景も好きだけれど夕暮れのこの感じも好きです。

161222
クリスマスツリーと東京タワーがとてもきれいな場所です。たくさんのお客様でにぎわっていました。

161223
裏YGP 最近立ち飲み屋さんができた場所です。ハンバーガーショップやスナックなどあるんですよ。

普段はあまり夜のお散歩をしないので、ちょっと観光気分でYGPを堪能しました。
素敵な思い出の一日になりました。
恵子さん、お付き合いしていただいてありがとう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

ブラウンマッシュルームとほうれん草、ベーコンのガーリック炒め

161201_2
いつも冷蔵庫にある食材でワインや日本酒のつまみはいかがでしょうか?
マッシュルームも薄切りにして冷凍保存しておくと便利です。凍ったまま使えます。

<材料2人分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • ほうれん草・・・4束
  • ベーコン・・・1枚
  • ニンニク・・・2スライス
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. フッ素加工のフライパンを中火で温め、みじん切りにしたニンニクとベーコンを炒める。
  2. ベーコンに香りが出てきたら薄くスライスしたブラウンマッシュルームを加える。
  3. 無塩バターを2に入れて炒め、最後にゆでたほうれん草を加えて塩こしょうをする。

161201_2

伊万里鍋島焼 畑萬陶苑さんの器。竹の模様がデザインされていて、とても美しい器です。
竹の凛としたたたずまいに器の淵は柔らかい曲線。完成された器には、どんな料理も美しく盛り付けられます。
私が一点だけ気を付けていることは、竹の模様をきれいに生かす盛り付けです。冷蔵庫にあるいつもの食材で作るいつもの料理がぐ~~んとおいしそうにみえるから不思議です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

今年の我が家のクリスマス

161147
家の壁紙を変えたら少し遊び心がでて、赤いキャンドルを飾りました。

161148
リース風にして赤い実や松ぼっくりなどを飾ると一気にクリスマスの雰囲気になります。
青山にあるパリのディプティックのキャンドルも買いました。クリスマス用に自分へのご褒美かしら?

161149_2

エキゾチックな香りがとても魅力的でしかも部屋にすごくマッチしています。

161150
バイラッセンのキャンドルスタンドには小さいリースを飾り、窓辺に置きました。
好きなものに囲まれて幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »