« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

白ワインに合うシンプルを極めるコロッケ

161146
塩味を生かしたポテトコロッケは、ソースをつけずにそのままでいただきます。
今回の付け合わせはニンジンの甘煮です。レーズンの甘さもほのかにワインにぴったりの料理です。

以前作ったときの写真ですがご参考に。

150139

<材料4人分>

  • じゃがいも・・・400g
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 合いびき肉・・・100g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 無塩バター・・・・10g
  • ローズマリー・・・2枝
  • 揚げ油

<作り方>

  1. 鍋に水を入れて中火で沸かし少量の塩を入れる。じゃがいもの皮をたわしで洗い、鍋に入れる。ローズマリーも加える。150135
  2. 1のジャガイモが柔らかくなったらザルにあげて少し冷まし、皮をむく。マッシャーでマッシュして、バターと牛乳、塩こしょうを入れて混ぜ合わせる。
  3. 鉄のフライパンを中火で熱してサラダ油(分量外)を入れて、ひき肉とみじん切りのたまねぎを炒める。(鍋やフッ素加工のフライパンを使って余分な脂がでてきたらクッキングペーパーで取りながら炒める)塩こしょうをする。
  4. 3をクッキングペーパーを敷いた皿に取り、余分な油を取る。
  5. 2のじゃがいもの中に4を加えて混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩を加える。

    150136

  6. 5を8等分して形を作りフライの要領で小麦粉、卵、パン粉をつけて170℃の揚げ油でカラッと揚げる。150138
  7. ソースをつけずにそのままでいただきます。

150139

pencil ワンポイントアドバイス pencil

ポテトを茹でるときは皮付きのまま中火でゆっくりと茹でます。茹でる時に塩とハーブを一緒に加えるとジャガイモの風味が増します。

ニンジンの甘煮レシピ

T120402

白ワインに合うようにレーズンも入れて楽しみました。

<材料2人分>

  • ニンジン・・・120g
  • 水・・・100ml
  • はちみつ・・・20ml
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩・・・少々
  • レーズン・・・15g
  • 国産レモンしぼり汁・・・小さじ1

<作り方>

  1. ニンジンは5mmの輪切りにする。
  2. 鍋に水を入れニンジンを加えて、中火で沸かす。
  3. はちみつ、無塩バター、塩を加えて中火から弱火にして水分がなくなるまで煮る。
  4. ぬるま湯で戻したレーズンを3に加えて、混ぜ合わせ火を止める。味が含んだら皿に盛り付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

Tokyo Studio apartment という暮らし 狭い 暗いを生かすインテリア

R160902
我が家のリノベーションをはじめました。アクセントウォールに選んだ壁紙は上の写真の壁紙です。暗い部屋にあかりを灯すことで壁紙がきれいにみえるように選びました。
R161101
黒と白の組み合わせの部屋。北向きの暗く狭い部屋をモダンな印象に変えました。

R161103
壁紙と東山魁夷のポストカードがうまくマッチしてお気に入りの空間です。
壁紙の四角のデザインが美しいのでその四角と同じ色の額が調和します。

R161104
ワンルームのスタジオタイプの我が家。アクセントウォールはもう一か所作りました。
こちらも絵は東山魁夷です。

161130
キャンドルフォルダーはバイラッセンの黒いフォルダーを買いました。

R161105
クッションも黒を生かしたデザインのものを選んで、クッションの後ろは格納ベッドです。

R161102_3
自分好みの部屋が出来上がって本当にうれしい♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ネギを切るだけの簡単料理 牡蠣と白ネギのピリ辛炒め

161140
先日ご紹介した牡蠣と白菜のスープで残った牡蠣を白ネギと一緒に炒めました。ネギのおいしさが際立つ一品です。

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・6個
  • 白ネギ・・・1/2本
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • ニンニク・・・一片
  • 鷹の爪・・・1/2本
  • 酒・・・大さじ1
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 薄力粉・・・適宜

<作り方>

  1. 牡蠣は振り洗いしてクッキングペーパーで水分を取り、薄力粉をつける。
  2. 白ネギは斜めに切っておく。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で温め、サラダ油をひきニンニクと1の牡蠣を炒める。良い香りだでてきたら、酒を加えふたをして火を通す。
  4. ふたを取って鷹の爪を加え、白ネギを入れて手早く塩こしょうをして皿に盛る。

ピリ辛がごはんにもお酒にもよく合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

牡蠣と白菜のスープ

161136
昨日は寒かったですね。夕食は温かい料理が食べたくて、旬の牡蠣をスープ仕立てにしました。
アイボーさんが喜ぶ^^
ピンクの丸いのなに? 白玉を食紅を使ってピンクにしたの。かわいいでしょnote

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・4個
  • 白菜・・・60g
  • 生シイタケ・・・1個
  • 昆布とカツオ出汁・・・300ml
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • スダチ・・・4切れ
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 白玉・・・4個

<作り方>

  1. だし汁を鍋に入れて中火で沸かす。刻んだ白菜と縦に切った生シイタケを入れて柔らかくなるまで煮る。(途中弱火にする)
  2. 1に塩と酒を入れて味をみて、しょうゆを少量風味漬けに入れる。
  3. 牡蠣は振り洗いをして汚れを取り、クッキングペーパーで水分を取る。
  4. 3の牡蠣に少量の片栗粉をつける。フッ素加工のフライパンを中火で温め、サラダ油をひき焼く。161138
  5. 途中弱火にしてふたをして、焦げ目がつくまで完全に火を通し、クッキングペーパーを敷いた皿に移し余分な油をとる。              161139
  6. 白玉を作って水にさらしておく。161137
  7. 2の鍋を温めて、器に盛り付けた牡蠣の上に注ぐ。更に白玉とスダチを盛り付けて出来上がり。
    161136

白玉が入るとボリュームもアップされておいしいのですが、面倒な方は入れなくても十分においしくいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

少しづつ余った【おかず】を前菜にするアイディアのご紹介

最近ブログの更新が遅くなり申し訳ありません。来年の7月でブログも10年を迎えます。
10年間のITの世界の発達はもうついていくだけで大変になりました。
それなのに、LINEブログやインスタグラムの写真投稿なども始めて時間が足りなくなってしまいました。
来年にはホームページとブログの見直しをして、新しいホームページを作ろうと思っています。

さて、今日は少しづつ余った【おかず】をひとつの器に盛り付けて、前菜として一品にしてしまおうというアイディアです。

161134

ゆで卵やトマト、チーズなど、少しづつ冷蔵庫に残っている【おかず】ありませんか?
私は長方形の塗りのトレーにまとめて盛り付け、前菜にしています。
かまぼこやひじきの煮物などもいいですね。いろどりなどもあまり考えないで、残り物を上手に盛り付けるのがポイントです。

161135
漆の器もあまり神経を使わず、油ものでも使えます。洗うときはぬるめのお湯で、中性洗剤で洗ってください。よく乾かして仕舞えばいつまでも美しく使えます。

tulip 今日のポイント tulip
残り物のおかずがあれば、トレーにいっしょに盛り付けると前菜風の一品に使えます。
丸い洋皿でもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

ブラウンマッシュルームとベーコン、ジャガイモのグラタン

温かい料理がおいしい季節になりました。グラタンは体が温まってこの季節は好きな料理です。

161129

<材料2人分>

  • ジャガイモ・・・1個半
  • ベーコン・・・1枚
  • ブラウンマッシュルーム・・・4個
  • 無塩バター・・・5g
  • サラダ油・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・適宜

<ホワイトソース>

  • 無塩バター・・・25g
  • 薄力粉・・・大さじ5
  • 牛乳・・・600ml
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ジャガイモはゆでて、軽くマッシュする。
  2. フライパンを中火で熱して薄くサラダ油を塗り、食べやすい大きさに切ったベーコンを炒める。油がでてきたら、スライスしたマッシュルームを加え、香りがでてきたら軽く塩こしょうをふる。161124
  3. 1のジャガイモに2を入れてバター5gを加え軽く混ぜる。味を見て塩を加える。161125
  4. グラタン皿にサラダ油を塗って3を入れる。161126
  5. ホワイトソースを作る。鍋にバターを弱火で溶かし、薄力粉を加える。焦がさないようによく混ぜて冷たい牛乳を一気に入れる。好みの濃度までホイッパーで混ぜて塩とこしょうをする。
  6. 4のグラタン皿の上にかけてピザ用チーズとバター少量(分量外)、パルメザンチーズをふって250℃のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。161127

    余ったホワイトソースは冷凍もできます。
    161128

焼き上がりにパプリカをふっています。

pencil 今日のポイント pencil

マッシュルームとベーコンを炒めてマッシュしたジャガイモと合わせるときに、味をよくジャガイモになじませることです。ジャガイモは軽るくマッシュしたほうがおいしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

ポークソテー マッシュルームレモンバター醤油ソース

161122国産のフレッシュで香りのよいレモンを使ってバターの風味と醤油の香りのソースを作りました。国産レモンにもいろいろとありますが、とてもフレッシュで、酸味も柔らかいレモンでした。

マッシュルームはブラウンマッシュルームを使います。炒め物にぴったりで香りも良いです。

豚肉には薄力粉を少しつけてうま味をギュッと閉じ込めました。ごはんにも、お酒にもよくマッチしておいしい。

pencil ポークソテー マッシュルームレモンバター醤油ソースの作り方 pencil

161122_2

<材料2人分>

  • 豚ロース肉・・・150g(4枚分)
  • ブラウンマッシュルーム・・・5個
  • 無塩バター・・・5g
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 国産レモンのしぼり汁・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 薄力粉・・・適宜
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 豚肉は軽く塩こしょうをして薄く薄力粉をはたく。
  2. ブラウンマッシュルームはスライスする。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱してサラダ油をひき、豚肉を両面よく焼く。
  4. 皿にキャベツの千切りを盛り、3の豚肉も盛り付ける。
  5. 4のフライパンでマッシュルームを炒める。更にバターを加え溶かし、火を止めて、しょうゆとみりん、レモン汁を加え混ぜる。
  6. 豚肉にソースをかけてスライスしたレモン(分量外)を盛る。レモンはギュッと絞っていただきます。

~ はちみつレモン ~

161123
レモンの酸味がさわやかだったのではちみつレモンを作りました。おいしかった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

牡蠣ときのこの蒸し物

大粒の牡蠣をいただいて、さてなにを作ろうかなと?こんなに上等な牡蠣を目の前にすると、この牡蠣の作り手さんの情熱を感じます。気合を入れて料理しなければ。

161121

料理を考えるのに半日かかりました(笑)

161120
牡蠣に薄く片栗粉をはたいて、エリンギ、シイタケ、エノキといっしょに器に昆布を敷き酒蒸しにします。
片栗粉をつけるのはうまみを逃さないためと、牡蠣が縮まないようにするためです。
出汁をとって、お吸い物ぐらいの味にととのえた出汁を温めて、お椀に盛り付けた牡蠣ときのこに注ぎます。スダチをしぼっていただきます。

残った牡蠣は翌日チャーハンにしました。こちらもおいしかったです。
御馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

もっと気軽に日本酒を シューケットの前菜で日本酒がおいしい

161118
シューケットをはじめていただいたときの驚き、とてもおいしいと思いました。
町のパン屋さんでみかけて、5個売りだったのでちょうど2人で前菜としていただきました。
シューの中にはクリームは入っていませんが代わりにプチプチの砂糖がついています。
小袋に入れてくれて、すぐに一つほおばりたいところですが、我慢して日本酒のつまみにしました。

合わせたお酒は菊正宗、冷たく冷やして日本酒専用のグラスでいただきます。このグラスもすぐれもので日本酒の香りを楽しむことができます。
ちょっとシューケットをつまんで冷たい日本酒を味わう。素敵な週末の過ごし方ではございませんか。

シューケットを入れた器は伊万里鍋島焼のスープカップ。スープカップもお菓子を入れたり、サラダを入れたり、自由に使いたいものです。伝統を守っていくことも大事ですが、少しくだけた使い方もよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

東京ガーデンテラス紀尾井町

都会の喧騒を忘れさせてくれる空間の赤坂にある金沢の老舗料亭浅田でランチをいただきました。

161105

161106
ご一緒していただいた恵子さんのおすすめ!昆布だしの塩あじのつけ汁でいただくお蕎麦。てんぷらはしょうゆ味のつけ汁につけてご飯といっしょにいただきました。写真では見えにくいですが、おじゃこや漬物、昆布の佃煮も添えられていました。
お蕎麦もコシがあっておいしい。私は昆布だしのつけ汁でお蕎麦をいただきました。

161107
デザートはイチジクのソースがかかったババロアです。濃厚なお味でした。
御馳走さまです。

161108
食後に記念写真を。

恵子さんとお食事すると必ずサプライズがあります。今回はあの赤プリでお茶ですよ。
お茶の後はザプリンスギャラリー東京紀尾井町のバーでシャンパンという豪華なデートコースです。もう大興奮の午後のひと時でした。あ~楽しかった^^

161110_6
懐かしいな~
紀尾井町の歴史的建造物には、シンボリックな赤坂プリンスホテルが挙げられます。
 チューダー様式を中心に、様々な様式が混在するこの建物は、昭和5年に旧李王家の邸宅として建てられました。華族時代の邸宅を今に伝える建物であり、景観上の美しさもさることながら、ある時代の地域の姿を象徴する歴史の証人でもあります。(千代田区観光協会HPより)

161117

161114
最後はザプリンスギャラリー東京紀尾井町のバー

161116
大人の秋がやってきました
暮れゆく都会のイルミネーションを眺めながら、日常では味わえない素敵な空間でお酒を飲む幸せ。
毎年ひとつ年を重ねることの楽しさ、この楽しさは年を重ねないとわからないことだと思います。
心を広く、みんなに優しく、いつもにこやかに、いつも幸せ。

161113
恵子さんいつもありがとう。楽しかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

ひとりを楽しむSAKEのある暮らし

161081

ひとりでいることを楽しめる女性って素敵ですね。いろいろな楽しみ方があると思いますが、私はひとりの時間を楽しむときには、キャンドルのあかりを灯し、お酒と一緒に音楽を聴きます。ボーっとした時間を過ごすことは明日のことを考えたり、仕事のことを考える良いひと時になります。
今日は日本酒の香りを楽しむグラスにお酒を注ぎ、日本酒の香りを楽しみました。燗酒の時はぐい吞みを使いますが、冷たいお酒の時はこの香りを楽しむグラスまたはワイングラスを使います。

日本酒の楽しいところは、温めてよし、冷でよし、料理もお鍋から揚げ物から、グラタンなどの洋風料理にもよく合うことです。万能ですね。

161080
最近、マッチも少なくなりました。キャンドルのあかりを灯すのはやはりマッチが好きです。

161082
キャンドルの下には竹を何枚も組み合わせたトレーです。この組み合わせはおしゃれで好きな組み合わせです。青磁の器のふちがキャンドルのあかりでとてもきれいに浮き上がって幻想的ですね。

cherry ご質問にお答えいたします cherry 

もし、器を買ったけれど使い方がよくわからない、何を盛るかわからない、どんなクロスと合わせるの?などお手持ちのテーブルウエアでわからないことがあれば、どんどん質問してください。
ご一緒に考えましょう。

今日はひとりを楽しむときのアイディアと、日本酒の香りを楽しむためのグラスの紹介をいたしました。

esグラスは木本硝子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »