« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月28日 (水)

窓辺のインテリア

S160906
我が家は壁が少ないので、窓辺にも収納家具を作ってスタンドを置いています。壁紙の張り替えに伴い、今ある家具をきれいにしています。ハンドルの部分は特に念入りに。
スタンドは香蘭社の花瓶を使っています。珍しいことに別々の機会に2ついただきました。20年ぐらい前になりますが、原宿のオリエンタルバザーという外国人向けのお土産屋さんでスタンドにつくりかえてもらいました。お気に入りなんですよ。

S160907

中央のフラワーベースは今まではプリザーブドフラワーを入れていました。

S160904
36年前の新婚旅行で買った中国の玉。大事に使っているのでインテリアにまだ使えます。今までプリザーブドフラワーを入れていたフラワーベースに入れてみました。フラワーベースの形もきれいで引き立ちますね。

S160905
上から見たところです。フルーツがかわいらしくて大好き。
今からリフォームが待ち遠しいです。その前に予習をしっかりとしておかなければ。
今週はカップボードをショールームで見学してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

隆祥房のワンタンの皮を使って揚げワンタン

160922
何回も作っている揚げワンタンですが、今回のワンタンの皮は薄目です。ワンタンはたくさん作って冷凍しておくと、なべ物や揚げ物がすぐにできて、とても便利です。

<材料 40個分>

うち20個を揚げワンタンにして、残りは冷凍します。

  • ワンタンの皮・・・・・・・・・・・・・・・40枚
  • 鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
  • 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
  • 白ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

110134 <作り方>

  1. ボールに豚と鶏のひき肉を入れて、酒、しょうゆ、ごま油、塩こしょうを加え、粘りが出るまで混ぜ合わせる。そこにみじん切りにした白ネギを加えてさらに混ぜる。
  2. ティースプーンに1をすくってワンタンの皮に広げ、水をつけて三角に折り、写真のように端を折って水で止める。
  3. 揚げ油でこんがりと揚げる。
  4. 白ネギ半分を白髪ネギに、揚げワンタンにトッピングして辛子醤油でいただきます。

160923
今回使ったワンタンの皮はちょっと薄めの皮です。揚げるとパリパリっとしておいしかったです。隆祥房はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

暗い部屋を有効に活用。黒の壁紙でアクセントウォール

アクセントウォールは部屋の壁の一面だけを色を変えたり壁紙を変えたりすることです。
こんな感じです。

我が家もBlack&whiteの壁紙にしたいのでインテリアコーディネーターさんに相談しました。

R160902
アクセントウォールは照明に映える壁紙。

R160901
そして、シルバーの額縁にも映える壁紙ですね。冬になるとスタンドの明かりが壁紙を照らして温かみを増します。

R160903
全体の壁紙はキッチンと同じような模様の入った壁紙にしてもらいます。明かりが灯ると模様が浮き出て美しくて好きです。折りあげ天井もきっと素敵になるでしょう。
今からワクワクなリフォームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

お金を使わないケチケチランチ。カレーピラフ

160921
ランチはお金を使わないように、うまく冷蔵庫の余りもので作ります。
今回は冷凍してあるバターライスを使ってカレーピラフにしました。
バターライスを作って冷凍しておくと、とても便利です。電子レンジで温めてお好きな野菜やベーコンを入れてフライパンで炒めます。ゆで卵を添えるとボリュームもアップ。
作り方は、2012年にご紹介しましたバターライスの保存方法を再度アップいたします。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

<バターライス2合分>

  • お米・・・カップ2杯
  • バター・・・20g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 水・・・カップ2杯

<作り方>

  1. お米はサッと洗い、ザルにあげる。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱して少量のサラダ油をひく。
  3. バターを加えて大きい泡から次第に小さい泡になるまでバターを溶かし、水気を切ったお米を炒める。
  4. お米が透き通ってきたら軽く塩こしょうをして炊飯器に入れる。
  5. お米を計ったカップで2杯の水を入れて炊飯する。

120606

この時はターメリックを入れて炊き上げたので、黄色い色がついています。
冷めたら、一回に食べられる分を冷凍保存バッグに入れて保存します。
豚肉のソテーやハンバーグの付け合わせ、ドリアにも使えて便利です。

120605_2

今日の朝食は、ピーマンやニンジン、タマネギとハムを炒めて、カレーピラフにしました。
私は冷凍のバターライスは解凍せずに電子レンジで温めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

鶏そぼろ丼で余ったそぼろでおにぎりのランチ

160920
鶏そぼろ丼で少しそぼろが余りました。ほんの少しだったので、小さいおにぎりにして、おそばと一緒にいただきました。

160918
ご飯に鶏のそぼろを混ぜて、味をみて足りなければ塩を少々入れる。もみ海苔と粉山椒を入れておにぎりにする。お丼とはまた違っておいしいの。
ランチは冷蔵庫に余っている食材を少し使って、お金をかけないケチケチランチです。
蕎麦には油揚げ、エノキだけ、ネギ、卵焼きを入れました。
おにぎりと合わせる時のお蕎麦は、味は少し薄めにします。出汁は濃い目に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

ヘルシー鶏そぼろ丼

160920

鶏ひき肉は湯通ししておくと余分な脂肪がとれてヘルシーです。


<材料:二人分>

✿鶏ひき肉・・・・・・100g
✿卵・・・・・・・・・2個
✿醤油・砂糖・・・・・大2
✿酒・・・・・・・・大1

<作り方>
1.鶏ひき肉は湯通しザルに上げて水気をきり、なべに移してしょうゆと砂糖、酒を加えて汁気がなくなるまで煮る。

2.お丼にごはんを入れて炒り卵を半分、1のひき肉を半分盛りつける。  

ポイント
鶏ひき肉はたくさん買い求め、湯通しをして小分けをして冷凍保存すると便利です。ナスやダイコンのそぼろあんかけなどに役立ちます。

21

160919
ではいただきます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

リフォームに向けて部屋を模様替えしようとしたら

昨日はノリノリでリフォームに向けて家具の移動をしようと思って、ワインを片手に音楽を聞きながらスタンドを移動してみました。

S160902
写真の奥にあるコーナーテーブルをベッドサイドに移してみました。

S160901
なかなか良い感じではありませんか。東山魁夷の絵と木製のフレームがベッドサイドとぴったり合って素敵~と思っていたら、もとに戻してくださいとアイボーさんに言われました( ノД`)シクシク…

S160903
これはこれで私も好きなんですけれど。このスタンドは大倉陶苑の花瓶です。それをスタンドにしました。余談です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

しゃぶしゃぶで余った白菜と豚肉で作るマカロニグラタン

160917
しゃぶしゃぶ用の豚肉と白菜で作るクリーミーなグラタンです。残りもので作れます。

<材料2人分 ホワイトソース>

  • 無塩バター・・・10g
  • 薄力粉・・・大さじ2
  • 牛乳・・・250ml
  • 塩こしょう・・・少々
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・適宜
  • 直径9cmのココット容器・・・2個

<具>

  • しゃぶしゃぶ用豚肉・・・3枚
  • 白菜・・・1枚
  • タマネギ・・・20g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 小さいマカロニ・・・20g(大き目のマカロニは10gぐらい、茹でてから小さく切る)
  • サラダ油・・・少々

<作り方>

  1. 鍋を弱火で温めてバターを溶かす。溶けたら薄力粉を加えて炒める。
  2. 充分に炒めたら牛乳を入れて泡だて器で混ぜる。
  3. 中火にして濃度がついたら軽く塩こしょうをする。
  4. フライパンに少量のサラダ油をひいて、食べやすい大きさに切った豚肉を炒め、白菜とタマネギを炒め塩コショウをする。
  5. 白菜の芯の部分がしんなりしてきたら、3の中に入れる。茹でたマカロニも加えて混ぜココットの器に入れて、ピザ用チーズとパルメザンチーズをふり、少量のバター(分量外)を上にのせて250℃のオーブンで焦げ目が付くまで焼く。

160917

アツアツを召し上がれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

秋の食卓 真澄 純米吟醸ひやおろしで椎茸の肉詰めとサンマ

160915
待ちに待った、真澄の純米吟醸ひやおろしがやってきました。合わせた料理は椎茸の肉詰めです。
ひやおろしの香りを楽しみながら、ジュワッと鶏のひき肉の旨みが凝縮された肉詰めをスダチをギュッと絞っていただきます。
秋ですね~
ではレシピを

160914


~椎茸の肉詰め~

<材料シイタケ6個分>

  • 生シイタケ・・・6個
  • 鶏ひき肉・・・200g
  • 市販の柚子みそ・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 水・・・小さじ1
  • 塩・・・少々
  • スダチ・・・1個半
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 生シイタケは汚れを取り、軸は外す。(軸は野菜炒めなどに利用してください)
  2. 鶏ひき肉をボールに入れて、柚子みそとしょうゆ、塩、水を入れて手でよく混ぜ合わせ、6等分にする。
  3. 生シイタケの傘の裏側に6等分にした2の半分ぐらいをまず詰める。バターナイフなどでシイタケにくっつけるようにして、残りの半分も詰める。
  4. フッ素加工のフライパンを中火で熱してサラダ油をひき、鶏ひき肉のほうから焼く。焼き色がついたら裏返して焼く。
  5. 両面焼いたら、柚子みそが焦げやすいので弱火にする。少量の水を加えて蓋をして蒸し焼きにする。
  6. 食べやすい大きさに切って、皿に盛り付けスダチを絞っていただきます。お好みで塩をかけてください。

お酒を楽しみながら

160916
サンマを3枚におろしてフライパンで塩焼きです。

他に、豚バラ塩焼きやサラダなどいただきました。
秋は日本酒をたくさん楽しみたいと思います。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

東京都写真美術館のカフェ

先日、恵比寿ガーデンプレイスにある東京都写真美術館がリニューアルオープンしました。
国内唯一の写真と映像専門の美術館です。

160912

ミュージアムは左から入口があるのですが、右側のYGP裏通りは以前は少し寂しげでした。
ここをもっと活用すればいいのにと思っていましたが、ミュージアムにはカフェができ、賑わっています。代官山のサンドイッチやキッシュが人気の「メゾン・イチ」がオープンしました。

160911

クロワッサンやタルトなどもテイクアウトできます。

160913
この裏通りにはスタンドバーなど5軒のお店がオープン予定です。
YGPもちょっとおしゃれにリニューアル中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

秋の夜長が似合う【ひとり時間】

蝉しぐれから季節が変わり、秋の虫たちの清々しい鳴き声が聞こえる今日この頃です。
ひとりで過ごす時にもその【時】を大切にしたいと思っています。

唐突ですが、女性の時間の過ごし方で、私は【待つ女】が好きでした。例えば仕事をもってバリバリ働きながら、大好きな人を思い結婚を待つ。自分のライフワークを持ちながら、夫の帰りを待つ。素敵だな~と思っていました。
でも最近は考えが変わって【待たせる女】がかっこよすぎます。

【待たせる女】No1は皇太子妃雅子さまですね。出会いからずっと一人の女性を思い続けた皇太子殿下。ご成婚まで6年?の歳月がかかりました。その間も外交官として国のために働いた雅子妃殿下。

【待たせる女】No2は高円宮典子様 大学を卒業後公務をしっかりこなし、皇族としての役割を果たして千家家にお輿入れ、その時の会見で典子さんが「お待たせしてしまって」に対して「いえいえ」と千家さんはお答えになりました。

皇太子妃になっれた女性と生まれも皇族の女性。【家】を背負う家柄はやはり新しい考えを持った方をお迎えするものなのですね。
これからの時代は待たせる女よね~と考えながら、秋の夜長のひとり時間を楽しみました。

160910_s

シャンパングラスに入れた巨峰のコンポートのカクテルをゆっくり飲みながら、揺れるキャンドルの炎がテーブルクロスを照らす。秋の夕暮れのひと時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

白ワインにぴったり!ブラウンマッシュルームのチーズ焼き

160907
ベーコンの旨みとニンニクの風味がおいしい白ワインにぴったりの一品です。

<材料2人分>

  • ブラウンマッシュルーム・・・6個
  • ベーコン・・・1枚
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • ニンニク・・・1片
  • オリーブオイル・・・少々
  • パルメザンチーズ・・・小さじ1/2
  • 塩こしょう・・・少々
  • パセリ・・・少々

<作り方>

  1. ブラウンマッシュルームは汚れをキッチンペーパーでサッとふき、軸を取る。
  2. ベーコンとニンニクはみじん切りにする。
  3. 1のブラウンマッシュルームに2の材料を詰める。
  4. 塩こしょうを少々とピザ用チーズをかけ、パルメザンチーズをふってオリーブオイルをかける。160908
  5. パセリをふってから200℃に温めたオーブンで15分焼く。

160907_2

ブラウンマッシュルームの好きな方は是非お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

あさりスダチ蕎麦

160906
さっぱりとしたお蕎麦が食べたくて、あさりとスダチを入れました。スダチは一人1個を使います。輪切りにして、端の部分を少し残しておいて盛りつけした後に絞ります。
あさりは酒蒸しにして、その汁も少々加えます。
あさりのスープとお出汁がとても良い味になります。そしてスダチの酸味が絶妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

家事で一番好きなこと、鍋磨きかな~

160905
朝、味噌汁を作るとき、鍋のふたを取った時に、ピカピカのお鍋だと朝からテンションが上がります。
朝食は私にとって一番大切な食事です。今日一日のエネルギーを蓄え、一日を無事に過ごすための食事です。白いご飯に味噌汁。毎朝同じですがこれが大切です。

その大切な朝を作るためにお鍋を磨きます。心をこめて鍋を磨く。
両親の介護を通して、食事を作ることの大切さを学びました。介護食も作りました。命をつなぐ料理を作るための道具はすべて大切なのですが、どういうわけか私には鍋が一番大切に思えます。

感謝をこめて鍋を磨くのが一番好きな家事です。

160904
豆腐とわかめとミョウガの味噌汁。今日も一日元気をください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

和食と洋食を組み合わせて白ワインを飲もう

我が家の夕食は一皿ずつ食卓にだして、お酒を楽しみます。
この日はまずゆで上げた枝豆でビールを飲み、次にナスの鶏そぼろあんかけをいただきました。

160901

作り方はこちらから。とろとろのナスが餡に馴染んでおいしい一品です。

160902
カマスの塩焼き。スダチを絞っていただきます。この器に魚を盛り付けるのが好きなのです。そしてグラスを持つときに手が汚れているのが好きではないので、魚はおろして焼きます。

160903
小さいサラダのあと、チキンマカロニグラタンをいただきます。9cm×4.5cmの器、グラタンが割にたくさん入りました。
和食と洋食を組み合わせて、料理の幅を広げてみたいですね。
たまには、食卓の情景も写真に撮りたいのですが、時間のある時にブログにのせますね。
今日は金曜日、楽しいディナータイムを過ごしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »