« アジのたたきを織部の器に盛る | トップページ | フォーマルに映える器をカジュアル使いに »

2016年8月14日 (日)

伊万里鍋島焼のかけわけの器でパスタを食す

160806

「かけわけ」とは釉薬のかけ方の技法のことで、青磁・白磁と色の違う釉薬を分けて掛け、デザイン性を表した昔から伝わる伝統技法です。
従来の「かけわけ」は器の外側(縁)と内側で釉薬を掛け分けするのが主流でしたが、青山窯では何度も試作を重ね「釉薬で文様を表現する」
新しいタイプの「かけわけ」を創造することに成功、瞬く間に青山窯ベストセラー商品となりました。 文様は伝統柄である「唐草文」を配していますが「掛け分け」したことで文様に凹凸が生まれ、斬新かつモダンなデザインとなりました。

「伊万里鍋島 川副青山さんのホームページより」 器は川副青山さんです。

スクエア型の美しい器に盛りつけたのは、たらこともみ海苔のバター風味のパスタです。夏には大葉も入れてさっぱりといただきます。
大葉の保存はクッキングペーパーを濡らして包んで保存袋に入れて、野菜室で保存します。
殺菌作用もあるので、生魚をいただくときは一緒にとることをお勧めします。
また、焼きのりはミネラルが豊富なので、夏には是非たくさんいただきましょう。

|

« アジのたたきを織部の器に盛る | トップページ | フォーマルに映える器をカジュアル使いに »

ジャパニーズハーブ&スパイス」カテゴリの記事

伊万里 鍋島焼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/64058853

この記事へのトラックバック一覧です: 伊万里鍋島焼のかけわけの器でパスタを食す:

« アジのたたきを織部の器に盛る | トップページ | フォーマルに映える器をカジュアル使いに »