« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

ホタルイカのオリーブオイルがけでひとり時間を楽しむ

160440
Weekend Dishのお時間がやってきました。団塊世代のお父さんも一人暮らしのあなたにも、簡単でおいしい料理をご紹介するコーナーです。
今日はホタルイカを器に盛ってオリーブオイルをかけるだけ。
富山産のホタルイカはふっくらしていておいしいの。軟骨も取り除くとよいのですが、ひとりご飯だったので省略しました。
そこにフレッシュなオリーブオイルをかけて、それだけでおいしい。この日はシロメのスパークリングワインと合わせましたgoodこれがまた相性が抜群でしたよ。

160442
お部屋の窓から暮れゆく東京の景色をボーっと眺めていると、薄暮のころは建物が真っ白に浮かび上がって、空が真っ青になるの。このほんの一瞬がなにより好き。そしてホタルイカ&泡&ひとり。最高の幸せ。

160441
羽田から飛び立つ飛行機と、暮れゆく大好きな東京を眺めるのが一番のご馳走です。星がきらめき、自然教育園の森とビル群の夜景。
おいしいお酒と単純なつまみ、一人を楽しむのも好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

豆腐のあんかけ卵とじ 

160439
とろりとした口当たりが、お年寄りからお子様まで大人気の一品です。やさしい味わいの豆腐料理はいかがでしょうか。

<材料2人分>

  • 絹豆腐・・・半丁
  • 卵・・・1個
  • だし汁・・・200ml
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 片栗粉・・・適宜

<作り方>

  1. 鍋に湯を沸かし、分量外の塩少々を入れ弱火にする。
  2. 豆腐は食べやすい大きさに切り、1の鍋に入れて火を通す。ゆらゆらとする程度で10分煮てザルにとって水分を飛ばしておく。
  3. 別の鍋にだし汁を沸かし、塩、酒、しょうゆを入れて沸かして弱火にして2の豆腐を入れて煮る。
  4. 食べる直前に水溶き片栗粉を入れて、溶き卵で卵とじにする。

 pencil ワンポイントアドバイス pencil

最初に塩を入れた湯に豆腐を入れて煮ておくと、余分な水分が出て崩れにくくなります。
また、豆腐の水分でだし汁が濁ることも防げます。
お年寄りには、豆腐はもっと小さく呑み込めるぐらいの一口にしてあげると良いかもしれません。

両親が亡くなって、もう敬老の日も父の日も母の日もなくなりました。二人が大好きだった豆腐料理、なんだか悲しいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

お詫びと訂正

090652

2009.7.1に書きました記事で万歩計は、山佐時計計器株式会社様より登録商標であるとご指摘されましたので訂正をいたしました。
ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

それから、お友達からいただいたコメントですが、こちらも万歩計から歩数計に書き換えました。いただいたコメントを書き直してしまいごめんなさい。

おしゃれな歩数計の記事
ttp://hanagatami.moe-nifty.com/blog/2009/07/post-5c98.html

テーブルコーディネーター 猪名川久美子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

薄切り豚バラの塩炒め、春キャベツ添え

昨日使った豚バラの残りを塩に短時間漬けてフッ素加工のフライパンで焼くだけの簡単料理ですが、塩がきいてとてもおいしいです。キャベツを添えていただきます。

160438
<材料2人分>

  • 豚バラ薄切り・・・100g
  • ニンニク・・・一片
  • 塩こしょう・・・少々
  • 付け合わせのキャベツ

<作り方>

  1. 豚バラはバットに並べ軽く塩こしょうを両面ふる。冷蔵庫で1時間置いておく。
  2. 余分な水分をクッキングペーパーで取り、中火にしたフッ素加工のフライパンでニンニクと一緒に焼く。
  3. キャベツの千切りと2の豚バラを皿に盛る。

春キャベツは柔らかでおいしいですね。豚肉と相性がよいので、この時期はよくいただきます。オリーブオイル&レモンでも、マヨネーズでもどちらでも。
私は少量のオリーブオイル&レモンです。塩のきいた豚バラといっしょにいただくのが好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

豚バラともやし、タケノコの塩炒め

160437_2
タケノコをいただいたのでさっそく炒め物にしました。柔らかくてびっくりです。もやしが少しだけ残っていたので、豚バラといっしょに。塩をきかせて豚バラの旨みを閉じ込めました。

豚バラは塩コショウをして30分置く。フッ素加工のフライパンで肉を両面良く焼いて皿に取る。
次にもやしとタケノコを炒め豚バラを戻し、お好みで鷹の爪を加えて、軽く塩コショウをする。
最後にゴマ油をサッとかけて炒め、皿に盛る。

今回は写真を縦にしてしてみました。ブログをはじめた9年前は縦にしていたのですが。。。
ブログを作っるにあたって、色々とアドバイスをいただいて、写真の大きさは揃えるようにと指導いただき、それからは横でできるだけ統一しています。

料理写真は縦でも横でも、お皿の中がはっきりわかり、これ作ろうと思っていただけるように努力しています。縦のほうがより料理がよくわかるのですが、お皿だけではないマットやグラスの背景なども少し写したいので、横にしています。
そんなことどーでもいいから、冷蔵庫にいつもある食材で、ササッと作れる料理をお願いします~と聞こえそうです(笑)

あと炒め物の盛り付けのポイントはお皿からはみ出しそうな感じで盛り付けるとおいしそうに見えます。ギョーザなどは(炒め物ではありませんが)焼いてフライパンを逆さにしてエイヤーと皿いっぱいに盛るのがおいしそうでいいですね。
おいしそうに盛るのはいつでもお行儀よくとは限りませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

明治神宮 原宿 おしゃれな女性が良く似合う町と栃木の驚きいちご大福

160433
京都の箔工芸作家 裕人礫翔さんの個展でご紹介いただいた泉美咲月さんと、昨日原宿で楽しいランチをごいっしょしていただきました。
咲月さんは文筆家であり写真家でもあります。いつもきれいな写真を私はうっとりしながら拝見しています。巻き髪の美しい後ろ姿がいいですね。
ということで、お昼からワインをあけて楽しいひと時を過ごしました。仕事の話やプライベートのことなど。。。。
原宿はあまり行かない場所なので、とても新鮮でした。咲月さんの美しい写真はこちらから。

そして栃木のおいしいいちご大福をいただきました。

160434
160435

この形をしたいちご大福は、2000年に全国で初めて販売したそうです。
ただ形が新しいというだけではありません。栃木県産のもち米にミルクを入れた生地が、とちおとめを繊細にふんわりと包み込むおいしさがあります。
びっくりするくらいおいしいいちご大福でした。
和菓子もこんな風に変化していくのですね。ご馳走様でした。

160436
アイボーさんへのお留守番ランチ><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

ひとつの料理、茹で鶏から広がる使い切り料理

茹で鶏とナスの冷やし鉢の時に作った茹で鶏

<茹で鶏>

  • 鶏胸肉・・・1枚(モモ肉でも)
  • ショウガ・・・1かけ
  • 塩・・・小さじ1/2
  • ネギ・・・青い部分10cm
  • 酒・・・45ml(大さじ3)
  • 水・・・2カップ

<作り方>

  1. 鶏肉は塩をふって10分置く。余分な水分をクッキングペーパーで取る。
  2. 鍋にショウガのスライス、ネギ、酒、水を入れて中火で沸かし1の鶏肉を入れる。途中裏返して15分茹でてスープごと冷ましておく。

この料理をベースに鶏むね肉(モモ肉)一枚使い切りの料理です。

T160401_2
1品目は冷やし鉢を

160428
次はスープを生かして大根としめじ、豆腐のスープ炊き 黒コショウをふっていただきます。

160429
鶏肉はスープごと保存しておきます。大根を煮ている間は鶏肉はスタンバイです。野菜が柔らかくなってから、食べる時に切り分けて鍋に入れます

160430
スープ炊きをしたあとに残しておいたスープは

160431
ご飯を入れて、卵は黄身を4等分するようにして混ぜすぎないようにご飯に入れます

160432
雑炊のできあがり、黒コショウともみ海苔でいただきます。食べきりました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

簡単!鶏つくねの大葉巻き

160426
お弁当にも大人気の鶏つくね、大葉があるときは中に入れることが多いのですが、今回は巻きました。いろどりもきれいで冷めてもおいしいね。今日は辛子醤油でいただきます。

<材料2人分>

  • 鶏ももひき肉・・・200g
  • 白ネギ・・・10g
  • しめじ・・・10g(しいたけでも)
  • 大葉・・・4枚
  • 水・・・大さじ1
  • 柚子味噌・・・大さじ1/2
  • しょうゆ・塩・酒・・・少々

<作り方>

  1. ボールに鶏ひき肉を入れて、水、柚子味噌、しょうゆ、塩、酒を加えて良く混ぜる。
  2. 1に白ネギ(粗みじん)、しめじ(粗みじん)を入れて更に混ぜる。
  3. 2を4等分にして、手に水を付けてハンバーグを作る要領で小判型にし、大葉を巻く。
  4. フッ素加工のフライパンに3を並べ、最初は中火で途中火加減を弱くして焦げ目をつける。
  5. 裏返して弱火にして蓋をして焼く。

160427

野菜室に大葉が3枚しかなかったの><

160426

付け合わせは春キャベツの千切り、練りがらしを添えて辛子醤油でいただきます。
日本酒にも合います。

pencil ワンポイントアドバイス pencil

合わせる時に水を入れるのは、水を入れると種が柔らかくなりますよ。鶏肉は皮ごとひき肉にしてあるものがふんわりと仕上がります。
焦げちゃうと心配な場合は裏返したときに少量の水をフライパンに入れて蓋して蒸し焼きにしてください。
また、鉄のフライパンを使用の場合は油を引いてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

色を足していく普段着のテーブルコーディネートで日本酒を楽しむ

T160411

クロスの上にカラフルなトップクロスをかけ、プロバンスプリントのマットを合わせました。
ナイフ&フォークが似合いそうなテーブルですが、日本酒を合わせます。

T160403
食前酒に南部美人の糖類無添加のゆずレモン酒をフルートグラスで。どうしてフルートグラスなの?と聞かれると思ったので、炭酸も用意していました。さらに軽く食前酒を飲みたい方のために炭酸を用意しました。

T160404
一皿目は春キャベツとハムのスティック春巻き。チーズを入れて巻いているのでペーパーナプキンで端を巻いています。フィンガーフードにゆずレモン酒。ゆずの香りとレモンの風味でチーズもさっぱりといただけます。
皿にはかわいいペーパーナプキンを合わせて華やかに。

T160401
二皿目は冷たく冷やした茹で鶏とナスの冷やし鉢。

T160406

舟遊びをしたときに飲んだ真澄。純米吟醸うすにごりをいただきました。グラスはもちろん木本硝子さんのesグラスで。柔らかい香りが食事をふんわりと包み込みます。

T160402
メイン料理は145℃で揚げるサクサクのメンチカツ。うすにごりにもぴったりです。

T160409
デザートはイチゴのパフェ。

さて、テーブルコーディネートに戻って

T160405
テーブルをコーディネートする場合、中心のセンターピースが重要です。今回はフラワーアレンジメントですが、ここに視線を集めることで、たくさんの色や柄を取り入れたコーディネートも引き締まってみえます。

T160412
フラワーベースは白磁のカップと織部の器を合わせてレースを敷きました。個性的な組み合わせがテーブル全体を引き締めてくれます。

T160408
色々な柄や色をうまく調和させるのは中央の花がポイントです!!そしてトップクロスの色を中心として、マットを選び、ペーパーナプキンも選びます。

T160404
遊び心満載のテーブルに

T160406
きりりと大人が楽しむグラスと日本酒で、日本酒の持つイメージを少し変えていきたいと思います。

今回のサロンはメンチカツは145℃の低温で揚げるとサクサクジューシーであるということと、日本酒はメンチカツにもぴったりおいしく、カラフルなテーブルコーディネートにもマッチすることを学習していただきました。
南部美人のゆずレモン酒は食前酒においしく、スティック春巻きにも合いました。純米吟醸 うすにごりはメンチカツをよりおいしく感じることができました。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

2人のためのタケノコ使い切り料理

東京は桜も終わり、いよいよ食欲の春突入です。アイボーさんが大好きなタケノコを色々な料理に使って堪能しました。旬の食材を使い切る、余すところなく。来年もおいしいタケノコに巡り合えますようにと願いをこめて。

160422
ランチに若竹うどん。ほかにも卵焼きや椎茸が入っていますが。。。。

160423
夕食の一品に小柱とタケノコのかき揚げ。山椒塩で

160421
次の日の夕食はタケノコの茶わん蒸し。鶏肉と椎茸、三つ葉の組み合わせ。優しい味わいでおいしいですよ。茶わん蒸しも今年はたくさん作ったので、上手にできるようになりました。タイマーを付けなくても感覚で作れるようになったの^^

160424
若竹煮はどうしても食べたいと言うので。本当はタケノコご飯が食べたかったのですが。

こんな風に小さいタケノコも上手に使えば4品も作れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

鶏団子とマッシュルームのスープ

160419
鶏のひき肉が少し余っているときに作ります。今日はマッシュルームを使いましたが、椎茸でも、シメジでもできます。

<材料2人分>

鶏団子

  • 鶏ひき肉・・・70g
  • しょうゆ・・・少々
  • 柚子味噌・・・少々
  • 水・・・小さじ1

スープの材料

  • ブラウンマッシュルーム・・・3個
  • 白ネギ・・・半分
  • 水・・・300ml
  • 塩・・・少々
  • コショウ・・・少々
  • チキンスープの素・・・少々

<作り方>

  1. 鶏団子の材料を良く混ぜてお団子にする。
  2. 鍋に水を入れて沸かし、チキンスープの素を加え鶏団子を入れる。
  3. 団子に火が通ったら、スライスしたブラウンマッシュルームとネギを入れる。塩とこしょうで味を調える。黒こしょうを入れていただきます。

160420
虎仙窯の器に皿を合わせて、レンゲを使っても素敵ですね。日本酒でもワインでもおいしくいただけます。黒コショウがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

春のパフェ イチゴのデザート

160417
イチゴが小さかったのでパフェにしてみました。千疋屋の季節のパフェが大好きなのですが、ちょっとね。お値段がね。。。。
と言うことでおうちパフェしました。
イチゴを入れて、アイスクリームを入れて、イチゴジャムを入れて、ホイップクリームを入れて、またイチゴをヽ(´▽`)/
出来上がり。本当においしい。

使った生クリームは久しぶりに中沢のクリーム。

160418
どうしてこの頃使わなかったのだろうと後悔しましたよ。多分、乳脂肪35%を使っていたからでしょう。しかも100mlサイズなので料理の時は使いやすいので。
また作ろうっと^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

ファミリーで楽しむ@恵比寿 米福

昨日は義弟家族と恵比寿の米福で、日本酒とおいしいご飯を堪能しました。
お米が主役のこのお店は、寿司で有名な松栄、蕎麦の松玄、2015年にオープンした寿司松玄、焼肉チャンピョン(私は知らないのですが)などのグループです。

おいしいご飯の前はおいしいお酒と新鮮なさかな。

160404_2

160405

160406
これははまぐりの潮汁

160407
稚あゆと春野菜の天ぷら
そのほかに鰆柚庵焼き、しゃぶしゃぶなどいただきました。

160408
土鍋ご飯は5種類の中から2種類を選んで、それぞれのお米を堪能しました。ビールも日本酒もたくさん飲んで、おしゃべりして、ご飯も2杯半食べちゃった(汗)

160409
しゃぶしゃぶでご飯を食べたら、もうおいしいの。おかわりくださ~い。

160410
ど~ん!残ったご飯はおにぎりにしてもらい、今朝おいしくいただきました。
また、みんなでおいしいお酒を飲みましょうね。ご馳走様でした。

米福はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

揚げ物好き必見!メンチカツの揚げ油は145℃

東京は桜が見ごろを迎えて、心ウキウキな週末ですね。ちょっと寒いからサクッとお花見をして、お家でビールとメンチカツを作ろうと思っている団塊のお父さん、揚げ油は145℃ですよ。

160402
家で作る揚げ物ほどおいしいものはないのですが、メンチカツは油の温度を低めに設定して試してください。

160401

<材料3個分>

  • 豚ひき肉・・・160g
  • 牛ひき肉・・・80g
  • 卵・・・1/2個
  • タマネギ・・・1/2個
  • 塩こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • ナツメグ・・・少々

  • 薄力粉・・・20g
  • 卵・・・1個
  • 生パン粉・・・適宜
  • サラダ油・・・800g

<作り方>

  1. タマネギはフードプロセッサーなどでみじん切りにする。
  2. ボールにひき肉とみじん切りのタマネギ、塩こしょう、しょうゆ、ナツメグ、溶き卵を入れて良く混ぜる。
  3. 種を冷蔵庫で2時間冷やす。
  4. 種を3等分して空気を抜き、薄力粉(分量外)をまんべんなくつける。
  5. 別のボールに卵を入れて泡だて器で良く混ぜる。ふるった薄力粉を加え、良く混ぜる。
  6. 4を5に入れて全体に卵液をつける。
  7. 6に生パン粉をたっぷりとつけて、生地が全体に隠れるまでパン粉をつける。
  8. 800gの油を145℃に熱して、7を崩さないように入れる。
  9. 4分そのままにして、崩さないように裏返して5分揚げる。
  10. バットにクッキングペーパーを敷き、9のメンチカツをのせて3分置き、余熱で中まで火を通し油を切る。

160403

おいしい~ サックサク(◎´∀`)ノ

最近古い料理雑誌をみていたら、メンチカツの揚げ方が書いてありました。
145℃の低温で9分~10分揚げるとおいしいと書いてありました。ひき肉は1個80gぐらいが目安だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

卵とじうどんの卵の溶き方

160376
公式サイトに卵とじうどんの卵の溶き方について書きました。ちょっと地味な記事ですが、興味のある方はのぞいてみてください。

記事はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »