« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

ゆずレモン酒とグラスの相性

160264

春の花がたみに向けて、南部美人さんのゆずレモン酒を飲んでみました。さっぱりとしたレモンの酸味とゆずのかおりがおいしいお酒です。食前酒としたいのですが、2種類のグラスで飲み比べをしました。

160263

バカラと木本硝子さんのes Sakeグラスで飲み比べをしてみました。
esグラスは香りがまろやかになってさらにおいしく感じます。グラスで香りが変わりますね。びっくりしました。
ゆずレモン酒はミートソースのグラタンにもおいしくて、パテと合わせてもおいしいでしょう。
今回の教室は2つのグラスで飲み比べをして、皆様と楽しみたいと思います。

内容は日本酒のある暮らし。
日本酒をさらりと生活に取り入れて、和食のみならず、色々なシーンに合わせてみたいと思います。
色々なグラスで楽しんでみようと思います。

3月27日(日) 11時~14時 会費は6千円
4月10日(日) 11時~14時 会費は6千円
4月24日(日) 11時~14時 会費は6千円

esグラスで試飲したい方は是非ご参加ください。場所は恵比寿の自宅です。
参加希望の方はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

ひな祭りのテーブルコーディネート

ひな祭りのテーブルコーディネートをYouTubeに投稿しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

ナスと油揚げの汁蕎麦

160251
ナスを少量の油でよく焼いて塩をふり、油揚げも焼いて合わせました。粉山椒を振りかけていただきます。寒い日にはとても温まります。
ちょっと残ったご飯や炊き込みご飯をおにぎりにして、お蕎麦と合わせるのも好きです。

160252
冷蔵庫に残った炊き込みご飯や白ごはんをおにぎりにするときは、蒸し器で蒸します。
電子レンジで加熱すると、ご飯が固くなるような気がして蒸し器でふんわりと蒸すの。ちょっとした手間だけど、おにぎりにはこの方法のほうがおいしいです。

160253
ではどうぞ召し上がれ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

米粉を使った皿うどん

160248
この中華麺はパリッとしていて、さっぱりとしている揚げ麺です。九州産の米粉と小麦粉のブレンドで東急ストアで見つけました。なかなかおいしいです。

160249
麺が細くてパリパリ、もし米粉と小麦粉のブレンド麺を見つけたら是非お試しください

160250
この中に入っているスープは使わないので、餡かけにしています。
溶き辛子はいつも多く作ってしまう傾向あり。
この時の具材は椎茸、もやし、タマネギ、ニンジン、白菜と豚肉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

帝国ホテルのボンボンショコラ

160245
バレンタインデーに買ったチョコレートはガルガンチュワのボンボンショコラです。
2008年のバレンタインデーに選びたいチョコとして記事を書きました。記事はこちらから。
それ以来ずっとチョコは帝国ホテルがおいしいと思ってきました。
そして今年もやはりバレンタインデーに選んだのは帝国ホテルショップ「ガルガンチュワ」のフォルスです。

160246
4種類入っていますが、ウイスキーのガナッシュをビターチョコでコーティングしたボンボンショコラがとても味わい深くておいしかったです。ワインとも相性が良かったですね。

160247
とてもデリケートで繊細な味わいのチョコ。幸せなひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

バレンタインデー 2016

160244
今年のバレンタインデーにお勧めは、女川のとてもおいしいかまぼこやさん高政さんのバレンタイン蒲鉾です。

ただハート型にしただけではありません。白はくわいが入っていてふわふわの蒲鉾にシャキシャキしたくわいがぴったりおいしいの。それから赤は明太子が入っています。ほんのりとした辛味があってどちらも日本酒でもワインでもおいしくいただけます。

160242
パッケージもかわいらしい

160241_2
バレンタインデーは愛に満ちた一日です。心にたくさんの愛を持って過ごしたいですね。

バレンタインデーのレシピやテーブルコーディネートはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

生クリームを入れないカルボナーラ

160240
「カルボナーラは生クリームを入れません」と聞いてもうびっくりしたことを覚えています。
卵とチーズだけで作るのは難しそうだと思ったからです。YouTubeなどを見ながら参考にして作りました。

<材料2人分>

  • スパゲッティーニ・・・160g
  • ベーコン・・・厚切り1枚
  • 生シイタケ・・・1枚(マッシュリームならブラウンマッシュルームで)
  • 卵・・・1個
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ3
  • 無塩バター・・・10g
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ボールにチーズを入れ、卵を割り入れてよく混ぜておく。                            160239_3
  2. フライパンを熱してバターを溶かし、1cmに切ったベーコンを加え炒める。ベーコンから油が出てきたら、薄く切ったシイタケを加えて炒め軽く塩こしょうをして火を止める。                      160238_2
      
  3. スパゲッティーニをゆで時間より1分前に火を止めて、スパゲッティーニをフライパンの中に入れて混ぜ、味をみて足りなければ塩こしょうをする。
  4. 1のボールの中に3を入れて手早く混ぜ合わせる。
  5. フライパンを中火で温めて火を止め、4を入れてサッと混ぜる。卵が固まらないように素早く皿に盛る。
    160240

生クリームを入れないほうがあっさりとしておいしかったです。ふ~写真を撮る暇もない^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

お座敷遊びに行ってきました

大井芸者さんと【節分のお化け】のお座敷を楽しみました。

[節分お化け]とは、いわば日本版ハロウィン。
 花柳界では節分の日に仮装をして鬼の目をごまかし、1年間の厄を逃れて幸せを祈念するという行事です。(芸者置屋なみ喜さんのサイトより)

目黒雅叙園の雅な和風空間で、懐石料理と共に楽しみました。

160226_2
天井も見事

160227_2
160228_2
娘道成寺のお姿で

160229
160231

お懐石をいただきながら

160232

160233
160234
趣向をこらし、たくさんの拍手と歓声があがりました

160235
とても楽しく過ごしました

160236
節分のお豆をいただき

160237

皆様も今年は幸多い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

恵比寿駅から代官山まで

おいしいお菓子を求めて駒沢通りに出かけてみました。ここ数年で駒沢通りも、様変わりしましたね。
ブティックやエステサロン、アンティークの家具やさんなど、お店が増えました。その中で最近話題のパティスリーをご紹介します。

まずは恵比寿アトレにあるデリスです。

160224
フルーツがたっぷり入ったタルトの専門店ですが、今回はチョコレートタルトです。そろそろあのシーズンですからね。

160225
アイボーさんが喜びました。チョコレートが大好きですから^^ふわっとした軽いチョコレートがおいしかったです。次回はフルーツがたっぷり入ったタルトにしよう。

次は駒沢通り沿いにあるパティスリーレザネフォールというお店。

160222
懐かしいお味です。シュー生地がしっかりとしていてクリームも濃厚なお味。全体にバランスが良かったです。
昔、銀座にエルドールというお店がありました。シュークリームが有名でしたが、そのお店を思い出させるお味です。久しぶりにおいしいシュークリームをいただきました。余談ですが、赤坂のチーズケーキ「しろたえ」と銀座のシュークリームの「エルドール」はお店の名前を聞いただけで笑顔になるおいしいお店でした。しろたえは今も現役で頑張っているようです。

若いころは、フィアンセの家に行ってシュークリームと紅茶が出されたら、気を付けるようにとよく忠告されたほど、いただきにくいお菓子です。これも余談ですね。

160223
パティスリー レザネフォールはこちらから。チョコレートも買いに行こう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

薔薇の微笑み あなたを癒す 追記あります

160212
    凍りつくような寒い夜。。。
  美しい月を見つめていたとき
あなたからバラの花が届きました

<追記>
スマホやタブレットでご覧の方は、PCをお持ちでしたら、PCからご覧ください。
スライドショーにはタイトルを付けています。写真と言葉で綴るYouTubeです。
ブログは毎回心を込めて作っております。今年はYouTubeにも挑戦しますが、こちらも心を込めて作りたいと思いますので、まだまだうまく使いこなせないYouTubeですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

2人の食事 少し残る野菜の活用方法

最近はまとめ買いをするようになりました。目安として、一週間分の野菜と肉を買っておきます。そうすると4日~5日後には小さく残る野菜たち。今までは足りなくなりそうなときに、スーパーで買い足していたのですが。
2人暮らしですと、小さいおかずを少しずつ作るのでが良いですね。今日はちょっと残ったキャベツと大根の料理を作ります。

160201
キャベツのサラダ(付け合わせ用)

<材料 2人分>

  • キャベツ・・・70g
  • レーズン・・・10g
  • りんご・・・少々
  • マヨネーズ・・・適宜

<作り方>

  1. キャベツは千切りにする。レーズンはお湯で戻しておく。りんごは薄くスライスしておく。
  2. ボールに材料を入れてマヨネーズで和える。

160202

保存容器に入れて冷蔵庫で冷やしておく。横にあるりんごは?はい味見しました^^

次は大根の切干大根風

<材料2人分>

  • 大根・・・120g
  • 油揚げ・・・1/2枚
  • すりゴマ・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • みりん・・・小さじ1
  • 塩・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • 鷹の爪・・・少々

<作り方>

  1. 大根は皮をむき、マッチの太さに切る。油揚げは油抜きして半分に切り、千切りにする。
  2. 鍋を中火で温め、油をひき大根を炒める。油揚げも加えて少量の水を入れて蓋をして蒸し煮にする。大根が軟らかくなったら塩、しょうゆ、みりんを加えて味を調え、鷹の爪とゴマを入れて混ぜ火を止める。

160203

メインは揚げワンタンを作りました。

160204

鶏ひき肉と豚ひき肉を合わせます。塩こしょうとしょうゆ、ゴマ油、ネギを入れて混ぜ合わせて

160206
こんな風に

160207
サラサラの薄力粉を使います

160210
料理(グラタンなどのホワイトソースなど)には使わないのですが、ちょっとしたアシスタント的な使い方には便利です。ワンタンがバットにくっつかないように振っておくときや、豆腐に振って揚げ出汁豆腐風を作るときなどに便利です。使った後は使い口を布巾できれいにしてからしまいましょう。

160208

揚げワンタンの出来上がり

160209
キャベツのサラダとトマトやきゅうりを添えて盛り付けます。
160205
切干大根風もこんな感じで盛り付ければ、立派な一品になります。小さく残った野菜も無駄なく使いきれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

南部美人とes SAKEグラスで岩手を楽しむ

160144_3

(写真は加工してあります)

1月末の企画です。日本酒のお好きな方々と、今話題のSAKEグラスで南部美人の試飲会をしました。
場所はダイニングキャストさんが経営する「南部どり」今回は神田錦町の南部どりはなれの12名まで可能な個室です。
打ち合わせのためにダイニングキャストさんを訪ねたのですが、オフィスがとてもきれいでした。南部どりはなれもとても清潔なお店で、料理もおいしいし、コストパフォーマンスにも優れていて、参加の皆様もとても喜ばれました。

160148
糖類無添加、南部美人梅酒で乾杯して

160146
いよいよ木本硝子さんのes sakeグラスで南部美人を味わいました。

160147

新鮮野菜を特製の味噌でいただくのですが、その味噌がすごくおいしいの。お野菜にぴったりで、南部美人にも合いました。居酒屋南部どりで一番人気だそうです。
そしてes sakeグラスでいただくと、不思議にお酒が進みます。

160149
そして南部どりさんのオリジナルの日本酒 氷上山 陸前高田の酔仙さんのお酒です。
どちらのお酒も南部地鶏と相性がよく、とてもおいしかったです。
es sakeグラスのレギュラーサイズは女性には大きいかなと思っていましたが、食事の時はぴったりなサイズとわかりました。

日本酒とグラス、その相性を今回はとても楽しく勉強できました。もちろん料理との相性もよかったです。
グラスはお持ち帰りいただきました。
日本酒のおいしさを味わえるとても良い企画だと思われます。今後ももっと広く皆様に知っていただきたいと思います。私もがんばろう。

それからもうひとつ、忘れてはいけない東日本大震災、被災された会社を応援しようという目的もあります。細々とではありますが、これからも応援していきたいと思います。
最後に私が使って、優れていると思った化粧水とクリームのご紹介もしました。

160145
それはトリコイストです。鶏のコラーゲンから作られているのですよ。お肌がしっとりします。
お試しサイズもありますよ。

興味を持たれた方は
南部美人はこちらから。
es sake グラスの木本硝子はこちらから。
居酒屋 南部どりはこちらから。
トリコイストはこちらから。

企画へのお問い合わせは花がたみまでどうぞ。k-tamakazura@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »