« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月27日 (土)

エビ団子のサクサク揚げ

150620
ちょっと写真が?な感じですが(;'∀')
サクサクしていておいしいです。春巻きの皮が残っていたのでこちらも巻いてみました。

<材料 8個分>

  • むきエビ・・・200g
  • 白ネギ・・・1/2本
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 卵白・・・1/2個
  • 塩こしょう・・・少々
  • サンドイッチ用食パン・・・8枚
  • 揚げ油・・・適宜
  • 粉山椒、塩・・・適宜

<作り方>

  1. むきエビは背ワタを取ってさっと洗い、クッキングペーパーで水気を取る。白ネギはみじん切りにする。
  2. フードプロセッサーに1と塩こしょうを入れてミンチにしてから、片栗粉と卵白を少しずつ入れて混ぜ合わせる。
  3. エビ餡を手にサラダ油をつけて、丸めてお団子にする。
  4. 食パンは耳を取って5mm角に切る。4のお団子に食パンをつけて、手で形をつける。
  5. 揚げ油は160℃にしてカリッと揚げる。
  6. 粉山椒と塩を合わせたものをかけていただきます。

150621
しっかりとエビ餡にパンをつけることがポイントです。
お好みでチリソースやケチャップでもどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

グリーンアスパラのグラタン

150612
旬のグリーンアスパラを使ってグラタンにしました。ローズマリーを入れて、スパイシーな香りも楽しめます。きりっと冷えた白ワインが美味しく感じます。

<材料2人分>

  • グリーンアスパラ・・・4本
  • 薄力粉・・・大2
  • 無塩バター・・・10g
  • 牛乳・・・350ml
  • 塩こしょう・・・適宜
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1
  • ピザ用チーズ・・・大さじ1
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. 鍋にバターを入れて弱火で溶かし薄力粉を加え焦がさないようによく火を通し炒める。火を消してから牛乳を一気に入れて泡だて器でよく混ぜながら弱火で火を通す。ソースが線を描くようになったらできあがり軽く塩こしょうをする。
  2. フライパンを中火で熱して、無塩バター(分量外)少々を溶かして、食べやすい大きさに切ったグリーンアスパラを炒め、軽く塩こしょうをする。 
     150610                        
  3. 耐熱用の器に大さじ2のホワイトソースを敷き、グリンアスパラを並べる。

150611

 4.3の上にホワイトソースを大さじ2をかけて、パルミジャーノチーズとピザ用チーズをか け、ローズマリーを置いて、250℃のオーブンで焦げ目ができるまで焼く。

150612

白ワインにおいしいおつまみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

夏のテーブルコーディネート教室 夏は花を小さくまとめるがポイント

T150509

暑くなってくると花がすぐに傷んで、と夏のテーブルは豪華にお花を活けるのも考えてしまいます。
そんな時はウォータービーズを効果的に活用してみるのはいかがでしょうか?
100均などでも手軽に求められるようです。

T150506
涼しそうで夏にぴったりですね。少ない花でも豪華に演出することができるポイントをお話ししました。
お花をアレンジするのが苦手な方でもささっと活けられるのがうれしいです。

T150501
ガーベラとランを使って小さい赤い花をポイントに

T150513
ひまわりを効果的にアレンジすることも簡単にできます

T150505


T150512


T150504


T150515


T150514
ひまわりのテーブルでは黒のトレーにペーパーナプキンを組み合わせて

T150509
白のガーベラのテーブルでは竹を何枚も組み合わせて作ったトレーを組み合わせました。

T150508
そして、今回の教室のもう一つのテーマは、グラスによってワインの香りや味を比較したり、ワイングラスの使い勝手を楽しむ勉強をいたしました。
リーデルのヴィノム ジンファンデルリースニンググラスとバカラのオンデグラスを使い、ワインはヴァレー・オブ・ザ・ムーン ジンファンデル ソノマカウンティをいただきました。

T150517
日本酒のカクテルで乾杯をして

T150507
ジャガイモのガレット

T150510_2
豚肉と夏野菜のローズマリーパスタ
T150511

ドイツパンで有名なフロインドリーブのパン粉を使ったビーフカツレツ

T150503
コーヒー白玉とタピオカのデザートなどいただきました。

皆さんと楽しく学び、私も色々と勉強ができて幸せでした。
ご一緒していただいた皆様ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

esグラスを使って、もっと楽しくもっと豊かに

150606_2
木本硝子さんの日本酒の香りを楽しむために開発されたesグラスは、実はカクテルを飲むのにとてもおいしいグラスです。
日本酒とクレームドカシス(リキュール)とキーウィとブルーベリーに炭酸を加えていただきます。
炭酸がブルーベリーやキーウィをジャンピングさせて、ちょっと楽しめます。炭酸を入れるカクテルに非常に良いグラスです。フルーツの香りも楽しめます。
150607_2
フルーツをいただくのは森銀器さんのスプーンストローです。スプーンとストローが一緒になっているのですよ。スプーンのところには梅や桜が施されています。
森銀器さんは台東区に本社がある下町で物作りをしています。
キャッチフレーズは「銀の爪楊枝(つまようじ)から金のお風呂まで」だそうです。会社に伺うと楽しい銀製品やナイフ&フォークなど、素晴らしい銀器と出会えます。

150608
ちょっと甘くてさっぱりとした日本酒ならではのカクテル、ご馳走様でした。

このesグラスでいただく日本酒カクテルの試飲会を7月に花がたみで開催いたします。
詳細が決まりましたら、ブログでご紹介いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

ジャガイモのガレット

150605
スライサーで薄くジャガイモをスライスして、マッシュルームやハムを加えました。
ビールやワインにおいしい夏のおつまみです。

<材料2人分>

  • メークイン・・・1個
  • ブラウンマッシュルーム・・・1個
  • ハム・・・1枚
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1
  • 無塩バター・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. メークインは皮をむき、クッキングペーパーで汚れを落とし、スライサーで薄く切る。(水にさらさない)
    150602
  2. ブラウンマッシュルームとハムは食べやすい大きさに切って、フッ素加工のフライパンで炒め、塩こしょうを少々ふる。
  3. 2のフライパンをきれいに拭き、バターを加えてスライスしたジャガイモを並べ炒めたマッシュルームとハムを加え、ローズマリーとパルミジャーノチーズをかける。火力は中火です。焦げるようなら火を落とす。少量の塩こしょうをふる。
    150603_2
  4. 裏面のジャガイモが良い色に焼きあがってきたら、裏返して焼き目をつけて、皿に盛る。

150604
切り分けていただきます。

150605_2
カリッと香ばしくて、白ワインにぴったりですね。ビールのお好きな方はビールでね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

今年はゴルフを楽しもう

去年は足に怪我をして、半年ビーサン生活を楽しんだので、今年はちょっとおしゃれにワンピを着たり、ゴルフの練習をしたりと、去年できなかったことを楽しんでいます。

150601_2
神宮外苑の第二球場のゴルフ練習場に、時々練習に来ます。
体を動かすのは、この季節本当に気持ちが良いですね。スポーツが苦手なのですが、練習をはじめたころ、レッスンプロがため息をついて、老後には間に合うでしょうと言われましたが、間に合いませんでした!!あ~あ。

今年は7月にサザンクロスリゾートに、秋には大好きな勝浦東急リゾートでゴルフの予定です。
アイボーさんが行ってくれればの話ですが(笑)

T150501
新しいブログでは、ウオータービーズを使って
お花が少なくても、インパクトのあるテーブルフラワーをご紹介します。
http://goo.gl/FwYGis

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »