« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月28日 (木)

ホタテの磯辺焼き風

150529
写真がちょっとわかりにくいですが、確かにホタテです(笑)

<材料2人分>

  • ホタテ貝柱・・・3個
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • 刻み海苔・・・適宜

<作り方>

  1. ホタテ貝柱は軽く洗い、クッキングペーパーで水分を取る。
  2. そぎ切りにして3枚に切り、塩をふる。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で温め、サラダ油を少量加え、ホタテを焼く。
  4. しょうゆとみりんで味付けをして皿に盛り、刻み海苔をトッピングをする。

ワインでも日本酒でもおいしくいただけます。ご飯にも合いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

モーニングクッキングクラス@グランドハイアット東京

日曜日にブルトハウプ社製の美しいキッチン付個室、シェフズテーブルにて、副総料理長 ダヴィッド ブランさんが直接レクチャーする毎回人気のモーニングクッキングクラスに今回も参加しました。
料理を学ぶことより、教える手順や料理に向かう姿勢を今回もたくさん学びました。
学んだあとは朝食をいただきます。

150519
3品のデモンストレーションがあります。その材料。

150520
今回のテーマはヘルシーで体が喜ぶ食材を使った料理です。オカラパウダーや豆腐、豆乳を使いましたが、あっさりとしていて、どこにオカラが入っているの?という感じでした。

150522
豆腐ハンバーグとブロッコリースプラウト

150521
リンゴのクランブル 小麦粉を使わずにオカラパウダーを使っています。

150523
カカオパンケーキとバナナ ここにもオカラパウダーや豆乳が入っています。
デモンストレーションの後は会食です。

150524
スムージーとフレッシュジュース、低脂肪のヨーグルト、ホテルメイドのパンがたっぷりです。

150525
スクランブルエッグにはトリフをたっぷりとかけてくれました^^

150526_2
さっぱりとした甘さのパンケーキ

150527
リンゴのクランブル

あっさりとした料理でした。あまりヘルシーや健康食に関心がない日々の生活なので、食材について勉強になりました。
でもやはり、一番の勉強は料理を教えるという観点から、リンゴのむき方や、バナナの切り方など、参考になりました。
キッチンを清潔に保ちながら、クッキングするという考え方は大いに学ぶことがありました。
7月もまた参加したいと思います。
楽しく学んできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

私のストレス解消法

皆さんはどんなストレス解消法を取り入れていますか?
私はストレスをためないように、ちょっとした楽しみを取り入れています。

150515
あ~夕食作るのが嫌だ~と思ったときは
近くのライオンビアホールで一杯だけビールを楽しんで

150514
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションで大好きなクルミとレーズンがたっぷりのパンを買います。このパンは軽くトーストしたり、バターやオリーブオイルをつけていただくと、もうおいしくて、ワインがいっぱい飲めます。あとはチーズやサラダで十分に満足できる軽めの夕食がいただけます。
いつも料理を作らなくちゃ、と主婦は思うのですが、時には自分を少し開放して軽~く夕食を済ますのもストレスをためない方法だと思います。

いつも心を軽く、目標に向かって人生を楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

稲庭うどんのおいしい食べ方

150513
稲庭うどんを初めていただいたのは、もうはるか昔のことですが、繊細にしておいしい味わいにファンになったのです。最近はゴマだれや、鶏の酒蒸しのスープで作る、塩味の稲庭うどんも好きです。
だんだん暑くなってきたので、今回は冷たいおうどんでいただきました。ご馳走様です。

pencil 茹でる時のポイントをご紹介 pencil
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、少しづつ麺を入れて茹でます。一気に麺を入れると、なんとくっついて茹であがるのです(経験者)くっついたら、もう離れられないしつこさ^^;
繊細な麺なので一気に入れないでね。そして透き通ってきたら、冷水で良く洗い、氷水で冷やします。(ここは蕎麦も一緒ですね)
冷麺にするときは竹のザルに盛り付けるのが好きです。ザルがほどよく水分を吸ってくれます。

150512
合わせた薬味は軟白ネギ、胡麻、ショウガ、薄焼き卵、太白ゴマ油で炒めたナスです。
軟白ねぎは柔らかく、味がソフトなので薬味に最適です。炒めたナスもとてもおいしくてお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

幸せの花 すずらん。

疲れて家に帰り、テーブルの上に目を向ければ、コンパクトな箱が置いてありました。
宅配便には花と書かれていました。あっすずらんだ^^と思って真っ先に箱を開けました。
懐かしくうれしいすずらんの花が、今年も岩手からはるばる我が家に到着しました。
友人のお母様が毎年、送ってくださいます。

150507
今年は例年よりも花が早く咲いたように思います。美しく可憐な花としっかりとした葉がとても印象的です。
5月1日はスズランの日です。すずらんを贈られた人は幸せになるという。幸せを運んでくれるすずらん、とてもうれしい贈り物です。

150508
いっしょに入っていた姫シャガ、蕾がいっぱいで、明日はたくさん咲いてねと言葉をかけて、クラッシック音楽をいっしょに聞きました。

150510
わ~(◎´∀`)ノたくさん咲いてる。

150511
大好きな場所で光り輝いていました。

150509
石楠花は玄関に飾りました。なぜか玄関にぴったりなお花なんです。
毎年ありがとうございます。いつの日か、すずらんの咲くお庭を拝見したいなと夢見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

木本硝子さんのesグラスでのんびりと日本酒タイム

お天気にも恵まれたGWを皆様楽しまれましたか?
私はおうちでのんびりとおいしいお酒と、いつもの変わらぬ料理で楽しみました。
越後鶴亀 「なつのさけ 純米 生貯蔵酒」を買って、香りを楽しむグラスでゴールデンウイーク、楽しかった^^ごちそう様。

150504
さっぱりとした味わいのお酒で、煮物2種とメンチカツをいただきました。メンチカツにもぴったりでびっくりしました。

150505
若竹煮には木の芽をたっぷりとのせて、春の香りと、お酒の香りを楽しみました。後味がさっぱりとしているお酒なので、メンチカツとも合いますね。

esグラスは、お酒の風味と口当たりをダイレクトに感じられるように作られたグラスです。
日本酒好きの方に是非試していただきたいグラスです。

esグラスに興味のある方は、木本硝子さんへ。
越後鶴亀に興味のある方はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

世界一のおもてなし

150501
こんな見晴らしの良い場所で素敵な講演を聞いてまいりました。
5月3日恵比寿ガーデンプレイスで開催されました「恵比寿食育の学校」で宮崎辰さんの講演を伺いました。
宮崎さんは、恵比寿ガーデンプレイスにある三ツ星レストラン、「シャトーレストラン・ジョエル・ロブション」において、現場の最高責任者であるプルミエ・メートル・ドテル(給仕長)を務めるサービスマンです。
食事をする快適な空間を作りだすのは、お客様への観察力が大事とおっしゃっていました。

そして、家庭で食べる食事が大事ともお話をされました。
習慣づけていることは、
1.おいしいものを食べる。
2.自分にあった食べ物を食べる。
3.食べる順番をつける。
ことだそうです。気力を維持するのはやはり食べ物が大事だそうです。そして、朝食はきちんと食べるとおっしゃっていました。

150502

お野菜のお土産付。

150503_2
とても有意義な時間でしたので、宮崎さんの著書も買いました。
本の内容は5章に分かれていますが、第5章の世界一になって見えてきたもの、ここが一番勉強になりました。
この本は繰り返し読みたい本の中に入れておきたい本です。それと、死ぬまでに一回はシャトーレストランジョエル・ロブションでお食事してみたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

東京ワイナリー

東京にワイナリーがあるなんてびっくりしました。
ワイナリー代表の越後屋美和さんは
「東京練馬区大泉学園で果実酒醸造免許を取得し、東京初となるワイナリーでワイン造りを始めました!
都心の人たちが気軽に訪れることができる小さなワイナリーでは、ワインの醸造を見ることができたり、東京の野菜との食べ合わせを楽しんだりでき、美味しいワインで楽しいひとときを提供できるワイナリーを目指しています。」
とおっしゃっています。

150415
青森県鶴田町スチューベンのロゼワイン。素材の旨味を最大限に引き出すため全て無濾過だそうです。フレッシュな味わいです。

150414
パスタと合わせましたが、もっと素朴なフレッシュ野菜にオリーブオイルをかけた野菜などが合いそうに思いました。
西武池袋線大泉学園駅から徒歩10分、東京ワイナリーはこちらから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »