« 香りを楽しむグラスで日本酒 | トップページ | 花のフォーカルポイントその後 »

2015年3月19日 (木)

花のフォーカルポイント

ribbon 花のフォーカルポイントについて ribbon

150312_2テーブルをコーディネートするときに、重要なことは飾り過ぎないということです。
主役は今日の料理とその料理に合うお酒です。そして食卓を囲む皆さんの笑顔。
そんなおいしいを少しだけ花や小物で飾ってテーブルを演出することがテーブルコーディネートです。

テーブルの中央を飾るのがセンターピースと言います。花でもフルーツでも中心になるものを飾ります。今日はその中心になるお花を活けるポイントをお話しします。
いつも買うお花屋さんでブーケを買いました。白を中心にオレンジとパープル、ピンクが混ざっている柔らかい雰囲気の花束です。
この花のフォーカルポイント(花を活けたときにまず目がいく中心的なところ)はパープルのバラです。そこに色の濃淡を組み合わせ、グリーンの葉を少し入れます。
オレンジ色のバラが2本あったので右の下に、そして左の少し上に飾り、グリーンも入れました。10本のバラがバランスよくとてもきれいに豪華に映えますね。

150313
しっかりとフォーカルポイントを決めれば、誰にでも簡単にお花を活けることができます。
一か所に色の濃淡をつけてグリーンを生かして、花器ともバランスよく小さ目に活ければテーブルがとても華やかになります。
週末にはお花を買ってテーブルをきれいに飾ってみましょう。

 

|

« 香りを楽しむグラスで日本酒 | トップページ | 花のフォーカルポイントその後 »

テーブルコーディネート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/61304577

この記事へのトラックバック一覧です: 花のフォーカルポイント:

« 香りを楽しむグラスで日本酒 | トップページ | 花のフォーカルポイントその後 »