« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

春料理 白魚と豆腐のあんかけ

150326
白くて透き通った白魚ですが、最近手に入りにくくなりましたね。久しぶりにスーパーでみつけて、絹豆腐と合わせてあんかけにしました。優しい春の一品です。

<材料2人分>

  • 絹豆腐・・・100g
  • 白魚・・・50g
  • 切り三つ葉・・・3本
  • 柚子・・・少々
  • だし汁・・・200ml
  • 塩・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・適宜

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を中火で沸かし、絹ごし豆腐をスプーンで崩しながら入れる。
  2. グラグラとしてきたら塩、酒、しょうゆを加えて弱火で5~6分煮る。
  3. 軽く水洗いした白魚を入れて煮る。
  4. 水溶き片栗粉を少しずつ加えてトロッとするまで加える。
  5. 最後に切り三つ葉を加えて火を止める。
  6. 器に盛り付け、柚子をそえていただきます。

春の風に運ばれてきたような優しい味わいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

丸の内でお買い物

昨日はお天気も良く、春物のカーディガンを買いにブルックスブラザーズに行きました。
朝、新聞を見ていたら折込広告で素敵なカーディガンを見つけてお散歩がてら出かけました。

150325
ワンピースやデニムにも合わせやすい春らしい白のカーディガンです。8年着ているやはりブルックスブラザーズのシルクのワンピ。今年もお世話になります。
私のお買い物は早いです。買うものを最初から決めていて、例えば紺ワンピとか、グレーのカシミヤのセーターとか、そのシーズンに必要なものだけ買います。
紺ブレ、紺のスカート、黒スカート、これに合わせるセーターやブラウスを選んで、朝、何を組み合わせたらよいのだろうと悩まなくて便利です。
ワンピースは好きなので、夏冬数枚ずつ持っています。
洋服はたくさん持っているよりも少なくして、着回しするほうが私好みです。

お買い物も終わってランチは八重洲桜通りから少し入ったところにある蓬莱です。
昔ながらの中華料理。

150323
シンプルなラーメン(恵比寿や目黒、渋谷では絶滅の危機)

150324
ジャンボギョーザをいただいてごちそう様でした。
ジャンボギョーザはこちらのギョーザのほうが好きかもしれません。

昨日も普通においしいを堪能しました。楽しかった^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

100年続く洋食屋さん

150321
淡路町近くの松栄亭さんは1907年創業の洋食屋さんです。あの神田やぶそばのすぐ近くにあります。
普通においしい料理が好みの私にとって、はずせないお店です。
もうすぐ終わりになるカキフライをいただきました。

160322
ふっくらジューシーな牡蠣とタルタルソースがおいしい一品です。
ランチはスープとライスがついて1600円です。良心的で洋食屋さん定番メニューのオムライスやハンバーグもお勧めです。
丁寧に作られた、普通においしい料理は心に残る味わいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

春の一日

150320
マンションのシンボルツリーの椿が今年もたくさんの花を咲かせてくれました。風の強い場所でも強くたくましく咲いてくれて、本当にうれしいです。去年、椿の天ぷらを食べましたという友人のブログを読んでびっくりしたのを思い出します。あれから一年が過ぎたのですね。

150319
お散歩の途中でみつけた水仙。かわいくてつい写真を撮りたくなります。桜の開花ももうすぐ。ワクワクする季節ですね。

そして渋谷に出かけてランチ。

150318
若い人たちでいっぱいのガストへ。
なんと目玉焼きハンバーグが399円eyeでもライスが高くない?と思いながらオーダーを取ってくれて、なにか言ったのですがチンプンカンプン(。>0<。)
隣の席のアジア系イケメン君2人が流暢な日本語で「おしぼりとお冷はあちらですよ」と言ったのですと教えてくれました。もうびっくりなひと時でした。

150317
恵比寿に戻り、バーガーキングで100円のソフトクリーム^^
うふふnoteで新鮮な一日でした。

~5月の教室のご案内~

150316_3

【5月はワイングラスでワインの味を比べてみたいと思います】

飲み比べのグラスはリーデルのワイングラスとバカラのワイングラス
ワインに合う料理をご堪能ください。
テーブルコーディネートは
5月は爽やかな季節!緑や黄色を中心にコーディネートいたします。
グリーン色を効果的に使うコーディネートをデモンストレーションいたします。

☆ 5月の花がたみのご案内 ☆

【日時】 5月10日(日) 24日(日)11時~14時 (2名様~4名様でお申し込みください)
      5月31日(日)11時~14時 プライベートレッスンにつき満席

【場所】 恵比寿ガーデンテラス壱番館の自宅

【内容】 料理のデモンストレーションとテーブルコーディネートのお話 食事会

【会費】 おひとり様6千円 食事つき

mailto  お問い合わせはこちらから   mailto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

5月の教室のご案内

150316_3

【5月はワイングラスでワインの味を比べてみたいと思います】

飲み比べのグラスはリーデルのワイングラスとバカラのワイングラス
ワインに合う料理をご堪能ください。
テーブルコーディネートは
5月は爽やかな季節!緑や黄色を中心にコーディネートいたします。
グリーン色を効果的に使うコーディネートをデモンストレーションいたします。

☆ 5月の花がたみのご案内 ☆

【日時】 5月10日(日) 24日(日)11時~14時 (2名様~4名様でお申し込みください)
      5月31日(日)11時~14時 プライベートレッスンにつき満席

【場所】 恵比寿ガーデンテラス壱番館の自宅

【内容】 料理のデモンストレーションとテーブルコーディネートのお話 食事会

【会費】 おひとり様6千円 食事つき

mailto  お問い合わせはこちらから   mailto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

花のフォーカルポイントその後

150313
花のフォーカルポイントの記事を書きましたが、バラが開いてくるとフラワーベースに近い部分のバラは上のバラに押されてきます。ガラスのフラワーベースを楽しんだあとは、白磁の器をフラワーベースにしました。
このときはバラの茎を同じ長さに切って丸いラウンド型にして楽しみます。

150314
まあーるく可愛らしく、バラの色を一か所にまとめるのではなく、自然な感じで活けます。

150315
バラの開き具合によってフラワーベースを変えたり、生け方を変えるとまた雰囲気が違って見えます。
家を楽しむということは、こんなちょっとした工夫で新鮮に見えるものですね。
一輪のバラでもフラワーベースによって雰囲気が変わります。楽しんだ後は小さい器に花の部分だけ浮かせてもきれいです。
今日は春分の日。
お家をきれいに片づけて、一輪花を飾ってみてはいかがでしょうか?

花のフォーカルポイントの記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

花のフォーカルポイント

ribbon 花のフォーカルポイントについて ribbon

150312_2テーブルをコーディネートするときに、重要なことは飾り過ぎないということです。
主役は今日の料理とその料理に合うお酒です。そして食卓を囲む皆さんの笑顔。
そんなおいしいを少しだけ花や小物で飾ってテーブルを演出することがテーブルコーディネートです。

テーブルの中央を飾るのがセンターピースと言います。花でもフルーツでも中心になるものを飾ります。今日はその中心になるお花を活けるポイントをお話しします。
いつも買うお花屋さんでブーケを買いました。白を中心にオレンジとパープル、ピンクが混ざっている柔らかい雰囲気の花束です。
この花のフォーカルポイント(花を活けたときにまず目がいく中心的なところ)はパープルのバラです。そこに色の濃淡を組み合わせ、グリーンの葉を少し入れます。
オレンジ色のバラが2本あったので右の下に、そして左の少し上に飾り、グリーンも入れました。10本のバラがバランスよくとてもきれいに豪華に映えますね。

150313
しっかりとフォーカルポイントを決めれば、誰にでも簡単にお花を活けることができます。
一か所に色の濃淡をつけてグリーンを生かして、花器ともバランスよく小さ目に活ければテーブルがとても華やかになります。
週末にはお花を買ってテーブルをきれいに飾ってみましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

香りを楽しむグラスで日本酒

木本硝子さんの香りを楽しむために開発されたグラスで、浦霞のしぼりたてを楽しむ。

150309

考えてみれば、日本酒ほどいろいろなグラスやお猪口、リキュールグラスや切子などその食卓に合わせて、使い分けができる飲み物もないのではないでしょうか。
そんなことを考えながらお酒を飲むのも楽しいですね。
今回は香りを楽しむグラスで
フレッシュな味わいを堪能しました。

150310
茶碗蒸しも夏は冷やして、冬はアツアツを楽しめるとても良い料理です。
このカップは耐熱なので、蒸し器にも対応できて優れものです。ではレシピをどうぞ^^

<材料 4人分>

  • 卵・・・2個
  • だし汁・・・300ml
  • 鶏肉・・・・一口大で8切れ
  • かまぼこ・・・4切れ
  • しめじ・・・8本
  • 三つ葉・・・適宜
  • しょうゆ・・・大1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 酒・・・大1
  • 柚子の皮・・・適宜

<下準備>

鶏肉は少量の酒としょうゆで5~6分つけておく。しめじは石づきを取り食べやすい大きさにする。かまぼこは薄切り4枚を半分に切る。

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を入れて沸いたらしょうゆ、酒、塩を入れ冷ましておく。
  2. ボールに卵を割りほぐし1のだし汁を静かに加え混ぜ合わせる。茶碗蒸しの器に材料(かまぼこ、しめじ、鶏肉)を入れて卵液を入れる。
  3. 蒸気のあがった蒸し器に2を入れて強火で2分ぐらい蒸して卵がうっすら幕を張ったら三つ葉を加え弱火で10分ぐらい蒸す、竹串をさして液が付いてこなければできあがり。最後に柚子の皮をのせて5~6分そのまま蒸し器に入れておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

ガラスの表情

花がたみの教室が終わると、ボーっとした一瞬を過ごします。今回はグラスにスポットをあてたテーブルでしたので、今度はグラスを変えてぴんくれでぃを飲みました。

T150310
バカラのお気に入りのグラスに「ぴんくれでぃ」を注ぐと輝きますね。天井からの照明を消して

T150311
ロータスキャンドルフォルダーに明かりを灯し、ガラスという不思議な世界に没頭します。
ガラス製品は光やライトの濃淡でずいぶん表情が変わりますね。

150308
きらめくロータスキャンドルとワイングラスのステムの美しさ。これだけで十分に食卓が演出されます。
淡いピンク色のお酒がとてもおいしく感じる一瞬です。

150306
遊びごころいっぱいのガラスのキャンディが、テーブルに少しだけ甘さをプラスします。
あとは心地よいBGMがあれば、ひとり時間もふたり時間も楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

木本硝子さんの新作グラスで

木本硝子さんが新しいグラスを開発しました。薫りを楽しむグラスです。
今回の花がたみ教室では、このグラスでお酒を試飲しました。

T150315
色々なご意見をいただきましてありがとうございます。
女性が日本酒をいただくのは、一番小さいグラスが大きさとしては馴染めるサイズのような気がします。そこで3種類のグラスを乾杯のグラス、食中グラス、ウォーターグラスとして使いました。

乾杯は天吹 ぴんくれでぃ(黒米から作られたピンク色のふっと旨みを感じるお酒)
グラスは手前の中ぐらいのグラスを使用。

T150301
T150302_2
このお酒、ピンク色でとてもきれいで飲みやすく、おいしいの。
甘くて冷たいグリンピースと共にいただきます。

T150304
牡蠣と揚げナスの柚子味噌がけ。この料理にもぴんくれでぃは合います。

T150305

旬のグリーンアスパラを卵といっしょにいただきます。

T150306
山形のお酒大山を合わせます。一番小さいグラスでのんびりとお酒と料理を楽しみます。大きいグラスはお水を入れて。
出汁が決めて 鱈と菜の花の蒸しあんかけ。

T150307
あさりと筍のバターたっぷりパスタ。大山とも相性がいいです。

T150308
デザートはイチゴのムースです。

T150309
食後のコーヒーはふわふわの牛乳を入れて。

T150316

窓辺にお花を飾りました。

T150317
ヨーロッパの旅行でいただいたお土産。ナッツなどを入れるかわいい布製の刺繍の小物。
中央に器を入れて、お花を活けてみました。かわいいですね。

薫り立つグラスにつきまして、参加していただいた皆様から、貴重なご意見をいただきました。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

春のカクテル

色々と忙しかった週ですが、昨日はひとりでビールを飲み、久しぶりにホテルのバーでお酒を楽しみました。

150302

春のカクテル、桜のリキュールのお酒。とてもおいしくてあっさり飲んでしまいました。あらいやだ><
春節の観光客もお帰りになり、静かなバーの佇まい。
夏には窓から眺める蛍の幻想的な輝きも評判です。

150303
シャルドネをいただいて、大人の空間を楽しみました。
チェックすると、サッとコートを取ってくれるそんな雰囲気が好みの場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »