« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

お誕生日はうなぎでね

お誕生日を迎えた夫になにが食べたい?と聞いたところ、「うなぎでしょ」ということで大好きな日本橋大江戸さんでうなぎバースデーをしました。

150225
東京の古い建物のお店が大好きな私。「創業 江戸寛政年間(1800年)初代草加屋吉兵衛が江戸の地に店を構え、以来営々と代々受け継がれている」そうです。

外食はあまりしないので、2年ぶりでしょうか。

150226

ここのうざくは好みです。

150227

白焼き。器の下にはお湯が張られていて、ほんのりと温かさが保たれています。

150228

最後はかば焼きとご飯です。うなぎのタレも用意されているので、うなぎとご飯を堪能して最後はうなぎを一口ご飯にのせて、たれをかけてお丼にしていただきます。
肝吸いもおいしかった。
ごちそう様でした。

日本橋大江戸はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

マイクロファイバーのDISH CLOTH

150222

今日、ご紹介するのは大好きなkepoマイクロファイバーのDISH CLOTHです。
すごくかわいいのに水気をきっちり拭き取ってくれます。
お鍋だってピカピカになりますよ。ちょっと汚れたら、キッチンクロスとしても良いですね。
食器戸棚などもピカピカになって優れものです。

マイクロファイバーは原糸が三角断面の形態をしていて髪の毛の1/100以下という超極細繊維だそうです。
ということは撥水&吸収力が抜群ということでしょうか?

150223
フックを取り付けて、キッチンペーパーの横にかけています。
食器用の洗剤入れはポンプ式。石鹸受けはミントン。キッチンポットもお気に入り。
大好きなキッチンの小物に囲まれて、この空間が大好きです。

150224

このクロスがあればキッチンピカピカ。クロスと床は張り替えましたが、オーブンも食器洗い機も20年近く使っています。このマンション特注のキッチンで、ちゃんとマンションのロゴも入っています。
先日、マンションの査定をしてもらったら、ずいぶんきれいに使っているのですね。このロゴの入ったキッチンを使っているお部屋は少ないですよと言われました。
うそーやっだ~
このロゴはいつも丁寧にピカピカに磨いて私の宝なのに、これを捨てて新しいキッチンにするなんて考えられなーい
と若者言葉で叫んでしまいそうでした。

ちょっと脱線しましたが、ひとり時間を楽しく過ごすためのアイテム、DISH CLOTHをご紹介しました。

ケポ ディッシュクロスはAmazonでも扱っています。
ただし私は35cm×35cmを使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

新タマネギと牛肉の炒め物

150220
新タマネギがスーパーに出回り始めました。今日は牛肉とサッと炒めて、塩とレモンで味付けます。さっぱりとして、ご飯にもお酒にもおいしいです。


<材料2人分>

  • 牛切り落とし肉・・・50g
  • 新たまねぎ・・・1/2個
  • 無塩バター・・・小1
  • レモン・・・1/4個
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々

<作り方>

  1. 新たまねぎと牛肉を食べやすい大きさに切る。
  2. 牛肉は塩こしょうを軽くして、フッ素加工のフライパンで焼いて皿に取る。
  3. 2のフライパンにバターを溶かし、新タマネギをサッと炒め、牛肉を戻して炒め、塩こしょうで味をつけ盛り付ける。
  4. レモンの絞り汁をかけていただきます。

牛肉は100g買って、一品は炒め物に、次の日は新タマネギと牛肉の卵とじを作りました。牛肉はお高めなので、少量でもおいしくいただける工夫をします。
卵とじの写真はないのですが、ご飯にかければ牛丼になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

蒸し鶏料理

150217
鶏肉を1時間蒸します。時間はかかりますがしっとりジューシーでおいしい蒸し鶏の出来上がりです。
色々な料理に役立ちますので是非作ってみてくださいね。

~鶏の酒蒸しの作り方~

<材料>

  • 鶏もも肉・・・1枚(大きめ)
  • 酒・・・大2
  • 塩・・・小1
  • こしょう・・・少々

<作り方>

  1. 鶏肉はフォークで皮目にぶつぶつと穴をあけ、身が縮まないようにして、塩こしょうをしておく。
  2. ボールなどに1の肉を入れて、酒を加えて、蒸し器で1時間蒸す。
  3. 鶏肉とスープを別々にして、スープはざるで漉しておく。

(保存するときはスープにつけたまま保存します)

★ 大根の鶏のスープ炊き ★

<材料2人分>

  • 水・・・500ml
  • 鶏の酒蒸しスープ・・・100ml
  • ダイコン・・・1/4本
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 鶏ガラのスープの素・・・小さじ1/2
  • ローズマリー・・・1枝

<作り方>

  1. 蒸し鶏のスープに水を足し中火で沸かす。
  2. ダイコンはいちょう切りにして1に加え、塩、こしょう、鶏ガラスープの素、ローズマリーを加えてアクを取りながら、ダイコンが柔らかくなるまで煮る。
  3. 最後に食べやすい大きさに切った蒸し鶏(1/2枚)を加えて火を止める。

残りの鶏の酒蒸しはサラダにしました

150219

親子サラダ^^とソーセージでワイン。

150218
白い恋人のロールケーキをいただいた方から
ソーセージまでお土産にいただき、感激ヽ(´▽`)/
ゆっくりと低温でボイルして、マスタードといっしょにいただきました。ジューシーでおいしかったです。ごちそう様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

フラワーベースを美しく見せる

150214
オレンジ色のバラを買いました。
5本セットのお買い得品です。家に帰るまで、歩きながらどんなふうに活けようかなと考える時間もまた楽しいです。
今回はガラスのシャープなフラワーベースに活けました。

pencil ガラスのフラワーベースに花を美しく活けるポイント pencil

  1. フラワーベースを曇りのないようにきれいに洗う。
  2. 水が濁らないように水を清潔に保つ。
  3. 茎をすっきりとナイフで丁寧に削る。
  4. 茎をひとまとめにまとめる。
  5. 今回は花を右側にまとめて、左のフラワーベースの淵を美しく見せる。

150216

上から見るとベースの角がみえますね。バラのもつ気品と、きりっとしたフラワーベースの組み合わせ。皆さんも試してくださいね。

150215

母にプレゼントしようと思って買った一輪挿し。
ラナンキュラスがとってもかわいく見えます。こちらはキュートなフラワーベースです。
お部屋のお気に入りの場所に置いておくのもかわいいです。
こちらのフラワーベースは花といっよに売られています。日比谷花壇さんで求めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

白い恋人がロールケーキになった

150213

北海道に旅行されたかたから、真っ白いロールケーキをいただきました。
ふわふわの生地に真っ白いクリーム。発想が素敵ですね。
生地はホワイトチョコレートと卵白で作られているそうです。
生地を白に仕上げるのは大変だったことでしょう。
優しい味わいのロールケーキ。コーヒーといっしょにお茶の時間にいただきました。
まだ、一度も訪れたことのない北海道ですが、機会があればぜひ旅行してみたいです。
ごちそう様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

冷凍庫の片隅に残っているホタテを利用して

皆さんこんにちはヽ(´▽`)/Weekend Dishのお時間です。一週間は早いですね。
今日は「冷凍庫にあれ?帆立がちょっと残っている」というようなラッキーな方にお勧めの料理です。

150209
蒸しホタテの柚子味噌和えです。さっぱりとした柚子風味のお酒のおつまみをどうぞ。

<材料2人分>

  • ホタテ貝柱・・・3個
  • 切り三つ葉・・・5本(茹でたほうれん草でも)
  • 柚子味噌・・・小さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • 柚子の皮・・・少々

<作り方>

  1. ホタテは小さ目に切って皿にのせ、塩を軽くふって酒を入れる。
    150207
  2. 鍋に水を入れて(鍋の1/3程度の水)中火で沸かし、1の皿を入れて5分蒸す。
    150208
  3. 2を冷ましている間に切り三つ葉をサッと茹でて冷ます。
  4. 柚子味噌に少量の蒸し汁を加えてホタテと三つ葉を和える。
  5. 器に盛り付け、柚子の皮をトッピングする。

  1. pencil 柚子味噌の作り方 pencil

<材料>

  • 西京みそ・・・100g(白みそ)
  • 柚子・・・1/4個
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • だし汁・・・大さじ1(かつお節とだし昆布)

<作り方>

  1. 柚子は表面の皮を薄くむいてみじん切りにする。果汁は絞っておく。
  2. 鍋に味噌と砂糖を入れて、弱火で混ぜ合わせる。酒とだし汁(水でも)を加えて木べらでよく混ぜる。火を止めて柚子の皮と果汁を混ぜ合わせて冷ます。
  3. 冷めたら良く洗った保存容器に入れる。2週間ぐらい持ちます。
  4. お使いのお味噌によって砂糖や出汁の量を加減してください。西京みそは甘いのが特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

ローズマリー風味の笹かまパルミジャーノ焼き

150205

笹かまにパルミジャーノチーズがよくあっておいしい。ワインでも日本酒でもいいですね。
IHのグリルを使って、チーズに焦げ目がつくまで焼きます。ローズマリーのかおりとチーズ、おいしい組み合わせです。

<材料 笹かま1枚>

  • 高政さんの笹かま・・・1枚
  • ローズマリー・・・1枝
  • パルミジャーノチーズ・・・大さじ1
  • EXバージンオイル・・・少量

<作り方>

  1. パルミジャーノチーズを削って笹かまの上に盛り、EXバージンオイルをかけてローズマリーの枝を乗せる。
  2. 温めたオーブンやグリルでチーズが溶けるまで焼く。

150203

チーズをたっぷりと乗せて

150204

ローズマリーも乗せると、笹かまがなんだかおしゃれに見えます。オリーブオイルをさっとかけて、オーブンへ。

150205

笹の器に盛り付ければ、和洋折衷のおつまみの出来上がりです。
笹かまは本来はそのままでいただくのが好きですが、時々、ちょっと変わった味わいも良いものです。
ほんのり温かでスパイシーな笹かまはワインにもおいしいよ。

150206
この器は大好きな伊万里鍋島焼の畑萬さんの器です。
フルーツにもぴったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

花がたみのご飯 牡蠣丼

150201

寒いのはいやですが、牡蠣がおいしい季節ですね。ふっくらとした牡蠣を焼いて、甘辛タレでお丼にしました。粉山椒をふってピリッとおいしいお丼です。

<材料1人分>

  • 加熱用カキ・・・5個
  • ご飯・・・茶わん1杯
  • 切り三つ葉・・・1本
  • だし汁・・・50ml
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • みりん・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 卵・・・1個
  • 刻み海苔・・・適宜
  • 柚子の皮・・・少々
  • 粉山椒・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • サラダ油・・・少々

<作り方>

  1. 牡蠣はさっと洗い、ざるに上げてキッチンペーパーで水気を取る。片栗粉を軽くつける。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱してサラダ油をひき、1の牡蠣を全体にこんがりと焼く。
  3. 鍋にだし汁を加え中火で煮立ったら、塩、しょうゆとみりん、酒、砂糖を加える。2の牡蠣を加えてサッと煮る。
  4. 溶き卵を加え、卵とじにして火を止めて、刻んだ三つ葉を入れてふたをする。
  5. 茶わんにご飯を盛り、刻み海苔を敷き、4の牡蠣を乗せて、刻んだゆずの皮と山椒をふっていただきます。

150202
今日使った器はこせんカフェさんのカフェオレボールの中です。
お丼物もおいしそうに盛り付けられる優れものですね。

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »