« ナスとしし唐の素揚げ ゆず味噌がけ | トップページ | 湯葉とほうれん草の煮浸し »

2014年11月13日 (木)

低温で揚げるサクサクジューシートンカツ

141119
今日は覚書。
トンカツは今まで170℃で揚げていましたが、もう少し低温で揚げてみようかな?と思い、160℃で揚げました。豚ロース肉は実にしっとりジューシーに仕上がりました。衣はサクサクでしたよ。

<材料2人分>

  • トンカツ用ロース肉・・・2枚
  • 塩こしょう・・・少々
  • 揚げ油・・・800g

<作り方>

  1. 豚肉を冷蔵庫から出して、筋切りと肉たたきでたたいて塩コショウをして薄力粉、卵、パン粉をつける。30分ぐらい室温で置いておく。
  2. 天ぷら鍋に800gのサラダ油を入れて160℃に設定する。
  3. 1のトンカツを1枚静かに滑らすように入れて揚げ、途中裏返す。
  4. きれいに揚がったら、バットにリードペーパータオルを敷き、縦に油を切る。
  5. 2枚目のトンカツを天ぷら鍋に入れる。
  6. 4の油が切れたら、寝かして休ませ、裏返す。2枚目も同じことを繰り返す。
  7. まな板に新しいリードペーパータオルを敷いて、トンカツを切る。
  8. キャベツを盛り付けた皿に盛る。からしは水でゆるめにといて、トンカツソースを添える。

豚肉はやわらかく、味の良い信州ゆき豚を使いました。160℃の揚げ油でじっくり揚げたトンカツは中心がふんわり桜色に仕上がって今まで作ったトンカツのなかで一番おいしかったように思います。
さて、次回もおいしくできるか心配^^

|

« ナスとしし唐の素揚げ ゆず味噌がけ | トップページ | 湯葉とほうれん草の煮浸し »

肉料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/60643523

この記事へのトラックバック一覧です: 低温で揚げるサクサクジューシートンカツ:

« ナスとしし唐の素揚げ ゆず味噌がけ | トップページ | 湯葉とほうれん草の煮浸し »