« 広尾の病院 | トップページ | 出汁が決めての鱈の蒸しあんかけ »

2014年10月14日 (火)

中華点心 もち米団子

141018
もち米に食紅で色づければお祝いの料理にもなります。ひき肉のあんがふっくらと柔らかく、ご年配の方にも好評です。

<材料 20個分>

  • もち米・・・1カップ
  • 豚ひき肉・・・150g
  • 鶏ひき肉・・・50g
  • 干しシイタケ・・・1枚
  • ネギ・・・1/4本
  • ショウガ・・・少々
  • 卵・・・1/2個
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ2
  • 食紅・・・少々

<作り方>

  1. もち米は洗って2等分して、一つは食紅を入れた水につけ、一つは水につけて、3時間つけてからザルにあげて水けを切り、サラサラの状態にする。 141019_2
                      
  2. シイタケとネギ、ショウガはみじん切りにする。
  3. ひき肉に塩、こしょう、酒、しょうゆと2を合わせ、粘りが出るまで混ぜ、水と、溶き卵を加えて更にまぜる。
  4. 片栗粉を加えてよく混ぜて、手に少量のサラダ油を塗って一口大のお団子にする。
  5. 紅白それぞれのもち米にころがして、全体にもち米をつける。
  6. サラダ油を少量塗った皿に並べ、蒸気の立った蒸し器に入れて、強火で2分、少し火を弱めて18分蒸す。141017

辛子醤油を添えて、小さいお重に入れました。アイボーさんがうれしそうに蓋を取ると

141023
ハイどうぞ^^
わ~おいしそうと笑顔がこぼれます。

141022
ポイントはひき肉の餡を粘りが出るまでよく混ぜることです。
やわらかジューシーなお団子に、みんなに喜こんでいただけます。

レシピは昭和55年の暮らしの設計 顧 中正さんの家庭で作れる中国点心を参考にしています。

|

« 広尾の病院 | トップページ | 出汁が決めての鱈の蒸しあんかけ »

ひき肉料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/60476277

この記事へのトラックバック一覧です: 中華点心 もち米団子:

« 広尾の病院 | トップページ | 出汁が決めての鱈の蒸しあんかけ »