« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

一人ご飯はワンプレート盛り

141055
仕事をしていて、気が付いたら夕食時間、お惣菜を買ってひとりでワインを楽しもうというときに、ワンプレート盛りは便利です。お皿一枚を洗えばいいのですからね^^
鴨のローストにポテトのサラダ、パンを盛り合わせてのんびりと一人を楽しみましょう。

141056
家では基本的に白ワインをいただきます。音楽を聴きながら、新聞を読んだり

141054
ちょっと料理をつまんで、パンをいただいて、このバゲットはロブション恵比寿限定のフェルマンタシオン、長時間発酵の深い味わいのバゲットです。鴨のローストによく合います。
一人のときは好きなものを少しだけ買って、料理を作らない楽な楽しみ方もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

超簡単!白菜と椎茸のコンキリエグラタン

141052

先日ミニ白菜を買ってみました。最初はロール白菜にして、炒めもにしたりお鍋にしたりと、とても便利で重宝します。また買ってこよう^^
今日ご紹介するのはホワイトソースを簡単に作って、白菜がトロッとしたグラタンです。体が温まっておいしい。

141051

<材料2人分>

  • ハクサイ・・・100g
  • 鶏もも肉・・・70g
  • 生しいたけ・・・1枚
  • 無塩バター・・・10g
  • 牛乳・・・350ml
  • 薄力粉・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・少々
  • コンキリエ・・・35g
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・適宜

<作り方>

  1. 鍋を中火で熱して、バターを溶かし、小口切りにした鶏もも肉(胸肉でも)を炒める。
  2. 1を皿に取り、白菜の軸から1の鍋で炒める。油が足りなければ、サラダ油を加える。
  3. 生シイタケを加え、白菜の葉も炒める。白菜の軸がしんなりしてきたら、1の鶏肉を加えサッと炒め、軽く塩コショウをする。
  4. 3に薄力粉を入れて炒める。薄力粉に火が通ったら、牛乳を加えて弱火にしてとろみをつける。白菜の軸が柔らかくなるまで煮る。煮詰まってきたら、牛乳を足す。
  5. ゆで上げたコンキリエを4に加えて混ぜ、ホワイトシチューぐらいのとろみになるように(柔らか目)牛乳を足して、味をみて足りなければ塩を加える。
  6. 耐熱の器に5を入れて、ピザ用チーズをかけ、少量のバター(分量外)を落してパルメザンチーズをかけ、200℃のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。

モチモチのコンキリエと、トロリとした白菜がとてもおいしいグラタンです。白菜とホワイトソースは相性がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

コンキリエとしめじのクリームパスタ

141050

ショートパスタのなかでも好きなのがコンキリエです。モチモチ感と生クリームの組み合わせがワインによく合います。

<材料1人分>

  • コンキリエ・・・60g
  • シメジ・・・30g
  • ベーコン・・・1枚
  • ほうれん草・・・少々
  • 生クリーム・・・80ml
  • パルミジャーノチーズ・・・適宜
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. コンキリエは時間通りに茹でる。
  2. フライパンを中火で熱してベーコンを炒め、バターを加える。
  3. シメジも加えて炒め、塩こしょうをする。
  4. コンキリエと茹でたほうれん草を加えて、生クリームを入れ混ぜ合わせる。
  5. 最後にパルミジャーノを加えてサッと混ぜ皿に盛る。

ひとりで夕食の時は、簡単にいただける料理がうれしいです、冷凍庫にあるシメジといつもあるベーコンで簡単調理。ゆっくりとワインを飲む幸せ^^そして写真まで撮りました。
パスタの写真を撮るのは苦手ですが、一人でいただく夕食の時はちょっと冷めても自分用なので、写真を撮ってみました。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

厚揚げと野菜の炒め物

141034
カルシウムが豊富な厚揚げとたっぷり野菜の炒め物。白菜が体を温めてくれます。

<材料2人分>

  • 厚揚げ・・・1枚
  • 白菜・・・150g
  • ニンジン・・・30g
  • しし唐・・・3個
  • ショウガ・・・厚めにスライス1枚
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 鍋に湯を沸かし、厚揚げを入れて中火で油抜きをする。クッキングペーパーで水分を取り、5mm厚さに切って縦半分に切る。塩を少々ふって片栗粉を薄くつける。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱してサラダ油をひき、1の厚揚げを炒めて皿に取る。
  3. 野菜は食べやすい大きさに切り、ショウガはみじん切りにする。
  4. 2のフライパンを中火で熱して、サラダ油を少々加えてショウガを入れる。香りがでてきたら野菜を炒め2の厚揚げを戻す。塩こしょうを加えて、酒としょうゆで味を調える。

141046

器は伊万里鍋島焼 こせんカフェさん 中華風の料理を盛り付けるのも使いやすくていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

キッチンきれいで料理の腕も上がる?

料理は楽しく作るのだけれど、楽しむためにはできるだけ合理的にキッチンを使いたい。料理の基本は、まずは整理整頓&美収納にあります。花がたみの教室でデモンストレーションをするときも、合理的に美しくデモンストレーションができれば、見て下さる皆さんも手順が解りやすく印象に残ると思います。

今日はトーストしたハムサンドイッチを作る工程を写真でご覧ください。きれいで清潔を心掛ければ、誰にでも簡単に整理整頓&美収納が手に入りますよ。

141035
きれいなまな板にトーストしたパンを置く。パンを切る包丁、バターナイフ。一番奥にはハム、マヨネーズ、スプーンを入れたマスタード、キッチンポットを置きます。手前にはバター、卵焼きを置きます。パンをトーストしているときに、使いやすいポジションを考えてセッティングしておきます。焼いたパンはすぐに作業をしないと湿気がこもります。バターを塗って、少量のマヨネーズとマスタードを塗り、ハムと焼き卵をサンドします。

141036
マヨネーズはキッチンペーパーで口の部分をきれいにしてからキャップをしめます。

141037
サンドイッチが出来上がった時には、ハムやマヨネーズ、マスタード、バターは冷蔵庫にしまいます。

141038
マットをセットして写真を撮って

141039

汚れ物はシンクに、洗う時は市販の洗剤を一滴ボールにたらして洗います。

141040
まな板や使ったキッチン道具は水切りカゴに入れて、手早く作ったサンドイッチをテーブルでいただきます。

141041
台布巾は2枚用意しておきます。一枚は水回りをきれいにするフキン。一枚は鍋やフライパンをふくフキンです。鍋がピカピカになる素材を選んで買います。

141043
食器を洗ったボールも水分をとり乾かしてピカピカにしておきます。

141042
鍋などをふくフキンとグラスをふくフキン。わかりやすいですね。

141044
コーヒーメイカーもにおいが付きやすいのでよく乾かします。

141045
最後はシンクもきれいにして、心をこめてキッチンよ、お疲れ様です。築20年のキッチン、これぞアンチエイジングでしょうか。お肌と同じ、基本をきちんと守っていればどちらも長持ちしますね。

        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

新そばが届きました

141033


更科堀井さんから新そばが届きました。挽きぐるみそば。

141032


甘口のつゆは柚子切そばで、辛口のつゆは挽ぐるみそばでいただきました。

141028


ゆで上げたそばを水で洗い、氷水でしめます

141029


ザルにあげて水気をとっていただきます

141031

柚子切そばも柚子のかおりが引き立ちました。季節のお蕎麦、ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

伝統工芸ふれあい広場 渋谷ヒカリエ2014

全国選抜若手の技 ザ・職人 DENSAN8人衆が10月24日(金)~26日(日) 渋谷ヒカリエで開催されます。
伝統工芸青山スクエアで選ばれた、期待の若手男子職人の作品が勢ぞろいします。大舘曲げわっぱや江戸指物、東京手描き友禅など出店されます。
伊万里有田焼 伝統工芸士でいらっしゃる川副隆彦さんも選ばれています。

141025


141026


また、トークショー「おれのモノ語り」では25日15:30から、熱き思いを語ってくださるそうです。
私も楽しみに伺いたいと思います。

興味のある方はこちらで詳細をご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

出汁が決めての鱈の蒸しあんかけ

141024

あったか蒸し料理は寒い季節のご馳走です。だしをきかせてそのおいしい出汁とともにいただきます。

<材料2人分>

  • 生たら・・・1切れ
  • 生シイタケ・・・1枚
  • ほうれん草・・・2株
  • 塩・・・少々
  • 出汁昆布・・・5cm×5cm
  • 酒・・・大さじ2
  • 片栗粉・・・少々

<あん>

  • だし汁・・・200ml
  • 塩、薄口しょうゆ、酒・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜

<作り方>

  1. 生たらは塩少々を振り10分置く。クッキングペーパーで余分な水分をとって湯通ししておく。
  2. 1のたらの水分を取り、4等分して薄く片栗粉をつける。生シイタケはそぎ切りする。
  3. 耐熱の器に昆布を敷き、タラと生シイタケを入れて酒をふり、蒸気の上がった蒸し器に中火で10分蒸す。
  4. 鍋にだし汁を沸かし、塩、薄口しょうゆ、酒を加えて水溶き片栗粉を加えとろみをつける。
  5. お椀にたらと椎茸、茹でたほうれん草を盛り4のあんを上からかける。

<出汁の作り方>
利尻昆布10cm×10cm
鰹節(血合いなし)15g
500ml
1.
昆布の汚れを布巾でさっと拭き鍋に昆布と水を加え水温が60℃になるまで加熱する。60℃を保ったまま1時間煮出す。
2.
昆布を取り出し火力をあげて鰹節を加えて火を止め出汁を漉す。

この出汁のとり方はちょっと手間がかかりますが、うまみ成分がよくでて、塩や醤油があまり必要でなくなります。
とてもおいしい出汁がきいた蒸し物ができあがります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

中華点心 もち米団子

141018
もち米に食紅で色づければお祝いの料理にもなります。ひき肉のあんがふっくらと柔らかく、ご年配の方にも好評です。

<材料 20個分>

  • もち米・・・1カップ
  • 豚ひき肉・・・150g
  • 鶏ひき肉・・・50g
  • 干しシイタケ・・・1枚
  • ネギ・・・1/4本
  • ショウガ・・・少々
  • 卵・・・1/2個
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ2
  • 食紅・・・少々

<作り方>

  1. もち米は洗って2等分して、一つは食紅を入れた水につけ、一つは水につけて、3時間つけてからザルにあげて水けを切り、サラサラの状態にする。 141019_2
                      
  2. シイタケとネギ、ショウガはみじん切りにする。
  3. ひき肉に塩、こしょう、酒、しょうゆと2を合わせ、粘りが出るまで混ぜ、水と、溶き卵を加えて更にまぜる。
  4. 片栗粉を加えてよく混ぜて、手に少量のサラダ油を塗って一口大のお団子にする。
  5. 紅白それぞれのもち米にころがして、全体にもち米をつける。
  6. サラダ油を少量塗った皿に並べ、蒸気の立った蒸し器に入れて、強火で2分、少し火を弱めて18分蒸す。141017

辛子醤油を添えて、小さいお重に入れました。アイボーさんがうれしそうに蓋を取ると

141023
ハイどうぞ^^
わ~おいしそうと笑顔がこぼれます。

141022
ポイントはひき肉の餡を粘りが出るまでよく混ぜることです。
やわらかジューシーなお団子に、みんなに喜こんでいただけます。

レシピは昭和55年の暮らしの設計 顧 中正さんの家庭で作れる中国点心を参考にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

広尾の病院

昨日は定期健診のため、広尾の愛育病院に行きました。昭和9年昭和天皇が今上天皇のご出産を記念して恩賜財団母子愛育会を設立したそうです。その歴史ある愛育病院が来年2月に港区芝浦の再開発地域に開院いたします。
私も次は田町まででかけるのかなと思い、寂しい気持ちでいっぱいでした。
主治医の先生からは、南麻布は愛育クリニックとして生まれ変わりますよとお話があり、私は今まで通り広尾に通うことになりました。よかった!!
麻布は外国の方も多く住み、病院はインターナショナルな雰囲気です。レトロな建物も好きですし、なんといっても入院した時のお食事がおいしいのがうれしいですね。

診察が終わり、いつものように帰ろうと思ったのですが、1980年に結婚式を挙げた麻布南部坂教会まで行ってみました。

141013

小さな教会ですが、昔と変わらずひっそりとたたずんでいました。クリスチャンではないのに、教会で結婚式でした。

141014

近くのスーパーで普段使いのペーパーナプキンを買って

141015
ランチにクロワッサンやパイを買いました。また、次の検診も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

バター風味のカボチャのマッシュ

141011_2
昨日は台風のなか両親のところへ。父が病院に行く日なので雨風強い中、気合いを入れて行きました。
父は病院で昼食をいただき、母はお留守番です。二人のために作ったお弁当。五目散らし寿司、ほうれん草とベーコンのバター炒め、ウズラの茹で卵、バター風味のかぼちゃのマッシュ、煮豆を可愛らしくお弁当箱に詰めてハイと母に渡したら、わ~おいしそうと喜びました。

141012_2

写真は小さいですが、今日はカボチャのマッシュをご紹介します。ちょっとした箸休めにもおいしい、またトマトソースとチーズをかければアツアツグラタンにもなります。
レシピをどうぞ。

<材料>

  • かぼちゃ・・・350g
  • 牛乳・・・100ml~120ml
  • 無塩バター・・・大1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々

<作り方>

  1. かぼちゃは皮を取り、種をくりぬいて、電子レンジで柔らかくなるまで加熱して粗熱をとる。
  2. 1を適当な大きさに切って鍋に入れ、弱火にしてバターと塩こしょうを加え、牛乳を少しづつ入れながらマッシャーでマッシュする。
  3. 水分を飛ばしながら木べらで練る。

かぼちゃのミートソースグラタンをご紹介いたします。

~ミートソースの作り方~
<材料4人分>

  • トマト缶・・・1缶(400g)
  • オリーブオイル・・・大1
  • ローリエ・・・1枚
  • にんにく・・・一片
  • 合びき・・・50g
  • たまねぎ・・・50g
  • ナツメグ・・・少々
  • 塩こしょう

29 28
27 

30 <作り方>

  1. ボールにトマト缶を移して、ヘタなどを取って手でつぶす。鍋ににんにくをつぶしたものを入れて、オリーブオイル大1を加えて中火で香りがでるまで炒める。
  2. にんにくに香りが出たら鍋を横にずらし(ガス火の場合は火を消して)1のトマトを入れ、また中火にかけて、ローリエを加え、煮えてきたら弱火にして、軽く塩こしょうをする。
  3. だいたい半分量ぐらいになったら火を止めて、にんにくとローリエを取り出し目の細かいざるで漉す。250mlのソースができます。
  4. 鍋を熱して、分量外のオリーブオイルを敷き、ひき肉を炒め、たまねぎのみじん切りを加え炒める。軽く塩こしょうをしてナツメグを加え、3のトマトソースを加え煮る。味をみて足りなければ塩を加える。

36

  1. グラタン皿にカボチャのマッシュを入れてミートソースをかけ、ピザ用チーズをお好み量かけて、パルメザンチーズとオリーブオイルを少量加える。
  2. 250℃のオーブンで15分ぐらい焼く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

岩手は【食材の宝庫】 

先日、いわての食 ミニ商談会に行ってきました。場所は岩本町貝印のKai Houseです。生産者のみなさんと直接交流ができるチャンスです。岩手の山ぶどうに大変興味があるので、楽しみに参加いたしました。

本州で最大の面積を誇る岩手県は、海と山の幸が豊富で、酪農や農業が盛んです。高原の牛乳やチーズ、豊富な広葉樹を活用した原木しいたけ、野菜や魚、短角牛の岩手ブランドを食べて、直接お話しをしてまいりました。次回の教室で皆様と一緒に堪能したいと思います。

141001

141010

試食をして面白いなと感じたのは、エゴマスタード、今注目のエゴマをマスタードと合わせた食感と風味がとてもさわやかです。上のローストビーフに添えられています。

141003

141002

彩のよい野菜たち

141005
たくさんの種類のりんごから作るジャム

141004
山ぶどうを入れたクリームチーズ。酸味甘みがうまくマッチしてとてもおいしい。

141007
三陸の塩と山ぶどうを組み合わせた塩。

141006
価格が少しお高めですね。

141008
原木しいたけは風味がよく大変においしいと思いました。

141009
乾ししいたけも非常においしい、戻し方は一晩水につけて冷蔵庫に入れておくそうです。戻した汁も出汁に使えますね。

山ぶどうは、試作品も含めて色々な食材として使われていて、ハーブティーのようにお茶としてもおいしくいただけました。
次回の教室は、岩手の食材を使ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

市販のミートソースを使って ジャガイモのミートソースグラタン

フードプロセッサーを使うと、簡単にジャガイモのピューレができます。
そのジャガイモのピューレと市販のミートソースを使って、アツアツのグラタンはいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • ジャガイモ・・・300g(メークイン)
  • 牛乳・・・70ml~100ml目安に
  • 無塩バター・・・10g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 市販のミートソース・・・160g
  • ピザ用チーズ・・・適宜

<作り方>

  1. ジャガイモは茹でて皮をむき、バターと塩こしょうと一緒にフードプロセッサーに入れる。

140960
140961

 2.1に牛乳をを加えて、ピューレになったらスイッチを止める。(ジャガイモは粘りがでやすいので長く回しすぎないこと)

140962

3.グラタン皿に市販のミートソースを入れて、2のジャガイモのピューレを加え、ピザ用チーズを散らして、200℃のオーブンで15分焼く。
140963


140964

140965

140966

アツアツに出来上がり

140967

トーストにつけていただくのもおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »