« 夏のくつろぎ時間 | トップページ | 食の安全を守る夏の冷蔵庫の整理術 »

2014年8月19日 (火)

ナスとしし唐の揚げ浸し

140831

夏に冷たく冷やした揚げ浸しは白ワインや日本酒によく合います。

<材料2人分>

  • ナス・・・2本
  • しし唐・・・4本
  • だし汁・・・1カップ
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 塩・・・少々
  • ミョウガ・・・1本
  • ショウガのすりおろし・・・適宜

<作り方>

  1. ナスはガクを取り食べやすい大きさに切って水でさらしクッキングペーパーで水を良く取っておく。しし唐もガクをとっておく。
  2. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、塩、しょうゆ、みりんを入れて混ぜ合わせ、火を止める。
  3. フライパンに1/3量のサラダ油を入れて、中火で加熱する。1のナスとしし唐を入れて火を通す。
  4. クッキングペーパーで3の余分な油を取ってから2の中に入れて、冷めたら冷蔵庫で冷やす。
  5. 器を冷蔵庫で冷やし、4を盛り付ける。出汁もはってミョウガとショウガをトッピングする。

☆ ポイント ☆

少量の油で手早く揚げ物を作ります。残った油は炒め物に使えます。

pencil 食卓の演出 pencil

かぼちゃの煮物と揚げ浸しで白ワインをいただきました。
織部焼きは西島隆さん。
枝豆の箸置きは廣田硝子さんです。
とても好きな組み合わせです。ガラスの器で涼しさを表現して、器も冷蔵庫で冷やすので、手にもひんやりとします。
枝豆の箸置きが季節感を醸し出し、笹型の器の織部がほど良いアクセントとなって華やかさはないですが、夏の優しいテーブルを演出していますね。

140832
メインは小さいオムレツを作りましたが写真は撮り忘れました。

140840

冷たい稲庭うどんをつるっといただきました。
季節のおいしい食材に感謝して、平和で楽しいひと時、ご馳走様です。

|

« 夏のくつろぎ時間 | トップページ | 食の安全を守る夏の冷蔵庫の整理術 »

野菜料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/60174662

この記事へのトラックバック一覧です: ナスとしし唐の揚げ浸し:

« 夏のくつろぎ時間 | トップページ | 食の安全を守る夏の冷蔵庫の整理術 »