« 【美収納】を考えるポイント | トップページ | ほうれん草と卵のグラタン »

2014年6月16日 (月)

ササニシキで作るマッシュルームと鶏手羽焼きとりチャーハン

なが~~いタイトルですが
残った惣菜の手羽焼き鳥と、ブラウンマッシュルームの香りを生かしたチャーハンです。
塩味がきいてます。

140611

<材料2人分>

  • ササニシキ冷やご飯・・・茶碗2杯
  • ほうれん草・・・1株
  • 卵・・・1個
  • 白ネギ・・・1/4本
  • 鶏手羽先の焼き鳥・・・1/2本
  • ブラウンマッシュルーム・・・1個
  • 太白ごま油・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. 鉄のフライパンを中火で熱する。分量の油を回し入れて、油を器に取る。大さじ1の油を戻し入れて、みじん切りのネギと、手でさいた鶏手羽焼き、薄く切ったブラウンマッシュルームを炒める。
  2. 皿に平らに盛り付けたご飯をラップをせずに電子レンジで温め、1に加えて炒め、塩コショウを加えて炒める。(ここで味を整えておく)
  3. フライパンの中央をあけて、少量の油を入れ卵を入れる。卵を円を書くようにほぐしてからご飯に混ぜ炒める。(ここで、ご飯にコーティングするようにやさしく混ぜるように炒める)
  4. 茹でたほうれん草を切って加える。
  5. 味をみて塩が足りなければ加え、分量外の油をさっとかけまわして混ぜ、皿に盛る。

140610

pencil ワンポイントアドバイス pencil

チャーハンをパラリと作るコツは油を少し多めに使うとうまくいきます。
また、ササニシキとコシヒカリの違いは粘り気と風味です。
ササニシキは口の中でフワッとお米が香ります。
この特徴を生かしてチャーハンを作れば、コシヒカリで作るチャーハンとは全く別の味になります。
炒めご飯にして【少し冷めてもおいしい】という特徴もあります。

140504

減農薬、無化学肥料で大切に育てた無洗米ササニシキはアグリサービス高勝さん
5月の花がたみで皆さんにお土産にした、1kgのササニシキですが、パッケージがすごくかわいいと好評でした。
http://www5.ocn.ne.jp/~aguri/

☆ 7月の花がたみのご案内 ☆

【日時】 7月6日(日) 11時〜14時 FIFAワールドカップ日本酒シリーズ南部美人
     7月20日(日) 11時〜14時 FIFAワールドカップ日本酒シリーズ伯楽星

【場所】 恵比寿ガーデンテラス壱番館の自宅

【内容】 料理のデモンストレーションとテーブルコーディネートのお話 食事会

【会費】 おひとり様6千円

【コンセプト】

パーティースタイルのカジュアルコーディネート
皆様がパーティーを開くときのポイントをデモンストレーションします。
FIFAワールドカップ2014オフィシャルライセンスプロダクトの試飲
今回は、5月に使用したこせんカフェの器とティサージュムテのクロスを使ってカジュアルモダンのパーティテーブルを作ります。

7月はササニシキを使ったチャーハンを作ります。
実際に召し上がっていただいて、おいしさを体験していただきます。

【お問い合わせ】
 k-tamakazura@nifty.com

|

« 【美収納】を考えるポイント | トップページ | ほうれん草と卵のグラタン »

ご飯もの」カテゴリの記事

伊万里 鍋島焼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/59823921

この記事へのトラックバック一覧です: ササニシキで作るマッシュルームと鶏手羽焼きとりチャーハン:

« 【美収納】を考えるポイント | トップページ | ほうれん草と卵のグラタン »