« 春の味覚 筍と蛤の鍋 | トップページ | Ma by So Shi Teさんお店移転 »

2014年4月26日 (土)

小さい花束を効果的に飾る方法

お天気に誘われて散歩をすると、色とりどりの美しい花が咲き乱れ、うっとりしますね。
4月は新しい生活をスタートさせて、お客様をお招きする方も多いかと思います。
お料理を一生懸命に作り、掃除をして、もうそこで精一杯になってイザお客様がいらっしゃると、ぐったりと疲れるという経験をされたことがありませんか?

掃除はポイントをきれいにすることを心掛けてみましょう。
例えば窓ガラスをきれいにする。
キッチンをさっぱりと掃除する。
トイレを美しくしてお花を飾る。
などポイントを押さえましょう。

さて、今日はお花の飾り方をマスターしてみましょう。
とても簡単なので、お花を買う時の参考にしてみてください。

140416_3

☆ 用意するもの ☆

小さいブーケ
活ける器、はさみ、切り花の鮮度保持剤
鮮度保持剤は薄めて使うので薄めるための容器(ペットボトルに入れるときは飲み水と間違えないように)

140418
ブーケの長さ 20cm未満の場合

140417_2

器の高さ12cm 幅8.3cmの器を使います。
ブーケを16~18cmに切り

140419

器に入れてみます。
バランスが大体よければ水を入れて、ブーケの輪ゴムを切ります。

140420

テーブルクロスを敷いて、お花をバランスよく少し手を加えれば出来上りです。
日ごろから、この器にこのぐらいのボリュームの花が適当ということを覚えておけば
小さいブーケを利用して、テーブルが華やかに演出できます。

さて、5月の花がたみテーブルコーディネートサロンでは
明日ホームパーティー!すぐに役立つお花の生け方をデモンストレーションいたしま

☆ 5月の花がたみのご案内 ☆

【日時】 5月11日(日) 11時~14時 満席
     5月25日(日) 11時~14時 募集中

【場所】 恵比寿ガーデンテラス壱番館の自宅

【内容】 料理のデモンストレーションとテーブルコーディネートのお話 食事会

【会費】 おひとり様6千円

料理は前菜とカフェスタイルのワンプレート、国産ワインの試飲を予定しています。

今回はカジュアルなテーブルコーディネートを通して
これからの食のスタイルを考えてみたいと思っています。

【コンセプトは】

部屋着に着替え、さあ!お家でくつろぎましょう。

まずは、世界的に有名なフランスのティサージュ・ムテのテーブルクロスを使います。
http://www.o-rose.com/TissageMoutet.htm

器は伊万里鍋島焼こせんカフェさんのカジュアルな器です。
虎仙(こせん)窯は伝統の鍋島焼窯です。
気軽に使える日常の器を新しく手掛け、こせんカフェが誕生しました。
未来につながる若いパワーを私のテーブルで
思い切って華やかに表現してみようと思います。

http://www.imari-kosengama.com/cosencafe/index.html

普段着のテーブル
花がたみのテーブルで皆様をお待ちいたしております。

お問い合わせは k-tamakazura@nifty.com

 

 

 

|

« 春の味覚 筍と蛤の鍋 | トップページ | Ma by So Shi Teさんお店移転 »

テーブルコーディネート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/59531879

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい花束を効果的に飾る方法:

« 春の味覚 筍と蛤の鍋 | トップページ | Ma by So Shi Teさんお店移転 »