« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

Ma by So Shi Teさんお店移転

140421

青山霊園近くにあったMa by So Shi Teさんが 、外苑前駅すぐ近くに移転されました。
日本製品にこだわったインテリアショップです。
温かい日に誘われて、ショップにお邪魔しました。
外観もShiroさんらしい、モダンな作りで目を引き、駅前の好立地で、お客様が大勢いらっしゃいます。
インテリア関係のお仕事をされている方も見受けられて、良いスタートを切られましたね。

140422

この日のお買い物は母のお箸と今治タオルです。
お箸は少し小さめを選びました。

140423

そして、今治タオルはその良さを聞いていましたので買い求めました。
丁寧に作られていますね。優しい雰囲気のタオルを選び、これはアイボーさんに^^
ネットショップもありますので、お気軽にお店をのぞいてみてくださいね。
ホームページはhttp://www.mabysoshite.com/

それから、この日はもう一つの目的
こせんカフェさんの川副隆彦さんが【職人展】のために
伝統工芸青山スクエアにいらしていることをフェイスブックで知りまして、お目にかかりました。
虎仙(こせん)窯は伝統の鍋島焼窯です。
気軽に使える日常の器を新しく手掛け、こせんカフェが誕生しました。
未来につながる若いパワーの川副さん、期待したいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
こせんカフェさんのホームページは
http://www.imari-kosengama.com/cosencafe/index.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

小さい花束を効果的に飾る方法

お天気に誘われて散歩をすると、色とりどりの美しい花が咲き乱れ、うっとりしますね。
4月は新しい生活をスタートさせて、お客様をお招きする方も多いかと思います。
お料理を一生懸命に作り、掃除をして、もうそこで精一杯になってイザお客様がいらっしゃると、ぐったりと疲れるという経験をされたことがありませんか?

掃除はポイントをきれいにすることを心掛けてみましょう。
例えば窓ガラスをきれいにする。
キッチンをさっぱりと掃除する。
トイレを美しくしてお花を飾る。
などポイントを押さえましょう。

さて、今日はお花の飾り方をマスターしてみましょう。
とても簡単なので、お花を買う時の参考にしてみてください。

140416_3

☆ 用意するもの ☆

小さいブーケ
活ける器、はさみ、切り花の鮮度保持剤
鮮度保持剤は薄めて使うので薄めるための容器(ペットボトルに入れるときは飲み水と間違えないように)

140418
ブーケの長さ 20cm未満の場合

140417_2

器の高さ12cm 幅8.3cmの器を使います。
ブーケを16~18cmに切り

140419

器に入れてみます。
バランスが大体よければ水を入れて、ブーケの輪ゴムを切ります。

140420

テーブルクロスを敷いて、お花をバランスよく少し手を加えれば出来上りです。
日ごろから、この器にこのぐらいのボリュームの花が適当ということを覚えておけば
小さいブーケを利用して、テーブルが華やかに演出できます。

さて、5月の花がたみテーブルコーディネートサロンでは
明日ホームパーティー!すぐに役立つお花の生け方をデモンストレーションいたしま

☆ 5月の花がたみのご案内 ☆

【日時】 5月11日(日) 11時~14時 満席
     5月25日(日) 11時~14時 募集中

【場所】 恵比寿ガーデンテラス壱番館の自宅

【内容】 料理のデモンストレーションとテーブルコーディネートのお話 食事会

【会費】 おひとり様6千円

料理は前菜とカフェスタイルのワンプレート、国産ワインの試飲を予定しています。

今回はカジュアルなテーブルコーディネートを通して
これからの食のスタイルを考えてみたいと思っています。

【コンセプトは】

部屋着に着替え、さあ!お家でくつろぎましょう。

まずは、世界的に有名なフランスのティサージュ・ムテのテーブルクロスを使います。
http://www.o-rose.com/TissageMoutet.htm

器は伊万里鍋島焼こせんカフェさんのカジュアルな器です。
虎仙(こせん)窯は伝統の鍋島焼窯です。
気軽に使える日常の器を新しく手掛け、こせんカフェが誕生しました。
未来につながる若いパワーを私のテーブルで
思い切って華やかに表現してみようと思います。

http://www.imari-kosengama.com/cosencafe/index.html

普段着のテーブル
花がたみのテーブルで皆様をお待ちいたしております。

お問い合わせは k-tamakazura@nifty.com

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

春の味覚 筍と蛤の鍋

140414

大好きな組み合わせ
旬の筍とわかめ、蛤
出汁昆布で出汁をとり、お吸い物ぐらいのお味をつけて、小鍋に入れて春を楽しみます。
筍はご飯でも、若竹煮でもお鍋でも、牛肉の煮ものでもおいしいですね。
たっぷりと身の入った蛤の組み合わせも最高です。
ビールや白ワインを楽しんで、最後はうどんを入れて切三つ葉を彩に。

ゆっくりとゆっくりと食卓の春を楽しみ
そして往く春を心に刻んでいきます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

残りご飯でバター醤油風味のカレーピラフ

140413

朝、ご飯を炊くと少し残ります。2~3日分をためて風味の良いピラフ風にしました。

<材料2人分>

  • ご飯・・・お茶碗軽く2杯
  • ベーコン・・・1枚
  • ニンジン・・・15g
  • ブロッコリー・・・1房
  • タマネギ・・・小1/4
  • カレーパウダー・・・大さじ1
  • ターメリック・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1/2
  • 塩コショウ・・・少々
  • 無塩バター・・・大さじ1

<作り方>

  1. ご飯はラップをせずに電子レンジで温める。野菜は小さく切り電子レンジで柔らかくする。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、分量外のサラダ油を少々ひきベーコンを炒める。
  3. 良い香りがでてきたら野菜を入れてサッと炒め、バターを加えて溶けたらご飯を入れ、ご飯にバターを絡める。
  4. 塩コショウをして、カレーパウダーとターメリックを入れて炒め、最後にしょうゆをかけまわす。

バター醤油とスパイスがうまくマッチして、香り豊かなピラフになります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

余った生クリームを使って、ベーコンと赤ピーマンのクリームパスタ

140412

お菓子で使った生クリームが50ml余っていたので、生クリームとバターをたっぷり入れたパスタを作りました。
コクがでておいしいパスタです。
野菜も余りもの。
少しずつ余った食材を使ったランチです。

<材料2人分>

  • ベーコン・・・1枚
  • 赤ピーマン・・・1/2個
  • タマネギ・・・1/4個
  • 生クリーム・・・50ml(脂肪分35%)
  • 牛乳・・・50ml
  • 無縁バター・・・10g
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • フェデリーニ・・・160g(太さ1.4mm)

<作り方>

  1. フェデリーニはゆで時間より1分早めにゆで上げる。
  2. フッ素加工のフライパンを温め、少量のサラダ油を加えてベーコンを炒める。
  3. 良い香りがしてきたら、タマネギと赤ピーマンを炒めバターを加える。
  4. 生クリームと牛乳を加えて、ゆで上げたフェデリーニを混ぜる。塩こしょうをして皿に盛り付ける。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

マンゴープリン

140411

【5月の花がたみサロン】のお菓子はマンゴープリンにしようかなと思います。
ふんわりとした生クリームととても相性が良かったです。
誰にでもすぐにできて、失敗のないマンゴープリンです。

ソーサーはFrancfrancのソーサーです。
実家にソーサーだけ置いてあります。可愛いお皿ね~と母が言ったので
料理の盛り付けにしています。
両親もマンゴープリンが大好物です。
おいしねーと二人でほほえましく食しておりました。
幸せのランチタイムでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

牛肉とブロッコリーの簡単炒め物

140410

ブロッコリーはお弁当に入れたり、サラダにしたり大活躍の野菜です。
いっぱい茹でておいて、サラダや炒め物で楽しみたい野菜ですね。

<材料2人分>

  • 牛肉切り落とし・・・100g
  • ブロッコリー・・・小5房
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 牛肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょう少々を振って片栗粉をはたいておく。
  2. ブロッコリーは柔らか目に茹で茎の部分は小口切り、房は食べやすい大きさに切る。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、サラダ油を加え、牛肉を炒める。
  4. ブロッコリーを加えて炒め、軽く塩こしょうをしてしょうゆとみりんを加えサッと絡めて皿に盛る。

片栗粉でコーティングされた牛肉は、あっさりとした味付けで牛肉の旨みが味わえます。

 

new お知らせ new

Facebookページを作りましたeye http://www.facebook.com/hanagatami eye
Facebookページでは器の使い方、料理レシピ、テーブルコーディネートをわかりやすく解説していく予定です。
是非応援してくださいね。【いいね】を押してくだい。

ご質問とお問い合わせ】

テーブルコーディネートサロン花がたみでは、ホテル・レストラン・百貨店でのテーブルコーディネートセミナーを承っております。
また、ハウジィングアドバイザーの経験を生かしまして、マンションのモデルルームやモデルハウスでの間取りにあわせた、美・収納講座も承ります。
お問い合わせ・ご依頼は花がたみへお願いいたします。
メールアドレス k-tamakazura@nifty.com

今までの仕事を掲載しています。  http://homepage2.nifty.com/hanagatami/office01.html

                       テーブルコーディネーター ライフスタイルマイスター
                      猪名川久美子

           100144_2東芝ネットワーク家電 フェミニティ倶楽部100144_2

91

フェミニティ倶楽部では、季節の料理レシピとテーブルコーディネートを掲載しています。
       携帯電話からアクセスしてくださいね。http://femini.net 

               100144_2 花がたみのホームページ100144_2

Top_image

          今までのテーブルコーディネートの写真など掲載しています。
                 こちらもよろしければご覧ください。
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
               http://www.hanagatami-salon.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

ちりめん山椒

140405

我が家の常備菜 ちりめん山椒は毎朝ご飯と一緒にいただいています。
今日は黒ゴマをたっぷりと入れて黒ゴマと粉山椒の香りを楽しみました。

ちりめん山椒の作り方

<材料>

  • ちりめんじゃこ・・・60g
  • 炒め油・・・大さじ1(サラダ油など)
  • しし唐・・・3本
  • 薄口しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • すりゴマ・・・大さじ1
  • 粉山椒・・・少々

<作り方>

  1. ちりめんじゃこはザルに入れて、湯をさっと通しておく。しし唐は半分に切り、種を取って小口切りにする。
  2. 鍋を中火で温めて炒め油をひき、1のしし唐を炒め、さらにじゃこを加えてサッと炒める。
  3. 酒と薄口しょうゆで味を調え、すりゴマを加えて火を止める。最後に粉山椒を振る。

醤油は薄口でも濃口でも、また酒の代わりにみりんでもお好きな味に調理してください。

140406

たくさん作って冷凍しておくのも便利ですね。

140408

頂き物のすりごまですが、香りがとても良いです。
厳選した黒ごまを独自の製法で超微粒子ごま、すりごま、粗ずりごまの3種類にブレンドされています。
ごま大好きなので、今度はドレッシングに入れてみようと思います。

興味のある方はサイトをご覧ください。 ごまの大村屋

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

器で楽しむ【春】

東京はあいにくの雨
桜ももう満開になり、春爛漫を迎えました。

昨日は朝お散歩をしながらお花見を楽しみましたよ。

140402

家に帰り
朝食はお稲荷さんと旬を迎えたあさりの味噌汁でいただきました。

140404

食事が終わると器の景色が現れます。

今日使った器は私の大好きな作家、立原正秋さんの実際に書いた花という字を使って器をプロデュースしたそうです。
数年前画廊で立原正秋回顧展で買ったけれど、残念なことに一枚割ってしまいました。好きなお皿はよく割ってしまう。

140403

貝殻で作られた象嵌の箸。毎日使う箸が食卓を華やかに演出してくれます。
桜が舞ってきれいですね。
作っているのは岩手県北上市の有限会社 夢工房さんです。http://www.iwate-yumekobo.com/

たくさんの幸せに囲まれた、おいしい朝食でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »