« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

耐熱のカッティングボードの使い方 NO1

 

140226_2

先日45cm×15cmのちょっと長い耐熱ガラスのカッティングボードを買いました。
可愛らしいでしょう^^

140224

こんな風に二人でケーキを分け合うのも楽しい。

T140113

数日前のランチテーブルにケトルやカジュアルなティーポットを置いて、鍋敷きのように使います。
テーブルにもマッチしていて華やかになります。

T140114

普段のカジュアルなランチのひと時
ベーコンのパスタとミルクティーで
寒い季節にはテーブルマットに、プロバンスプリントを使うことがよくあります。
美しい色の花が咲く春。
もうすぐやって来ますね、楽しみに待ちましょう。

140225

夜はそら豆と薫り華やぐエビスで乾杯でした。

カッティングボードはhttp://www.afternoon-tea.net/pc/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

ラフマニノフと浅田真央

ソチオリンピックも終わり、心に残ったことを書き残しておきたいと思います。
私は、真央ちゃんの子供のころからのファンです。
フリーの演技では、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を選んで、トリプルアクセルに挑戦すると聞いて、ラフマニノフを選んで大丈夫なのかしら?と不安が残りました。

12_2

2008年に観た映画【ラフマニノフ ある愛の調べ】の美しかったこと、感動して涙が止まりませんでした。
苦しみぬくラフマニノフ
苦悩の末にピアノ協奏曲第2番が生まれました。

『美しい3人の女性と祖国への望郷の念。
贈り主不明の懐かしい故郷の花ライラック。
花束は贈り続けられる。
ライラックの花と美しい旋律の音楽が涙と感動のラストシーンでした』

と2008年のブログに綴っています。
あの曲を真央ちゃんが舞う。

SPではトリプルアクセルを失敗して、絶望の表情の真央ちゃんでした。
一夜明けてのフリーの演技
あの映画の感動とぴったり寄り添い、ラフマニノフを自分のものとして舞ったあなたにとても感動しました。
私の中で、永遠のラフマニノフと永遠に美しい浅田真央さん、メダルよりも価値ある一瞬をありがとう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

大吟醸浦霞 EXTRA

昨日はアイボーさんの誕生日でした。
両親のところで雑用をこなして帰宅時間が遅くなり、簡単な食事を作って日本酒で乾杯をしました。

140220_3

スズキのカルパッチョと合わせて

1402211

ささやかなお祝いでしたが、とても幸せなお誕生日ディナーでした。

【大吟醸浦霞 EXTRAについて】

140223

大吟醸浦霞 EXTRAはコルク栓貯蔵で香りのよいお酒です。
3月の花がたみサロンで、皆様に試飲していただくために購入いたしました。
これから料理を考えて、あなたとご一緒に楽しみたいと思います。

大吟醸浦霞 EXTRAに興味のある方はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

蛤と豆腐のスープ

140219

寒い季節の温かいスープはご馳走ですね。
今日は身もふっくらとおいしくなった蛤をスープにしました。ひな祭りももうすぐ^^
春が待ち遠しい今日この頃。

<材料2人分>

  • 蛤・・・4個
  • 昆布だし・・・400ml
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
  • 豆腐・・・1/4丁
  • アサツキ・・・2本(三つ葉でも)

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、塩と酒で調味して良く洗った蛤を加えて貝の口が開いたら豆腐を加え、さっと煮てアサツキを入れて器に盛る。
あら?一行レシピでした^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

ブロッコリーとベーコン、牡蠣のアツアツココット

140218

各地の雪の被害の大きさに、ただおろおろする日々です。
お見舞い申し上げますという言葉もむなしくなります。

さて、寒い毎日ですが、料理を作っても食卓ですぐ冷たくなりますね。
そんな時はオーブンで少し温めると、冷めにくくとてもおいしくいただけます。

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・6個
  • ブロッコリー・・・60g
  • ベーコン・・・5mm厚さで1枚(薄切りなら2枚)
  • マッシュルーム・・・2個
  • ニンニク・・・1片
  • 無塩バター・・・15g
  • サラダ油・・・少々
  • 薄力粉・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
<作り方>
  1. 水を入れたボールに牡蠣を入れて振り洗いしてから、クッキングペーパーで水分を取る。
  2. ブロッコリーは茹でて食べやすい大きさに切る。ベーコンは1cmに切る。マッシュルームも食べやすい大きさに切る。
  3. フッ素加工のフライパンを温めてサラダ油をひき、薄力粉をつけた牡蠣を中火で焼く。
  4. 3の牡蠣は皿に取り、ニンニクを炒めてベーコンとマッシュルームを加え炒める。
  5. 4にブロッコリーを入れて、塩こしょうをする。牡蠣を戻して、最後にバターを溶かして全体にサッと混ぜ、ココット(グラタン皿)に盛り付ける。
  6. パルメザンチーズをふって200℃のオーブンで7~8分温める。
混ぜてアツアツを召し上がれ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

ホワイトバレンタインデーのような

ホワイトバレンタインデーのような、まっ白でスタイリッシュなパソコンと
情熱的な赤のマウスがバレンタインデーに届いた。

140216

Windows 8.1で、私もこれからアップグレードしていきます。

140217

今後も情熱をかけた料理レシピやテーブルコーディネート、収納の情報発信を楽しみにしていてください。

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

手に触れた伝統工芸 テーブルウエア・フェスティバル2014

雪がハラハラと舞い降りる2月の寒い日
久しぶりに東京ドームを訪れました。
今回の目的は「新生・染付と青の食卓~伊万里・有田焼~」
有田焼は2016年に400年を迎えるそうです。今回は伊万里・有田の窯元14社が染付をはじめとする新しい青の世界を表現した器を展示しています。
畑萬さんの青の世界に惹かれて、やってまいりました。

140211

140213

畑石眞嗣社長がご説明をしてくださるという、とても贅沢な一日でした。
畑萬さんの白磁の白は輝くばかりに白く、伝統的な絵柄と現代的なデザインが新鮮でした。
目には見えないほどの傾斜が施されていて、軽いソースも盛り付けられるそうです。
心の中の魂が揺さぶられる瞬間を感じました。
テーブルコーディネーターとして、日本の伝統文化を皆さんにお知らせするにはどうすれば良いのか?
とても深く考える一日でした。
畑萬陶苑さんはこちらから。

140210

そして新しい伊万里
こせんカフェさんの若い世代の皆様にもぴったりの器が発表されました。
組み合わせ自由、カフェオレボールやプレートなど、シンプルで使い勝手が良さそうです。
新しい伊万里、期待したいですね。
虎仙窯さんはこちらから。

最後に

140215

江戸切子がとてもきれいだったので

140214

箸置きを買いました。
伝統工芸士 瀧澤利夫さんとお話ができて美しいグラスを拝見できて
有意義なテーブルウエアフェスティバルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

雪の朝

140209_2

朝起きた時はあまり降っていなかった雪も、9時にはかなり積ってきました。
今日は午後から東京ドームに再度訪れる予定でしたが、この雪では難しいですね。
となりのホテルでは従業員さんが雪かきに追われています。
一日雪かきをすることになるのでしょうか、ご苦労さまです。

今日は早めにお買い物をして、夜は雪見酒を楽しもう。
明日は道路も凍ってどうなることでしょう。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

女性にやさしいチャーハンの作り方

140208

あるとき、チャーハンをパラパラに作る方法として、最初にご飯を卵で混ぜると良いと聞いて、試したことがあります。
味をつけずに卵で混ぜたので、後から塩を入れてもご飯に味が回らない(。>0<。)
この失敗で良い方法を思いついたのです。
フライパンを振らなくてもおいしくできるのです!!
女性の皆様、簡単です^^

<材料2人分>

  • 冷やご飯・・・茶碗2杯
  • 焼き豚・・・2枚
  • 卵・・・1個
  • 白ネギ・・・1/4本
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • ゴマ油・・・少々

<作り方>

  1. 鉄のフライパンを中火で熱する。分量の油を回し入れて、油を器に取る。大さじ1の油を戻し入れて、みじん切りのネギと、1cmの大きさに切った焼き豚を炒める。
  2. 皿に平らに盛り付けたご飯をラップをせずに電子レンジで温め、1に加えて炒め、塩コショウを加えて炒める。(ここで味を整えておく)
  3. フライパンの中央をあけて、少量の油を入れ卵を入れる。卵を円を書くようにほぐしてからご飯に混ぜ炒める。(ここで、ご飯にコーティングするようにやさしく混ぜるように炒める)
  4. しょうゆを加えて、ゴマ油をさっとかけまわして混ぜ、皿に盛る。
油を少し多めに使うほうがうまくいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

定期的なキッチンの掃除

やっと大掃除も終わったばかりなのに、また掃除の話?
はい(^-^;機能的な動線を考えながら、すぐに掃除ができるキッチン作りを目指しています。

140201

なかでも、食器棚の引き出しは汚れやすいところです。
ワインオープナーや輪ゴム、れんげや楊枝、その他ちょっと取っておこうかしら?のもので溢れていませんか。
ここをスッキリさせると、収納のポイント率がぐ~んとアップします。
まずは全部取り出して、引き出しをきれいにして、使わないものは思い切って処分しましょう。
箱を利用すると掃除するのも便利です。

140202

塗りもののれんげは傷つきやすいので、クッション変わりにタオルをかけています。

140207

マッシャーや綿棒、あっちに行ったり、こっちに来たりにならないように、置く場所を固定しておきましょう。スッキリさせておけば、掃除もラクラクですよ。

140206

メモ用紙も食器棚の側面にかけておきます。

ゴミ箱の後ろには

140204

空き瓶や空き缶を

140205

ゴミ箱にはフックをつけて、可燃ごみと不燃ごみに分けています。

140203_2

前から見ると、すっきりしているでしょう^^
日頃から美収納を心がけると、いつでもきれいなキッチンを手に入れることができます。
さて、寒いけれど体を動かして、お掃除しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

新タマネギ

140115

まだまだ寒い日本列島ですが、スーパーには新タマネギが並びました。
透き通って白いタマネギをスライスして、かつお節としょうゆでいただきます。
寒い季節の白は雪を連想して、清純な心を感じます。
友人のFBで北国の雪の写真を拝見しました。
雪の降らない東京では、その清純な美しさを心に刻みますが
北国にお住まいの方々の忍耐を思うと、とても複雑な気持ちになります。
明日は節分、春を待つ。

この日の献立は

140116

アツアツの牡蠣フライでした。
タルタルソースを添えて、キャベツもたっぷりと。
今年の牡蠣は更においしく感じます。
温かな料理で寒い冬を乗り切りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »