« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

セリと塩じゃけの出汁茶漬け

140114

セリは色々な食材と良くマッチしておいしい。しかもビタミンCやミネラルが豊富だそうです。
今回は塩じゃけといっしょにお茶漬けにしました。

<材料2人分>

  • 塩じゃけ・・・1切れ
  • セリ・・・20g
  • カツオと昆布出汁・・・400ml
  • ご飯・・・軽くお茶碗2杯
  • すりゴマ・・・少々
  • 塩・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
  • 薄口しょうゆ・・・大さじ1/2
<作り方>
  1. 塩じゃけは焼いておく。セリは食べやすい大きさに切る。ご飯は温めておく。
  2. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、塩、酒、薄口しょうゆを加えて温め、セリを入れる。
  3. 小さめの丼にご飯を入れて、ほぐした塩じゃけを入れて2をかける。最後にすりゴマをかけていただきます。
セリは肉にも魚にもおいしい組み合わせです。寒い冬に是非色々と組み合わせて皆さんも召しあがってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

ダイコンとせりのスープ煮

140113

ダイコンがとてもおいしい季節ですね。甘みのあるダイコンと苦みのせりがとてもおいしい。
お鍋をして、余っているしゃぶしゃぶ豚肉も入れてボリュームアップです。

<材料2人分>

  • ダイコン・・・400g
  • 豚ロースしゃぶしゃぶ・・・100g
  • せり・・・40g
  • だし汁・・・500ml(昆布とかつおだし)
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 酒・・・大さじ1
  • こしょう・・・少々
<作り方>
  1. しゃぶしゃぶ用の豚肉は分量外の塩少々をふって10分置く。
  2. ダイコンは1cmの半月切り、せりは食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かし、ダイコンを入れて塩と酒を加え、ダイコンが柔らかくなるまで煮る。
  4. 1の豚肉を加え火を通してせりを入れる。器に入れてこしょうをふる。
白ワインにも日本酒にも相性がよい料理です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

Weekend Dish 牡蠣とほうれん草のバター炒め

140112

お久しぶりのWeekend Dishのお時間です。
Weekend Dishは簡単でおいしくて、お酒のおつまみにぴったりの料理です。
お料理初心者さんでも簡単にできます。
今日はお鍋ものでちょっと余る牡蠣やほうれん草をおいしくいただく料理ですよ。
一人暮らしの方にも是非rock

<材料2人分>

  • 牡蠣・・・6個
  • ほうれん草・・・4株
  • 無塩バター・・・10g
  • レモン・・・薄切り1枚
  • 薄力粉・・・適宜
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. 牡蠣は塩水でふり洗いをして、サッと水洗いし、汚れを取りキッチンペーパーで水分を取っておく。ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切っておく。
  2. 1の牡蠣に塩こしょうを少々ふって、薄力粉をつけて余分な粉を取り、フライパンを中火で温めて、無塩バターで両面こんがりと焼いて完全に火を通す。
  3. ほうれん草も加えて炒め味をみて塩こしょうを足す。器に盛り付けレモンをぎゅっとしぼっていただきます。
牡蠣が香ばしくて、ワインにも日本酒にもバッチリですよbottlewine
では楽しい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

グラスの輝きに花を活ける

140111

バカラのグラスを兄が父にプレゼントしてくれました。
もうお酒を飲むことはできないので、花を活けました。
実家の近くのお花屋さん。スプレーバラがきれいだったので。
200円のお花。お花がリーズナブルだとうれしいですね。
母が「わ~きれいなお花、このグラスにぴったりね」とても喜びました。
[quality of life]
高齢者は、より人間らしい生活をしなければいけません。
本人も努力し、家族もサポートして初めて成り立つもの。


140110

次の日、きれいにボリュームアップした花。
夜になると、照明でグラスがキラキラ光ってすごくきれいよ。と母が何度も話していました。
父は視力の衰えが激しくて、ピンク色の束のように見えるけど、バラだな!きれいだね~と話していました。
ほほえましい午後のひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

我が家の秘密兵器

140109

じゃーん^^
シャークのスチームポータブルです。
去年から、窓を月一回掃除をしてもらっています。我が家の窓ガラスを掃除するのは本当に大変なんです。
お掃除をしてくださる方も、良い方法はないかと考えてくださって、お持ちいただいたのがこのシャークのスチームで汚れを取るという方法です。
なんと窓がピカピカになって本当にびっくりです。
さっそく私も買いました。洗面台の隙間やステンレスもきれいになりますね。びっくり。
お掃除が大好きな私は、昨日の夜はあちらもこちらもとお掃除してしまいました。

古い家でもピカピカに磨くのは本当に楽しくて、素敵なことですね。
きれいになった部屋でワイングラスにワインを注ぎ、音楽と夜景を楽しむ時に、窓がピカピカは気持ち良いですね。
一番のご馳走かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

バレンタイン必見!ランチョンマットをテーブルクロスに

バレンタインデーは最近、少し変化してきていますね。
もちろん大好きな人に告白heartなんて素敵ですが、隠れ女子会も盛んです。
そんな時に超裏ワザとして、ランチョンマットをテーブルクロスに早変わりさせて、女子力をアップupupさせてみましょう。

T140110

お友達からこんな可愛いブーケをいただき、少し切り詰めて

T140111

グラスに活けます。

140103

お正月に使ったランチョンマットは

T140112

テーブル全体に敷いて、取り皿やグラス、スプーン&フォーク、ペーパーナプキンをかわいらしくセッティングします。
これだけで!テーブルコーディネートの出来上がり。簡単でしょ(*゚▽゚)ノ

ランチョンマットはフランフランです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

タケノコと鶏団子の煮物

140108

お正月の煮物で余ったタケノコはありませんか?
今日は鶏団子と一緒に煮物にしました。
鶏団子も材料の半分を使うので、残りの半分は冷凍して、お鍋に活用してね。

<材料2人分>

  • タケノコ・・・130g
  • 鶏団子・・・150g
  • ほうれん草・・・2束
  • だし汁・・・300ml
  • 薄口しょうゆ・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
A 鶏団子

  • 鶏モモひき肉・・・300g
  • ゆず味噌(市販)・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ2
材料をボールに入れて良く混ぜておく。

<作り方>

  1. 鍋にだし汁を入れて沸騰したら、湯通ししたタケノコを薄くスライスして加える。
  2. 材料を混ぜたAの鶏団子の1/2量をスプーンで小さくすくい1の中に入れる。アクが出たら取り除く。
  3. 薄口しょうゆと酒を加えて弱火で15分ぐらい煮る。最後に茹でたほうれん草を加えて火を通し、器に盛る。
Aの鶏団子をたくさん作っておくととても便利です。鍋にも煮物にも使い方色々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

牡蠣のお雑煮

140107

三が日が過ぎると必ずいただくお雑煮です。
牡蠣とお餅は本当に相性が良くて、冬の楽しみな一品です。
今回の具は切りミツバと薄焼き卵、蒲鉾を入れています。

そこで以前撮りました写真も合わせまして、レシピもアップいたします。

<材料2人分>

  • 加熱用牡蠣・・・4個
  • 餅・・・2個
  • ほうれん草・・・2株
  • しめじ・・・6本
  • だし汁・・・600ml
  • 酒・・・大1.5
  • 薄口しょうゆ・・・大1.5
  • 塩・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • スダチ・・・1/4個
  • 炒め油・・・少々(我が家は太白ごま油)

<作り方>

  1. お餅は4等分に切ってフライパンを中火にしてこんがりと焼く。    

    130231

  2. 牡蠣は塩水でふり洗いをし、冷水でさっと洗ってキッチンペーパーで水分をよく取る。片栗粉をつけて、中火に温めたフライパンに炒め油を加えこんがりと焼く。                        

    130232_2

  3. 鍋に小口切りにしたシメジを入れ、だし汁を沸かし、薄口しょうゆ、酒、塩少々を入れる。
  4. 温めておいた器に1のお餅4個を入れて、2の牡蠣2個を加える。茹でたほうれん草を食べやすい大きさに切り、形よく盛り合わせる。3のだし汁を上から入れて、最後にスダチを添える。

130230_2

お酒のもとても相性が良いです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

春よ来い

寒い日が続いています。
雪の降り続いているところにお住まいの皆さん、春はまだ先ですが、白銀の世界の次には優しい色の花が咲きます。
今日は春をイメージしてテーブルをコーディネートいたしました。

春よ来い

T140107

お花はラナンキュラスやチューリップ
黄色やオレンジの花たち

T140108

キャンドルも黄色
テーブルには桜のキャンドルを飾ります。
マットはプロバンスプリントで、柔らかい雰囲気で春を待ちます。
春よ来い、早く来い。

T140109

今日は春のテーブルで、焼きそばランチを楽しみました。

続きを読む "春よ来い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

豚しゃぶ肉の治部煮(じぶに)風

金沢の郷土料理に治部煮(じぶに)があります。
鴨肉に片栗粉をまぶしてだし汁で調理した料理です。金沢独特のすだれ麩も入れるそうですが、我が家の冷蔵庫にいるもある食材で、体が温まる一品にしました。
燗酒でどうぞ。

140105

<材料2人分>

  • 豚ロースしゃぶしゃぶ用・・・80g
  • ダイコン・・・300g
  • 白ネギ・・・1本
  • 生シイタケ・・・2枚
  • ショウガ・・・1片
  • だし汁・・・300ml
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
<作り方>
  1. 豚しゃぶ肉に分量外の塩少量をふって片栗粉を薄くつける。
  2. ダイコンは2cm幅に切りイチョウ切りにする。生シイタケは食べやすい大きさに切る。
  3. ネギは2cm幅に切る。
  4. 鍋にだし汁を入れて中火にかけ、ダイコンを入れて5分煮る。千切りにしたショウガとしょうゆ、みりん、塩を加え煮立ったら一口大に切った豚肉を入れ、生シイタケ、ネギを加える。
  5. とろりととろみがついたら味をみて、しょうゆを少量加え風味をつける。
西島隆さんの黄瀬戸です。

140106

器の盛り付ける時はぬるま湯に器をつけて、しっとりさせてから盛り付けます。
ショウガも入って体もポカポカ、燗酒で心も温かくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

楽しむ!テーブルコーディネート

おうちでのんびり過ごすお正月も、今日までという方も多いのではないでしょうか。
一人で過ごすのも二人で過ごすのも、家族で過ごすのも本当に楽しいですね。
今日はお正月のテーブルコーディネートをテーブルマットを変えるだけで、雰囲気が変わることを楽しみたいと思います。

T140101

元日の夕食、伊万里鍋島焼の器やロイヤルクラウンダービーのソーサーを使って華やかに


140102

2日のお昼は器を変えてラーメンをいただき

140104

3日目の朝食はテーブルマットを変えてブラック&ゴールドで

140103

マットを変えるだけで、印象が違いますね。
黒は重い印象がありますが、レース風のマットですと、夏にも涼しげにみえます。
新春のセールが始まっています、ちょっと素敵なテーブルまわりの小物を買って、今年はたくさん食卓で遊んでみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

お正月のテーブルコーディネートでラーメンランチ

140102

我が家はおせち料理は作らないので、普段とあまり変わりない食事ですが、
今日は普段通りのランチメニューです。
市販のラーメンに温泉卵、焼き豚、白ネギ、ほうれん草です。

T140101

器が変わるだけで、カジュアルにも、ちょっとフォーマルにも変化できるのが
テーブルコーディネートの楽しさです。

140101

上の写真はペーパーナプキンフォルダーです。
とても可愛くてテーブルにいつも置いてあります。カジュアルな雰囲気が益々アップupですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014 元旦 Hanagatami Tokyo Style

あけましておめでとうございます

T140101

元旦の夜はこんな感じで食事をしようと思います。
海老屋さんの大好きな海老の鬼がら焼きは、ロイヤルクラウンダービーのダービーパネルで。
数の子は伊万里鍋島焼川副青山さん、高野豆腐は伊万里鍋島焼畑萬陶苑さんです。
大好きな器に囲まれ、トレーはMa By So Shi Teさんで求めたお気に入り。

T140103

T140104

T140102

T140106

今日はニューイヤーコンサートを聞きながら、ワインをいただくのが恒例です。

T140105

美しい水引の小物たち。
新しい年が皆様にもたくさんの幸せに恵まれますように。

140107

フリージアの良いかおりに包まれて一年のスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »