« 広尾散歩 | トップページ | トランクルームの整理 »

2013年6月 8日 (土)

こんな使い方も。刺し子のコースター

岩手県大槌町は東日本大震災で、破壊的な被害を受けたところです。
何もかも失った人たちのショックは計り知れないものがあります。
刺し子とは
寒さの厳しい地域で、衣類の傷んだところを補強するために伝わってきたそうです。(日本全国に伝わっているそうですが、私は刺し子と言ったら東北と思ってきました)
防寒にも役立ちますね。
カモメは大槌町の町鳥だそうです。
タグもしっかりとついて日本の手仕事を感じます。丁寧に作られていますね。

130609



大槌復興刺し子プロジェクトは
東日本大震災で仮設の生活を余儀なくされ、一瞬のうちにすべてのものを失い
厳しい状況のなかで生きる女性たちの一歩を踏みだした大槌町のプロジェクトです。

130608

ひと針、ひと針、布に模様をさしていきます。
売上は、原材料費、プロジェクトの運営にかかわる経費を除き、刺し子さんに分配されるそうです。
同じ女性として、このプロジェクトを応援してまいります。
さて、我が家にやってきたコースター

130607

ティーポットに添えて
ひとりでいただくランチにもぴったりです。
冷たい飲み物に添えるのもよいのですが、温かいティーポットにもテーブルを守るためにも活躍してくれます。

大槌町の刺し子の皆さん
我が家で、こんな風に大活躍をしています。
丁寧なお仕事
これからも応援いたしますので、いっしょに頑張りましょう。

大槌復興刺し子プロジェクト http://tomotsuna.jp/

|

« 広尾散歩 | トップページ | トランクルームの整理 »

東北を応援しよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/57549165

この記事へのトラックバック一覧です: こんな使い方も。刺し子のコースター:

« 広尾散歩 | トップページ | トランクルームの整理 »