« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

春を満喫 日本酒でサンデーランチパーティー

T130401

友人ご夫妻御2組をお招きして、春を満喫するランチパーティーをいたしました。

T130402

箔一さんのアルファベットのお重にお花を活けていただき、お花畑の雰囲気で

T130410

10時半ごろ、お部屋のインターフォンがピンポーンと鳴り、Hさんから素敵なお花が届きました。
きっちりとスーツ姿の男性が素敵なお花を抱えてドアに立ち「Hさんからご依頼いただきましたお花をお届にまいりました」と
すぐにお気に入りの場所に飾りました。

準備も整い

T130413

Hanagatamiオリジナルの日本酒カクテルで乾杯をして

T130403

ウニの冷たい茶碗蒸し

T130409

Sさんにお持ちいただいた岩手の純米大吟醸 南部美人
【純米】大吟醸は県外に出回ることはほとんどないそうです。
貴重なお酒をワインクーラーで冷やしながら、ワイングラスでいただきます。

T130404

デミタスの小さい茶碗蒸しのあとは
グリンピース、新ニンジン、新じゃがのマセドワ―ヌ マヨネーズ風味です。

T130405

純米大吟醸の南部美人とホタテのコキールはとても相性が良かったです。
パルミジャーノレッジャーノともマッチします。ホタテはもちろん女川の海の民さんです。

T130406

ミートクロケット

T130407

蓋を開けると

T130408

稲荷寿司
いっしょに若竹汁も作りましたが、写真を忘れました。

最後は今年の新茶

T130414

丁度前日に宇治のお茶が入ってきたところでしたので
皆様に香りと茶葉を楽しんでいただき

T130415

手作り水羊羹といっしょに、宇治の新茶を楽しみました。

T130411

コーナーのところにはこんな風にお花をアレンジしました。

T130416

カジュアルでありながらエレガントなテーブルコーディネートを目指し、これからも楽しくおもてなしをしていきたいと思います。

大人であるということは本当に素敵なことだと思います。
楽しい時間を共有して、おいしくお酒をいただき、おしゃべりもまた楽しい。

さて、パーティーも終わり、器を丁寧に洗います。
今日も一日楽しいひと時をありがとうと言って器と会話をします。

T130412

塗りものなどは、乾燥させて箱にしまって【またね】でしょうか。
こんなひと時も楽しめるようになると、おもてなしの達人になれますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

ひとつのお鍋で簡単 あさりと新わかめの酒蒸し

130420

旬のあさりとわかめの酒蒸し、ササッとできてお酒においしい。

<材料2人分>

  • あさり・・・200g
  • 新わかめ・・・40g(塩蔵わかめ)
  • 絹ごし豆腐・・・1/4丁
  • 日本酒・・・50ml
  • 水・・・50ml
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 塩・・・少々
<作り方>
  1. 水を入れたボールにワカメを入れて、塩抜きしてよく洗い、水気を切って食べやすい大きさに切る。
  2. 日本酒、水、しょうゆ、塩を鍋に入れて沸かし、砂抜きして水洗いしたあさりを鍋に入れて蒸す。
  3. あさりの口があいたら、わかめと絹ごし豆腐を加え温める。器に盛って、お好みでポン酢をかけていただきます。
あさりの砂が気になる方は、2の工程であさりを皿に移して、あさりから出たスープを漉してください。
毎日寒い日が続いていますね。温かい料理で体を温めて体調を崩さないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

東北の春を告げるイサダ 日本酒にぴったり イサダのパルミジャーノ

130419

今日は釜揚げイサダを使って、パルミジャーノで香ばしく焼きました。
冷酒ともばっちりです。

130418

レシピは後日アップいたします。

海の民さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

ウォーキングデジカメ ウェスティンホテル東京のガーデン

130417

今日からウエスティンホテル東京のガーデンがリニューアルされて、朝、お散歩に行ってきました。

130416

とっても雰囲気がいい感じ
ちょっと和風な雰囲気あり^^

130415

こんな水辺が涼しそう。
これからお散歩がもっと楽しくなりますね。
金魚もおりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

キンキ(キチジ)のレモンハーブ焼き

130413

キンキは煮つけでいただく方も多いのではないでしょうか。
海の民さんのキチジ(キンキ)を使って、レモンハーブの風味でいただきました。
オーブンで焼くだけの簡単でヘルシ―な魚料理です。

130414

赤くてとてもきれいな魚ですね。

<材料2人分>

  • キンキ・・・小さめ1尾
  • ジャガイモ・・・2個
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ディル・・・3本
  • レモン・・・1/4個
  • 塩・・・小さじ2
  • こしょう・・・少々
<作り方>
  1. ジャガイモは皮をむいて半分に切り、さらに1cmに切って、電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
  2. キンキは3枚におろして塩こしょうをして耐熱容器に皮を上にして盛る。周りにジャガイモを置き、オリーブオイルをかける。薄切りにしたレモン、ディルを鯛の上に置き200℃に設定したオーブンで余熱なしで25分焼く。(魚の大きさによって焼く時間は若干異なります)

130411_2

130412

130413_2

お魚を食べて東北を応援しましょう。

海の民さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

のどぐろのムニエル メカブバルサミコソース

130410

刻みメカブをバルサミコと合わせたソースを作りました。
おいしい組み合わせなのですが、やはりメカブの鮮やかなグリーン色が沈みますね。
今度はメカブのグリーン色を活かしたソースに挑戦してみます。

刻みメカブはしょうゆでご飯にかけていただくのはとてもおいしいと思います。
しかし、洋風の料理にも大変においしいということがわかりました。
女川からやってきた春の食材で試作して、私もたくさん勉強をすることができました。
ありがとうございます。
さらに、東北を応援できるように、がんばります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

ちょっと残ったワンタンの具で一品

130409

ワンタンや餃子を作ると、皮が残ったり、具が残ったりと、「バッチリうまく具も皮もぴったり」は私には難しいことです゚゚(´O`)°゚
でも皮が残れば、フライパンで焼いてサラダに入れたりと、更に楽しい料理ができますね。
今日はワンタンの具が余った時のおいしい一品のご紹介です。
これをメインに作ってもおいしいね。ご飯にどうぞ。

揚げワンタンレシピ

110135_2

<材料 40個分>

うち20個を揚げワンタンにして、残りは冷凍します。

  • ワンタンの皮・・・・・・・・・・・・・・・40枚
  • 鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
  • 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
  • 白ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

110134<作り方>

  1. ボールに豚と鶏のひき肉を入れて、酒、しょうゆ、ごま油、塩こしょうを加え、粘りが出るまで混ぜ合わせる。そこにみじん切りにした白ネギを加えてさらに混ぜる。
  2. ティースプーンに1をすくってワンタンの皮に広げ、水をつけて三角に折り、写真のように端を折って水で止める。
  3. 揚げ油でこんがりと揚げる。
  4. 白ネギ半分を白髪ネギに、ショウガ1片は千切りにして皿に盛った揚げワンタンにトッピングする。(分量外)しょうゆとラー油でいただきます。

130409_3

上の材料の具(作り方1)の手のひらサイズ4個分を取って丸く平たくまとめて、フライパンを中火で熱してサラダ油でこんがりと焼きます。
みりんとしょうゆを大さじ1ずつ加えて照りを出して、皿に盛り付けます。
お好みの野菜を添えてどうぞ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

【手軽で簡単 春レシピ】 タケノコと豚肉の木の芽焼き

130408

香ばしく焼いたタケノコに豚肉を合わせ、木の芽の香りを楽しみます。
ワインでも日本酒でも良く合います。

<材料2人分>

  • 茹でタケノコ・・・100g
  • しゃぶしゃぶ用肩ロース豚肉・・・50g
  • 木の芽・・・叩いて大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • しょうゆ・・・少々
  • 酒・・・少々
<作り方>
  1. タケノコはさっと湯通しして薄切りにする。しゃぶしゃぶ用の豚肩ロース肉は食べやすい大きさに切って塩をもんでおく。
  2. フッ素加工のフライパンに、クッキングペーパーで水分を取ったタケノコを並べ中火で焼く。
  3. 香ばしい香りがして焼き色がついたらフライパンの隅によせて、豚肉を加え焼くように炒める。(油は入れない)
  4. 豚肉に火が通ったらタケノコと混ぜ、サッと酒としょうゆをかけて皿に盛る。包丁でたたいた木の芽を盛り付ける。
焼きタケノコはおいしいのですが、家庭で気軽に作るのは、フライパンで焼くのが一番です。
タケノコと木の芽は春の香りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

こんなの欲しかった~

130407

最近のお気に入り。
まぜ卵です。
白身と黄身をクルクルと混ぜ合わせれば、ほら(゚▽゚*)こんなにきれいに卵が混ざりました。
ちょっと失敗した卵焼きですが

130406

こんな風にできます。

卵料理が楽しくなる調理用品のご紹介です。

まぜ卵はこちらから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

海老の仲間の【イサダ】をふりかけに

130403

東京ではあまり知られていない【イサダ】ですが、とてもカルシウムが豊富だそうです。
海老の仲間でもあるそうです。

130405

電子レンジで乾燥させると、あら!海老みたい。
香ばしくておいしいイサダ。
今日はふりかけにしました。

<材料>

  • 乾燥イサダ・・・大さじ5
  • しし唐・・・3本
  • 炒りゴマ・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • 薄口しょうゆ・・・少々
  • 太白ゴマ油・・・少々
<作り方>
  1. フライパンを中火で熱して太白ゴマ油をひく。
  2. 種を取ったしし唐をイサダの大きさに小さく切って炒める。
  3. イサダと炒りゴマ、塩、薄口しょうゆを加えて炒め、クッキングペーパーにとって冷ます。
  4. 冷めたら保存容器に入れて冷蔵保存する。

130404

香ばしいかおりに包まれてご飯にぴったりのふりかけです。

乾燥イサダの作り方は、大さじ5杯の釜揚げイサダを600Wの電子レンジで2分加熱します。

海の民さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

ワインにぴったり!ヘルシ―簡単【めかぶと笹かまの前菜】

130401

さて、今日は海の民さんの刻み芽カブと高政さんの笹かまを使って、とてもヘルシ―でおいしい前菜をご紹介します。
冷たく冷やした白ワインにぴったりです。

<材料2人分>

  • 刻み芽カブ・・・大さじ2
  • 笹かま・・・1枚
  • わさび・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
<作り方>
  1. ボールにしょうゆとわさびを入れて混ぜる。刻み芽カブを加えよく混ぜ合わせる。
  2. 1mc×1cmに切った笹かまを加えて混ぜる。器に盛り付けて白ワインといっしょにどうぞ。

130402

こんな風に盛り付けをしてみました。
和のイメージが強いメカブと笹かまぼこですが、白ワインにもおいしいですよ。

海の民さんはこちらから。
蒲鉾本舗 高政さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

東北の春を告げるイサダ漁

小さい海老のようなイサダ

130332

初めましてです^^

130333

電子レンジにかけると

130334

写真では茶色く写っていますが、きれいなピンク色になります。

130338

イサダとほうれん草の炒め物

<材料2人分>

  • 干しイサダ・・・大さじ2
  • ほうれん草・・・3株
  • 太白ゴマ油・・・小さじ2
  • しょうゆ・・・少々
  • 酒・・・少々
<作り方>
  1. イサダはクッキングペーパーで水分を取り、新しいクッキングペーパーに広げて、電子レンジ600Wで1分加熱してさます。
  2. フライパンを中火で熱して太白ゴマ油をひき、茹でて2cmに切ったほうれん草を炒める。
  3. 1のイサダを加えてしょうゆと酒で味を調える。
風味がよくほうれん草と相性が良かったです。
イサダについては海の民さんへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »