« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

電子レンジで超簡単 のどぐろのメカブ蒸し

130336

3枚におろしたのどぐろを電子レンジでち~んとすると、すぐにできちゃう簡単ヘルシ―おいしい料理です。
今朝の朝食でいただきましたlovely

130337

のどぐろくん、ご馳走様です。

<材料一人分>

  • のどぐろ・・・3枚におろして40g
  • 刻みメカブ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • しょうゆ・・・少々
<作り方>
  1. のどぐろは食べやすい大きさに切り、塩少々をふっておく。
  2. 器に刻みメカブを入れて、1ののどぐろを盛る。酒をかけて600wの電子レンジで1分30秒加熱する。
  3. しょうゆをかけていただきます。

130335

こんな感じでセットして日本酒をかけてレンジでチンするだけ。
びっくりするおいしさ。
ご飯がすすむくんです。今度は日本酒のさかなにしよう♪

刻みメカブとのどぐろは海の民さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

春爛漫

東京は春を超えてしまったような。。。一気に暖かくなりました。

130331

中目黒まで用事があったので目黒川の桜を楽しみました。
みなさんとても幸せそうにお花見をしていましたよ。
皆さんが幸せになる花って、桜はなんて幸せな花なのでしょう。
これから北上して、被災地の皆さんも、ひととき幸せを感じていただきたいなと思います。

130330

目黒で遅いお昼をいただき、午後から仕事全開でいきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

テーブルコーディネーターが考える【器の盛り付けレッスン】

130327_2

グリーンアスパラの緑が春の色ですね。新タマネギも甘くておいしいパスタです。

<材料2人分>

  • グリーンアスパラ・・・細いもの2本
  • 新タマネギ・・・1/4個
  • ベーコン・・・2枚
  • スパゲッティーニ・・・160g
  • 無塩バター・・・10g
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • 鷹の爪・・・1本
<作り方>
  1. グリーンアスパラは根元のかたい部分を取り2cmに切る。新タマネギは食べやすい大きさに切り、ベーコンは1cm幅に切っておく。
  2. フライパンを中火で熱してオリーブオイルをひき、ベーコンを炒める。油が出てきたら新タマネギとグリーンアスパラを加えて炒める。
  3. 2にバターを加え、バターが溶けたら種を取った鷹の爪を小口切りにして加える。茹であげたパスタを入れて、塩こしょうをする。
restaurant 器の盛り付けレッスン restaurant

130328

畑萬陶苑さんの美しいスクエア型の器です。
この絵柄を活かして春のパスタを盛り付けます。

130329


私は、ほんの少し左側に緑色のアスパラを盛り付けます。
美しい絵柄を意識して盛り付けて、左側の蕾の絵柄もきれいに見えるように、白磁の美しさも目立ちますように。
そんなことを意識して盛り付けてみると、食事もまた楽しくなります。
器は料理を盛り付けた時に、料理を引き立てる役割がありますね。
あなたがお持ちの器をもう一度手に取って、今日は春らしいパスタをあなたらしく盛り付けてはいかがでしょうか?
今日のプレイスマットは白ですが、ピンクでもグリーンでも素敵です。

畑萬陶苑さんはこちらから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

桜の枝ぶり

130326

東京は桜が満開で、昨日の日曜日は都内はどこもたくさんのお花見客でにぎわったようです。
私は朝、ウォーキングの途中でお花見をしましたよ。
若いころ
ご年配の方 「桜の枝ぶりを鑑賞するようになると、つまり、なんだね。。。。」
私 「なんだね。。。ってなんでしょう?」
ご年配の方 「もう隠居しろってことだよ」
と寂しそうにおっしゃいました。
最近の私はその枝ぶり鑑賞が楽しみになったのです。
冬、寒さに肩をすくめて、日だまりで桜の枝ぶりを鑑賞して、この木は桜が咲くころが楽しみ
と思うようになりました。御隠居ですね><
まっすぐに伸びた枝や、くにゅっとした枝にいっぱいの蕾をみると心が躍ります。
春が駆け足でやってきて、桜は今、満開の時を迎えました。

先週は両親を車に乗せて(一苦労)お花見を楽しみました。
明日が見えないということは、今を懸命に生きること。
ひたむきに生きる両親をサポートすることが、私の【優先順位一番】であります。
寒さに耐えに耐えた桜の幹が、その美しい花を咲かせる重要な役割をなしていることが、両親を通して学びます。
学ぶこと
学べることに感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

【手軽で簡単 春レシピ】 春キャベツとあさりのワイン蒸し

Weekend Dishのお時間がやってきました。
今日は春キャベツ半分を使いきりレシピ3品目です。

130325

団塊世代のお父さんにも簡単にできて、あっさりヘルシ―でお味は抜群です。
旬のあさりのスープがキャベツやタケノコ、アスパラにギュッとからみあって、ワインがすすみますよ。
楽しい週末のひと時をワインと共にお過ごしください。

<材料2人分>

  • 春キャベツ・・・100g
  • タケノコ・・・50g(タケノコの根元の部分)穂先は若竹煮などに使います
  • 細いグリーンアスパラ・・・3本
  • あさり・・・200g
  • 白ワイン・・・60ml
  • 水50ml
  • 塩・・・少々
<作り方>
  1. あさりは砂出しをしておく。タケノコは茹でて根元の部分を薄くスライスしてイチョウ切り。グリーンアスパラは軸の部分を切り取り3cmに切る。春キャベツは食べやすい大きさに切っておく。
  2. 鍋に白ワインを入れ1のあさりを入れて、蓋をして中火で加熱する。
  3. あさりの口が開いたら、あさりを皿に取りだし、鍋に春キャベツ、タケノコ、グリーンアスパラを入れて蓋をして弱火にして蒸す。
  4. スープが少なくなったら水を加えて、再び煮立ってきたら味をみて、塩を加える。
  5. 皿に取りだしたあさりを再び加えて混ぜて皿に盛り付ける。
pencil ワンポイントアドバイス pencil
この料理は、旬のあさりのスープの旨みと新鮮な野菜のおいしさを引き出す料理です。
旬の食材は、あまり手を加えないのが私は好みです。
ニンニクやオリーブオイルを使って炒め、スパイスで香りを出すのもおいしいですね。
その場合、タケノコはもったいないので、ほかの料理に使うのが良いかもしれません。
さて、春キャベツ3品の料理をもう一度おさらいしましょう。
☆ ホタルイカと春キャベツの炒め物 ☆

130322

レシピはこちらから

☆ 春キャベツとチキンのクリーム煮 ☆

130319

レシピはこちらから

3品共に白ワインにおししい料理です。
春キャベツは少々余ったので、豚カツに添えて千切りでいただきました。
たくさんの楽しい料理を堪能して、春キャベツに感謝したいと思います。

週末、おいしい料理を作って、楽しい夕食のひと時をお過ごしください。

130324

料理と共に楽しんだ花。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

【手軽で簡単 春レシピ】 ホタルイカと春キャベツの炒め物

130322

ちょっと余った春キャベツで炒め物

<材料2人分>

  • ホタルイカ・・・10個
  • 春キャベツ・・・100g
  • ピーナッツオイル・・・大さじ1
  • ニンニク・・・少々
  • 鷹の爪・・・1/2本
  • 塩こしょう・・・少々
  • 白ワイン・・・大さじ1
<作り方>
  1. ホタルイカは目と口を取ってサッと洗いクッキングペーパーで水分を取っておく。
  2. 春キャベツは洗い、水分を取って手でちぎっておく。
  3. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、ピーナッツオイルをひき、ニンニクのみじん切りを入れ香りがでてきたら、ホタルイカを炒める。
  4. ホタルイカは皿に取り、フライパンを強火にして春キャベツを炒める。ホタルイカを戻して鷹の爪、白ワインを加え炒め、最後に塩こしょうで味をつける。
春キャベツが1/2個あると、二人分で3品の料理ができます。
一種類の野菜を大切に使って、ワインに最高の【春料理】を作りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

【手軽で簡単 春レシピ】 春キャベツとチキンのクリーム煮

130319

春野菜のおいしいレシピをお届けいたします。

<材料2人分>

  • 皮ナシ鶏モモ肉・・・200g
  • 春キャベツ・・・150g
  • マッシュルーム・・・3個
  • タマネギ・・・20g
  • グリーンアスパラ・・・細いアスパラ2本
  • 生クリーム・・・100ml(脂肪分35%)
  • コンキリエ・・・50g
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • サフラン・・・ひとつまみ
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・適宜
<作り方>
  1. 生クリームの中にサフランを入れて半日冷蔵庫に入れておく。時間がない時は、大さじ1杯のお湯の中にサフランを入れて、冷めたら生クリームに入れて混ぜ合わせておく。

    130321

  2. 鶏モモ肉はから揚げぐらいの大きさに切り、塩こしょうをふって片栗粉を軽くつける。
  3. 春キャベツは食べやすい大きさに、マッシュルームは薄くスライスするタマネギはみじん切りにする。
  4. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、オリーブオイルを加え、2の鶏のモモ肉を焼く。
  5. 皿に4の鶏肉を取りだして、フライパンの余分な脂を取りタマネギを炒める。マッシュルームを加え炒めたら春キャベツを加える。軽く塩こしょうをして鶏肉を戻し、白ワインを加えてアルコールを飛ばし、生クリームを入れて弱火で軽く煮詰め皿に盛る。

    130320

  6. コンキリエは茹でてオリーブオイル(分量外)をかけ、5に添える。
  7. 茹でたアスパラを切って6に盛り付ける。
春キャベツの甘みと生クリームがとてもおいしい組み合わせです。
ワインと一緒にお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

Weekend Dish リンゴとレーズンのコンポートとリンゴの赤ワイン煮

Weekend Dishの週末がやってきました。
今日はお父さんにも簡単にできる食後のデザートです。
では皆さんごいっしょにどうぞ^^

130317

まずはひんやり冷たいコンポートから

<材料りんご2個分>

  • リンゴ (紅玉またはふじ)・・・小2個
  • レーズン・・・1/2カップ
  • レモン汁・・・大さじ1
  • 砂糖・・・1/2カップ
  • 水・・・200ml
  • ラム酒・・・大さじ1
<作り方>
  1. リンゴは皮をむいて4等分に切り芯を取ってから、4等分にした一切れを3等分にする(12個×2)レモン汁をかける。
  2. レーズンはお湯で戻し、ザルにあげておく。
  3. 鍋に水と砂糖を入れて中火で沸かし、1のリンゴとレーズンを入れて煮る。
  4. リンゴの色が透き通ってきたら、ラム酒を入れてアルコール分を飛ばし火を止める。
  5. 荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

130318

<材料4人分>

  • 赤ワイン・・・150ml
  • 水・・・150ml
  • グラニュー糖・・・60g
  • レモンのスライス・・・2枚
  • ワイン用ミックススパイス・・・小1(なければクローブ2個)
  • シナモンパウダー・・・少々
  • リンゴ(紅玉またはふじ)・・・1個
  • アイスクリーム・・・小さいカップ4個

<作り方>

  1. 鍋に赤ワイン、水、グラニュー糖、レモンを入れて温める。芯を取り、皮をむいたリンゴを小口切りにして鍋に加える。
  2. スパイスを加えて、アクを取り、静かに10分ほど煮て、1時間そのまま置いておく。
  3. アイスクリームを器に盛り付け、2を温めてワインのスープといっしょにリンゴをかけていただきます。
バルコニーやテラスで過ごす週末も、もうすぐやってきますね。
午後の読書の時間に是非リンゴのデザートをお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

旬の命をいただく料理

130316_2


白い景色の長く寒い季節から、春のおいしい食材が出回り始めました。
春は筍を毎年いただきます。
筍の最も好きな料理は蛤と筍のしゃぶしゃぶです。
いつものスーパーで蛤は桑名の蛤にするか、九十九里産にするか大いに悩み、お店の方と相談して桑名産を求めました。九十九里産もおまけしていただいて、蛤の違いも楽しみました。
筍の香りが際立つしゃぶしゃぶ
旬の自然の恵みをいただく
命をいただくことに本当に感謝いたします。
ご馳走様でした。

我が家は外食予算を作っています。
と言っても外食をするわけでもなく、その予算で旬の食材を買います。
家族と共にとても幸せな時間を共有して、季節の旬の食材を堪能する。
家を楽しむ私の幸せです。
もちろんワインもおいしくいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

ワインをおいしく飲もう 春レシピ ソラマメとベーコンの炒め物

130315

春の柔らかな日差しを感じる東京です
春。。。。この響き大好き
と言うことで、スーパーにもソラマメが出回り始めました。
ソラマメって旬は春なの?東京っ子はせっかちなのです^^;
今日は茹でたソラマメをさかなに、ビールで楽しむお父さんのおつまみを、ちょっと拝借して
ワインにおいしい一品を作りました。

<材料2人分>

  • ソラマメ・・・20粒
  • ベーコン・・・1枚
  • 無塩バター・・・5g
  • 塩こしょう・・・少々
<作り方>
  1. ソラマメは塩茹でして薄皮をむく。ベーコンはソラマメの大きさに切っておく。
  2. フライパンを中火で熱してバターを溶かしベーコンを炒める。そこにソラマメを加えて炒め塩こしょうで味を調える。
wine  簡単!おいしい ワインがススム  wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

ウォーキングデジカメ 久しぶり^^

今日はとても気持ちの良い朝を迎えました。
お天気がsunいいですね。
ということはお散歩です。

W130302

お花がまだ少ない季節ですが、お散歩の途中でみつける花はやっぱり癒されます。

W130303

お店へのアプローチ
鉢植えの花に囲まれて、暖かくなったらランチを楽しもうかな?

W130301_2

この場所で、あなたと月を一緒に見た夜
今日は朝日が輝いています
もう永遠に一緒に語ることができないあなたを想う
悲しみや苦しみは夜にそっと忍び寄ってくるけれど
その翌朝には太陽が輝きます
キラキラと輝く太陽を私は愛していきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

酒サワーと共に、ホタルイカのコンキリエ

130312

ホタルイカがおいしい季節がやってきました^^

130314

前回ご紹介しました酒サワーといっしょにいただいた料理は、ホタルイカとショートパスタのコンキリエです。
ニンニク風味と鷹の爪でおいしいパスタができました。

<材料2人分>

  • ホタルイカ・・・8個
  • ほうれん草・・・2株
  • コンキリエ・・・80g
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪・・・1本
  • 塩こしょう・・・少々
  • 日本酒・・・大さじ1
  • EXバージンオイル・・・少々
<作り方>
  1. コンキリエは表示通りに茹でる。
  2. ホタルイカは目や口を取りサッと洗ってザルにあげる。ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切る。鷹の爪は種を取って小さく切る。
  3. フライパンにスライスしたニンニク、鷹の爪を入れてオリーブオイルを加え、中火で加熱する。
  4. ニンニクの香りが出てきたらホタルイカを焼くように加熱して、コンキリエを加える。
  5. 4に日本酒と塩こしょうを加え、ほうれん草を入れて炒め最後にEXバージンオイルをかけて皿に盛る。

130311

日本酒のカクテルと合わせて、楽しい夕食をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

酒カクテル  Hanagatami Tokyo Style

今年は日本酒にスポットを当てて、おしゃれで手軽に家庭で楽しめるお酒の飲み方を、ご提案をしていきます。

今日は日本酒カクテルです
ちょっと余った日本酒を使っておいしいカクテルに変身
アペリティフとして楽しんだ後は、洋風料理を楽しみます。

130313

wine SAKEサワー wine

<材料フルートグラス1杯分>

  • 日本酒・・・50ml
  • ハチミツ・・・小さじ1
  • レモン・・・1切れ
  • ショウガ・・・1切れ
  • ジンジャーエール・・・適宜
  • 氷・・・3個
<作り方>
  1. マグカップに日本酒とハチミツを入れてハチミツを良く溶かす。
  2. 1に氷を加え冷たくなるまで混ぜ、氷を取る。
  3. フルートグラスに2を注ぎジンジャエールを注ぐ、レモンとショウガを入れて風味を楽しみながらいただきます。

130311

作った料理はホタルイカとほうれん草のコンキリエです。

SAKEサワーもとても上品な味でおいしい、パスタもおいしい^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

キノコの冷凍保存方法と、シイタケとほうれん草のバター醤油炒め

スーパーでお買い得品として売られているキノコを見ると、ツイ買ってしまう私です。
生のキノコ(しいたけ、しめじ、えのきなど)は冷凍保存をして、調理したいときにサッと使うのが便利です。

restaurant キノコの冷凍保存&解凍方法 restaurant

130305

生キノコは石づきを取り、はけなどで汚れを落として食べやすい大きさに切り、冷凍保存バッグで冷凍保存をします。
使い方は冷凍したまま炒め物や煮物に使います。
とても便利でしょ^^

130308

シメジはポキポキと折ることができるので、こんな感じで冷凍しておきます。

130309

そのまま味噌汁の鍋に入れて

130310

ハイ、出来上がり。

ではこんな料理はいかがでしょうか?

pencil 冷凍シイタケとほうれん草のバター醤油炒め pencil

<材料2人分>

  • 冷凍生シイタケ・・・1枚分
  • ほうれん草・・・2株
  • 無塩バター・・・10g
  • しょうゆ・・・少々
  • 塩・・・少々
<作り方>
  1. ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切る
  2. フライパンを中火で熱してバターを溶かし、シイタケを炒める。焼き色がついたら塩を少々ふってほうれん草を加えて炒める
  3. 最後にサッとしょうゆをかけて皿に盛る。

130306

温かいうちにどうぞ召し上がれ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

春の息吹

昨日は、お世話になっています広尾のスポーツトレーナーの先生に(私はスポーツは全く苦手ですが。。。)マッサージを受けて
気分も爽快になり、大好きなスーパーでお買いもの。
お買いものの最中にフルートとピアノの演奏が聞こえ、2階に上がると生演奏をしていました。
週末の午後、演奏に耳を傾ける方が多かったですよ。
恵比寿に戻り

130303

スイトピーを買いました。
春には、やはり一度は買いたいお花です。
部屋中が花の香りに包まれます。

130304

2~3日前に買いましたラナンキュラスとカーネーション。
ラナンキュラスは明るくなるとふんわりと花が大きく開きます。
夜になると体を休めるように、つぼみます。

「春」
その響きが好きです

「冬」
雪山を連想させる白い美しい肌の野菜たち
大根や里芋
その雪山の白い色は
その先の緑色の柔らかい野菜たちを連想します
花も柔らかい色の花たちが
春の訪れを待っています

「春」
もうすぐですね

130302

広尾のスーパーで買ったホタルイカ
煮つけていただきました、ご馳走様です

130301

ロイヤルクラウンダービーのデミタスカップのソーサーに盛り付けました
心が豊かになる食卓をありがとう

雪に難儀している皆さんも大変です
私は春を静かに待ちたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

体がほかほか 牡蠣とほうれん草のお雑煮をパーティーメニューにすると

牡蠣と焼き餅のスープ仕立てとして、パーティー料理としてご紹介したお雑煮ですが、我が家は冬には必ずいただくお雑煮です。
今回は早くいただきたくて写真を撮るのを失敗してしまいました。

130229

そこで以前撮りました写真も合わせまして、レシピもアップいたします。

<材料2人分>

  • 加熱用牡蠣・・・4個
  • 餅・・・2個
  • ほうれん草・・・2株
  • しめじ・・・6本
  • だし汁・・・600ml
  • 酒・・・大1.5
  • 薄口しょうゆ・・・大1.5
  • 塩・・・少々
  • 片栗粉・・・適宜
  • スダチ・・・1/4個
  • 炒め油・・・少々(我が家は太白ごま油)

<作り方>

  1. お餅は4等分に切ってフライパンを中火にしてこんがりと焼く。                       

    130231

  2. 牡蠣は塩水でふり洗いをし、冷水でさっと洗ってキッチンペーパーで水分をよく取る。片栗粉をつけて、中火に温めたフライパンに炒め油を加えこんがりと焼く。                        

    130232_2

  3. 鍋に小口切りにしたシメジを入れ、だし汁を沸かし、薄口しょうゆ、酒、塩少々を入れる。
  4. 温めておいた器に1のお餅4個を入れて、2の牡蠣2個を加える。茹でたほうれん草を食べやすい大きさに切り、形よく盛り合わせる。3のだし汁を上から入れて、最後にスダチを添える。

130230_2

こんな感じになる予定でしたが、ちょっと失敗の写真でした^^;
そして洋風料理と組み合わせてスープものとしてお客様にお出しする時は

130233

ティーカップを使ってお出ししてみてはいかがでしょうか。
とても華やかな一皿になりますね。
冬のおいしい食材であります牡蠣、まだまだ堪能したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »