« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

使った出汁昆布の再利用 エコレシピ 鶏のスープ炊き

120836
エコポイント
使った出汁昆布を再利用

エコレシピと言えるほどではありませんが、何回か使った出汁昆布を入れて、昆布もいっしょにいただきます。
暑い夏、やさしい味わいの野菜たっぷりのスープはいかがでしょうか。

<材料4人分>

  • 鶏のモモ肉・・・1枚
  • ダイコン・・・2cmの輪切りにしたもの4個
  • 白ネギ・・・1本
  • 白菜・・・150g
  • シメジ・・・50g
  • 水・・・1000ml
  • 出汁をとった昆布・・・10cm×3枚
  • 塩・・・小さじ1
  • こしょう・・・少々
  • 酒・・・大さじ1
  • ニンニク、ショウガ・・・1片

<作り方>

  1. 鶏モモ肉は4等分にして、塩こしょう(分量外)少々をふって15分置く。
  2. 鍋に水と、適当な大きさに切った出汁昆布を入れて中火で沸かす。
  3. 1の鶏肉をクッキングペーパーで水分を取り、2の鍋に入れる。ニンニクとショウガのみじん切りを加え、塩とこしょう、酒を入れて、20分茹でる。(アクをこまめに取る)
  4. ダイコンは半分に切り、白菜と白ネギは食べやすい大きさに、シメジは石ずきを取って加え、ダイコンが柔らかくなったら味をみて火を止める。

pencil ワンポイントアドバイス pencil

私は出汁昆布は3回ぐらい使います。冷凍保存をしておいて、使った昆布は煮物などに入れていっしょにいただきます。
3回も使ったら出汁がでないじゃないと思う方は、1回にして冷凍保持をして煮物などに一緒に入れて食べましょう。
出汁昆布によっては、なかなか柔らかくならない昆布があります。
使いやすく、なじめる味の昆布を探して、我が家の味を作ってくださいね。

☆ 注意 ☆
未使用の出汁昆布を入れると味が強くなりますので、使わないでください。

我が家はこんな風にガーリックトーストと白ワインでいただきました。

120837

お鍋風にして、ポン酢でいただいてもおいしいです。
残ったスープはご飯にかけても、カレーを作るときに水といっしょにいれて作ってもおいしいので、無駄なくいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

ゴマいっぱいのナスと青唐辛子のピリ辛炒め

120835
ピリッと辛い青唐辛子を入れた炒め物。おかゆにもご飯にもおいしい炒め物です。

<材料2人分>

  • ナス・・・1本
  • 青唐辛子・・・2本
  • ごま油・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・少々
  • すりゴマ・・・小さじ1

<作り方>

  1. ナスは乱切りにして水にさらし、クッキングペーパーで水分を取る。青唐辛子はガクをはずし、縦に切って種を取り小口切りにする。
  2. フライパンを中火で熱して油をひき、ナスと青唐辛子を炒め、しょうゆと酒で味をつける。最後にすりゴマをふって皿に盛る。

120834

暑くて食欲のない日にはおかゆといっしょにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

夏の記憶

120833

先週はのんびりとした日々を過ごしました。
リッツカールトン東京で、ロワール地方のワインとおいしい料理のコラボレーションを楽しみ

120827

伊東ではプールサイドで読書をして

120831

屋形船から暮れゆく隅田川を楽しみました。

120832

ユリカモメさん、あなたは都鳥ですか?
伊勢物語を思い出す

【名にしおはばいざこと問わむ都鳥
わが思ふひとはありやなしやと】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

Weekend Dish 焼きそば

120829

今日のWeekend Dishは我が家流の焼きそばです。
冷たく冷やした白ワインにぴったりの焼きそばは、カリッと焼いた焼きそばに餡を絡めるのがポイントです。
今日もおいしいワインをいただくために、掃除や窓ガラス磨きとしっかり働いて、夕方楽しいワインの夕べといきましょうwine

<材料2人分>

  • 白菜・・・1枚
  • ピーマン・・・1個
  • カニカマ・・・2本
  • ハム・・・2枚
  • ミョウガ・・・1本
  • 白ネギ・・・1/2本
  • ワカメ・・・少々
  • ショウガ・・・一片
  • 水・・・400ml
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 水溶き片栗粉・・・適宜
  • 焼きそば・・・2人分
  • サラダ油・・・大さじ2

<作り方>

  1. フライパンを中火で熱して、サラダ油で焼きそばを入れて焼く。片面を十分に焼いたら裏返して焼き、皿に取る。
  2. 野菜とハムは一口大に切る。ショウガはみじん切りにする。
  3. フライパンにショウガを入れて、少量のサラダ油を足す。野菜、ハム、カニカマを炒めて、塩こしょうをして水を入れる。
  4. 煮立ってきたら、酒と鶏ガラスープの素を加え、水で戻したワカメを加えて水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。風味にしょうゆをさっとかけまわし、1の焼きそばを加えて混ぜ皿に盛る。

120828_2

写真は、我が家で使っている焼きそばです。サッと茹でて使うタイプの焼きそばで、麺が細くて私好みの焼きそばです。
冷蔵庫に余っている野菜で、簡単においしい焼きそばを作って週末を楽しく過ごしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

夏を満喫

120826

昨日は伊東に行ってリフレッシュしてきました。
こんな感じの旅館に泊まり

120827
サンサンと照りつける夏の太陽。
温泉を楽しみ、のんびりと食事をとり、プールサイドで読書をしながら、短い夏休みを堪能しました。
今週はたくさん遊ぶ一週間になります。
週4日、両親のできないことのお手伝い、週3日の仕事。年中休みなく働く私ですが、
おもいっきり遊ぶのも好きです。
明日は美しい東京の夜景を楽しむ日です。
とても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

夏野菜とローストビーフのネギサラダ

120825
暑い夏を乗り切るのは、火照った体をやさしく包み込むサラダが良いですね。
香味野菜をたっぷりのせて、ポン酢でさっぱりといただきます。

<材料2人分>

  • ローストビーフ(市販)・・・小2枚
  • ナス・・・2本
  • プチトマト・・・2個
  • 白ネギ・・・1/2本
  • ニンニク・・・1片
  • ポン酢(市販)・・・適宜
  • 炒め油・・・大さじ2(サラダ油、ごま油、オリーブオイルなどお好きな油で)
  • 塩こしょう・・・少々

<作り方>

  1. ナスはヘタを取り、縦4等分、横半分に切り水にさらし、クッキングペーパーで水気を取る。
  2. フライパンに炒め油を入れて、みじん切りにしたニンニクを加え、中火で加熱して香りがでてきたら1のナスを炒め、軽く塩こしょうをして皿に取って冷ましておく。
  3. プチトマトは食べやすい大きさに切る。
  4. 白ネギはみじん切りにする。ローストビーフは食べやすい大きさに切る。
  5. 皿にナスとプチトマト、ローストビーフを盛りつけて、みじん切りの白ネギをトッピングする。
  6. 市販のポン酢をかけて混ぜ合わせていただきます。

☆ 器 ☆ 文三窯さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

東北を応援しよう!!トウモロコシと枝豆、笹かまのかき揚げ

120824

夏にぴったりの軽くてサクッとしたかき揚げ。コーンと枝豆がとても甘く感じ、笹かまのプリッとした食感がたまりません。
ビールによし、冷たい日本酒によし、白ワインによし、今夜はこれで決まりですね。

<材料2人分>

  • トウモロコシ・・・大さじ3
  • 枝豆・・・大さじ3
  • 笹かまぼこ・・・1/2枚
  • 天ぷら粉・・・大さじ4(水で混ぜるだけのもの)
  • 水・・・大さじ3
  • サラダ油・・・800g

<作り方>

  1. トウモロコシは茹でて包丁で身を取る。枝豆は茹でて鞘から外し薄皮をむく。
  2. 笹かまぼこはトウモロコシと枝豆の大きさに切る。
  3. 1と2をボールに入れて、分量外の天ぷら粉少々を軽くまぶす。
  4. 天ぷら鍋にサラダ油を入れて、170℃に加熱する。
  5. 分量の天ぷら粉に水を加えて混ぜ、3の中に少しずつ加え、混ぜ合わせてスプーンですくって鍋に入れて、菜箸で種をまとめてかき揚げを作る。
  6. 油を切って、皿に盛り少量の塩でいただきます。

笹かまぼこは高政さんの笹かまを使用しています。
そのままでいただくか、少量の塩でお召し上がりください。
トウモロコシの甘みと枝豆の甘みが増して、笹かまと良く合います。
高政さんには、わさび塩という塩があります。ピリッとわさびの風味がきいた塩で、天ぷらによく合うのですが、通販では売っていないのですね。それが残念です。

蒲鉾本舗 高政さんのネットショップはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

オクラとなめこの冷やしきつねそば

120822

あっさりとした中に、甘ギツネ(油揚げを甘辛く煮たもの)の味わいがおいしいおそばです。

<材料2人分>

  • オクラ・・・3本
  • なめこ・・・大さじ2
  • 甘ギツネ・・・1枚
  • ミョウガ・・・1本
  • わさび・・・少々
  • もみ海苔・・・適宜
  • 麺つゆ・・・適宜
  • 干しそば・・・160g

<作り方>

  1. オクラはまな板にのせ、塩をふって手のひらでコロコロと回し、産毛を取ってガクの部分を外し、茹でて種を取る。(種があった方がネバネバするのでお好みで)
  2. なめこはさっと茹でる。ミョウガは小口切りにして水にさらしておく。
  3. オクラとなめこ、ミョウガはボールに入れて、わさびと麺つゆ少々を入れて混ぜ合わせる。
  4. 甘ギツネは食べやすい大きさに切る。
  5. 干しそばを茹でて氷水で締めてから水気をよく切って、冷蔵庫で冷やしておいた皿に盛り付ける。
  6. もみ海苔を散らし、3のオクラとなめことミョウガ、甘ギツネをトッピングして麺つゆをかけていただきます。

pencil 甘ギツネの作り方 pencil

<稲荷寿司の作り方 20個分>

  • 稲荷用の油揚げ・・・10枚
  • 水・・・ 250ml
  • しょうゆ・・・大5
  • 砂糖・・・4/5カップ
  • 塩・・・小1/4
  • みりん・・・大1

20<作り方>

  1. 菜ばしでコロコロと油揚げの上を転がし半分に切ってご飯を入れやすくしておく。
  2. 鍋に湯を沸かし1の油揚げを入れて油抜きをしっかりしておく。
  3. 調味料を鍋に入れて沸かし、2は水分をよく取ってから鍋に入れ味を含ませ冷ましておく。

私はお稲荷さんを作るときに、うまく開けなかった油揚げや、ちょっと切れてしまったものを、きつね用にしています。
一回で使う分を冷凍保存バッグに入れて冷凍保存しておけば、お稲荷さんもきつねそばもいつでもど~んと来いですね^^

120823_2
さて、Tomi Lableさんの美しいお皿に盛り付けたおそばですが、ガラスの器に盛り付けるとまた雰囲気が変わりますね。
料理は楽しく作って、大好きな器に盛り付けて、食事を楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

白桃のコンポート

120820

桃がおいしい季節です。冷たく冷やすと、とてもおいしいですね。
さらにコンポートにすると、いつでもデザートとしていただけるのが、私は好きです。
仕事から帰ってきたとき、家事が一段落した時に、冷たいコンポートで体を優しくいたわってあげましょう。

<材料 白桃1個分>

  • 白桃・・・1個
  • 水・・・100ml
  • 砂糖・・・30g

<作り方>

  1. 白桃は縦に包丁で切れ目を入れてぐるっと回して2等分する。種をスプーンで取って皮をむき、半分を4等分にして8個作る。
  2. 鍋に中火で水を沸かし、砂糖を加える。
  3. 砂糖が溶けたら静かに1の白桃を入れて弱火で煮る。火を止めて粗熱を取ってから、冷蔵庫で冷やす。

pencil ワンポイントアドバイス pencil

白桃のおいしさを活かすために、水と白砂糖であっさりといただきます。
簡単でおいしいコンポートを、是非お楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

季節のご飯 ミョウガとあげかまの炊き込みご飯

120819

さて、今日は久しぶりに【東北を応援しよう】シリーズです。高政さんのあげかまを使って、夏にふさわしい炊き込みご飯です。
ふわっと柔らかなあげかまと、ミョウガがさわやかな味わいのあっさりご飯です。

<材料1合分>

  • 米・・・1合
  • あげかまのたかまさ・・・20g(なければ油揚げ1/2枚)
  • ミョウガ・・・2本
  • ニンジン・・・8g
  • 塩・・・小さじ1/2
  • しょうゆ・・・少々
  • 酒・・・小1
  • 出汁昆布・・・10cm×10cm

<作り方>

  1. 米は洗って塩、しょうゆ、酒を入れて、目盛り通りに水を入れる。出汁昆布も入れる。
  2. ミョウガは縦に薄切りにして、さらに千切りにする。ニンジンは小さいサイコロ状に切る。あげかまはサッと油抜きをしてから、ニンジンの倍ぐらいの大きさに切る。
  3. 2を1の中に入れて炊飯する。

120817
高政さんのあげかまは、ご飯の中でフワフワに柔らかく、上品なおいしさがあります。
ミョウガと良くマッチしておいしい夏のお勧めご飯です。
高政さんのネットショップはこちらから。

120818

おいしいご飯をたくさんいただいて、お盆休みを満喫してくださいませ。
そして、東北を応援しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

Weekend Dish  ナスのプロバンス風グラタン

120816

今日はプロバンスの香りのするスパイスとオリーブオイルを使ってナスのグラタンを作ります。
トマトソースはたっぷり作って、冷凍しておくことができます。
さ、今日は赤ワインですよ。張り切って窓ふきして掃除をして、夕方からのwineを楽しみにしましょう。
団塊のお父さん!今日も料理を頑張りましょう。
一人暮らしのあなたにもぴったりな料理です。

<トマトソースの作り方>

  • トマトの水煮缶・・・3缶
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ベイリーフ・・・1枚
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニク・・・1片

<作り方>

  1. トマトは簡単に種をとりヘタや皮があったら取り除く。ブレンダー(ミキサーなど)でジュースにしてから漉す。
  2.  鍋にオリーブオイルを入れて、にんにくのつぶしたものを入れる。中火にして、にんにくを焦がさないように香りをだしてにんにくを取り除く。いったん火を止めてから1のトマトを加え、再び中火にして、ベイリーフと塩こしょうを加えて、煮立ってきたら弱火で半分量まで煮詰める。

pencil ワンポイントアドバイス pencil

ブレンダーやミキサーがない場合は、ボールにホールトマト缶を入れて、手で種を取り、できるだけトマトを小さくしてからソースを作ってください。

wine ナスのプロバンス風グラタン wine

<材料2人分>

  • 合挽・・・100g
  • タマネギ・・・1/4個
  • トマトソース・・・200ml
  • ナス・・・2本
  • 塩・・・小さじ1/2
  • こしょう・・・少々
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ピザ用チーズ・・・適宜
  • パルメザンチーズ・・・適宜
  • エルブドプロバンス・・・少々(スパイス)

<作り方>

  1. ナスはガクを取り縦に4等分、横にして半分に切って水にさらし、アクを取ってクッキングペーパーで水気を取る。
  2. フライパンを中火で熱してオリーブオイルを入れて、ナスを焼く。両面良く焼けたら塩こしょう少々(分量外)、エルブドプロバンスをふって混ぜ、耐熱容器に移す。

    120814

  3. 2のフライパンにひき肉を入れて、よく炒める。途中水分が出たらクッキングペーパーでふき取り、タマネギを加えてよく炒め、塩こしょうをして、トマトソースを加え加熱する。ソースが足りなければ足してください。
  4. 2の容器に3をかけて、ピザ用チーズとパルメザンチーズをふって、200℃のオーブンで15分焼く。

    120815

120816_2
焼きあがったグラタンにカリッと焼いたトーストを添えて、赤ワインと一緒にどうぞ。
週末は音楽を聞きながら、ワインと共に、楽しい夕食タイムをお過ごしください。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

豚肉としし唐の炒め物

120813

ピリッと辛い夏の炒め物。

<材料2人分>

  • 豚コマ・・・80g
  • しし唐・・・10個
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪・・・1本
  • 片栗粉・・・適宜
  • 炒め油・・・大さじ1(ごま油でもサラダ油でも)

<作り方>

  1. 豚コマは食べやすい大きさに切って塩こしょう、しょうゆ(分量外)を少々ふって片栗粉をサッとふる。
  2. しし唐はガクの部分をはずす。(種が気になる方は取ります)
  3. フッ素加工のフライパンに、みじん切りにしたニンニクと、種を取って小口切りにした鷹の爪を入れて、中火で熱して炒め油を加え、ニンニクの香りが出てきたら1を炒める。
  4. しし唐を加えて炒め、しょうゆとみりんで味をつける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

ほうれん草の胡麻和え

120808

レシピを作るほどのおつまみではありませんが、自分用のメモとしてアップします。

<材料2人分>

  • ほうれん草・・・4株
  • 炒りゴマ
  • 酒・・・少々
  • 砂糖・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1

<作り方>

  1. ほうれん草は茹でて食べやすい大きさに切ってよく絞っておく。
  2. 炒りゴマをフライパンで弱火で炒り、ミルサーでする。

    120809

    120810

  3. 2のすりゴマ、大さじ2を器に入れて、酒、しょうゆ砂糖を入れて混ぜる。
  4. ボールにほうれん草を入れて、3を適量混ぜ合わせる。4株でだいたい3の分量の半分ぐらいです。

炒りゴマを使って再度火を通すのは簡単な方法です。
面倒な方はすりゴマを使ってください。

120811
この日の食卓は、茹であげた枝豆。ほうれん草の胡麻和え、里芋の煮物。

120812
サッとあぶったうるめ。(冷凍保存するときは頭と内臓を取ってから冷凍保存しています)

120813

しし唐と豚肉の炒め物。

野球観戦しながら楽しく夕食。
松本君の活躍を見ながらお酒が進むクンでした。
たっちゃん、今日も頼みますよ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

モヤシと豚肉の塩ラーメン

120807

夏はピリッと辛い塩ラーメンがおいしく感じます。
豚肉とモヤシ、赤ピーマンに鷹の爪を入れて、からーいラーメンはいかがでしょうか?

<材料2人分>

  • モヤシ・・・100g(根を取って)
  • 薄切り豚肉・・・3枚
  • 赤ピーマン・・・1/2個
  • 鷹の爪・・・1/2本
  • しょうゆ・・・少々
  • 塩こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・少々
  • サラダ油・・・大さじ1

<作り方>

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょう、しょうゆで下味をつけ、片栗粉をまぶしてサラダ油で炒める。
  2. 種を取って小口切りにした鷹の爪、モヤシと同じぐらいの千切りにした赤ピーマン、モヤシを1に入れて炒め、軽く塩こしょうをして好みの塩ラーメンを作って上に盛り付ける。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

Weekend Dish ナスと豚肉のサッと煮

120806

一週間は早いですね。お待ちかね^^のWeekend Dishの時間です。
今回は団塊の世代のお父さんが喜んでくださるビールや冷たい日本酒にぴったりのおかずです。
もちろんご飯にもおいしい^^
2~3回使った出汁昆布も入れて煮ます。
ナスは豚肉との相性も抜群です。ショウガを入れてさっぱりとした煮物です。

<材料2人分>

  • ナス・・・3本
  • 豚肉しゃぶしゃぶ用・・・6枚(ロースでもモモ肉でも)
  • だし汁・・・300ml
  • 塩・・・少々
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • ショウガ・・・1片
  • 片栗粉・・・適宜

<作り方>

  1. ナスは皮をむいて(皮つきでも)1cmぐらいに筒型に切ります。ボールに水を張ってアクく抜きする。
  2. 豚肉は食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋にだし汁、千切りにしたショウガを入れて中火で沸かし、1のナスを入れて沸騰させ、塩、しょうゆ、みりんを加えて煮立ってきたら豚肉を加え火を通す。最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。

使った出汁昆布があれば、最初に加えるとさらにおいしくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

ポテトコロッケと夏の献立

120802

このワインを買ったけれど、とアイボーさんに話をしたら、今夜はポテトコロッケだね^^
と言われました。
そこで我が家の夏の献立をご紹介いたします。

ポテトコロッケ

<材料4人分>

  • じゃがいも・・・大2個(400g)
  • たまねぎ・・・1/4個
  • 合いびき肉・・・100g
  • 塩こしょう・・・少々
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 無塩バター・・・・10g
  • 揚げ油

<作り方>

  1. じゃがいもは皮をむき半分に割って水にさらし、じゃがいもが柔らかくなるまで茹でる。
  2. お湯を捨てて、中火で水分がなくなるまで加熱をして火を止める。マッシャーでマッシュして、バターと牛乳、塩こしょうを入れて、弱火にして混ぜ合わせる。
  3. 鍋を中火で熱してサラダ油(分量外)を入れて、ひき肉とみじん切りのたまねぎを炒める。余分な脂がでてきたらクッキングペーパーで取りながら炒め、塩こしょうをする。
  4. 3をクッキングペーパーを敷いた皿に取り、余分な油を取る。
  5. 2のじゃがいもの中に4を加えて混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩を加える。

    120801

  6. 5を8等分して形を作りフライの要領で小麦粉、卵、パン粉をつけて170℃ぐらいの揚げ油でカラッと揚げる。

    120803

とりあえず茹でたて枝豆とビールでしょうか^^

120804

こちらも茹でたてのとうもろこし。

120805

今回は和風総菜としてのポテトコロッケ。
お皿に2つ盛って、アツアツをいただきます。
2人で9個いただきました(^-^;
写真はないのですが、この後レタス、きゅうり、トマトのサラダをいただきました。

120802_2

ワインがおいしかった。
本日もおいしくいただきました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »