« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

グリーンアスパラとベーコンの炒め物

120319_2

旬のグリーンアスパラをベーコンで炒めて、真っ赤なトマトも添えました。

<材料2人分>

  • グリーンアスパラ・・・・・・・・・・・・・・3本
  • ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
  • マッシュルーム・・・・・・・・・・・・・・・・3個
  • サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個

<作り方>

  1. グリーンアスパラは下半分をピーラーで皮とはかまの部分を削ぎ、茎の硬い部分があれば切り落とし斜め切りにする。
  2. ベーコンは1cmに、マッシュルームは薄くスライスする。
  3. フライパンを中火で熱して、サラダ油をひき、ベーコンを炒める。いい香りがでてきたら、マッシュルームとグリーンアスパラを入れて炒め、塩こしょうで味を調える。
  4. 皿に盛り、櫛形に切ったトマトを横に盛る。

*************************

露出を間違えて、暗い写真になってしまいました。
赤とグリーンがお皿に映えてきれいだったのに、とても残念です。
気合いをいれなくちゃね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

米粉についての日経の記事

120318

              (日経新聞よりスキャニングした記事です)

一時、米粉ブームがあったように思います。米粉を使ったレシピが評判だったように思いますが、なかなか米粉が広まっていかないようにも思います。
最近は、お菓子用、パン用など用途に合わせて米粉を売っているのもいいですね。
小麦粉アレルギーの方には良いものだと思います。
しかし、小麦の代わりにモチモチの食感を楽しむ売り方では、なかなか難しいのではないでしょうか。
米粉ならではのおいしい食べ方を、研究する必要があると思います。
なぜ米粉なのか?
玄米米粉はできるのでしょうか?その玄米米粉を使ったホワイトソースのルウの開発。
麺であれば、茹でずにスープに入れればすぐに食べられる、洋風にも和風にも向く麺の開発。
私も時々使っている黒米粉のデザートなど。
小麦粉にはない良さをアピールしてほしいと感じます。
そんなことを考える記事でした。

日経新聞の記事の宮城県登米市の農業生産法人、登米ライスサービスさんは、http://tomerice.cocolog-nifty.com/blog/米粉を使ったお菓子やパンの提案をされています。
HPをご覧くださいませ。
そして、Facebook ページをお持ちです。興味のある方は是非「いいね」を押してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

レザンジュ ハワイアンジュエリー

120317

先週末は銀座に行ってパールのチョーカーの糸替えや、和光のティールームでお菓子と紅茶を楽しんだりとのんびりと過ごしました。
やっと活気が戻って来た銀座。外国からのお客様もたくさんいらっしゃいました。
私が行ったどのお店もお客様で混雑していました。
にぎやかな銀座はやっぱり魅力的です。

さて、地元の恵比寿に戻って、大好きなプルメリアのアクセサリーに目が行きました。
プルメリアは幸せを運んでくれると言われているそうです。
これからたくさんの幸せに包まれますように♪
そんな願いを込めて、このアクセサリーを身にまといたいと思います。

レザンジュ ハワイアンジュエリーはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

グリーンアスパラと卵のサラダと盛り付けレッスン

120316

茹でたてのグリーンアスパラにマヨネーズで和えたゆで卵のコンビが、とてもおいしい一品です。
冷たい白ワインにもぴったり!!

<材料2人分>

  • グリーンアスパラ・・・・・・・・・・・・・・・・・3本
  • ゆで卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. グリーンアスパラは軸の硬い部分を切り取り、塩を入れた湯の中でさっと茹でザルにあげて水分を飛ばしておく。
  2. ゆで卵をみじん切りにしてマヨネーズで和える。
  3. 皿に食べやすい大きさに切ったグリーンアスパラを盛りつけて、2のゆで卵を盛る。グリーンアスパラの穂先の部分をトッピングしてパセリをふる。

******************************

ひとり暮らしの方でも簡単に食卓を楽しむ方法を、レッスンいたします。

T120312
これからの季節に食卓で大活躍してくれるガラスのプレートとボールです。
かわいい水玉模様のペーパーナプキンと合わせるのもおしゃれです。

120316_2
また、今回のように色画用紙を用意して、透けて見えるお花の模様を楽しむのもいいですね。
画用紙やペーパーナプキン、手さげ袋などを利用して、ランチョンマットを気軽に楽しめる方法があります。
いただきものの大判のハンカチなどもランチョンマットに利用できます。
家の中にある使っていない小物など整理しながら、テーブルで使えそうな可愛らしいものを発見してはいかがでしょうか?

さて、盛り付けですが、食べやすく切ったグリーンアスパラをお皿に平らに盛り付けます。マヨネーズで和えたゆで卵をちょっと中央を高くして盛り、グリーンアスパラのかわいい穂先を飾るとお皿全体がかわいらしく見えます。透いて見えるお花もキュートです。
バゲットにもおいしい料理なので、お友達と週末、ワインを楽しむ時にもぴったりです。

☆ 器 ☆ 富硝子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

もやしと豚肉のピリ辛炒め

120315

野菜室にストックしておくことが多いもやし。しゃぶしゃぶ用の豚肉の余りで豪華?な一品の出来上がり。

<材料2人分>

  • しゃぶしゃぶ用ロース豚肉・・・50g
  • もやし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g(根を取って)
  • 豆板醤・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
  • サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・1/2片

<作り方>

  1. 豚肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょうをして片栗粉を軽くはたく。
  2. フライパンを中火で熱してサラダ油をひき、みじん切りにしたニンニクと豆板醤を炒める。良い香りが出たら豚肉を炒める。
  3. もやしを加えて炒め、しょうゆとみりんをかけまわしサッとからめて皿に盛る。

ご飯にもビールにもおいしくて、おさいふにも優しい家庭料理です。

☆ 器 ☆ 富硝子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

笹かまとあさりの女川風 東北を応援しよう!

T120310
今日は冷凍した笹かまをおいしく、おしゃれに変身!残りご飯でおいしいバターライスを作るポイントと盛りだくさんでまいります。
食べきれない笹かまぼこ、冷凍庫に眠っていませんか?

<材料 2人分>

  • 笹かまぼこ・・・・・・・・・・・・・・・・1本
  • あさり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・殻ごと100g
  • タマネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
  • ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・・・小1個
  • ニンジン・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
  • 赤ピーマン・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
  • ほうれん草・・・・・・・・・・・・・・・・2株
  • 生しいたけ・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
  • 生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・200ml(脂肪分35%)
  • 白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・50ml
  • タイム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4本
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々(スパイス)

<ササニシキで作るターメリックライス>

  • ご飯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お茶碗軽く2杯
  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • ターメリック・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々(スパイス)
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. あさりは塩水で砂を吐かせてザルにあげておく。ほうれん草は茹でて1cmに切る。野菜と生しいたけは1cm角に切る。
  2. 鍋に白ワインを入れてあさりを加え、中火で加熱してあさりの口が開いたら、殻からはずし、煮汁と分けておく。
  3. 2の鍋をさっと拭いて中火で温め、少量のバター(分量外)を溶かして、縦4ツに切った笹かまぼこを炒め皿に移し、次にほうれん草を炒め皿に移す。
  4. 分量のバターを溶かして野菜と生しいたけを炒める。軽く塩こしょうをして生クリームを加え、2のあさりの煮汁も加える。中火から弱火にしてソースを半分量まで煮詰め、あさりとほうれん草を加える。味をみて足りなければ塩こしょうをする。
  5. 皿にターメリックライスを盛りつける。あさりのソースをかけて笹かまぼこを盛りつけてタイムを飾る。最後にパセリをライスとソースにかける。

 

<ササニシキで作るターメリックライスの作り方>

  1. T120311_2残りご飯は冷蔵庫から出して、手でご飯をパラパラにする。
  2. ラップをしないで電子レンジで1分加熱する。フライパンを中火で熱して、バターを溶かしご飯を炒める。軽く塩こしょうをしてターメリックを加え、ご飯が全体に黄色くなるように炒めたら出来上がりです。

ポイントはご飯を冷蔵庫で保存しておくこと。平たい皿に、ご飯をパラパラにして均一に盛ることがポイントです。
電子レンジにはラップをかけないで加熱すること。チャーハンにも応用できます。
ササニシキはバターの風味と良く合います。

<冷凍した笹かまぼこをおいしくいただくポイント>

冷凍庫から出して、冷蔵庫で解凍します。解凍できたらクッキングペーパーで水分を取り、バターで軽く焼くと笹かまの甘みが増しておいしくいただくことができます。
生クリームにもとてもよく合います。

☆ 笹かまぼこ ☆ 蒲鉾本舗 高政さん

☆ ササニシキ ☆ アグリサービス高勝さん

☆ 器 ☆ 富硝子さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

ひとり暮らしの食卓もテーブルコーディネート

T120308

ひとりで生活していると、つい疲れて料理をお皿に盛り付けるのもちょっと面倒になってしましますね。
ペーパーナプキンで簡単に、テーブルを少し華やかに演出してみませんか?

テーブルマット(ランチョンマット)やクロスを買うのもちょっと!と思うときは、ペーパーナプキンを買いましょう。

T120309

今回使ったのはドット柄の赤いペーパーナプキンです。1枚でもテーブルの表情が明るくなります。

T120303

ハーブワインでリラックスしながら

T120304

小さいお花をボールに入れてテーブルを華やかにします。
もうこれだけで十分に楽しい食卓ができあがります。花一輪でも素敵ですよ。

今日は春分の日。
お墓参りや家族と過ごす方も多いと思います。
週中の貴重なお休みをひとりで過ごす方は、是非テーブルを華やかにして、心も体もいやしてくださいね。

☆ グラス & 器 ☆ 富硝子さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

残った白ワインで冷たいハーブワイン

T120303

飲み残しのワイン、ちょっと手を加えてスパイシーな飲み物に変身です。
休日の午後、読書といっしょにいかがでしょうか?

<材料カップ1杯分>

  • 白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・200ml
  • スターアニス・・・・・・・・・・・・1個
  • シナモンスティック・・・・・・・1本
  • しょうが・・・・・・・・・・・・・・・・薄くスライスして1枚
  • ハチミツ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • レモン・・・・・・・・・・・・・・・・薄切り1枚
  • ミント・・・・・・・・・・・・・・・・・少量

<作り方>

  1. 鍋に白ワインとスターアニス、シナモンスティック、しょうがを入れて、弱火にかけてゆっくりとアルコールを飛ばす。
  2. アルコールが飛んだらハチミツを加え混ぜる。そのまま冷ます。
  3. 冷めたら、スターアニスとしょうがを取りだし、氷を入れてグラスに注ぐ。レモンとミントを入れて混ぜていただきます。

甘さと酸味がバランスよく、スパイシーな香りが女性好みだと思います。
女子会などのおうちご飯にたっぷり作っておくと、喜ばれる飲み物です。
ただしお酒ですので、アルコールが飲めない人、車の運転はお勧めできません。

T120305
鍋に入れてゆっくりと加熱をするのがポイントです。
電子レンジには向きません。

T120303_2

今日のグラスは富硝子さんTomi Labelです。軽くておしゃれで使いやすいグラスです。
ミラフィオリ、手に触れた感覚も新鮮です。

☆ グラス ☆ 富硝子さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

笹かまとササニシキを食べて東北を応援しよう!

T120302
ハーブの香りとプリプリの食感の笹かま、バターライスの風味がおいしいササニシキ。クリームのソースでおいしく仕上がりました。

震災から一年が経ちました。これからが東北の応援の始まりです。
東北のおいしい食材をアレンジして、明るくて思わずかわいいと女性がうれしくなるようなテーブルをコーディネートしていきます。
写真はもう少しシンプルにして、撮り直します。レシピはその時にアップします。

T120303
合わせた飲み物はハーブワイン。飲み残しの白ワインにハーブを添えました。
レシピは後日アップいたします。
ゆっくりと火を通してアルコールを飛ばしているので、さわやかなおいしさです。

T120304
ガラスのボールにお花を入れて、水玉模様のペーパーナプキンをテーブルマットにしました。
ひとり暮らしの女性の方にも楽しんでいただけるテーブルを。
春風にのせて、女性の皆様【家を楽しみ】ましょう。

☆ 器&グラス ☆ 富硝子さん。

☆ 笹かまぼこ ☆ 蒲鉾本舗 高政さん。

☆ ササニシキ ☆ アグリサービス高勝さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

照り焼きチキン

T120301

お弁当にもご飯にも、ワインにもおいしい、みんなが大好きな照り焼きチキンのご紹介。

<材料2人分>

  • 鶏モモ肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

<作り方>

  1. 鶏肉は皮目に塩少々をふってフォークで皮にブツブツと刺しておく。(皮が縮まないように)裏返して、肉にもフォークで刺し、余分な脂肪を取っておく。
  2. フッ素加工のフライパンを中火(レベル11)で熱して皮目から焼く。焼き目がついたら裏返して焼く。途中余分な脂が出てきたらクッキングペーパーで取る。
  3. 肉に火が通りにくい場合は蓋をする。蓋を取って、弱火(レベル6)にして、しょうゆとみりん砂糖を合わせたものを鍋肌から入れて、鶏肉に良く絡める。
  4. 鶏肉を取りだして冷ましておく。たれに濃度がついてきたら火を止めて器に入れておく。
  5. 鶏肉を食べやすい大きさに切って器に盛り、たれをかける。

付け合わせはグリンピースとニンジンのマヨネーズサラダです。

☆ 器 ☆ Tomi Label さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

Tomi Labelさんの器を使って東北を応援しよう!

120309

去年の12月に新宿の伊勢丹に行って出会った器。
この美しい器に大変興味を持ちました。どちらで作られているのかな?と思ったら、富硝子さんで作られているものでした。
さっそく家に帰ってネットで探すと、【Tomi Label】という暮らしを彩るデザイン雑貨やテーブルウエアがいっぱいありました。どれもとても素敵です。

今、東北のおいしい食材を紹介して、東北を応援しよう!というシリーズをブログで発信しています。今年はその食材を使って料理を作り、とても元気なテーブルコーディネートを作りたいと思っています。
私の思いにぴったりの器です。
この器に笹かまぼこと、ササニシキを盛りつけてみたいとの思いが段々強くなってきました。
思い切って富硝子さんを訪ねました。

120308
ミラフィオリシリーズのプレートとボールも春から夏にかけて活躍しそうです。

120310
タンブラーもさわやかでとても素敵。

120311

このお皿を使って東北を応援しようと思います。
皆さん楽しみにお待ちくださいませ。笹かま&ササニシキ。

120307

さて、今日は練習の意味を込めて、ポテサラコンビーフを作りました。

120312

赤ワインにぴったり!!ポテサラコンビーフの作り方

<材料4人分>

  • コンビーフ・・・・・・・・・・・・・・・1缶
  • 新タマネギ・・・・・・・・・・・・・・10g
  • ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・1個
  • マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • オレガノ、カレーパウダー・・少々(スパイス)
  • 食パン・・・・・・・・・・・・・・・・・4枚

<作り方>

  1. ジャガイモは茹でてマッシャーでマッシュして、冷めたらマヨネーズで和える。
  2. 新タマネギはスライサーでスライスする。(10gは少量ですので、スライスしてから計ったほうがスライスしやすいです)
  3. コンビーフは缶から出して、電子レンジで20秒加熱してフォークでほぐす。
  4. 3のコンビーフに1と2を加えて、オレガノ、カレーパウダーこしょうを少々入れて混ぜる。ラップをして15分ぐらい置いておく。(置いておくことで味がまろやかになります)
  5. トーストしたパンを三角に切って4をつけていただきます。

120314

軽めの赤ワインとぴったりでとてもおいしいです。

120313

お手頃チリワインと合わせました。

富硝子さんはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

ほうれん草とベーコンの卵炒め

120306

ちょっと余っているほうれん草、ベーコンと卵をいっしょに炒めれば、パンにもご飯にもバッチリおいしい。あっ白ワインにも^^

<材料2人分>

  • ほうれん草・・・・・・・・・・・・・5株
  • ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・1枚
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・大さじ1

<作り方>

  1. ほうれん草は茹でて2cmに切る。ベーコンも同じぐらいに切る。
  2. フッ素加工のフライパンを中火で熱して、バターを溶かし、ベーコンを炒める。ベーコンの香りが出てきたら、ほうれん草を加えて炒め、軽く塩こしょうをする。
  3. とき卵を加えて火を消して、余熱で卵に火を通し、皿に盛る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

蛤とグリンピースの葛あんかけ

120305

春のやさしい味わのグリンピースとおいしいお出汁の蛤を葛あんにしました。

<材料2人分>

  • グリンピース・・・・・・・・・・・・・・・・70g
  • 小さい蛤・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
  • 昆布だし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300ml
  • 吉野葛・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15g
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
  • 薄口しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・小1

<作り方>

  1. 蛤は貝と貝をこすり合わせて洗っておく。
  2. 鍋に昆布だしを中火で沸かし、グリンピースを入れる。柔らかくなったら、1の蛤を入れて口が開いたら、酒、塩、薄口しょうゆを加えて水溶きした吉野葛を加えてとろみをつける。

蛤からのお出汁がおいしく、日本酒や白ワインに良く合く一品です。

☆ 器 ☆ 箔一さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

ひな祭りのお寿司

120304
ひな祭りのランチに鯛と小柱のお寿司とハマグリのお吸い物を作りました。
旬の食材を、ハレの日にいただくちょっと贅沢なランチです。
お寿司は不思議にたくさんいただけますね。
女の子のお祭りはいくつになっても心がウキウキします。
小さいお雛様は畑萬さんの鍋島焼のお雛様です。
ひな人形は形を変えて、そしてこれからも女の子の成長を見守り続けることと思います。

ひな祭りの夜はハマグリをたくさんいただきました。
近いうちにブログでご紹介いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

ロール白菜

120302
冬の間堪能した白菜ですが、今日はロール白菜にして楽しみました。

<材料ロール白菜6個分>

  • 白菜・・・・・・・・・・・・・・・・6枚
  • 鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・50g
  • 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・250g
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • タマネギ・・・・・・・・・・・・50g
  • ベーコン・・・・・・・・・・・・6枚
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • こしょう・・・・・・・・・・・・・少々
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・400ml
  • ローリエ・・・・・・・・・・・・1枚
  • 顆粒コンソメの素・・・・・小さじ1

<作り方>

  1. 白菜は芯の部分が柔らかくなるまで茹でて、ザルにあげ冷ます。
  2. ボールに常温にした鶏と豚ひき肉を入れて手で混ぜる。塩こしょうを入れて混ぜ、タマネギのみじん切りも加えて軽く混ぜる。最後にとき卵を入れてよく混ぜ合わせ、6等分にする。
  3. 1の白菜に2を置いてクルクルと包む。ベーコンを巻いておく。
  4. 鍋に水を入れて沸かし、顆粒コンソメの素を加え、3のロール白菜を入れる。できるだけ鍋にピッチリと入れると煮崩れない。
  5. ローリエを入れて中火で10分煮る。味を見て塩こしょうを足す。

120303_2

120302_2
白菜はすぐに柔らかくなるので、時間のないときにも便利な料理です。
ロール白菜を三等分に切り、器に盛り付けてベーコンを食べやすい大きさに切って盛りつけます。黒こしょうをひいてお召し上がりください。

120301
数日前に買ったバラの花。
ゆっくりゆっくりと開花して、朝の柔らかな光と共に幸せを運んでくれます。
今日も一日幸せでありますように。
今日はひな祭り、ランチは散らし寿司でも作ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

豚肉のソテー カレークリームソース

120225

ササニシキをバターで炒めて、ソテーした豚肉のカレークリームソースといっしょにいただきます。生クリームとカレーの旨みがササニシキに良く合います。

<材料2人分>

  • しゃぶしゃぶ用豚ロース・・・・・・・・・100g
  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
  • カレー粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100ml(脂肪分35%)
  • 薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 細身のグリーンアスパラ・・・・・・・・・5本
  • ごはん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・茶碗1杯半

<作り方>

  1. フライパンを中火で温め、バター(大さじ1)を溶かし、温めたご飯を入れて炒め、塩こしょうを少々加えて皿に盛る。
  2. 豚肉は一枚を3等分にして切る。塩こしょう、カレー粉をふり、薄力粉をはたいておく。
  3. フライパンを中火で温め、バター(大さじ1)を溶かし、2の肉を焼き、生クリームを加える。弱火にして少し煮詰める。味をみて塩こしょう、好みでカレー粉を足して1の皿の上に盛る。最後に茹でたグリーンアスパラを飾る。

炒めたご飯と生クリームはとても相性がよく、おいしい組み合わせです。
それからこのかわいいグリーンアスパラは岩手産の野菜です。飾り付けにぴったりで最近のお気に入りです。

120125
今日ご紹介したお米は農薬節減、化学肥料不使用のササニシキです。詳しくはアグリサービス高勝さんのHPをご覧ください。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »