« 平塚善司税理士事務所様での講演会 | トップページ | あの場所に再び »

2012年1月28日 (土)

ササニシキのチャンス到来 東北を応援しよう!

120129

23日に石巻の平塚善司税理士事務所様で講演させていただいた時に、名刺交換しました有限会社 アグリサービス高勝の高橋一さんからササニシキが送られてきました。

120125

農薬節減、化学肥料不使用のササニシキです。詳しくはアグリサービス高勝さんのHPをご覧ください。こちらから。

120127
まずは炊きたてのご飯に豆腐となめこの味噌汁。
そして、新年会で抽選でいただいたワイケイ水産さんのいくらのしょうゆ漬けです。
最初の一口はさらっとしていて、噛むと甘味が増してきます。
たぶん五目ちらし寿司などにもおいしいでしょう。

120126
朝食で大好きな組み合わせは、いくらたっぷりとみそ汁とご飯です。
はい大満足です。
ワイケイ水産さんはこちらから。

120108
もみ海苔を入れた器は青海波(せいがいは)の文様です。もみ海苔をご飯にかけたあと、器の美しい表情が楽しめるとうれしいです。

もみ海苔といくらを入れた器は川副青山さん。
お米を入れた器は畑萬陶苑さん。

さて、お米の話に戻って

120128
貯米のポイントをアグリサービスさんから教えていただきました。
密閉容器に入れて冷蔵庫の冷蔵室、野菜室に入れる。常温保存の場合は必ず密閉容器の保存が良いそうです。
二人暮らしの我が家は、早速保存袋に入れて空気を抜き、野菜室に入れました。
たとえば5kgのお米なら、最初から2.5kg二袋に分けて送ってもらうと、少人数家庭(お米をあまり食べない家庭など)には、ありがたいかもしれません。

【さて、なぜチャンス到来かと言いますと】
ササニシキは今では希少価値となっています。
おいしく安全なお米を作れば、宮城のブランド米となって復活します。
冷たくなったご飯を食べてみればわかります。
そのおいしさは、お弁当やすし飯にも相性がいいです。
私はお丼ものがあまり好みではありません。なぜかと言うと、ご飯と上の具(親子丼やかつ丼など)のバランスがあまり良くないからです。
しかし、ササニシキで作った親子丼は大変においしいお丼でした。
粉山椒をふってもうまくマッチして、そのハーモニーが口いっぱいに広がります。
ハーブ系と合わせてもきっとおいしいでしょう。炒めご飯やピラフなどもいいと思います。
これから色々と研究をしてブログでアップしていきたいと思います。
只今、カキと笹かまとササニシキのコラボを計画中です。炊き込みご飯ではありませんよ^^

宮城の希望!ササニシキ。

高橋一さん、おいしいお米をありがとうございます。
お忙しいと思いますが、ブログやFace bookを活用してたくさん発信してくださいね。
たとえばササニシキのお米のとぎ方(洗い方)、炊くときの水加減なども知りたいです。

希望を持って、いっしょに発信していきましょう。
有限会社 アグリサービス高勝さんはこちらから。

【ご質問とお問い合わせ】

テーブルコーディネートサロン花がたみでは、ホテル・レストラン・百貨店でのテーブルコーディネートセミナーを承っております。
また、ハウジィングアドバイザーの経験を生かしまして、マンションのモデルルームやモデルハウスでの間取りにあわせた、美・収納講座も承ります。
お問い合わせ・ご依頼は
花がたみへお願いいたします。

今までの仕事を掲載しています。  http://homepage2.nifty.com/hanagatami/office01.html

                       テーブルコーディネーター ライフスタイルマイスター
                      猪名川久美子

           100144_2東芝ネットワーク家電 フェミニティ倶楽部100144_2

91

フェミニティ倶楽部では、季節の料理レシピとテーブルコーディネートを掲載しています。
       携帯電話からアクセスしてくださいね
http://femini.net 

               100144_2 花がたみのホームページ100144_2

Top_image

          今までのテーブルコーディネートの写真など掲載しています。
                 こちらもよろしければご覧ください。
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
               http://www.hanagatami-salon.com/

 

|

« 平塚善司税理士事務所様での講演会 | トップページ | あの場所に再び »

東北を応援しよう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/53842786

この記事へのトラックバック一覧です: ササニシキのチャンス到来 東北を応援しよう!:

« 平塚善司税理士事務所様での講演会 | トップページ | あの場所に再び »