« 蒸し牡蠣 | トップページ | お鍋をして少し余った、しらたきや豚肉で炒め煮 »

2011年12月 3日 (土)

カキのコキール

111207

ヤマスイさんで買った殻付きカキ、最後はコキールでいただきました。
磯の香りとともにとてもおいしいコキールができあがりました。

<材料カキ4個分>

  • 殻付きカキ・・・・・・・・・・・・・・・・4個
  • ホワイトソース・・・・・・・・・・・・・大さじ6
  • ほうれん草・・・・・・・・・・・・・・・・3株
  • 白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・50ml
  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
  • パルメザンチーズ・・・・・・・・・・適宜
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 殻付きカキはたわしで汚れを取って殻を開けて身を取りだし、塩水でサッと洗い白ワインで蒸す。

    111202_3

  2. フライパンを中火で熱してバターを溶かし、茹でて1cmに切ったほうれん草を炒め、軽く塩こしょうをしてカキの殻に盛る。

    111203

  3. 1のカキをほうれん草の上に盛り付け、煮汁も少量かけてホワイトソースをのせる。

    111204

  4. ピザ用チーズをかけてパルメザンチーズもふりかける。

    111205

  5. 250℃のオーブンで焦げ目がつくまで焼く。

    111206

  6. 焼きあがったらアツアツのコキールと冷たい白ワインでいただきます^^

*******************************

 

<殻付きカキの開け方>

  1. カキの平たい方を上にして貝の先の部分(蝶つがいではない方)を料理ハサミで少し切り裂く。
  2. ハサミで切り裂いたところから、専用のナイフを使って、上の貝柱を切る。
  3. 殻を開いて下の貝柱も切って身を取りだす。

この方法は送られてきた小冊子に書いてありました。
ハサミも併用して使うと簡単に貝を開けることができました。
このような料理のコツを、きちんと書いてある情報が良い情報だと思われます。

<ホワイトソースの作り方>

<ホワイトソース>

  • 無塩バター・・・・・・・・・・・・・・・25g
  • 薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ5
  • 牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・600ml
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・少々

<作り方>

  1. 鍋にバターを加え中火で溶かす。溶けたら弱火にして薄力粉を焦がさないようによく炒める。牛乳を一気に入れて泡だて器でゆっくりと混ぜ合わせ、塩こしょうをふる。残ったホワイトソースは冷凍することもできます。

〜ご質問とお問い合わせ〜

テーブルコーディネートサロン花がたみでは、ホテル・レストラン・百貨店でのテーブルコーディネートセミナーを承っております。
また、ハウジィングアドバイザーの経験を生かしまして、マンションのモデルルームやモデルハウスでの間取りにあわせた、美・収納講座も承ります。
お問い合わせ・ご依頼は
花がたみへお願いいたします。

今までの仕事を掲載しています。  http://homepage2.nifty.com/hanagatami/office01.html

                       テーブルコーディネーター ライフスタイルマイスター
                      猪名川久美子

           100144_2東芝ネットワーク家電 フェミニティ倶楽部100144_2

91

フェミニティ倶楽部では、季節の料理レシピとテーブルコーディネートを掲載しています。
       携帯電話からアクセスしてくださいね
http://femini.net 

               100144_2 花がたみのホームページ100144_2

Top_image

          今までのテーブルコーディネートの写真など掲載しています。
                 こちらもよろしければご覧ください。
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
               http://www.hanagatami-salon.com/

|

« 蒸し牡蠣 | トップページ | お鍋をして少し余った、しらたきや豚肉で炒め煮 »

魚料理」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になります。
こういう調理方法もあるのかと、目を見張りました。
私どもの商品を素敵な調理して、おいしく召し上がっていただき、たいへん嬉しいです。
12月11日付けのブログで簡単ですがご紹介させていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: ㈱ヤマスイ | 2011年12月10日 (土) 13時11分

株式会社ヤマスイさん、いつもお世話さまです。
殻付きかきはそれだけで、とても豪華な料理になり
今度友人夫妻をお招きするときにも
カキ料理を楽しみたいと思っています。
私のブログを紹介していただきまして
とてもうれしく思っています。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: いなくみ | 2011年12月11日 (日) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/53392614

この記事へのトラックバック一覧です: カキのコキール:

« 蒸し牡蠣 | トップページ | お鍋をして少し余った、しらたきや豚肉で炒め煮 »