« 大根と鶏団子の煮物を西島隆さんの器に盛る | トップページ | ケーキでほっと一息 »

2011年10月21日 (金)

石巻のmihoさんからの贈り物とホタテとシイタケのかき揚げ

たかまさ石巻にお住まいのmihoさんのブログに出会いましたのは3.11からまもなくです。
当時、女川町で被災されたmihoさんの生の声をブログから聞き、一過性ではない支援をしていくために、ブログを拝見していました。
その中でずっと好きだった高政さんの笹かまにも出会い、交友関係を築き始め、9月には直接お会いしてお話をたくさんいたしました。
そして、今回はおいしい贈り物をいただきました。

111004

株式会社大地さんの桃生(ものう)そばです。

さっそくお夕飯にお蕎麦屋さんスタイルの、お蕎麦屋さんごっこをして遊びながらお蕎麦を堪能しました。

111007
まずは蒲鉾です。お蕎麦をおいしく頂くためには、蒲鉾や焼き海苔、卵焼きなどで、お蕎麦を待つ間に軽くお酒とつまみをいただきます。

111010
東京の老舗のお蕎麦屋さんには、海苔箱の中に入れて運ばれてくるところもあります。
海苔箱は二段重ねになっていて、下の箱に炭が入っていて海苔を温めます。一枚取って蓋をしてお酒をゆっくりと飲めばなんとなく江戸ッ子になった気分ですよ。

111005
そして、天ぷら屋さん風にキスや海老やかき揚げや野菜を、一品ずつ揚げて、アツアツをいただきます。
今日のかき揚げはホタテとシイタケです。

<材料2人分>

  • お刺身用のホタテ・・・・・・・・・・・・・・70g
  • 生シイタケ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
  • 三つ葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10g
  • 天ぷら粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g(日清のコツのいらない天ぷら粉揚げ上手)
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100ml
  • サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g

<作り方>

  1. 粉と水を滑らかになるまで混ぜ合わす。
  2. 油を天ぷら鍋に入れて、170℃に設定する。
  3. ホタテと生シイタケ、三つ葉は一口大の大きさに切りクッキングペーパーで水分を取っておく。
  4. 3の材料をボールに入れて分量外のごく少量の天ぷら粉を少し入れて混ぜる。1を少しずつ入れて材料全体がふわっと混ざったら、大き目のスプーン(大さじぐらい)ですくって2の油で揚げる。

111006
今回は冷たいお蕎麦ではなく、かき揚げそばでいただきました。
おいしいお蕎麦をありがとうございます。楽しいお蕎麦屋さんごっこができて、夕食が本当においしく楽しいひと時でした。

そして、次の日はさんまを贈っていただきました。北海道でとれたさんまを女川町で加工したさんまです。
すぐに頑張って処理してしてしまったので、あいにくプリプリの身の厚い生のさんまの写真を撮り忘れました。残念です。

111008
さんまはやっぱり塩焼きが一番好きかな^^
大好きなロイヤルクラウンダービーの器でいただきました。
我が家の冷凍庫にたくさんのさんまさんが眠っています。いつでもいただけます。
ありがとうございます。

201109190929000
戦略経営者 9月号のシリーズ「震災に立ち向かう経営者」で丸岡美穂さんのお話も掲載されています。

丸岡美穂さんのブログはこちらからご覧ください。
この素晴らしい出会いを大切にして、東北をそして日本の食卓をとりまく環境を共に考えていかれる関係でいたいと考えております。
mihoさん、ありがとうございます。

|

« 大根と鶏団子の煮物を西島隆さんの器に盛る | トップページ | ケーキでほっと一息 »

東北を応援しよう!」カテゴリの記事

魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/53046360

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻のmihoさんからの贈り物とホタテとシイタケのかき揚げ:

« 大根と鶏団子の煮物を西島隆さんの器に盛る | トップページ | ケーキでほっと一息 »