« コンビーフと新タマネギのバター炒め | トップページ | パルミジャーノチーズのおろし方 »

2011年2月21日 (月)

簡単カルボナーラの作り方

110209
カルボナーラで検索をしてくださる方が多いので、薄切りベーコンで簡単にできる方法をご紹介します。

<材料2人分>

  • スパゲッティーニ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・160g(1.6mm)
  • ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
  • 卵黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
  • パルミジャーノ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すりおろして大さじ2
  • 生クリーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100ml(乳脂肪35%)
  • 塩こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • ブラックペパー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

<作り方>

  1. ボールに卵黄、パルミジャーノ、生クリームを入れて、軽く混ぜ合わせておく。
  2. フライパンは中火(レベル11)で温めて、食べやすい大きさに切ったベーコンを炒め、茹であげたスパゲッティーニを入れて、軽く塩こしょうをして混ぜる。火を止めて1のボールに入れて混ぜ、フライパンに移して余熱で熱を通す。
  3. 皿に盛り付けてブラックペパーをひいてかける。

~ワンポイントアドバイス~

卵黄と生クリームは室温に戻しておく。1のボールにスパゲッティーニを入れるときは手早く混ぜ合わせ、フライパンの余熱で卵黄に火を通します。手早くがポイントです。

~カルボナーラに全卵を使わない理由~

カルボナーラの作り方には、生クリームを使わない方法と、生クリームを入れる方法があるそうです。
私は卵だけで作る方法は、たぶんできないと思うので、作ったことがありません。
卵の特徴は、黄身と白身が固まる温度差があることだと思います。
茹で卵や目玉焼きは、白身が早く固まり、卵焼きや卵とじなどは、白身の固まるのが遅いように思います。
カルボナーラは、手早く卵の固まり具合を調節しなければならないので、固まりにくい白身を入れないほうが簡単です。
残った白身は、翌日の朝食のときにでも、卵焼きと一緒に使いましょう。

ではおいしいカルボナーラを作って、楽しい食卓を囲んでください。

 

|

« コンビーフと新タマネギのバター炒め | トップページ | パルミジャーノチーズのおろし方 »

麺類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/50930336

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単カルボナーラの作り方:

« コンビーフと新タマネギのバター炒め | トップページ | パルミジャーノチーズのおろし方 »