« 新春に思う | トップページ | 稲庭うどん »

2011年1月 3日 (月)

昆布とカツオのだしの取り方

110102

毎年お雑煮を食べてもらえないので、3日の今日、ひとりでいただきました。あまりお正月らしくないお雑煮ですが、 だしの取り方といっしょにレシピをどうぞ。

<雑煮 2人分>

  • 餅・・・・・・・・・・・・・・2切れ
  • 鶏モモ肉・・・・・・・・・30g
  • 卵焼き・・・・・・・・・・4切れ
  • 蒲鉾・・・・・・・・・・・・・3切れ
  • ほうれん草・・・・・・・少々
  • だし汁・・・・・・・・・・・500ml
  • 薄口しょうゆ・・・・・・大さじ1
  • 濃い口ようゆ・・・・・大さじ1/2
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・少々
  • 酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

110109_2<作り 方>

  1. 餅は焼いておく。
  2. 鍋にだし汁を入れて中火で沸かす。一口大に切った鶏肉を加え火が通ったら、塩少々と酒、薄口しょうゆで味を調える。最後に濃い口しょうゆをサッとかけまわし、火を止める。
  3. 器に焼いた餅を入れて、出汁と鶏肉を入れて、ほうれん草、蒲鉾、卵焼きを盛り付ける。

<だしの取り方>

1.鍋(18cm 2.4ℓ)に水を8分目ぐらい入れて、10gの出汁昆布を入れて2時間ぐらい置いておく。夏場は冷蔵庫に入れる。

110103

2.1を火にかけて沸騰させる。昆布は取り除き、かつお節を片手一杯ぐらい入れる。

110104

3.沸騰したら弱火にして、1~2分煮る。火を消してかつお節が沈むまで置いておく。

110108

110107
4.漉して できあがり。冷めたら冷蔵庫で保存して1日~2日で使い切ります。

110105
5.出汁昆布は、冷めたら好みの大きさに切り冷凍保存する。煮物などに入れると柔らかくなり食べられます。

110106
ストックバッグに保存しています。これが我が家のだしの取り方です。

 

|

« 新春に思う | トップページ | 稲庭うどん »

スープ」カテゴリの記事

コメント

出汁 昆布に鰹節 たっぷりとお使いに
素晴らしい出汁が出ますね
さすがです

投稿: ryuji_s1 | 2011年1月 3日 (月) 10時08分

ryuji_s1さん、こんにちは。
いつも褒めていただいて、ありがとうございます。
出汁をとるのが好きなのです^^
いい匂いに包まれた朝は気持がよくて
一日楽しい気持ちになります。

投稿: いなくみ | 2011年1月 3日 (月) 16時13分

いなくみさん、明けましておめでとうございます。

お雑煮、おいしそうですね♪
私の実家は白みそのお雑煮なんですが、
私が作ると変な味になるんで^^;
もっぱら母の役目となってます:笑
いなくみさんのお出汁の取り方で
来年は作ってみようかなぁ!!!

投稿: maki | 2011年1月 4日 (火) 09時16分

makiちゃん、明けましておめでとうござます。
今年もよろしくね。
お雑煮は郷土食豊かで見ているだけで楽しいね。
関西圏は白みそのお雑煮。
makiちゃんが作るとうまくいかないの?
それはお母さんの味がおいしいのでしょscissors
帰省されたときに作ってもらいましょう。
なつかしくてうれしい味ですよ。

投稿: いなくみ | 2011年1月 5日 (水) 11時04分

猪名川さん
素敵なお料理 牡蛎大好きです

おいしそうです
嬉しいレシピありがとうございます

ツイッターから飛んできました

投稿: ryuji_s1 | 2011年1月 8日 (土) 11時28分

ryuji_s1 さん、こんにちは。
1月に入ってカキがおいしくなりましたね。
私も大好きなのでカキ料理はよく作ります。
ちょっと焼くと旨みが増しますね。
飛んできていただき、ありがとうございます。

投稿: いなくみ | 2011年1月 8日 (土) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218092/50477542

この記事へのトラックバック一覧です: 昆布とカツオのだしの取り方:

« 新春に思う | トップページ | 稲庭うどん »